ロングロングタイムアゴー、イザナギとイザナミが日本列島をおつくりになってしばらく経った頃の出来事です。出雲の国にナムジという男がいました。彼はスサノオの六代目の末裔という身分でありながら、内気でやさしい性格だったためか、数十人いた異母兄弟たちからパシリ扱いされていました。
ある時兄弟たちは、因幡の国に移り住もうということになり引越しの旅に出ます。そのお目当ては因幡にいるという美しい姫君です。一同はナムジに荷物を背負わせて、姫君のことなど話しながら愉快に歩いてゆきます。
岬の突端の浜辺まで来たところで。丸裸に毛をむしられ傷だらけでうずくまっているウサギに出会いました。兄弟たちは互いに悪い目配せをし、ウサギに言いました。

哀れなウサギよ、海水で身を清めてから日光浴をするが良い。さすれば傷は治るであろう。

ウサギは言われた通りにしましたが、治るどころか海水が乾いて塩となり、全身が燃えるように痛み出し、悲鳴を上げてのたうちまわりました。その様子に大笑いをして、兄弟たちは行ってしまいました。

持たされた荷物入れた大きな袋を肩に掛けて、遅れてやって来たナムジは泣いているウサギを見つけて立ち止まりました。

おお、なんとひどいことだ。

これはきっと天罰です。私は海を渡りたいばかりにサメたちを騙しました。だからバチが当たったのに違いありません。私は己が愚かな行動を悔いながら、このまま命を終えとうございます。

何をおっしゃるウサギさん、罪の報いはもうそれで充分だ。早く傷を癒して、今度は正直者になって、他の者たちの役に立つよう暮らしなさい。


兄弟たちから蔑まれながらも勉強好きで医療の知識を持っていたナムジは、衰弱しているウサギにこう続けました。

あっちの小川の水で丁寧に体の地と塩を流してから、河原に生えているガマの穂を叩いて綿毛をたくさん集めなさい。それに包まって養生をすればきっと良くなるよ。



DSC01958 2

DSC02028



ウサギはナムジの言葉に従いそのようにしたところ、たちまち傷は癒え、もとの美しい白ウサギになりました。ナムジはそれを見て安心して笑い、兄弟たちを追って歩いてゆきました。
小さくなってゆくその後ろ姿に向かって、ウサギは何やら予言めいたことを叫びます。

あなた様こそが姫君の心を射止めることでしょう。

予言は的中します。因幡の国に到着してほどなく、ウサギとのエピソードが国中の話題となりました。実はウサギには文春に知り合いがいて、ネタとして提供したのです。時の人となったその男の心根のやさしさに惹かれた姫君は、言い寄る他の兄弟には目もくれず、ナムジを結婚相手に選びましたとさ、めでたしめでたし。とはいかなくて、その後パシリのナムジの幸運を妬んだ兄弟たちにより、二度もひどい殺され方をして(二度とも母の愛情による奇跡で生き返りました)、紀伊の国まで追われ、さらに執念深く迫ってくる兄弟たちから逃れて、とうとう根の国にまで行ったのです。

根の国とはナムジのひい々々々々爺さんに当たる、現世を取り仕切る大神であるスサノオが暮らす、地中深くにある神の国です。そこまでゆけば、きっとスサノオが助けてくれるに違いないと思い、すがるような気持ちでたどり着いたものの、ああ何ということでしょう、頼みの綱のスサノオによって、そこでも散々な目にあいます。最初は毒蛇がうじゃうじゃしているの部屋に閉じ込められ、次は蜂とムカデの部屋に。何とかその窮地をクリアしたと思ったら、次は林の中に行くよう命じられ、その林ごと丸焼きにされそうになったり。しかしそれはスサノオがナムジを試していたのでした。理不尽な試練に耐えたナムジの辛抱強さと誠実さ、そして運の強さを確認したスサノオはこう言いました。

ナムジよ、お前をワシの後継者に指名する。今日からお前は大国主の神と名乗るがよい。さっそく出雲に帰って、そこに天まで届く大神殿を建てなさい。

こうして出雲の国は愛を叫ぶ世界の中心的な場所となしました。あれほどナムジを憎んでいた兄弟たちもスサノオが後見人となれば、長いものには巻かれよとばかりにひれ伏して、その支配下に入りました。やがて他の国々の長も人望厚き大国主の神に従い、ついに彼は、地上世界を支配する最初の神になりましたとさ。

それから幾星霜、四国に現れた若き異端の僧侶、空海が、大陸に渡り持ち帰った密教思想に登場する大黒天(マハーカーラ:偉大なる暗黒の神)を、人々は大国主の神と重ね合わせ大黒様と呼び、福の神として信仰しました。兄弟たちに押し付けられた引越し荷物、肩に担いていた袋には七つの宝が入っていると言われています。寿命、人望、清麗、威光、愛嬌、大量。不本意ながらもそれらの宝を背をっていたからこそ、ナムジはウサギを助け、伴侶に恵まれ、生田の苦難もしのげたのです。
気がつきましたでしょうか、七つの宝のはずが、ひとつたりません。これが日本神話の特徴的なところでして、神々は完璧な存在ではなく、いつも何かひとつ欠落しているのです。あるいはひとつ余計だったばかりにとんでもない事件に発展したり、覗いちゃダメよダメダメって言ってんのに携帯見ちゃったり、山彦は海彦の大事な釣り針無くしてしまうし、タケルもねえ、強いしカッコいいし、いいヤツなんですけどねえ、人格が一ヶ所だけ破綻しちぇってるというか・・・。イザナギとイザナミに始まり、アマテラスとスサノオ、現在のぼくらに到るまで、男女にはひとつの欠点や、ひとつの失敗や、余計なひと言や、そういった「ひとつ」によって引き起こされるごたごたが続いています。

私見です。思うにこれは最初の間違いが尾を引いているのではないかと。イザナギのひとつ余分なところとイザナミのひとつ足りないところを合わせて、この世に神を誕生させるというあの儀式、一度めは段取りを間違えてしまいます。その結果イザナミは骨のないぐにゃぐにゃな子(蛭子の神、後に恵比寿様として祀られる)を出産するわけですが、ふたりはその不具の子を葦の船に乗せて海に流し棄ててしまうのです。そして何事もなかったように二度目からは正しい段取りで交わり、順調に神を増やし、八百万と言われる神々の国をつくり上げるわけですが、ぼくはですね、最初の子と共に七番目の宝が失われてしまったのではないかと推測しているのですが。
寿命、人望、清麗、威光、愛嬌、大量、さて、足りないあとひとつの宝とは何でしょう。お分かりですよね。八百万の神がおわす国に暮らすすべての者には、それを探すという修行が課せられているのかもしれません。どうかたくさんの人が、夫婦が、恋人たちが、最後の宝を見つけ出し、物語がめでたしめでたし、となりますように。



DSC00644

DSC01674



庭で月を見上げながら、改心したあのうさぎが月に移住して、正しくあれと、やさしくあれと、頑張れ頑張れと、ぼくらを見守ってくれているのかもしれないなあ、などと。





今日は金沢文庫店にいます。