ティータイム

長〜い夏の始まり始まり〜

一昨日の予感が的中し、な、な、なんと梅雨明け宣言To You となりました。例年より3週間も早いそうです。
困りましたなあ、なんだか意中の人にいきなりコクられたみたいでまだ気持ちの準備ができていなくて。あと半月ほどはしっとりと、うじうじと、じくじくと、湿気を楽しんでいるつもりだったのに。などとぶつくさ言いつつ文庫店近くの遊歩道を歩いていたら、ハスの花第一号が。帰宅しアルバムを確認してみたところ、これもまた昨年よりも2週間早い開花でありました。植物はどんな仕組みで情報をキャッチして季節と足並みを揃えているのか、不思議というか、神秘的なものですね。
その天与のセンサー機能はきっとぼくらにも備わっているはずなので、行っちまった梅雨を惜しんでいないで、今日からスカッとさわやかな夏仕様にしようと、先ほど上等な首タオルを購入いたしました。
汗を拭き拭き長〜い夏の始まり始まり〜。



梅雨明けの日に花開くとは気が利いている。

DSC06789

やっぱり魅了されるなあ。

DSC06778

何でしょうね、手を合わせたくなるこの感じ。

DSC07252

これから3ヶ月、
存分に楽しませていただきます。

DSC08781






今日は港南台店にいます。





GWスタート

仕事の合間に、長い改修工事を終えてニューアルオープンした大船植物園に行ってきました。



DSC03811 2

DSC03809

DSC03800 2

DSC03869



年齢的にレクイエムを聴くことが増え、いち日いち日を丁寧にと思う今日この頃。



DSC03795

DSC03808 2

DSC03871

DSC03821 2



そんな心境になると、以前なら高速で視界から飛び去っていた植物に目が行き、いちいち足が止まります。



DSC03787

DSC03790 2

DSC03788



平日だったからか、来園者は年配女性がほとんどで、あちらこちらで花に歓声が上がっていました。



DSC03837

DSC03844 2

DSC03847



いいんだなあ、そういう心持ち。きっとそれぞれに、突っ走ったことも、へたり込んだこともあったでしょうにと、そちらの花々にも拍手を送りたい気持ちになりました。



DSC03835

DSC03829

DSC03824



ゴールデンウィークがスタート。遠出の方は渋滞も楽しみながらお気をつけて。近間でのんびりの方は、無為に草花を見つめる時間もいいものですよ。



DSC03890

DSC03888

DSC03770



わが家の庭は毎朝バラが増え、ライムも咲いて濃厚な香りに包まれています。




前半は好天続きの予報。存分に楽しんで、後半のひと時は庭についてあれこれ考えてみせんか。



2018春港南台㈪表web用

チラシ2018港南台文庫共用裏web用

チラシ2017春四季の森1





今日は港南台店にいます。


 

春の相談会


明日から三日間、金沢文庫店で「お庭の相談会」を開催します。



2018春文庫㈰表1



ぼくと一緒に、あなたの理想の庭を思い描きましょう。



チラシ2018港南台文庫共用裏web用



雑草取りを楽にする

目隠しあれこれ

狭い庭の楽しみ術

子どものための庭づくり

ペットと過ごす

夜の庭を楽しむ

手づくりガーデンのすすめ

バラの育て方

自宅でバーベキュー

芝生を元気にする方法

野菜づくりのコツ

庭木剪定のポイント



5ee750dc
チラシ2017春四季の森1



庭を思い描くことは、幸せな未来をイメージすること。
イメージできたらできたも同然です。





モッコウバラ

DSC03323

DSC03325

トゲがないので扱いやすく、
旺盛に伸びるため壁面やアーチに向いています。

DSC03327

DSC03378 2

花数なら黄色、香りを楽しむなら白。

DSC03357

DSC03333

花言葉は「あなたにふさわしい人」「純潔」「初恋」。

DSC03367

f08a51ca

いよいよバラの季節到来です。




今日は港南台店にいます。
 


 
 

