途中に1日だけ嵐の日があったものの、あとはおおむね晴天で、天は後藤さんに味方したのでありました。仕事の合間に何度もおじゃまては、その度ごとに表情が変わるバラたちにシャッターを切り、来場の方々と談笑し、美味しい紅茶を頂戴するという楽しき日々、毎年のことながら後藤さんに大感謝です。
撮りためた写真はおいおい整理するとして、今日は後藤さんちから徒歩30秒のご近所さんの庭をご覧いただきます。



DSC09606

DSC09607

DSC09608

DSC09610

DSC09612

DSC09613

DSC09615



こちらもまた圧倒的なバラの世界。



DSC09616

DSC09617

DSC09618

DSC09619

DSC09620

DSC09621

DSC09622



じつは十数年前に伺った時にはバラはなく、グリーンの濃淡を楽しむ静かな風情を楽しむ庭でした。それが後藤さんに感化され、勧められるままにバラを植え始めたらやめられない止まらないとなりまして、奥様は、今ではすっかりバラ達人となりました。



DSC09623

DSC09624

DSC09626

DSC09627

DSC09629

DSC09630

DSC09631



こうしてひとつの庭から次々と、ご近所さんへと花が広がってゆく様子はいいものです。



DSC09632

DSC09634

DSC09636

DSC09638

DSC09639

DSC09641

DSC09642

 

こんな街に暮らしていたら誰だって幸せになってゆくなあと思いました。



DSC09643

DSC09644

DSC09645

DSC09646

DSC09647

DSC09648



これもまた「花の数と幸せは比例する」の一形態なんですよね。



DSC09650

DSC09651

DSC09652

DSC09653

DSC09654

DSC09657



魅惑の香りに包まれながら、いやあ〜バラって本当にいいもんですね、としみじみと。