ティータイム

秋に聴きたい美しき曲

今宵の庭の書斎では、コオロギとマツムシとカネタタキが歌声を競っています。
ビートルズの最高傑作アルバムは、ぼく的にはアビー・ロード。その中で最も美しい曲はB面の4曲目、微かなコオロギの声から始まります。


 


最高に美しいのは Sun Kingu で、最高にロマンティーク&エキサイティングなのはこれ。あえてリンダと演ってるやつで。


 


江ノ島から吹く風に、女房ともこんな時があったなあて、しみじみと。


 

至福のナイトガーデン

春のバラの頃と秋の入り口の今、夜の庭は人生上の特等席になるのです。
今日も庭の相談をお受けしながら「ガーデンライトは必須ですよ。なんたって、1年を通じて夜の庭が庭の価値の半分以上を占めるんですから」と話したところ、「え、夜庭に出るんですか!?そんなの考えたこともありませんでした」と。いやはや小学校で教えたらいいと思うんですけど、旧石器時代から、すでに人は夜の庭を楽しんでいたのです。考えてもみてください、他の哺乳類は(昼行性であれば)陽が沈んだら危険な時間なので洞穴や藪に身を潜めていたわけで、直立歩行によって脳が妙にデカくなってしまった猿がノイローゼ気味の不眠症に陥りまして、暗闇で火を焚いたりしながら月を見上げて、夜風と夜行性生物の蠢きを感じながら過ごしていたわけで、でもそこで家族愛や、明日の糧を得る戦略を考える時間を持てた。それで現在のように地球を制覇する勢いで繁栄できたわけ。つまりですね、夜の庭が、サーベルタイガーや、ワシや、強靭な体を持った他の人類に怯えて逃げ惑うばかりのいじめられっ子の弱っカスだったホモ・サピエンスを、こうして地上の覇者へと進化させた要因だったのです。


d8146bec

DSC_0022 4

DSC_0422

93d47882



いやマジで、夜に庭で過ごす幸福感を知らなかったら大損ですよ。ご来店いただいたその方に「例えば女房の機嫌が斜めな日でも、庭の夜風を浴びたらそんなことどうでもよくなりますよ」って、戯れにそんなことを話したら、急に瞳が強烈に輝きましてね、「マジっすか!」って。ご主人方ってみんな、それぞれに大変なんですね。不謹慎ながら笑ってしまいました。


頑張れ恋の奴隷たち。
奥様方、奴隷はなぜあなたの無体な仕打ちを耐え忍んで奴隷に甘んじ、
毎日毎日命を削りながら懸命に働いているのか。
それはですね、あなたが美しい女性であり続けることに命がけだからなのですよ。
だってね、生物学的にオスにとって、
女房をいい女でいさせること以上の喜びってないんですから。
焚き火の灯りに浮かぶメスの横顔に、目を潤ませ惚れ惚れしていた、石器時代からね。


 




美空3歳

巷間言われる通りでございまして、孫は目に入れても痛くないのであります。と一般論にできないほど、美空はかわゆいのであります。



DSC08669

DSC08716

DSC08680

DSC08713

DSC08697

DSC08736

DSC08791

DSC08820

DSC08827

DSC08837

DSC08838

DSC08853

DSC08888

DSC08895

DSC08803



娘夫婦の幸福追求姿勢に敬服しきり。それなりに大変な日々なのに、よく頑張ってるなあ。ちなみに娘詩織の座右の銘は『反面教師』だそうな。うん、さもありなん。 



 

アマタツ〜

天気の達人、天達気象予報士によれば、太平洋の海水温的には季節が1ヶ月遅れとなっていて、現在が8月の状態であるとのこと。よって台風は、9月は例年の8月、10月は9月のペースで襲来し、11月に入っても続く可能性があるそうな。しかもデータ的に解析するほどに、どう考えても昨年以上の勢力が立て続くとしか言いようがないそうでして、さて日本列島の秋冬はいかな惨状となりますやら。と、この情報を危機を煽るきことに躍起なテレビ局のやり口であると思えばとりあえず聞き流して、今日を穏やかな気分で過ごすことに専念するがよし。ぼくなんかその部類で「来るなら来い」と、「来た時に最善を尽くせば生き延びられるであろう」とたかを括ってしまいます。