では問題です。

ロウバイの正しい漢字は次のうちどれでしょう。

1、老梅
2、楼梅
3、蝋梅

というお天気おにいさんの出題にハッとして、そうか、もう咲いているかもしれないなあと昨年見つけたお庭に行ってみたら、おやまあ、すでに満開でして、狼狽しながらパシャパシャっと撮影しました。
この花びらは繊細で痛みやすくて美しい期間がとても短いのです。気づくのが数日遅れていたら撮り損ねるところでした。テレ朝の依田さ〜んに感謝。



新年早々、朝日を受ける黄色い花でエナジーチャージ。
さあ、来週あたりから本家の梅が咲き出します。


DSC02035

DSC01190

乙女の仕草で花に顔を近づければ、
昨年と同じく淡いレモネードの香り。

DSC01213

DSC01204

もう一年が経ったんだなあと、
心境は、門松は冥土の旅の一里塚なり。

DSC01216 2

DSC01212

さてあと何回ここに来れるのかと思えば、
今年も刻むぞマイルストーンと決意するのでありました。



今日はマイルスのマイルストーンズ聴きながら、
軽快にして創造的にまいります。




ワシがモード奏法から学んだんは限界がないっちゅうこっちゃ。ぎょうさんの音を並べられるさかいに、これまでみたいにやな、和声進行とか悩まんでもようなったんや。モード奏法で大事なんは、どんだけ旋律をクリエーティブに奏でられるかやで。
マイルス・デイビス


このアルバムがモードジャズの幕開けでありまして、同時に、気難しいことこの上ないマイルスを癒しつつ、励ましつつ絶頂期へと並走したピアニスト、盟友レッド・ガーランドとの決別となりまして、次なる運命の出会いがガーランドとは対照的にクールなビル・エバンス。マイルスにとって、まさにマイルストーンな録音となりました。
その後ガーランドは名盤『グルーヴィー』で己が世界を確立し、マイルスは世界で最も売れたジャズレコード『カインド・オブ・ブルー』を経て、人知を超えて神がかってゆきました。
いかなる場合も別れとは、次の扉を開く鍵なり。
ちなみに2曲目はスタジオでの口論の末にガーランドが怒って帰ってしまったため、やむなくマイルスがピアノを弾いているというおまけ付き。不穏な空気の中でものすごく遠慮気味に和音を押さえる、神がかり前夜のマイルスの心境を思うのも一興です。

マイルス・デイビス:トランペット
ジュリアン “ キャノンボール ” アダレイ:アルトサックス
ジョン・コルトレーン:テナーサックス
レッド・ガーランド:ピアノ
ポール・チェンバース:ベース
フィリー・ジョー・ジョーンズ:ドラムス

達者揃いのシクステットによる最後の曲が『 ストレイト・ノー・チェイサー 』というのはメタファーなのか、そこにどんな意味を込めたにしろ込めなかったにしろ、全員の気持ちがぶつかり合いつつ共鳴する、大の大人が大喧嘩の後で涙流して大笑いしているような、曲のオリジネーターであるところの異端児セロニアス・モンクも、文句のつけようがない見事な仕上がりとなっております。

音楽がワシの全てになってもうた。ホンマにすべてになってもうたんや。
マイルス・デイビス

「庭がぼくのすべてになってしまったんだ」と言える日はくるのだろうか、来ないといけないんじゃないだろうか、その日のぼくは果たして幸せなんだろうか、などと、そろそろそんなことも思うお年頃。誰がために鐘は鳴るなり法隆寺とばかりに崇高なる道を目指すなら、昨日との決別、燃えないゴミは分別、萌えない心にも芽吹く季節を控えし冬枯れの朝に希望の光あり。別れても好きな人ならそれでよし。別れろ切れろは芸者の時に言うことなれど、別れによって次の扉が開くなら、恐れることなく行ってみたいなよその国。危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、迷わずいけよと木霊する。声の主は守護霊か、大天使か、あるいはアマテラスか、はたまた観音菩薩様かは定かでないが、今日も心に真白き帆を張って、意気揚々とまた1マイルを着実に、歩を進めることと致し候。
 

あ、正解は3番。花が蝋細工のようだから蝋梅だそうです。





今日は港南台店にいます。



 

