オープンガーデン

2020年の後藤さんちOG その5

数日ぶりの晴天に、早朝より後藤さんちにおじゃまして2度目の撮影。



DSC03740

DSC03741

DSC03743

DSC03811



早咲きが終わり、二番手三番手が咲き誇って花が入れ替わっていました。



DSC03737

DSC03745

DSC03815

DSC03819



そのサイクルの速さに負けない手入れの見事さに敬服しきり、どうやら毎日せっせと花がら摘みをして、何袋もゴミ袋を出しているようです。



DSC03748

DSC03820

DSC03816

DSC03821



例年なら数百人が歓声を上げるこの庭は、今年は連日ゴージャスなる静寂。



DSC03754

DSC03792

DSC03756

DSC03823



バラの香りに包まれながらシャッターを切りつつ、浮かぶ言葉は「情熱」「感動」「愛情」「継続」「想像」「創造」「歓び」「笑顔」「穏やかな日常」など。



DSC03760

DSC03761

DSC03762

DSC03834



それらのワードを統合すると「スローライフ」になるのでは、などと、大発見をしたような気分で悦に入りながら、切りなくシャッターを切り続けるのでありました。



DSC03765

DSC03763

DSC03764

DSC03772



来年はまた大勢の人がこの庭を浴びに来れるといいなあと、そのためにも後藤さんにまた頑張って欲しいなあと勝手な要望を思いつつ、感謝感謝のテレオープンガーデンでした。



DSC03774

DSC03769

DSC03768

DSC03786



本当に、この庭の存在がどれほど設計のエネルギーとなってきたことか。



DSC03779

DSC03781

DSC03829

DSC03837



後藤さん、今年も感動の庭時間をありがとうございました。何のお手伝いもぜずにお願いするばかりで恐縮至極に存じますが、来年も楽しみにしています。



DSC03842

DSC03814

DSC03846

DSC03827



あ、ブリ、ご馳走様でした。とっても美味しくて、さらに元気を頂戴した思いです。



DSC03796

DSC03797

DSC03839

DSC03841



どうやら今日で緊急事態宣言は解除のようですね。まだまだいろいろと大変な事が続きますが、次に来る2020年の夏が、いつも以上に夏らしい夏となりますように。穏やかにして幸福なる庭風景を、ごくごく普通な日常を、じっくりと着実に取り戻していきましょう。







 

2020年の後藤さんちOG その4

北鎌倉のご婦人は庭の赤いバラを食卓に飾り、横浜の高台に暮らす奥様はリビングから続くテラスで満開となっているアンジェラに見惚れ、そのお隣さんはオールドローズの香りに包まれながら、「もうピークが過ぎちゃって、あっという間なのよね」と微笑みつつ手入れに余念がない。



DSC03626

DSC03685

DSC03693



行く先々の庭でバラが話題にのぼる季節。



DSC03591

DSC03587

DSC03593



後藤さんのように情熱を花数に変換する人もいれば、庭の隅に忘れていた株から咲いた一輪に歓声を上げる人も。



DSC03686

DSC03688

DSC03680



これほど人の気持ちに作用する花は他にないのです。



DSC03699

DSC03682

DSC03588



薔薇の詩人と呼ばれるリルケは、この花を「純粋な矛盾」と捉え墓碑に刻んだそうな。

薔薇 おお 純粋な矛盾 よろこびよ
このようにおびただしい瞼の奥で なにびとの眠りでもないという

どうですこれ、イミフ、よくわからないでしょ。リルケが文学的に過ぎるのか、はたまた我が読解力が足らぬのか。



DSC03620

DSC03697

DSC03654



これなんですよこれ、この難解さに走る傾向が長いことバラを難しい存在に思わせてきたのです。歴史、名の由来、まつわる物語や神話伝説の類が片っ端から難解さを誇るが如くに書かれていて、その流れで園芸書も専門知識を羅列したものばかり。よほどの執念を持った者以外は跳ね除けられてしまいます。



