唐突ですけど、今日はソクラテスのため息。

当世評判の知恵者との対話によって、物事の本質を探究しようとしたのが哲学の父と呼ばれるソクラテスです。無知の地(私は無知であるという自覚がある)という言葉が有名ですよね。
ソクラテスは当時の権威である自然学派(科学者)の論客と、コロシアムで公開討論バトルを繰り返しては論破し勝利してゆきます。しかし時に言い負かされそうになると、悔し紛れに『無知の知』を持ち出し「あんたは何でもよくご存じですね。私は無知の自覚があるという点において、そんなあなたよりも優れている」てなことを捨て台詞にしたという説が有力なわけで、なんだかなあ〜とも思いますが、そこが歴史に残る負けず嫌いの頑固者らしいエピソードであるとも言えます。
彼はもっぱら物事を単純化することで、幸福の鍵とも言えるひと言を探り当てようとしました。それはもしかしたら、複雑な論理で挑んでくる学者や識者の論法に巻き込まれないために編み出した、彼独自の戦法だったのかもしれません。例えばこういうふうに。

ソクラテス殿、噂によればあなたの女房は相当の悪妻だという評判だが、女房ひとり思うようにコントロールできないのに、アテレーなどという概念を持ち出して民を惑わすのはいかがなものか。もしもその論が正しいのだとしたら、まず手始めに女房を良妻賢母に改心させて見せよ。

う、痛いところを。確かに我がワイフは鬼嫁だ。口を開けば文句を言うし、家事はしないし、金遣いは荒いし、酒癖は最悪。何よりきついのは世の中の不条理と自分の不満は、全て私に責任があると決め付けて責め立ててくるところ。こないだなんか拉致問題はあなたのせいよ!と絡まれた。トランプが当選した時もそうだったし、悲惨な事件や天災が起こる度に「あなたが無能だから、あなたのやり方が間違っているからこうなるのよ」となじられたよ。

ほらみろ、その悪妻に翻弄されて苦しんでいることの憂さ晴らしに、そうやってラップバトルのように論争を繰り返すなど、まったく、みっともないぞ。こんなことをする暇があったらマザーテレサが言うように、早く家に帰って家族を愛しなさい。

なるほど、至極真っ当な忠告だ。だが貴殿と私の妻への愛情量を計量化したとしよう。間違いなく私の圧勝だよ。なぜならこれだけの苦難を背負いつつも離縁せずに言いたい放題を続けさせているのだから。貴殿にはとてもできない、できっこない愛情の為せる技なのだ。

ふん、さすがの詭弁だね。自分が不幸であるほど愛情量が大きいなどと、そんな戯言には誰もそそのかされはしない。

そそのかすとは酷い言いようですな。愛情が苦難によって磨かれ育まれてゆくことを知らない貴殿に、どんな論理を駆使したとしても物事の本質など解明できようもない。よいですかな、像が踏んでも壊れない幸福とは、像に踏まれないと証明できないのですよ。愛ですよ、愛、愛情大きければあらゆる不幸は昇華される。イバラの道がバラの道になるのだ。

マスク姿でディスタンスを取っていたオーディエンスによる、歓声の代わりの足踏みが地響きを立て、軍配はソクラテスに上がったのでありました。



イバラの道はバラ香る道。
梅雨空に、ポツリポツリと返り咲き。

DSC03733



ソクラテスが言うところのアテレーとは『徳』と訳され、内容的には『愛情』『健全』『気品』『勇気』『知性』などに枝分かれしている概念であり、単純にして明解なる幸福の扉を開く鍵なのです。
論戦に勝利したソクラテスは家路に着きます。勝利の興奮などは歩を進めるに従い薄れてゆき、自宅が見えてくる頃にはいつもの憂鬱に沈んでしまいます。ドアの前でため息を吐きつつ鍵を開けると案の定、そこにはすでに泥酔した女房殿が、何か意味不明な罵詈雑言をわめき散らしていたそうな。彼はスマホを取り出しツイートでつぶやきます。

もしも妻が良妻なら幸せ者になれる。悪妻なら、哲学者になれる。

哲学の父ソクラテスよ、それでもあなたは幸せだったと言うのでしょうか。言うんでしょうね、権力者の都合による不当な死刑判決を「悪法もまた法なり、死ぬことと自分の信念とどちらが大事か!」と受け入れ、自ら刑場に向かったほどの意地っ張りだから。 



DSC03731



ぼくは思うんですよ、もしもソクラテス家に妻と語らえる花咲く庭があったら、気のおけない友人たちとバーベキューができる庭があったなら、きっと自らが幸せな暮らしを体現することで、幸福なる哲学者になれただろうにって。しかし悲しきかな、論争相手は思想界の主流にいたイオニア自然学派。当時の自然哲学とはタオイズムではなく科学だった。ルネッサンスにおいて美を数学的に解析したように、自然の事象を論理によって解明するというもので、多くは理屈を捏ねるのが上手な者によって組み立てられた、中身は希薄で、情緒を排除した味気も温もりもない思想でしたから。だから彼もまた庭に馴染もうとしなかったのでしょう。もっともその頃の庭は、権力者が幾何学やシンメトリーを駆使して自然を制圧してみせるステイタスでしかなかったから、やはり時代的に無理だったかもしれませんが。



DSC03721



今は違います。自然とはこの上なく豊潤な母なる世界。住まいに併設されている自然空間、生活上の聖地にて、その温もりに、癒しに、導きによって、家庭内の苦難をバラの花香る世界に昇華させてくださいね、現代の悩めるソクラテスたちよ。


良い音楽を聴かないのは、耳がないことと同じだ。
(良い本を読まないのは、目がないことと同じだ)
ソクラテス

ソクラテス似のミュージシャンて誰だろうと検索してみたら、
いましたいました、ジョルジュ・ムスタキ。
『薔薇色の人生』で有名はシャンソン界の女帝エディット・ピアフによって才能を見出され、
ついでに19歳年上のピアフから恋人に指名され1年間暮らした
フランスのシンガーソングライター。
代表曲である『私の孤独』をどうぞ。
歌詞も哲学的にしてソクラテス的で、
あまりの類似に不謹慎ながら笑ってしまいました。