国境の長いトンネルを抜けると・・・

国境の長いトンネルを抜けると日常であった。これが上京なのか帰郷なのか定かでなくなって何年経っただろうか。後ろ髪に両親の顔が絡みつく。今年は雪が少ないといいのだが。どうか健やかで、楽しい日々であれと願う。
その同じ願いを妻に、子らに、 Special Thanks 孫の美空に。そのために、ぼくが先頭を切って健やかに楽しくいち日いち日を積み重ねて行こうと、このトンネルを上るたびに思うことを、また思って背筋が伸びた。



DSC08011

DSC08021

DSC08023

DSC08032

DSC08038

DSC08044

DSC08047

DSC08056

DSC08061

DSC08075

DSC08080

DSC08086

DSC08105

DSC08118



故郷でフル充電となり、今日から年またぎとなっていた設計作業の再開です。
グレースランドを今年もよろしくお願いいたします。

あなたの2018年が、健やかで楽しく花いっぱいの一年となりますように。頑張りましょうね! 





今日は金沢文庫店にいます。




 

故郷が教えてくれること

年に何度かこうして魚沼に帰ってくると、そこで暮らす人たち、若者、お年寄り、家族、親戚、ご近所さん、みんなとても「普通」に感じられます。それは大いなると言いますか、上等なレンズを通した世界のように、スッキリと合ったピントとボケの両方が美しい。ということは、横浜暮らしでぼくは知らず知らずにアブノーマルに振れてしまうんだなあと、発見というか反省というか、ふと、もしもこういう機会がないまま暮らしていたらどうなってしまうんだろうかと、そんな気持ちになるのです。



DSC01094

DSC01180

DSC01092



自然豊かな田舎であってもそこには横浜と同じく悩みもあれば辛さもあるし、暮らしでの苦労は自然に近い分、横浜の何倍かをこなしながらのものです。そういったことの受け止め方や対処の仕方がとても当たり前でいて力強く感じられ、これが普通なんだよなあと。食事も、暮らしかたも、そして景色も、普通に豊かで美しく感じられました。



DSC07975

DSC07970



この感じが薄れないように、失ってしまわないようにという気持ちが、ぼくを朝晩庭に誘導してくれているのかもしれません。



DSC07986

DSC07984




故郷の景色、自然、味、人々、有難し。
普通の笑顔、有難し。





 

2018年のコースどり

雪の予報に反して曇りのち晴れとなりました。



DSC01096

DSC07910

DSC07781



これも天の啓示、今年は Sansan/Gingin Course をチョイスします。



DSC07942

DSC07821

DSC01161

DSC07789

DSC07948

DSC07790

DSC07932

DSC07872

DSC01108

DSC07945

DSC07877

DSC07907

DSC07728



でもその前に、しばしのんびりと。




 

新春を寿ぎ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。



父作の正月飾りと母作の生け花。
ふたりとも元気でいてくれて何よりです。

DSC07776

DSC07775
 


新春を寿ぎ、アナグラムをいくつか。

要潤(かなめじゅん)は純な亀(じゅんなかめ)

稲垣吾郎(いながきごろう)老後長生き(ろうごながいき)



DSC07709



今はもうない(いまはもうない)芋はうまいな(いもはうまいな)

郷ひろみ(ごうひろみ)ゴミ拾う(ごみひろう)



DSC07765



杉山清貴(すぎやまきよたか)またか焼き過ぎよ(またかやきすぎよ)

風の谷のナウシカ(かぜのたにのなうしか)牛の肩に菜の風(うしのかたになのかぜ)



DSC07768



年末にメモを整理してたら、どこで仕入れたのかこれが出てきまして。何かひらめいたり気になったりするとすぐに書いておきたいので、暮らしのいたるところがメモだらけなのです。
ところで、メモはマメにするものの、ぼくはスケジュール帳を持っていません。理由は今日に集中したいからで、これは一般的にはありえへん方法だとは思うんですけど、いかにしたらその日その日の設計に没頭できるかということを試行錯誤するうちに出来あった、ぼくなりのやり方なのです。
スタッフに、夕方になったら明日の予定だけをメールしてちょうだいなとお願いしてあります。それを受け取ったら、その予定に向けて気力と思考をコントロールして行って朝を迎えるというやり方(設計は寝ている間に頭の中で完成していることもしばしば)。スタッフには苦労をかけますが、ぼくと同じく何かしらを生み出す類の仕事で、ぼくのように極力思考回路をシンプルにしておきたいタイプにはとても有効な方法ですのでお試しあれ(優秀なマネージャーが必要ですが)。
だから明後日のことは何も知らないわけで、とてもお気楽に目の前のことに集中できます。

でも中長期的なスケジュールはいつもしっかりと頭に入っています。
それを人は夢と呼びます。



DSC08001


オマケで回文をひとつ。

品川に今住む住まい庭がなし(しながわにいますむすまいにわがなし)




 

Merry Christmas.