DSC03597

DSC03598

DSC03715



「遊ぼう」って言うと「遊ぼう」って言うこだまと違い、バラを育てていない人は「難しいでしょ」と言い、すでに植えている人は「簡単よ」と言う。ぼくとしてはこれほど簡単にいい気分をもたらしてくれる花はないと思っているので、腰が引けている人たちに「植えときゃ育ちますからやってみてください」とこだまのように繰り返す数年間。



DSC03649

DSC03622

DSC03645



ああリルケ様、あなたの崇高なる意を解さぬ私をお許しください。ん、待てよ、多くの人にはトゲがあって気難しい、扱いづらい女性に思えているのに、その人と結婚した者には刺激的で魅惑的で、掛け替えのないパートナーとなる。そうか、リルケ様、あなたはこのことを「純粋な矛盾」と表現なされたのですね。



DSC03691

DSC03595

DSC03671



違うか(笑)。トゲを持つ女房と暮らしているせいか、ふとそんなことを。あ、美しい花を眺めているのにつまらない話で申し訳なし。つまらないついでに、わが女房殿は真紅の薔薇タイプです。トゲは、それはもう鋭いやつがびっしりと。




ご存知ですか、古い古いこの映画。
アルコールで壊れてゆく夫婦の悲しく哀れな物語。
結末は観る者に委ねられました。
薔薇の香漂うエンドロールでハッピーエンドを思い描いた人は、
数十年後の今、きっと花咲く庭でお過ごしのことでしょう。 



と、長い余談はこの辺にして、後藤さんちを再度撮影に行こうと思いながら(前回は早めだったので、その後花数が倍増し倍増しています)雨と曇天が続いて行けていません。次に晴れたら撮ってきますのでお楽しみに。



 

2020年の後藤さんちOG その3

いったいどのくらいの人が、庭に感動するという経験をお持ちでしょう。



DSC03577

DSC03666

DSC03579

DSC03661



きっと、ここのところ日々目にしてきたグラフの数値を、はるかに下まわるのではないかと思うのです。 



DSC03663

DSC03581

DSC03580

DSC03668



その理由は、世の中に『感動を生む庭』があまりに少ないから。



DSC03583

DSC03648

DSC03674

DSC03582



ぼくは仕事なので、そういう庭に出会う機会は多いわけで、それでも感動という領域までとなれば年に数回程度、世に数多存在する庭に比すれば、その存在は奇跡的と呼べるほど少ないわけです。



DSC03590

DSC03679

DSC03585

DSC03653



では、人は庭の何に感動するのでしょう。仕立ての美しさ?花数の多さ?いやいやそこじゃないんですよ。龍安寺の石庭や重森三玲クラスなら構成と、歴史も込みで感動するかもしれないし、山下公園の溢れんばかりのバラの数になら感動するかもしれないけど、それさえも「かもしれない」というレベルのこと。



DSC03584

DSC03599

DSC03684

DSC03655



この後藤さんちの庭や、ぼくが知る感動的な庭は根本的に違う性質、存在理由を持っている。それは観光庭園ではなく暮らしの庭だということです。



DSC03675

DSC03692

DSC03706

DSC03714



つまり庭に感動するとは、そこにある暮らしに感動するということなんじゃないかなあと思う次第。



DSC03712

DSC03639

DSC03586

DSC03617



ああ、この庭の住人のような心持ちで暮らしたいものだと、そう思わせてくれる庭に出会い続けたいし、そういう庭を思い描き続けていきたいと、毎年ここを訪れる度に、バラの香りと同じくフレッシュにして濃厚な、炎のような決心が得られます。







その4へ続く。




 

2020年の後藤さんちOG その2

バラの香りに包まれながら、徒然なるままに・・・
コロナ騒ぎも終息傾向となり、さてと、あれはいったい何だったのかと、そんなふうに考えてもいいコロナのなかって思うわけです。いろんな人がそれぞれの立場で意見を発信し、当然のことながら玉石混交でありまして、しかしどれもこれも正論。いけませんよねえああいうのって。不謹慎ながら、全員が正論を述べながら全体としておかしなことになってゆく、かつてこういう混乱の流れで戦争に突入したのかもしれないなあと、何度もそう思いました。



