多年草を植える

季節を越えて何年にも渡って茂り続ける草花が多年草。
一年中枯れないので、グランドカバーや植栽のベースとして使うと便利です。



ランタナ

451095ad


ラベンダー

bc97f6ad


ハツユキカズラ

338ea513



植栽の7割を多年草にするのがコツ。



へデラ

0a24413d


アガパンサスや多肉は半耐寒性多年草。

d136dc41


霜が降りない場所に植えてください。

42ed4e7b



ハツユキカズラ、へデラ、リュウノヒゲなどは日陰の植えつぶしに向き、ランタナやガザニアは半年以上も咲き続け庭を彩ってくれます。



相談会やってます。

2018秋港南台㈪相談会表

2018秋港南台相談会裏


昨日は「自作の庭」を目指す男性の方が数名来られまして、レンガの積み方や植物の話で大いに盛り上がりました。どうやら年々男たちの庭への興味は増しているようで、野菜苗や果樹がよく売れているし、ウッドデッキを手作りしたり、ペンキ塗りしたり、剪定のやり方を知りたいという問い合わせも多くなっています。なかなかいい傾向です。
さて自作の庭、その際に最も大切なのがコンセプト。誰がどのように楽しむ庭なのか、その庭に何を望みどのような役割を与えるのかを、現状をお聞きしながら整理整頓してアドバイスしました。何事も初期設定が曖昧だと努力が実を結びませんからね。
男性脳は論理的ですから、ぼくはお得意の理屈っぽさ全開で解説。すると目からウロコが剥がれ落ち、長年隠されていた小さな野望の導火線に着火したりして、さながら夏休みの自由研究に取り組むみたいな興味津々な表情になってゆきまして、男はいくつになっても少年なんだなあと実感いたしました。さあ、ここからが少年場、ガンバレ若いお父さん!
「事情がありましてね、庭を花で埋め尽くしたいんです。私の主義として種まきから始めたいんですが」というおじさんもガンバレ!ぼくとしては苗からの方が手間いらずで確実な気がしたんですが、声と表情にそれを言わせない決心が見えて、「事情」っていったいなんだろう、そして「主義」とは、と、そっちの方に、かつて時代を築き上げた団塊世代浪漫主義的物語性を感じまして、「進展を教えてくださいね。お手伝いできることがあればいつでも連絡してください」と付け加えました。
日の出の時も、黄昏時も、庭に意識が行く男たちに幸あれ。