リクルートの2018年トレンド予測を見ると、世の中どうやらぼくらミドル世代をこき使おうとしている様子なり。

年功助力
戦略的にシニアを採用し、活かす。

熟戦力
60代を中心とした人材の経験とスキルを即戦力にする。

ボス充
生活を楽しみ、社外活動が充実しているボスが求められる。

まな(学)ミドル
成長機会を求めるミドル層が、会社の枠を超えて学び始める。



一月遅れでようやく仏様が現れました。


DSC02239 2

DSC02240

DSC02245 2

DSC03859



トレンド予測をしている面々は若者たちなのでしょう。まったく、頼っておいて、さらに自分たちに都合がいい理想の上司みたいなモデルに誘導しようとするとはなんたることでしょう。そんな甘えきった予測を掲げずに滅私奉公せよ。重いコンダラ引きずって、血の汗流せ、涙を拭くな、「いっぺん死ぬ気で働いてみろよ、死にゃあしねえから」と言いたくなるのですが。
ナイスミドルの皆様におかれましては、そんなたわ言に乗せられることなきように、悠々自適もよし、第二の人生もよし、生涯現役もよし、充実の日々を送りましょう。今世紀のトレンド予測は「自然との融合」であり、人類のトレンド予測は「幸福の追求」であり、生物界のトレンド予測は「よりよく生きる」なのですから。
庭ですよ庭。頑張って頑張って、ようやく住宅ローンが終わってみたら庭は雑草だらけというのでは悲しすぎます。終わり良ければすべて良しですから、人生の仕上げに、理想の人生であったことの証に理想の庭の実現を。若者たちに「ああ、これが幸せな暮らしというものなんだ。一生懸命に働いて、いつかそこにたどり着きたいなあ」と思わせることも、我々の重要なミッションです。





今日は港南台店にいます。