DSC03561

DSC03564

DSC03646



まあそれはさて置き、あれからぼくたちは、何かを信じて来れたかなぁ・・・。うちの店が入っているホームセンターの園芸売り場はとうとう一度も閑散とすることなく、花苗を、野菜苗を、芝生を、肥料や培養土を買い求める人で賑わっていました。賛否はあろうと思いますけど、ぼくはその光景をとても好き事として眺めていたんですよね。なぜなら、春なんだから。それとですね、マスクをして、距離を確保しつつも人々に笑顔が絶えることはなかったですから。何が起ころうと笑顔をキープできる人たちの強さを目の当たりにした者の玉石の石として、庭って大事ですよ、ほんとうに。



DSC03633

DSC03624

DSC03571



起こったことは起こったこと。誰のせいでもないし、誰のせいでもあるわけですから、誰も彼もがこのキツかった時間から何を学んで身につけるのか、世界レベルで次の新たな価値観が見えてくる気がして、そういう意味では半年後、1年後の世界がたのしみに感じられます。



DSC03628

DSC03634

DSC03565



で、盛大にバラが咲く庭で、ん、もしかしてだけど、ぼくらが得たものは『スローライフのすゝめ』かも、と閃きました。流行に浮き足立つことなく、限りない欲望に突き進むのではなく、何が大事なのか、何が幸せなのか、そのために何を考え何をすればいいのか、トンネルの出口で今感じているそういうことを忘れないでおこうと、少なくともぼく自身は強めにそうんな気持ちになっています。この際大きく暮らしを仕立て直してスローライフを実践しようかな、などど。そんな心持ちで楽しむ庭がこれからの理想の庭の姿なのかなって。だとしたらそれを自ら出現させてご覧に入れましょう、みたいな変な意欲がふつふつと。



DSC03643

DSC03698

DSC03567



これからいろんなことが変わります。っていうか、変わらざるを得ないわけです。しかしですね、一周回って、変わらなかった事柄にも注目したらいいんじゃないかなあ。家族との愛情関係、仕事への情熱、やさしい気持ち、庭の花、それらを確認しておけば次の変化は必ず良きものとはなるでしょう。



DSC03713

DSC03701

DSC03638



こんな展開になるとは予想もしなかった冬の日に、せっせと肥料を埋めていた後藤さんは、騒動の最中でも変わらず庭に情熱を燃やし、手入れに勤しみました。時々お会いするその都度、相変わらずだなあって、これだよなあって思ったものです。そして楽しみに楽しみに、心待ちにしていたオープンガーデンが中止となっても後藤さんのエネルギーは落ちることなく、庭が放つエネルギーもまた例年と何も変わっていない。



DSC03641

DSC03621

DSC03568



この庭を見ていると、浴びていると、大袈裟ではなく、後藤さんのような情熱を持って生きられたら最高の人生ではないかと、かくありたしと、勇気というか元気というか、エネルギー値がググッと上がるのです。



DSC03573

DSC03570

DSC03658



恒例の相談会を中止したゴールデンウィーク期間中、たくさんの方が、主に園芸の相談に来てくださいました。それと過去に施工したお庭の方々が、電話、メール、ご来店で「庭があって本当の良かった」と、うれしいうれしい言葉を届けてくれて、2020年の春は忘れられない数ヶ月となりました。



DSC03642

DSC03572

DSC03603



スローライフ、言葉が合っているのかわかりませんけど、かつて盛んに言われたロハスとか、田舎暮らしとか、たぶんその辺りに焦点を合わせるといいですよ。家族で過ごす庭のある暮らし、自分を充実させる庭時間、友をまねき語らう庭、土、光、風、季節を感じ取りながら、夜空ノムコウにそんなページが開くといいですね。