散歩道では概ね暦通りの晩夏に秋の気配。
アブラゼミ、ミンミンゼミは終演となり
ツクツクボウシが挽歌を歌う。

DSC01187

DSC01601

DSC06110

DSC06375



でも、ふと、幼少期を思い出しました。日本屈指の豪雪地帯で生まれ育った小中高の記憶を引っ張り出せば、自然に対して油断した者はあっさりと命を奪われるが必定。日々実直に防災に励み、雪下ろし、道路の確保、山奥では秋にひと冬分の食料を貯蔵し、町場では夏に流雪溝と雪崩止めの整備を怠らず、毎年普通に起きていた雪解け水による洪水を防ぐべく土手を高くしコンクリートで固める土木工事が一年中続いていました。いよいよ異常を露呈し始めた気象状況につき、そのことを懐かしい記憶としてしまっておけなくなったのかもしれませんね。であるなら、しっかりと防災しておきましょう。昭和時代にはそれが自然との付き合い方であり、生活のお作法だったのですから。



 


 

略して『スガちゃん化計画』

文句言ってたってしょうがないですよ。一方的に期待するだけのスタンスだから文句が出るわけで、育てる気持ちになってみたらいいんじゃないでしょうか。子供はもちろん、ご主人も、親もね。
で、菅さんに決まる見通しとなりまして、いいんじゃないですか、他の人より。ただひとつだけ問題がありますよね、あのストレスに押しつぶされるギリギリのヘロヘロ番頭さん顔。全国の皆さん、あの人ちゃんと笑うんですよ。しかもけっこうチャーミングに。わが地元横浜選出なので、日常的に普通に笑っているポスターを見ています。それと漏れ聞こえてくることとして、パンケーキ好き、バランスの良い家庭人、苦労人、頭がとびきりいい人。だからですね、こうなったら菅さんを育てる気持ちで菅改造計画を行ったらいいのではないかと。吉本とかアミューズとかEXILEのLDHとか、あるいは滝沢副社長にプロデュースを依頼してアイドル的に仕立て上げ、民はそれに熱狂する。そしたらポテンシャルは存分にある方ですから、きっとこの国難を見事に解消してくれることでしょう。
ではどのように改造しらたいいのか、ふふ、すぐにひらめきました。フワちゃんですよフワちゃん。このふたり、根っこがとても似ている気がして(目なんかそっくりでしょ)。つまり菅さんをフワちゃん的に改造する『菅さんフワちゃん化計画、略して『スガちゃん化計画』。髪型とメイクとコスチュームを寄せるだけで、中身はほぼ同じなんだからきっとうまくいって、スガちゃんフィーバーとなること間違い無しだと思うのですが。
え、ダメ?ふざけんな?そうかなあ、国の明暗を左右する名案だと思うんだけどなあ。だってね、どっからどう見ても悪い人じゃないですし。あとは リーダーをヒーローにして、熱狂的に褒めまくって、最大限のいい仕事をさせる民の力ですよ。頑張れスガちゃん。


童話でもなく、比喩でもなく、オカルトでもなく、
花は褒めるとよく咲いてくれます。

DSC01121

DSC01344

DSC01433

DSC01147


女房よ、そんなやり方もあるのだよ。
 

 

献杯 or 乾杯

生まれて初めて、ただただ暑いだけで、とうとう何事も起こらなかったこの夏に、献杯。あるいはドッキドキのトキメキを秋に先送りにする、アマテラスの粋な演出なのか。・・・それなら江ノ島から吹き込む風に乾杯。
ご報告、今宵、庭の書斎にマツムシが鳴き始めました。






 

ホース買う

プライムミニスター退陣の報を受け、てえへんだてえへんだ、こうしちゃいられねえ、ってんで、すぐさま庭の散水ホースを買い換えました。何年か修理しながら使っていたものの、この夏の熱波で何箇所か穴が空き、水量調節はできないしで限界に達していたのです。



