ついこないだ早咲きのウメを探して、カメラ持つかじかむ手を交互にポケットに突っ込んで温めながら歩いていたのに、気がつけばどこもかしこも満開です。季節よりも自分の歩速が遅れている気がして、つまり季節のめぐりを目まぐるしく感じて、といういつもの焦りを、さてどうしたものかと。



DSC02048



この心理現象に対するセオリーといたしましては、新しいことにチャレンジする、日に何度か自覚する(自分の内面を意識する)、足元の些細な草花を凝視するなど、つまりは童心に返ることなのだと結論付け実践してはいるものの、一昨年よりも昨年が、昨年よりも今年の春の足が高速に感じらるという軽い敗北感があるのです。



DSC02051



そのようなことを考えながらの出勤途中、コープ上郷店の脇のコブシが咲き始めているのを発見し、いよいよはてさてと。



DSC02049



とにかく後れをとってはいけないので、こうなったら平昌の選手たちの映像を思い起こしながらタイムトライアルにチャレンジする、というのが正しい気持ちの持ち方ではないかと思った次第です。



DSC02126



相変わらずたくさんの方をお待たせしています。季節の勢いに乗って、季節を追い抜く勢いで、鬼の形相でスピードアップしますので、どうか今しばらくのご辛抱を。



DSC02055



今日は全国的に春の嵐という予報(すでに早朝の庭は台風並みの風雨)。寒気が換気され、草木の歓喜が喚起されて、春本番の始まり始まり。



DSC01601 2


皆々様も、季節に置いてけぼりを食らわぬように、雨にも、風にも、大量の花粉にも負けませぬようにと心から。





今日は港南台店にいます。