昨夜の発見、生クリームとバーボンはとても相性がいい。
庭のラジオから聞こえてきたクラブ系新人類の噂話によると、ジャックダニエルのミルク割りもイケるそうな、という新たな楽しみも増えた夜でした。


ぼくら世代としてはクラブ系ラップよりも
これ。





今日いち日はクリスマスソングに浸って、食べきれなかったケーキとターキーを平らげて、さあ大晦日に向かってノリノリで突っ走りましょう。


昨日は半日仕事をサボって御茶ノ水のスキーショップへ行きました。
笑顔の恋人たちで賑わう全館にこれが流れていまして、
歌詞を考えると、
「ジョン、革命は成された」と思った次第です。
白銀の世界に思いを飛ばしている彼らには、
歌詞をなど1ミリも耳に入らなかったのでしょうが。 

 



後藤さんちのクリスマス、
屋外編。

DSC07473 2

DSC00916

DSC00906

DSC00920

DSC00909

DSC00914

DSC00935

DSC07471 2

DSC00924

DSC00933

DSC00907

DSC00930

DSC07491

DSC00995

DSC00994

冬も温かさが満ちている庭。
目指すは、この感じこの感じ。





では革命に出かけます。今日は金沢文庫店。








 
 

イブ

クリスマスにたくさんのプレゼントなんて望んでいない
ツリーの下の箱も気にならないし
私が叶えて欲しいものはたったひとつだけ
それは ただ私だけのあなたが欲しいということ

だから暖炉の上に靴下をぶら下げたりもしない
だってサンタクロースは今の私を幸せにしてくれないと思うし
おもちゃとかじゃなくて あなたが欲しい
私だけの
あなたが思っている以上に 私だけのあなたが 

雪を祈ることもしない
ただ宿り木の下でずっと待っている
北極の聖ニックにお願いリストを送ったりもしないし
トナカイの魔法の音を聞くために夜更かしもしない
望んでいるのは 今夜あなたが来てくれること

あちこちで光がキラキラと輝いて
子供たちの笑い声が空気を満たしている
みんなが歌いソリの鈴が鳴り響いている
サンタさん お願いだからあの人を連れてきて

クリスマスに多くを望んではいない
私のドアの外に立っている恋人に会いたいだけ
あなたが思っている以上に
クリスマスに欲しいのはあなただけ
クリスマスに欲しいのはあなただけ
欲しいのは 私だけのあなた






今夜の庭時間用にBGMを探して You Tube をチクチクやってたら、この曲の再生回数に目が釘付けとなりました。何と何と、3億7651万回ってすごすぎですよね。 You Tube だけでこれですからおそらくは地球人のほとんどが耳にして、心踊り、あるいは心焦がし、あるいは切なくなりしたわけですから。こりゃあもう革命、イブは愛おしい人と過ごしましょうという。
地球の隅々にまで生息域を広げた親愛なる同胞、恋する猿たちに幸あれ。

聖夜にあなたの願いが叶いますように。明日の朝には子供たちと恋人たちの笑顔で地球の温度が少し上がって、さびしい人や、不安な人や、耐えている人や、長いこと凍えている人や、もうそれも過ぎて寒さも平気になり、その代償として笑顔を失ってしまった人たちに、一瞬射し込む暖かな光となりますように。

Merry Christmas.

