To be or not to be, that is the question.

悩むことと考えることは違います。
思考は前進で、悩みは足踏み。以前ですね、10年近く悩み続けた課題があったんですけど、振り返ると、ちょっと長すぎたなあと思っています。今なら同じ悩みを、夜の庭での思考によって数日でクリアすると思うんですよね。まあそれも、あの長いトンネルを通ってきたことの効用だとは思うのですが。
尽きせぬ波のざわめく音に眠れぬ夜もあるけれど、星屑なんか数えてみても涙でそれも続かないけど、それでもいつの間にか青い空がのぞいてるものなり。
だから悩み多き者たちよ、To be! 軽やかに、軽やかに。



徐々に近づいてくる足音あり。

DSC01869

DSC01870

DSC01871

DSC01877

早咲きの梅を狙って東へ西へ。
気がづけば、
撮影していて手がかじかまなくなりました。
今朝は早出して、横須賀の田浦梅林経由で出勤します。 



To be or not to be は、一般的に「生きるべきか死ぬべきか」と解釈されていますが、ハムレットの筋立てに添えば、本来は、「復讐すべきか否か」となるそうです。つまり生きるのか死ぬのかじゃなくて、死を覚悟で、毒殺された父の復習に踏み切るかどうかを悩んでいるわけです。あ、ご存知でした?ぼくは読んだことがないので、女々しいハムレットが自殺を逡巡しているのだとばかり思っていました。シェイクスピア殿、英雄ハムレットにそのような思い違いをしていたことを、どうかお許しくだされ。
ぼくはもっとベタに「やるの、やらないの」という訳で。
迷った時にはやってみる。やってみれば正解か失敗かがはっきりして、どっちにしても次の指針になるじゃないですか。ガーデニング上達のコツは、その繰り返しなのです。









今日は金沢文庫店にいます。