目的地にショートカットして進むと通路、寄り道しながら曲がって歩くと園路になる。

合理主義を極めてゆけば庭などという場所は存在しなくなります。なぜ花を植え育てるのか、なぜ雑草を抜き芝生を刈るのか、それは、地球が合理主義に舵を切った途端に人類は排除されることを、ぼくら人間が無意識領域で知っているからかもしれません。
庭仕事に没頭する時間、幸運にも、非合理性によって豊かさを醸し出す運営方針を取ってくれている地球と同調し、ほっと安心感が得られるのです。
ぐちぐち文句を言いながらでもかまいません、庭を整える暮らしから離脱しませぬように。



忙しいのに散歩する。

DSC00425

忙しいから散歩する。

DSC00460

非合理な時間無くして庭設計の合理性なし。

DSC00433

いやほんと、かなり頑張って
ほっつき歩く時間を確保しているのですよ。

DSC00330

オフに得た感動がオンタイムのエネルギーになる。




とはいうものの、手入れは楽な方がいいですよね。その方法ご伝授します。



2018秋港南台㈪相談会表

2018秋港南台相談会裏
 



庭仕事を楽にする方法、例えば雑草取りの軽減であれば「通路と植える場所を明確に分ける」、「自分が植えた草花を、土が見えなくなるまではびこらせる」、「ご主人を洗脳して雑草取りを生きがいにさせる」など。究極は「雑草を愛でる」。タンポポ、クローバー、エノコログサ、ネジバナ、イヌフグリ、ホトケノザ、ツワブキ、ヨモギ、園芸品種に負けない魅力を持った雑草はたくさんあります。