DSC08622



土の深くにまで潤うように、位置を変えながらたっぷりと時間をかけて。



DSC08599



バラが暑さを乗り越え新芽を出していて、軽く感動。思いは秋の庭へワープしてますます気分が上がって水やりを完了しました。



DSC08609



お盆の頃から「芝生の調子が悪いんですけど・・・伸びないんですけど・・・まだらに枯れてしまったんですけど・・・」という相談が相次ぎまして、アドバイスとしてはひたすら「十分に散水してください」を繰り返すのみ。森田さんによれば連日関東各地で激しい雷雨が散発しているといのことながら、横浜は全く降らないままの数週間、そりゃあ芝生も枯れますわいな。



DSC08615



ああ気分爽快。そうかい?水撒きしただけで??はい、そりゃあもう全身が潤ったようで、ついでに床でストレッチをしていたら、死体のポーズのまま寝落ちてしまい1時間ほど熟睡。夕飯をせがむココに起こされ復活!スカッと、晴れ晴れと、こんな気分は久しぶり。気づかないうちに自分も渇水で枯れ始めていたんですねえ。



DSC08595



テレビでは片っ端から人相の悪い時期候補のオンパレードなのでスイッチオフし、radiko.jpタイムフリーでラジオ日本の『THE BEATLES 10』を選択。カリカリガーリックたっぷりのピザをビールで腹に流し込みつつ犬たちの夕飯作り。



DSC08603



鼻歌まじりに潤った庭に目をやりながら思ったことは、庭と自分が連動することの不思議。夏バテている皆様も、存分に水を撒いて、たまった疲労を水に流しましょう。鏡よ鏡よ鏡さん、人相をチェックして、あと少し、庭に秋風が吹き込む日まで頑張りましょうね。


今日の設計 BGM はこれで。

 





 

晩夏→初秋

お盆が過ぎて、ハスの花はそろそろ終わりかなと遠回りで散歩道へ。



DSC01237



やはり。



DSC01519



出会いは別れの始まりにして、別れは出会いの予感なり。



DSC01238



トラノオが風景を支配していました。



DSC01282



終わればすかさず始まるこのシステム、面白いぞアマテラス。



DSC01604



気持ちいっす、文句なしの朝の風。歩いて止まってまた歩き、40分ほど汗飛ばす。



DSC01615



店に到着し、販売機のジョージアで水分補給。さてと、今日も設計に熱中症。



DSC01738



コツコツと、アツアツで。




 

山越える

やっと猛暑がピークを越えましたね。いやあ強烈でした。今朝の庭はほぼひと月ぶりに雨が来そうな雲行きで、セミも鳴き疲れたか、静寂。いいんだなあこの感じ。



いくら水撒きしても熱波には焼け石に水で、
花と芝生は枯れ枯れに、
ライムは哀れツートンになってしまいました。
それでも植物はえらいもので、
夜中にじっくりと水分補給をし、朝には元気いっぱいに回復。


DSC08537



さあてと、今日はどっぷりと静かな夏に浸りつつ、設計作業に熱中症。なんだかんだと慌ただしく日々が過ぎ去ってしまい、全体的にお待たせしっぱなしで申し訳なし。



DSC08539



相も変わらず 、愛も変わらず、ひとつひとつを丁寧に仕上げておりますゆえ、どうか広い心で、長い目で、長くなってしまった首を一旦縮めてくださいますように。あなかしこ、あなかしこ。



DSC08498



マスクしながら大汗かいて、皆様よくがんばりました。例のグラフもツインピークスを下り始めたし、ここからはしばし心身の脱力タイムで残暑を楽しみましょう。



DSC08506



あと10日ほどでマツムシが鳴き出します。 





 