『その3』はさらに奥へと進みます。



 
 

2020年の後藤さんちOG その1

昨年は仕事に追われてピークを逃してしまいましたが、今年はベストなタイミングで撮影させていただきました。世の中がこんなことになっても後藤さんちのバラたちは例年通りに盛大で、後藤さんの情熱と笑顔も例年通りで、いつもにも増してと言いますか、違った感慨も込みで感動の時間。
いつものことながら枚数が大量のため、何回かに分けてご覧いただきます。まずは道路側と玄関先から。



よかったらこれを流しながら、
現地にいる気分でゆっくりご覧になってください。





DSC03604

DSC03612

DSC03605

DSC03619

DSC03552

DSC03547

DSC03549

DSC03650

DSC03664

DSC03546

DSC03551

DSC03609

DSC03615

DSC03553

DSC03616

DSC03623

DSC03670

DSC03555

DSC03557

DSC03556

DSC03558

DSC03560

DSC03627



ああ、香りをお届けできないのが口惜しい。こんな時なのでマスクをしていたんですけど、たっぷりとバラの香りが残って、店に戻ってから夕方までゴージャスな気分で仕事ができました。
次回は庭へ入っていきます。





 

後藤さんちのオープンガーデン 2019 その3

人はなぜ熱烈にバラを育てるのか、バラはなぜこれほどビギナーには取っ付きずらい花なのか、取っ付きづらいのにやり始めたらバラのない庭など考えられなくなるのか。この方程式を夜の庭にてワインを少々舐めながら、オードブルにはあえて引っ張り出した過去の苦渋を舐めながら丹念に解いてゆくと、最終的に回答は至ってシンプルに、以下の通りとなります。

e=mc 2、おっと間違えた、バラ=幸福の花。

バラは他の花と違い、人と関わりながら、人によって改良が重ねられることで種の繁栄を果たしつつ、人の観賞用としてユーラシアからヨーロッパへ、そして世界中へと拡散してゆきました。そこにあった人とバラとの蜜月関係を燃え上がらせた理由はなんでしょう。それは仕事をする理由、食事をする理由、買い物をする理由、音楽を聴く理由、絵画を描く理由、ありとあらゆる行為の理由と同じでありまして、極論を申せば戦争をする理由とも合致していて揺らぐことのないもの、タラのテーマ、ゴッドファーザー愛のテーマ、アンパンマンのテーマならぬ古今東西、全世界の人類のテーマであるところの「幸福」なのであります。自分の幸福、家族の幸福、社会の幸福、人類の幸福のために人はバラを育て、バラは人にその姿と香りで幸福感を与え続けてきました。だから幸福な人の庭にバラが咲き、バラを咲かせばそこは幸福な庭になるというのは至極当然なこと。だったらどうするか、いつやるか、その判断はあなたに委ねられていますが、誰がやるかということに関しては確定しています。バラはご自分で選び、愛情を込めて植え、トゲによって血を流しながら育ててください。古来より、幸福の獲得とはそういうものですから。
もしもバラにトゲなかりせば・・・



DSC09706

DSC09764

DSC09662

DSC09729

DSC09524

DSC09707

DSC09196

DSC09711

DSC09760

DSC09695

DSC09278

DSC09762

DSC09301

DSC09670

DSC09727 2

DSC09468

DSC09728

DSC09750

DSC09720

DSC09763

DSC09716

DSC09300

DSC09717

DSC09664

DSC09674

DSC09679

DSC09659

DSC09682

DSC09676

DSC09691

DSC09692

DSC09699

DSC09712

DSC09731

DSC09736

DSC09749

DSC09756

DSC09757

DSC09459

DSC09737

DSC09285

DSC09272

DSC09255

DSC09484

DSC09216

DSC09221

DSC09746



今年も大感謝です後藤さん。この庭に来るとファイトが湧くって誰かも言っていましたけど、本当にそうなんですよね。これからもその良質なる情熱で、アマテラスのごとき光でぼくらを幸福へとお導きくださいますようにと、切に切に。
心より心より、ありがとうございました。






