望ましい体重(BMI)の計算式は体重(キログラム)÷ 身長(メートル)÷ 身長(メートル)=〇〇。18.5以下は痩せ過ぎで、18.6~25.0までが適正値とされています。そして血圧は上が130以下が望ましいと。


早朝の里山を行く。
花少なき散歩道、ところどころに秋の色。

DSC06865



現在のぼくはBMIが23.9で正常、血圧は上が150前後、下は90前後。この夏は暑さのせいか耳鳴りがひどく、久しぶりに測ったら190の125という驚異の高得点を叩き出し、ヤバ!さっそく主治医のところに行ってお薬を頂戴して服用中。で、140~150を行ったり来たりの状態です。



DSC06921 2



昨日、めずらしく朝からだるくて動けない。それでもいつも通りに起きて庭に出ないとセロトニンの出が悪くなると思い、頑張って這いずるように庭へと向かい腰掛けて、オムロンを腕に巻いて測ってみたら130を切っていました。「ああこれか、薬が効き過ぎたんだ」と納得したら、病は気からでありまして、原因を見つけたことで安心し、こういう時にはルーティンが大事と、出勤前にカメラ担いで日限山公園から里山を1時間ほど歩いて案山子コンテストを撮り、店に到着する頃にはすっかりいつも通りの体調に戻っていました。



DSC06892 2



薬に頼っているものの血圧はオッケー、詰まったり切れたりは回避できそうです。が、問題はBMI。現在適正値に入っているのは夏に暑さで急激な体重減少があったからでありまして、それまでは数年間、25.8をキープの慢性的デブいわふちだったのです。
ところがですね、太る神あれば痩せる神あり(イミフ)で、夜の庭でページをめくっていたら神の啓示がありました。



DSC06866 2



中高年の血圧を130以下に抑えるという指導はやや行き過ぎで、そこには医療業界の都合も入っているのです。それとBMIも厳しすぎだと思っています。統計的には28くらいのやや高めの人が長生きしていますから。



DSC06923 2



オオマイガッ! 鎌田實先生あなたは神様仏様、おかげでスーッと気が楽になりました。そうですよねえ、なんの分野でも業界都合はあるわけで、本当のことを伝えてくれる人は希なもの。先生、ぼくは血圧150、BMIは小太り爺さん28まで回復させて、末長く希なる望みを叶える希望の庭人でいることを誓います。



DSC06886 2



ちなみに2年ぶりの血液検査はすべて正常値。医師の問診に、「おおむね好調なんですけど、時々急激に気が滅入るといいますか、へたり込んで泣きたくなることがあるんですよね、主に女房に関する悩みが原因だと思うんですけど・・・」と打ち明けましたら、「わかります、とってもわかります。年齢的にそれは普通のことなのでいたって健康です。ナラティブ・セラピー(物語療法)というのがあって、愚痴を受け止める聞き役がいることで、奥さんの健康は維持されているんですよ」とのことでした。めでたしめでたし。