ニューノーマル

夏が峠を越えた気がする朝の庭、五感の好調にほくそ笑み、ニューノーマルとは自然な心持ちで暮らすことと見つけたり。明日でもなく、昨日でもなく、涼を取れるは今日の風。思えば遠くへ来たもんだ。思えば生まれた時には復興からのがむしゃら経済成長真っ只中で、遊びたいとか、休みたいとか、そんなことおまえ、いっぺんでも思うてみろ。そん時ゃ、 そん時ゃ、テツヤ、死ね!そんでもって成人したら24時間働けますかと問われ、泡が弾けてからの独立開業で休むことなく走りっぱなし。気がついたら、おお、なんてこったの浦島太郎、還暦爺さんになりにけり。短いぞ、短すぎるぞ。ここからは庭を渡る風に従って、誠とにして実のある誠実な時間を過ごそうよと、近くの森からひぐらしの声。丁寧に、味わい深く、自然に、自然に、自然に。



 夏の主役はサルスベリ。
残暑お見舞い申し上げ、サルは木陰でひと休み。

DSC04127

DSC04130

DSC04137

DSC04132


休んだらまたウキウキウォッチン、
ウッキッキーと設計設計また設計。
気分は波乗りジョニーでライド・オン。







アベリア

6月から10月いっぱい盛大に咲き続けるアベリアは、土が枯れていても半日陰でも、ほぼ放ったらかしで旺盛に茂ります。



DSC04140



花言葉は「謙虚」と「強運」。



DSC04145



明日16日は、謙虚さと運の強さを併せ持った人、エルビス・プレスリーの命日。
え、エルヴィスが謙虚?あの衣装とアクションで熱唱する姿からは想像しづらいわけですけど、ファンなら誰でもご存知のこと。かつて時代を変えたロックの王様は、傲慢さや鼻持ちならない感じは1ミリも持ち合わせてはいなかったのであります。



DSC04143



ミシシッピ州ティペロの川沿いに建つ馬小屋のような小さな家に生まれた少年、エルビス・アーロン・プレスリーは、貧乏な幼少期から超豪邸グレースランドで亡くなるまで、ミューズに指名され与えられた役割を、ひたすらに果たし続けた天使でした。



DSC04147



暑くて暑くて、こうも暑いとイライラしたり、ついついわがままな気持ちも沸騰しがち。店から外を見ていて目立つのは、お婆さんよりも圧倒的にお爺さんのイラつき組。それと幼子を連れたお母さんよりもお父さんの方が、言うこときかない子どもにキレて汚い言葉で叱り付けている。どうも男の方がストレス耐性が貧弱なようで、いやはや嫌な光景ですなあ。男なら、ああ男なら男なら、落ち着いて、頭冷やして、静かに、謙虚に、ひたすらに自分の花を咲かせましょうぞ。







「暑いの寒いの文句を言うな。夏には冬に、冬には夏に感謝しんしゃい」懐かしきかな佐賀のがばいばあちゃんが言うとった。今日は折しも終戦の日、皆の衆、皆の衆、そうじゃないかえ皆の衆、生きてるだけで丸儲けやで。そうだ、あの戦争も男どもがやらかしたことでした。当時は庭も男のステイタスであり、それ以外の価値なぞ持っていなかった。いまだにそんな価値観でしか庭と対峙していないお爺さんたちは、色を失い茫然と雑草を見つめている。皆さん口を揃えて「もう歳だから、今更・・・」「そりゃあ若い頃は張り切って芝生も刈ったけど」と。いやちょっと待って、待った待った、あなたは5年前も、10年前も、もしかしたら50年前も、庭のことを家族の幸福のための場所だなんて思ったことがなかったんでしょ。でしょ。ですよね。よろしければお手伝いをしますよ、あなたの人生が実り多きものであったことを実証する庭づくり。あなたが思っている庭とは全く概念が違う場所になると思いますけどね。
あ、いかん、自分が暑さでイラついてしもた。ガリガリ君でも食べて、午後も設計に励みます。





記事検索
ギャラリー
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 庭でアフォーダンス・ダンス・ダンス
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 秋に聴きたい美しき曲
  • 秋に聴きたい美しき曲
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 献杯 or 乾杯
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 山越える
  • 山越える
  • 山越える
  • 山越える
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • GRACELAND
  • GRACELAND
  • GRACELAND
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