 

後藤さんちのオープンガーデン 2019 その2

オープンガーデンの期間中、この庭からは笑い声が通りまで溢れます。ここだけじゃなく後藤さんの周囲はいつもそうで、昨年の秋だったか、桂台を歩いていた時に遠くから何やら楽しげな声が聞こえてきたので近づいて行ったら、なんと後藤さんとそのお仲間たちが庭に集って大盛り上がり。どうやら栄区オープンガーデンの打ち合わせ中だったようです。「おやおや賑やかな人たちがいるなあと思ったら、後藤さん」「あらあらいわふちさん、どうしたの」となりまして、ぼくもそのお宅の庭を拝見させていただきました。



DSC09463

DSC09205

DSC09522

DSC09527

DSC09260

DSC09532

DSC09535



基本的に冗談だけで会話が進むというのが後藤さん流。庭へやってきた誰をも心地よく煙に巻いてリラックスさせてしまうという、生まれてこのかた冗談なんて一度も口にしたことのないぼくとしては、心底憧れる会話術です。



DSC09465

DSC09461

DSC09471

DSC09474

DSC09481

DSC09483

DSC09485



そんな令月に吹く和やかな風のごときやり取りの中に散らばっている「本音」と思われるワードを見つけると、すかさず拾い集めてメモしてきた十数年。その庭達人のこぼれ種から、今日は3つをご紹介しましょう。



DSC09490

DSC09506

DSC09541

DSC09545

DSC01981

DSC01969

DSC01976



楽しいことを先にやる。
夢中で楽しんでいると次の楽しみが見えてくる。この方式によって楽しいことで日々を塗りつぶしているそうな。



DSC09537

DSC09552

DSC01986

DSC09555

DSC09511

DSC09566



庭仲間は競わないからいいのよね。
テニスや麻雀と違い、庭のことはお互いにいい影響だけを与え合う。ちなみにテニスも麻雀も達人の域との噂。



DSC09577

DSC09579

DSC09594

DSC09595

DSC01938

DSC09663



何か庭のヒントはないかしら。
園芸の買い物がてら、うちの店を覗いては好奇心いっぱいにこうおっしゃいます。この興味津々な姿勢があの膨大なエネルギーの源かも。



DSC01945

DSC01947

DSC01960

DSC01954

DSC01957

DSC09488

DSC01967



さすがの名言ですよね。ただ、もしかしたらこれらのことも冗談かもしれず・・・まあとにかく、いつも楽しいお方です。



DSC09558

DSC09563

DSC09672

DSC09496

DSC09520

DSC01953

DSC09559



毎年のことながら後藤さん、あの鐘を鳴らすのはあなた。カーテンコールは鳴り止まず、シャッター音も鳴り止まず膨大な枚数に。写真だけでもバラの香りに酔いそうですよね、と、興奮冷めやらぬほろ酔い気分のまま明日へつづく。



 

後藤さんちのオープンガーデン 2019 その1

歌舞伎の見せ場で、大向こうから「たっぷりと!たっぷりと!」と声がかかることがあります。通好みと申しましょうか、お約束の「〇〇屋!」とはひと味違う興奮を覚えます。というわけで今日から3回たっぷりと後藤さんちの写真を並べますので、現地をご覧になった方はあの香りを思い出し、行けなかった人は想像力を駆使して、情熱のローズガーデンへとワープしてお楽しみください。



