植物の色で彩る。

植え替え時には花の色を意識してください。庭木は四季折々の色の変化をイメージして選んでください。
空の青や芝生の緑をカンヴァスに、植物が織りなす色を配した庭は暮らしを彩ってくれます。



潮に打たれてしまったから今年は無理かも、
と思いきや、
悲観を打ち消し燃え上がるモミジたち。
国破れて山河あり。
2018年、人は自然の猛威にへろへろなれど、
山河の住人たちは負けじ魂を発色させている。
元気が出るなあ。

DSC07236

一説には、落葉樹の紅葉は害虫への警告だそうな。

DSC07238

冬の間に枝に卵を産み付ける輩が多いので、
葉が落ちる前に、鮮烈に一発かましとくわけですね。

DSC07242

紅葉警告説、これはれっきとした植物学者の弁。
根拠も述べていました。

DSC07244

「だってね、それ以外にあんなに色づく
理由が思いつかないでしょ。
受粉には関係ないし、果実のアピールでもないし・・・」
と。

DSC07349

「わたしはこんなに勢いがある。
下手に近寄ると痛い目を見るぜって言ってるんですよ。
人間にもいますよね、そういうタイプ」
とも。

DSC07339

研究者はしばしば対象を擬人化して思考します。



今日はこれから那須まで設計前の現地測量に。準備万端、測量道具よりもカメラ機材の方が多い。
久々の長距離ドライブを楽しんできます。