好きなことを仕事にできていていいですね、とよく言われます。破顔一笑「はい」と答えます。でも本当は、嫌いじゃないけど特別好きだったわけでもなく・・・違う仕事に就いていたとしても同じように言われるだろうなあと思っているのです。つまり働き方の問題。
ちなみに、素敵な奥さんでいいですね、と言われたら呵々大笑「はい」と答えることにしています。でも本当は・・・って、まあいいですよね、これは。



ネムノキ
この花を目にする度、
宮城まり子さんの情熱に思いを馳せます。
四十一歳の時にねむの木学園を創設し、
九十一歳、可愛らしいおばあちゃんとなられた現在も、
相変わらずの血気盛んさで現場に立って、
相変わらず次々やってくる苦難に立ち向かいながら
活躍されているとのこと。
見事な人生です。


DSC04968 2



好きなことを仕事にしている(ように見える)人の共通点は、出会った仕事を好きになる惚れっぽさと、その仕事に対する愛情と、好きでい続ける情熱なのであります。つまり結婚生活と同じこと。好きな人と暮らせていていいですね、って言われたらどうでしょう。そんなの当たり前じゃないですか、って思いますよね。これは庭も同じで、素敵なお庭で幸せですねって言っていないで、自分の庭を素敵にすればいいのです。やり方はぼくがお教えしますからいつでも気軽にお越しくださいね。その際には現状の写真と建築図面をお持ちください。 あ、それと、庭への夢もお忘れなく。



DSC04967



仕事であれ、庭であれ、何であれ、惚れっぽさと愛情と止むことのない情熱の嵐があればそれが生きがいとなり、君が望むなら、命をあげてもいい、となります。



DSC04973



え、情熱がない?うっそー、そんなにたくさんの不満を持っているあなたなんですから、その不満を恋心にロンダリングすれば相当に激しい恋になると思うのですが。さすればやめろと言われても、今では遅すぎた、激しい恋の風に巻き込まれたら最後さ、となることでしょう。



DSC04976



収入、待遇、職場環境、人間関係など、仕事への不満なんてあって当たり前。そんなんでいちいち落ち込んだり辞めたりしていたら、仕事を生きがいにすることはできませんぞ。まして好きなことを仕事にできていていいですね、と言われることなど。
仕事観は人それぞれなれど、それを不満を強いられている死んだような時間と捉えるか、自分を磨き輝かせる生きがいと捉えるかで人生の質は大きく違ってきます。仕事がしたくて早く目がさめるようなら問題なし、逆になかなか布団から出られないようなら働き方改革を行なってくださいね。ゆううつなど吹き飛ばして、君も元気出せよとエールを送ります。
ぼくの場合、早起きどころか寝ている間に脳内で設計が仕上がっていることが多々あり。天才か、はたまたワーカホリックかもしれませんが、庭への情熱の嵐は激しさを増すばかりです。





今日は金沢文庫店にいます。

おっさんジャパンも情熱の勝利。気分良し。