果報は練って待て。

家は設計しないと家になりませんよね。庭もまったく同じこと。余剰の土地に植物を植えても、一見庭らしい、しかし手入れのための場所になってしまいます。
それを回避するためには理想の庭を思い描くことから。幸せな暮らしにふさわしい庭を、日々の手入れが幸福を育む行為となる庭を、家を建てるくらいの入念さで練りに練ってイメージしてください。昔から、果報は練って待てと申しますので。あれ、寝て待てか。




果報の果は果実の果。
海を見下ろす湘南鷹取の住宅地では
潮風好きな柑橘類が色づきだして、
一帯が清々しい冬晴れの日のような風景に。

ミカン

DSC07028

この果報は寝ていても、
肥料もやらずに放っといても
毎年実ってくれます。

ハッサク

DSC07037 2

成りものは縁起が良いと申します。
ことに風水では、黄色い果実は最上級で、
西側に植えれば金運・開運間違いなし。

ユズ

DSC07041

え、風水なんて信じない?

レモン

DSC00310

鰯の頭も信心から。

キンカン

DSC07048

欺かれぬ者は彷徨い、信じる者は救われる。
 




練って待てと言われても、そんなの何をどう考えればいいのかわからない、という方はぼくにお任せあれ。あなたがすやすや寝て待っているうちに夢の世界を出現させます。


2018秋港南台㈪相談会表

2018秋港南台相談会裏