こんなことは滅多にないのですが、猛暑による蓄積疲労がとうとうメルトダウンを起こしたのか、あ、つまり夏バテかな、などと思いながらも計ったら熱はないし、血圧も普段と変わらずやや高め程度だったのでいつもの時間に出発進行いたした次第です。途中、寄り道して里山の森の入り口まで行ったものの、どうにも身体が重くて歩く気がしなかったため、熟年オヤジによる、熟年オヤジの、熟年オヤジのための散歩は中止とし、コンビニで一番高価なユンケルを買って店へと向かったのでありました。



猛暑日もなんのその、
ポーチュラカは楽しげに咲いています。

DSC06874



いつものように聖者ジョン・レノンのミサ曲「想像してごらん」を流しながら掃除をし、コーヒーをドリップして理想的な今日の展開を想像したものの、やっぱりだるい。山積みの仕事の中から仕掛かりのファイルを開いて設計に取り掛かっても、いつものようには情熱の導火線に着火せず、半日、ひたすらぼーっとしてしまうという体たらくが続いていました。



DSC06872



その、流れを失った溜まりに青みどろが淀んだような状況に、突然、全身笑顔の人が飛び込んで来たのであります。二ヶ月前に庭が完成したお宅の奥様で、キュートとはこのことかという、それはそれは可愛らしいお方です。

いたいた、ブログに今日は港南台って書いてあったから陣中見舞いに来ました。

おやまあ、ありがとうございます。

暑くて大変でしょう。奥様はお元気ですか。

はい、元気過ぎて・・・ちょっと弱ってくれるとちょうどいいんですけど、なかなかしぶとくて。

あはは、ほんとにいつも元気ですもんね。

ええ、ほんとに。
どうですか庭の方は。楽しいでしょう。


それはもう。毎晩庭で過ごしていますよ。お友達呼んでお茶したり、食事するのも普通のことになって、なんだか信じられないくらい楽しくて。

ああよかったよかった。

カーテンを開けて暮らすってことの意味がわかりました。なんで気がつかなかったんだろうって、主人も。あれから毎週BBQなんですけどね、私たち、来る人来る人にいわふちさんの受け売りトークで営業しています。

おやまあ、ありがたやありがたや。
今度ぼくも誘ってくださいね、食材持参で行きますから。


ええ、もちろんです。



DSC08242



キュートな人はハーゲンダッツを取り出して「溶けないうちに食べちゃってください。それじゃまた」と、ぼくのミラーニューロンに笑顔を伝達して炎天下へと駆けて行きました。



夜には花を閉じて熟睡、
これが元気の秘訣なのでしょう。

DSC06647



あーら不思議、起き抜けからのだるさが1ミリも残っていない。
夏バテ対策は、ユンケルよりも笑顔一発。