雑草を防ぐための黒い不織布のようなシートが売られています。家の脇の細い通路などにそれを敷いて、その上に砂利を敷くというもので、ホームセンターでは防犯砂利と共に人気商品となっています。



立春となり、遅れていた仏様もご到着。

DSC01926



もちろん効果はあるんですけど、そのシートを突き抜けて生えてくる豪の者も多々ありまして、それを引っこ抜くときに根っこがシートを引っ張り上げるもんだから、下に砂利が入ってしまいベロベロに波打ってしまっているのをよく見かけます。



DSC03219



ぼくとしてはシート無しで砂利を厚く入れた方が効果がある気がしています。完璧にするならコンクリートを張ってしまうという手なんですが、例えば逆手を張って、雑草以外の薬草・ハーブ類、日陰ならフキやミョウガを栽培するというのはどうでしょう。



DSC00248



制圧を試みれば抵抗する、逃げれば追ってくる、押せば押し返してくるのが自然の摂理なり。押されたら引き、引いたら押して、恋の駆け引きにも似た手法を心がければ、ストレスだった雑草エリアもお楽しみの場所になりますよ。



DSC03661



そもそも雑草って何?必要がない草を雑草と呼ぶなら、定年後の男は雑草か、はたまたうっとうしいだけの濡れ落ち葉か。まあまあそう厳しい目で見ないでくださいよ、奥様。枯れ木も山の賑わいでありまして、雑草も庭の趣でありまして、これまで定年後のあなたとの時間を夢見て頑張ってきたのですから。



DSC05326



あちこち衰えたとしても男は男。社会で奮闘してきた習い性によってプライドの高さは消し難く、生来のロマンティシズムも消えることなし。ロマンもへったくれもなく、むやみに叩くと叩き返されますからご注意を。ここはひとつ逆手を張って、やさしくやさしくそのウィークポイントを刺激してあげれば、まだまだ使い道はございますので限られた資源を大切に。



DSC00942



押せば押し返してくる。八丈島で押されたキョンは海を渡り、房総半島にて暴走中。キョンキョンも腹をくくって暴走中。ぼくは防草シートによって雑草が暴走しない手段を思案中。



DSC07006



やはりそういうものは使わずに、雑草と仲良くしちゃった方が楽しいんじゃないかなあ。アカマンマとか、ペンペングサとか、クローバーとか、和むじゃないですか。
雑草のみなさんも、頑固さは内に秘めて、せいぜい可愛がられるように振舞いましょうね。





「雑草という名の植物はありません」とは
昭和天皇のお言葉なり。
そも雑草とはなんぞや。
そは飾り気なく生きる花なり。
ジェントルに咲く、
内気にして強靭な、
押しも押されもせぬ美しきラッパ吹きなり。