報道の常として、ニュースソースとしては穏やかなる日々のことよりも、異常気象やら天変地異をありがたがるわけです。だから「今年の梅雨のなんと梅雨らしいことか」などということはどこも取り上げず、関係者はこぞって、相も変わらず「観測史上初」探しに躍起な様子。NHK「昼の憩い」的に、懐かしき「明るい農村」的に、「村の時間の時間がやってまいりました」みたいに、数年ぶりに訪れてくれたこの昭和的なる梅雨を味わうようなニュースを報じてほしいなあと、田舎者だからでしょうか、そのように思うのですが。



DSC00346



てなことをつらつらしていたら、来ました来ました令和の初台風。熱帯低気圧のまま接近し、列島に寄り添ってから台風に進化するという、これはぼくの観測史上初のこと。しかも観測史上最も梅雨入りが遅かった地方を中心に雨を降らせ、先日の地震被災地は避け、関東・東北をグルーミングするかのように駆け抜けるとは、なんと気が利いたアモーレな台風でありましょう。



DSC00339 3



発生の度に、ここぞとばかりに悪者扱いされている台風ではありますが、もしそれが来なかったどうなるかは誰でも想像できますよね。ことに福島の放射能を薄めてくれる最大の功労者なわけですし。
八百万に神を見る我々なので、毎度のことながらテレビで繰り広げられている台風祭りに便乗して、庭のテーブルにお供物を奉じて、ぼくは風神雷神感謝しつつ「祓いたまえ、浄めたまえ、エコエコアザラク、エロイムエッサイム、アブダカダブラ、ちちんぷいぷい、コックリさんコックリさん、ビビディバビディブー」と念ずることにいたします。



DSC09961



少々は被害が出るやもしれず不謹慎かもしれませんが、(当たり前ですけど)敵対姿勢をとっている者をわれらホモ・サピエンス・ジャポンの守護神アマテラスはお好きではないのです。



DSC00337 2



横浜はあと30分で風雨のピークだそうな。風はさほどではなく時々ザーッと通り雨的に。今日は雨音を楽しみつつ取り掛かっている設計の仕上げに没頭することにいたします。わくわくと、お客様の目からウロコがはらりと落ちる瞬間を想像しながら。
八百万の神々を取り仕切る天照大神様、またの名を大日如来様、謹んで、お恐れながら、感謝を込めて、あなかしこあなかしこ。