オープンガーデン

今年も始まりました

今年も始まりました、後藤さんちのオープンガーデン。



DSC05629

DSC05636

DSC02740



今年もまた、庭から伝わってくる奥様のエネルギー値の高さに、打たれるような感動を味わいました。



DSC02670

DSC05780

DSC02724



これだけの花を咲かせるには冬から準備をしているわけでして、その「春を思い描く気持ち」がどれほど強いものかと。



DSC05740

DSC02748

DSC02709



いち日の濃度は人によって、またその日によって違うものです。
後藤さんのように濃密な日々を送っている方と接すると、「こりゃあもっと濃い味に調整しなきゃ」という意欲が満ちてきます。



DSC05662

DSC05669

DSC05768



ぼくもこの庭のように、やってくる人たちがエナジーチャージできる空間づくりを目指して、今日も設計に没頭します。



DSC05720

DSC02700

DSC05726



後藤さんから「リフォームの時のいわふちさんの発想が素晴らしかったから」とおっしゃっていただいて、「いやいやそんなことよりも後藤さんの情熱ですよ」と答えつつ、内心ニマニマ(今日も自画自賛・笑)。



DSC02684

DSC02714

DSC05775



あらためて、庭は人をそのまんま映し出すなあと感じました。



DSC02718

DSC02796

DSC02702



庭は心の姿見。
庭ですよ庭、庭を美しく整えましょう!





今日は「金沢文庫店」にいます。




 

今年も感動!

高い波動に包まれること、感動にひれ伏すような時を過ごすことほど自分を引っぱり上げてくれるものはありません。



DSC06509

DSC06630

DSC06611

DSC06796



今年も存分に楽しませていただきました。



DSC06618

DSC06691

DSC06626

DSC06484



ほんと、後藤さんちのオープンガーデンから頂戴するパワーは良質にして絶大。



DSC06564

DSC06682

DSC06569

DSC06769



ああ、またこれで一年分のエナジーチャージができたと、ありがたくてありがたくて。



DSC06634

DSC06590

DSC06443

DSC06530



いつも思うことですけど、庭って、人を映し出すんですよねえ。



DSC06566

DSC06680

DSC06560

DSC06527



イマジネーションに上限なし。
楽しむことにも上限なし。




DSC06642

DSC06471

DSC06551

DSC06461



おかげさまで意欲満々!



DSC06683

DSC06548

DSC06549

DSC06778



この庭から得たエネルギーを存分に使って、火が出るような熱々の気持ちを込めて庭を思い描きます。



DSC06789

DSC06799

DSC06453

DSC06800



庭のある暮らしって、すばらしいです。


後藤さん、今年も感動をありがとうございました。







 

