『庭の法則 78』

行動は動機を強化する。

庭を楽しい生きがいの場所と思っている人、暮らしのお作法として苦労をする場所だと捉えている人、目に見えているけど意識から外して過ごしている人、その違いには理由があります。
疑いによる行動は疑いを深め、後悔しつつの行動は後悔を強め、自信がない行動は自信喪失を招き、不満タラタラで行動するとその不満は大きくなるばかり。夢へと向かう行動が夢を実現させ、愛情にもとづく行動が愛情を育み、出会いを求める行動が出会いをもたらし、感動を欲する行動が感動を生むのです。
動機が肝心。



花咲く動機は受粉のため。
発芽から開花までの一心の成長ぶりは
見る者を魅了し元気付けます。

DSC02477

DSC02610

そして受粉し実が熟した姿は
人を幸せな気持ちにしてくれます。

DSC02934

DSC04543

植物はそうやって、
ぼくら人間とも共生を図ってくれているのです。

DSC05137

DSC09580

このように、純粋な動機に一途な者は
周囲に幸福感をもたらします。 



だから、庭仕事は何のためにそれをやっているのかを意識しつつ嬉々として行ってください。さすれば庭とあなたは相思相愛。嫌々やっていると庭を嫌いになってしまうので、いっそ荒れ放題にしといてワイルドなビオトープガーデンをお楽しみあれ。



冬枯れの庭を目の前に途方に暮れているあなた、
春が来る前にぼくにご連絡を。


 

あなたが選んだことだからきっと大丈夫さ、
あなたが心に決めたことだから。
ひとつ残らずあなたを悲しませないものを、
あなたの世界のすべてにするために、
だいじょぶだいじょぶ、グッジョブグッジョブ、
ぼくがモーゼみたいに
道を指し示してさしあげます。
よろりければ手を取って、
悩めるあなたをそこまでお連れいたします。