DSC09185

DSC09249

DSC09530

DSC09497

DSC09204

DSC09466

DSC09257

DSC09498

DSC09261

DSC09264

DSC09266

DSC09269

DSC09273

DSC09274

DSC09215

DSC09276

DSC09280

DSC09281

DSC09187

DSC09201

DSC09202

DSC09211

DSC09214

DSC09229

DSC09230

DSC09231

DSC09217

DSC09234

DSC09239

DSC09242

DSC09243

DSC09237

DSC09284

DSC09287

DSC09288

DSC09495

DSC09292

DSC09294

DSC09297

DSC09298

DSC09299

DSC09502

DSC09665

DSC09509

DSC09571

DSC09755

DSC09246

DSC09197



思い起こせば後藤さんがご来店くださったのは16年前の今頃の季節でした。「バラを始めたいんだけど庭をどう変えたらいいかしら」というのがファーストコンタクト。現地を拝見したらそこはよく手入れされた広い芝生とあちこちにカモミールが茂っているシンプルな庭で、ぼくは「どうでしょう、例えば迷路のように何度も曲がりながら入っていって、曲がるたびに舞台の場面が変わるようにしてみては。そうやって楽しみながら行き着く先が集いの場になっているというのは」と話し、なるほどなるほどと関心を示してくださったので、さっそく設計開始。確かどこかにデータが残っているはずと探してみたらありましたありました。



c6cc7a84

09ff210e



ああ懐かしい〜。
芝生からバラ園へと変貌した庭は、奥様の情熱が毎年積み重なることによって現在の姿になったわけです。そしてあの頃茂っていたカモミールは、こぼれ種で代をつなぎ今年もあちこちに。



DSC09192



16年・・・この庭の進化に刺激されながら、後藤さんに負けず劣らず充実の時間だったなあと、しばししみじみと回想いたしました。




 

バラは広がってゆく

途中に1日だけ嵐の日があったものの、あとはおおむね晴天で、天は後藤さんに味方したのでありました。仕事の合間に何度もおじゃまては、その度ごとに表情が変わるバラたちにシャッターを切り、来場の方々と談笑し、美味しい紅茶を頂戴するという楽しき日々、毎年のことながら後藤さんに大感謝です。
撮りためた写真はおいおい整理するとして、今日は後藤さんちから徒歩30秒のご近所さんの庭をご覧いただきます。



DSC09606

DSC09607

DSC09608

DSC09610

DSC09612

DSC09613

DSC09615



こちらもまた圧倒的なバラの世界。



DSC09616

DSC09617

DSC09618

DSC09619

DSC09620

DSC09621

DSC09622



じつは十数年前に伺った時にはバラはなく、グリーンの濃淡を楽しむ静かな風情を楽しむ庭でした。それが後藤さんに感化され、勧められるままにバラを植え始めたらやめられない止まらないとなりまして、奥様は、今ではすっかりバラ達人となりました。



DSC09623

DSC09624

DSC09626

DSC09627

DSC09629

DSC09630

DSC09631



こうしてひとつの庭から次々と、ご近所さんへと花が広がってゆく様子はいいものです。



DSC09632

DSC09634

DSC09636

DSC09638

DSC09639

DSC09641

DSC09642

 

こんな街に暮らしていたら誰だって幸せになってゆくなあと思いました。



DSC09643

DSC09644

DSC09645

DSC09646

DSC09647

DSC09648



これもまた「花の数と幸せは比例する」の一形態なんですよね。



DSC09650

DSC09651

DSC09652

DSC09653

DSC09654

DSC09657



魅惑の香りに包まれながら、いやあ〜バラって本当にいいもんですね、としみじみと。




 

チラ見せ後藤邸&和泉邸

朝の6時過ぎ、後藤さんちへ行ってみました。案の定すでに庭で作業中でして、「あらお早いこと、どうぞどうぞ」と促され入ってゆくとそこは夢の世界、いつもながら見事な開花でした。後日また伺ってしっかり撮影させていただくので、今日は早咲きのをチラ見せ程度にしときます。



