色を楽しむ

庭の構成物はとかくナチュラルな中間色ばかりになりがち。色を凹凸として感じとれば、どこかに凸を持ってこないと平坦で退屈な空間になってしまいます。



467b44ed

3141a565

09c368a4

f4dc0b4a



差し色効果で世界がイキイキとする。



67233694

f7cdec4b

36e2c7fd

cbf2cd7d



ヨーロッパの庭に赤い椅子や青いパーゴラが使われるのは、花の時期が短いから。南米のカラフルなペイントは強い陽射しに負けずに暮らすため。四季折々に自然の色彩が溢れている日本では目立たぬように、はしゃがぬようにという庭づくりが基本で、鮮やかな色は花や紅葉など植物によるものだけでした。
暮らしぶりがすっかり洋風になった今、庭の果たす役割も欧米化していますので、色使いも和風から脱する必要があります。