この風習は、イエスの弟子たちが生み出した最大の功績。恋人たちにより伝承されてきた最高のイベント。幸せな人もそうでもない人も、健やかなる者も病める者もそのことに思いを致す、つまりは生きる意味を考える一夜なり。

もうひとつ大事なことがあるます。まだ幼い未来の恋人たちに例の長靴みたいな靴下とかのささやかなプレゼントを届けることで、恋の原資である「私は祝福されている」という自己肯定の種を芽吹かせること。この、全大人に課せられた任務遂行も怠りなきように。



後藤さんちのクリスマス、
今年も楽しませていただきました。

DSC07475 2

DSC00941

DSC07479 2

DSC00958

DSC00969

DSC00971

DSC00973

DSC00970

DSC00986

DSC00975

DSC00989

DSC00947

DSC00983
 




イブの夜には『明石家サンタ』。独身時代には、そりゃあロマンティークなイブも数々ありました。でもスペシャルな思い出以上にロンリーホーリーナイトも数しれずあったわけでして、そんなこの世の終わりかと思えるほどの、寂しく悲しく空しい夜に、いつも笑わせてくれた明石家サンタ様。 57歳、一周回ってロマンスの神様よりもエンタの神様となりにけり。村上春樹風に「やれやれ」と呟くばかりなり。2018年の初詣には「夢よもう一度」と悪あがきなお願いを、してみようと思ったり、思わなかったり。
ああ・・・ロマンスだよロマンス。ロマンチックが止まらなかったあの頃のオレには甘く危険な香りが漂っていたのに(と言われたのに)、「あなたの香りに酔っちゃって、もう、私を酔わせてどうするつもり」なんて言われちゃったりなんかして、「きみこそ、そんなキラキラした瞳でぼくを酔わそうとしているじゃないか。あっ、イルミネーションが映っているだけか」なんて言っちゃったりなんかして。されど今夜は事もあろうにニンニクの香りが漂う夜の庭、となりそうなのであります。最近、干し椎茸とか切り干し大根とか食材を乾燥させることにはまっていまして、庭のテーブル一面に、スライスした大量のニンニクが干してあるのです。



今夜はこれしかないでしょう。
高級コンシーラー&ファンデーションと
ざわちん級のメイク術という翼を得た天使、
広瀬すず編で。



でもね、すずちゃん、
恋ってもっとぐしゃぐしゃに切ないものなのだよ。
というわけで、オヤジとしてはやっぱりこれ。












イブイブ

いやあ〜ここまでくると今年を振り返っちゃって、押し寄せてくる充実感の波に漂いたくなってしまいます。あいも変わらず、自己愛も変わらず、自分で自分をほめちぎりたくなる衝動波に乗ってしまったらハイそれまでよで、朝からビールをプシュッとやりたい衝動に駆られるのです。



今年も花にピントを合わせ続けたいち年でした。
各月1枚、12枚を並べてみます。


1月 ウメ

DSC02125


2月 ミモザ

DSC02376


3月 ユキヤナギ

DSC02642


4月 モモ

DSC03026


5月 バラ

DSC04328


6月 アガパンサス

DSC05471



いけませんいけません、脱力してはいけません。仕事の切りがないのはいつものこととしても、急に力を抜くと魂まで抜けてしまい、ぼくの原型である呆けたいわふちになってしまいます。去年の今頃はその落とし穴にまんまとはまってしまい、というか歓声を上げながら飛び込んでしまい、結果、高熱を発して数日寝込んだのでした。



7月 ノウゼンカズラ

DSC06035


8月 ハス

DSC06781


9月 マンジュシャゲ

DSC08708


10月 コスモス

DSC09298


11月 カンツバキ

DSC00212


12月 コウテイダリア

DSC00197




今年は気を抜かずに走り切ります。と気を引き締めつつ少しだけ、頑張った時間と、出会った素晴らしき人たちと、たくさんのうれしい出来事と感動をツマミにして、朝ではなく、夜の庭で一杯、二杯、三杯くらいを楽しむことといたします。

サンタの皆様、もう準備はお済みでしょうか。
素敵な聖夜を迎えられますように。





今日は金沢文庫店にいます。



 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 庭のつれづれ
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • ドローでメローな朝のこと
  • ドローでメローな朝のこと
  • ドローでメローな朝のこと
  • ドローでメローな朝のこと
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • 情熱の嵐
  • 情熱の嵐
  • 情熱の嵐
  • 情熱の嵐
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • オワコン世代の憂鬱
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