『本質を共有する』

妻が眺める庭から過ごす庭に変化させたいとあれこれ考え、ワクワクとイメージを膨らませて、夫に「庭用のイスとテーブルを買いたいんだけど」と相談したとします。夫は妻がイスとテーブルを欲しがっているのだと捉えて、真剣にイスとテーブルについての考察を行い、アドバイスをし、あるいは自分の好みのイスとテーブルを主張するかもしれません。妻はイライラしてきて「やっぱり私たちは好みが違うわね」という結論に達して相談は決裂、庭は何の変化もないままとなります。



イスを持ち出して腰掛けてみることから
「過ごす庭」のイマジネーションが広がる。

42ef5726

ccf06133

66a19842



夫婦のズレは視点のズレ。



4e6706e3

fdc21270

f1a01641



イスとテーブルではなく「庭で過ごしたい」という点にフォーカスしないと話はまとまりませんよね。「あのね、あなたと庭で過ごしたいんだけど」と相談されたら、夫はあなたのために、真剣に「過ごす庭」について考えることでしょう。





シャーロック・ホームズとワトソン医師がキャンプに出かけた。美味しい夕食とワインを楽しみ、ふたりは眠りについた。
数時間後ホームズは目を覚まし、誠実な友をつついた。

ワトソン君、星を見たまえ。
そこから何が言えるだろうか。


ワトソンは答えた。

何百万もの星が見えるねえ。

ホームズは言った。

ではそこから何が引き出せるだろうか。

ワトソンはしばらく考えてから言った。

そうだなあ、占星学的には土星が獅子座に入っていることが認められる。時計学的には現在時刻はおおよそ三時十五分くらいだと推察できる。気象学的には、明日はいい天気だろう。神学的には、神はただひたすら強く、我々はこの世の中の取るに足らない一部分にすぎない。
君はどう思う、ホームズ。

ホームズは、一瞬沈黙してから言った。

ワトソン君、わかっていないねえ。何者かが我々のテントを盗んだのだ。



本質の一致、課題の共有、共通の目的意識など、新婚当時なら1ミリのズレもないこれらのことが、夫婦も古くなってくると虚しい理想論のように感じられるかもしれません。でもですね、世の中に理想の夫婦は多く実在するわけですから、そこを目指す気持ちは失いたくないものですよね。
例えば夫婦間のあらゆる課題に対して「ふたりの幸せを築いてゆくために」を枕詞にするというのはいかがでしょう。

理想の夫婦なら、理想の庭の実現などチョチョイのチョイです。





今日は金沢文庫店にいます。