ジタバタしろよ。

北風小僧の寒太郎、今年も街までやってきた、冬でござんすヒュルルルルンとなりまして、もう忘れちゃったでしょうあの酷暑。 その後には豪雨と連続した台風の塩害。植物たちはおかしな気候から受けたダメージをリカバリーすべく、モミジは傷んだ葉っぱをふるい落としすかさず春のごとく芽吹き、その新緑は数ヶ月を省略して一気に紅葉する離れ技。ツツジは季節を忘れて狂い咲き、バラは開花の時期を大幅に遅らせることによって恒例の営みを完了させようと(わが家のバラは今頃になって花盛り。ひと月遅れです)、それぞれが必死のパッチの様相呈す。瀬戸際まで大いにジタバタせよというのが、自然界における仕事の流儀なんですね。
ではジタバタとあと4日。



いわふち家 バラ咲く庭で年を越す

DSC07460

DSC00367

DSC00371

DSC00373

DSC00370