庭は人を映し出す

今年も感動の日がやってきました。後藤さんちのオープンガーデンです。



DSC_0081

DSC05985



庭に入った途端に、ぼくは声を上げて笑っていました。



DSC_0036

DSC_0128



いやあ〜今年は一段と凄くて、もう笑うしかない。



DSC_0088

DSC_0032



庭は人を映し出します。



DSC06015

DSC05938



ということは、そう、後藤さんは並外れた情熱の持ち主なのです。



DSC06023

DSC06028



お客様から「庭で人生が変わりました。感動しました」と言われるぼく自身が、毎年この庭に大きな感動をもらっています。



DSC_0083

DSC_0091



いったいどれほどのエネルギーを費やせば、これだけ見事に花を咲かせることができるのか。



DSC06004

DSC05986



いやいやそれ以前に、そもそもどうすればこれほどの情熱を持つことができるのか。



DSC06031

DSC06030



この庭を訪れるたびに「浴びる」感じがします。



DSC06049

DSC05981



上質なパワーを全身に浴びて、心身がフル充電されることを感じます。



DSC05978

DSC06057



庭ってすばらしい。



DSC05947

DSC05971



こうして素晴らしい庭を実現させる人ってすばらしい。



DSC05943

DSC06062



濃く生きなきゃなあ。



DSC_0097

DSC05977



パワー全開で、情熱を持って、花咲く日をイメージして暮らさなきゃ。



DSC_0072

DSC06058



後藤さんは、今日という日を、ぼくの何倍もの熱さを持って過ごしているに違いありません。



DSC06035

DSC_0031



そう感じることで、自分のリミッターが外れます。



DSC06041

DSC06006



ありがたいです。



DSC_0023

DSC06005



あぁ、これでまた、ぼくは全力で庭を思い描くことができます。



DSC_0029

DSC_0092



花の数と幸せは比例する。



DSC05996

DSC06002



この庭の花は、あふれる情熱によって咲いています。



DSC_0075

DSC_0076



つまり、「情熱と幸せは比例する」のです。



DSC05972

DSC05974



情熱的に、情熱的に、もっと情熱的に。

いやあ〜何だか、この庭に来ると、いつも感謝の気持でいっぱいになります。





 

ローズガーデンで朝食を

薔薇は秋にも咲きますけど、やっぱり春が最高です。その春の薔薇もあと一週間くらいが美しさのピークですかねえ。

DSC_0035

DSC_0041

DSC_0045

DSC_0046

DSC_0048

DSC_0051

DSC_0055

ご主人が「いつも朝食を庭で食べるんだけど、いいなーと思いますよ」と。

薔薇の香りに包まれた庭で朝食。その日が素晴らしい一日になること間違いなしですよね。

DSC_0060

DSC_0067

薔薇は運気を上げます。ぼくは風水師でもスピリチアルな人でもありませんけど、このことは自信があります。どう考えても、薔薇は幸せを呼び込みます。

DSC_0072

だったら、ね、薔薇を植えない手はありませんよね。

DSC_0078

DSC_0076

奥様による自家製のマーマレードとジャムです。
瓶のラベルはご主人がパソコンで制作。

DSC_0121
このマーマレードの原料のナツミカンが、花満開でした。
DSC_0069

DSC_0119

DSC_0120

一緒に後藤さんちにうかがった内山さんが「薔薇を植えたら主人との会話が増えたんですよ」と。他にもお客様から、薔薇によって夫婦の円満度がアップしたという話しを何度も聞いています。かく言うわが家も。

DSC_0137

DSC_0138

薔薇ですよ薔薇。今年の秋、そして来年の春、後藤さんご夫婦のように、夫婦で、薔薇が咲く庭で朝食を食べましょう。


今日もお店で、たくさんのお客様と庭のことを話しながら、あらためて感じました。
庭に意識が行くということは、そのご家族は幸せだってことです。何かトラブルを抱えていたら、庭なんてどうでもよくなりますからね。いい家族だからいい庭ができあがる。そして、庭を何とかしたいという欲求は、もっと幸せになりたいという意欲です。そこにかかわれるこの仕事は、ほんとにありがたい。幸せな人たちに引っ張り上げられるからです。いや、ほんと、ありがたいことです。
ぼくと、スタッフと、その家族を幸せな世界へ導いてくれる「幸せなお客様方」への感謝の気持ちを込めて、明日も一生懸命に設計しますよ!



「平山達人のバラ講習会」のお知らせ

引き続き、後藤さんちの薔薇です。

ブラッシングノックアウト
ブラッシングノックアウト

ベビーロマンティカ
ベビーロマンティカ

ムタビリス
ムタビリス

ラビーニア
ラビーニア

ラベンダーピノキオ
ラベンダーピノキオ

ラベンダーラッシー
ラベンダーラッシー

リトルアーティスト
リトルアーティスト

レイチェルボウズライアン
レイチェルボウズライアン

ローズデュレシュ
ローズデュレシュ

最後に、妻カオリが「私はこれがいい!」とNO.1に選んだのが、

リーピングサーモン
リーピングサーモン

たしかに。いかにも妻好みの美しい花です。
ぼくのNO.1は、昨日の最初の写真、アイスバーグです。これ。

アイスバーグ

自分で言うのも変ですが、リーピングサーモンとアイスバーグ、こうして並べてみると、妻とぼくのようです。(なんちゃって。賛否はあるでしょうけど)

