一昨日、三連休の最終日は記憶に残る日となりました。午前中いつも通りに仕事をこなし、少々疲労がたまっていたので昼寝をしようと、天気も良かったので港南台店に隣接るする公園のベンチで横になりました。昼寝のBGMは十代の頃からNHKと決めているので iPod のラジオアプリをNHKFMにチューニング。するとなんということでしょう、休日の特別番組ということで、9時間ぶっ続けで懐かしきディスコミュージックを流すというのが始まったところでした。

子どもの頃から成人するあたりまで、
ススキをことさら美しいと思ったことはなかった気がします。
それはただの見慣れた風景の一部であり、あって当たり前の植物で。 
ところがどうでしょう、この頃では美しいどころか、
たくさんの幸福な記憶と相まって、たまらなく愛おしく思えてきて。

DSC06336



ぼくはステイン・アライブが大ヒットしたサタデー・ナイト・フィーバーの頃は新潟の山奥に暮らす高校生だったため、ディスコに行ったことがありません。マハラジャやキング&クイーンやジュリアナ東京は、ポパイとかブルータスとか、当時夢中で読み漁ったマガジンハウスから発行される雑誌の中にある世界でした。



DSC06354



それとぼく的にはディスコサウンドを軽く捉えていたふしがあり、その頃は岡林や三上寛などのアングラフォークと、憂歌団と久保田麻琴と売れる前の上田正樹と(関西系ブルース)、洋楽ではビリー・ジョエル、西海岸のイーグルス、J・D・サウザー、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、他にはロッド・スチュアートやエリック・クラプトン、通奏的にエルヴィス、ディラン、ザ・ビートルズ、ミッシェル・ポルナレフ、カーペンターズ、S&Gなどを聴き漁っていて、好んでディスコサウンドのレコードを買った覚えがないのです。



DSC09498



ところがこの9時間に流れた楽曲で知らないものはゼロ。まああ次から次から体が動き出し気分が躍動する曲ばかり。いち日中ノリノリで、そんな時には立て続けにいい出会いがありまして、この頃でダントツご機嫌な日となりました。
ディスコ・ミュージック、意識して聴いていたわけでもなかった音楽によってこれほど調子が上がっている自分に驚きつつ、音楽の力というのはすごいものだなあと実感した次第です。



DSC08974



メロディー、ビート、歌詞、音色。アロマセラピーなどの園芸療法が、元気だった頃の記憶を呼び覚ますことによって弱った現在にパワーを呼び覚ますの同じく、若き日に何気なく耳に入っていた音が今日の発電をしてくれるという、不思議と有難さ。記憶とは面白いものですね。



番組の三曲目、ヴァン・マッコイのハッスル。
いつどこで聞こえてきても、無条件に体が動き出す。

 

今日あなたが耳にしている音楽が、
庭に響いている雨音や風の音や虫の音が、
いつかあなたを元気付ける記憶となりますように。