DSC09302

DSC09204

DSC09187

DSC09215

DSC09192

DSC09201

DSC09250

DSC09280

DSC09239

DSC09235

DSC09261

DSC09272

DSC09276

DSC09287



昨年の来場者数は400人だそうで、今年はさらに増えそうとのこと。ぼくの観測では明日から数日が花のピークですので、お時間のある方は是非、感動の庭を体感してください。場所はですねえ、ええっと、住所を出してもいいんですけど、うっかり奥様に確認を取っていなかったので、とりあえず栄区庄戸1丁目に行って、クンクン鼻を効かせてバラの香りを辿ってゆくか、道ゆく人に「バラのお家」と尋ねれば誰でもご存知のはずですので、ということで。


続いてこちらは明日いち日限定の開催、和泉さんのお宅。こちらはバラではなくて、涼しげなグリーンの濃淡と野草風の草花が咲く癒しの庭です。



DSC09303

DSC09308

DSC09313

DSC09331

DSC09306

DSC09304

DSC09347

DSC09368

DSC09373

DSC09365

DSC09381

DSC09366

DSC09370

DSC09354

DSC09392

DSC09396



癒し、ヒーリング、これぞ和泉邸の最大の魅力にして、日々庭の設計に前のめりになっているぼくが必要としていること。柔らかな風と陽射しを感じながら、しばしボケーっとする贅沢をお楽しみください。ちなみにぼくも何度か顔を出しますので、見かけたら声をかけてくださいね。明日ですよ、明日。 



 

風の丘 オープンガーデン

近所の顔なじみとなっている花たちの開花とこないだ立ち寄ったヴェルニー公園の様子から、今年はバラの展開が一週間ほど早いことを感じていました。
少し焦るような気持ちで後藤さんちに行ってみると、やはりピークを過ぎていて、先日の暴風雨も影響し、花数はすでに半分ほどに。一瞬、もっと早く来ればよかったと思ったものの、すぐにそんな気持ちは何処へやら。

圧倒的ということは、圧倒的に圧倒的なのだ。

花も嵐も踏みこえるパワーを持った世界においては、タイミングのズレや少々のアクシデントなどはさしたる出来事ではないのです。
ぼくが思い描く庭もかくありたしと、いつもそう思っています。

ひとしきり夢中でシャッターを切り、丹精した花に包まれることの幸福感と、知り合ってから今日まで変わることのないご夫婦の軽妙にして豊かな会話と、これまたいつも通りの上等な紅茶の歓待を受け、夢の世界を楽しませていただきました。
バラの威力、庭の威力とともに圧倒的に素敵なご夫婦の威力の洗礼に何十回目かの脱帽。
後藤さん、今年も素晴らしい時間をありがとうごいました。 感動いたしました。来年は咲き始めから通わせてくださいね。



今日から三日間、
「風の丘 オープンガーデン」のバラたちを並べます。
 
DSC04419

DSC04421

DSC04423

DSC04426

DSC04474

DSC04427

DSC04435

DSC04461

DSC04462

DSC04465

DSC04440

DSC04468

DSC04490

DSC04510

DSC04514

DSC04519

DSC04460

DSC04568

DSC04539

DSC04523

DSC04550





今日は港南台店にいます。



 
記事検索
ギャラリー
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 心配性の猿よ飛べ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 養生テープ
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 秋場所始まる
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 秋に聴きたい美しき曲
  • 秋に聴きたい美しき曲
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 至福のナイトガーデン
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 秋の庭シーズン到来
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 雑草取りを楽にするには
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  • 家族の庭のつくり方 96
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  •  Où allez-vous aujourd'hui?
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • 美空3歳
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • アマタツ〜
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • ノルウェイの森
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 逃走のエチカ
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 略して『スガちゃん化計画』
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 総括
  • 献杯 or 乾杯
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • ホース買う
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 晩夏→初秋
  • 山越える
  • 山越える
  • 山越える
  • 山越える
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • ニューノーマル
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • 共同幻想論とお爺さん
  • GRACELAND
  • GRACELAND
  • GRACELAND
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • アベリア
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • チコちゃんに叱られる
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • 灼熱ウォーキング
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • カオスな夏
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • おさびし山へ
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 扉開く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 夏野菜届く
  • 水辺へ
  • 水辺へ
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