撮影してると切りがないほど、まだまだたくさんの種類があります。


ここでお知らせ。
明日、これから薔薇を始めてみようと考えている人にはうってつけの講習会が行われます。

「平山達人のバラ講習会」
5月30日(日)14:00〜16:00
ロイヤルホームセンター港南台店 1階 園芸コーナー


西武ドームの薔薇とガーデニングショーで大賞を取った千葉の薔薇生産者、平山新一さんは、東京ディズニーランドにも花を納めている業界の有名人です。
バラの植えかえ、花後の管理方法、今後の病害虫対策を教えてくださいます。薔薇のことなら何でも質問してみてください。初心者にもわかりやすく、とっても丁寧に、やさしく解説してくれますよ。

後藤さんちの薔薇、ほんの一部です

昨年のオープンガーデンにおじゃました時に「薔薇を何種類植えてるんですか」とお聞きしたら、後藤さんは植えた花を書きとめている手帳を取り出して数え始めました。「えーっと、1、2、3、・・・10、11、・・・・82、83、・・・切りがないけど100は越えてると思うわ」。
その中で、この日咲いていた何種類かを撮影させていただきました。

アイスバーグ
アイスバーグ

アンジェラ
アンジェラ


オドラータ
オドラータ

クリムゾンピラー
クリムゾンビター

クレピュスクル
クレピュスクル

サマースノー
サマースノー

コレッタ
コレッタ

ストロベリーアイス
ストロベリーアイス

スパニッシュビューティー
スパニッシュビューティー

チャールストン
チャールストン

ニュードーン
ニュードーン

バロンジロードラン
バロンジロードラン

いいですよねえ!明日も続きます。


わが家にはピエールドロンサールという薔薇が次々咲いて、毎朝の楽しみになっています。妻が以前からその花が好きで、いつか植えたいと言っていた花です。
今年の3月、花売り場に薔薇が出始めの頃、妻が目ざとくそれを見つけて購入し、堆肥と腐葉土をふんだんに入れた完璧な植え付けをして、誘引したり消毒したり。「ウ〜ン、ついに薔薇に目覚めてしまったか・・・」とうれしいような不安なような気持ちでした。不安というのは、後藤さんのあの言葉「もう大変、見ると欲しくなっちゃって。肥料もついつい高いの買っちゃうし。家計に響くから主人には塩舐めてもらってるのよ」と。
「今度はアイスバーグを植えて、後藤さんちに咲いていたあれ。あとサマースノーも欲しいし、ここにはアンジェラを伸ばしてきて・・・」と、庭に出ては嬉々として構想を話す妻。ぼくも塩舐めて暮らすことになるのかなあ・・・。
でもまあ、後藤さんのご主人も奥様と一緒に庭を楽しみまくっているようですし、ぼくとしても、薔薇にはまっていくにつれて上機嫌になっていく妻の姿がありがたい。
薔薇は人を上機嫌にします。日本中の奥様方が薔薇にはまってくれると、日本中のご主人方は救われます。ただし、塩をなめて暮らす覚悟が必要ですけど。

2010年、後藤さんちのオープンガーデン

内山さんちのご紹介をひと休みして、常連さんにはおなじみの後藤さんちの様子をご覧いただきます。

薔薇達人、生活達人、何ごとも夢中で楽しんでしまう幸せ達人の庭は、今年も見事に花いっぱいになりました。蜜を求めてやって来る昆虫以上に集まる大勢の人たちを、ゴージャスでシアワセ−な気持ちにしています。

では一気に。

DSC_0033

DSC_0034

DSC_0036

DSC_0037

ぼくは仕事柄、普段から花に囲まれるような日々を送っていますけど、

DSC_0039

DSC_0040

この庭に入ると、感動します。

DSC_0042

DSC_0043

今年はまた一段と見事です。

DSC_0044

DSC_0047

庭のリフォームをやらせていただいてから、8年経ったのかな、

DSC_0049

DSC_0050

尽きることのない後藤さんのパワーで、庭は年々美しさの厚みを増していきます。

DSC_0053

DSC_0056

薔薇ってすごいなあ。
残念ながら写真では伝えられないのが「香り」です。庭中に魅惑的な薔薇の香り。

DSC_0057

DSC_0058

薔薇は難しい、大変、と二の足を踏んでいる人もたくさんいますよね。確かに薔薇は手間がかかります。

DSC_0059

DSC_0061

でもこの庭に居ると「手間をかければ必ずそれに答えてくれるのが薔薇なんだ」と感じます。必ず、期待以上に答えてくれるのが薔薇。

DSC_0062

DSC_0064

古今東西、人間を魅了し続ける不思議な花。

DSC_0065

DSC_0066

その薔薇が咲き乱れるこの庭は、いつも唸ってしまう、幸せに向って突き進む後藤さんのパワーが、そのまま表現されているような庭です。

DSC_0068

DSC_0070

花の数だけ、後藤さんの、笑顔、理知、ユーモア、好奇心、探究心、ヒラメキ、そしてあふれるパワーが伝わってくる庭。

DSC_0073

DSC_0077

やっぱり薔薇という花は、別格なんですよね。強さや気高さや可憐さや、その花を育てる人のそのまんまが咲く花、それが薔薇なのです。

DSC_0079

ほんとに、この庭の香り、ゴージャスな空気をお伝えできないのが残念。

明日はこの庭に100種類以上ある薔薇のうちのほんの一部、この日美しく咲いていたいくつかをご紹介します。

2007 オープンガーデン 第2幕

 昨日までのオープンガーデン瀧本邸に続いて、今日から第2幕、後藤邸をご覧いただきます。

 2007 オープンガーデン 後藤邸 1

0e7e7667.jpg

d58b6001.jpg

fb271192.jpg

531f8c77.jpg

5a7e764c.jpg

883ad5e3.jpg

0a7259e4.jpg

16a0fbf1.jpg

9c60e18b.jpg


 瀧本さんちと同じく、写真はシャッフルしますので、解説なしで雰囲気をお楽しみ下さい。ガーデニング豆知識もけっこう好評なので(ご来店のお客さまともこのことで話が弾んでいます)引き続き。ネタはまだまだ山のようにあるのです。



ブログランキング参加中!
 投票クリックお願いします。


dba5235a.gif
 走る走る走る

感動的なオープンガーデンでした

 本日2度目のアップです。
 今年のオープンガーデンが無事終了いたしました。昨年を大きく上回る200人近くのご来場をいただきまして(グレースランドは勝手連的お手伝いですが)心より感謝申し上げます。
 昼過ぎに一瞬雷雨に見舞われたもののすぐに上がって、その後はお湿りを得た花が一段とイキイキ見えて、まさに理想的な天候でした。そして肝心の庭はと言えば、後藤邸瀧本邸共にベストな開花具合でして、皆様にも感激していただけたようです。初対面の方も含めていろんな話に、庭に負けないほど花が咲いて、とても充実した一日を過ごさせていただきました。来てくださった方々にとっても、何かしらのインスピレーションや感動を得たイベントだったのではないかと思っています。
 このオープンガーデンの模様は後日アップして、来れなかった人にも、少しだけでも感じていただこうと思っています。ちなみに、瀧本さんちはお仕事なので無理なようですが、後藤さんちは奥様がご在宅であればいつでもウェルカムです。フラッと訪ねてピンポンしてみてはいかがでしょうか。タイミングが合えば楽しい“庭時間”を過ごせると思います。(道路からのぞくだけでも衝撃的です)
 いやぁ、日々刺激的な生活をしている私ですが、今日は格別でした。瀧本さん、後藤さん、来年もがんばって、また私たちを楽しませてください。今日はお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

オープンガーデンのご案内2

昨日に引き続いて、昨年のオープンガーデン(後藤邸)を紹介します。

02deb0c6.jpg


昨年は「マイガーデン」(マルモ出版)の取材などもあり、庭でお茶を飲みながらおしゃべりに花が咲きました。

c80897ac.jpg


そして後藤様といえば、何といっても「手作りマーマレード」。庭になったハッサクを使って奥様が毎年つくられます。これが何とも美味!

ee39b5bb.jpg


最近バラにはまっている後藤様。昨年以上に種類も増えて、大きくなったバラが楽しめると思います。では15日、おじゃましますね。

3124afb9.jpg

オープンガーデンのご案内1

今年もやってきました、オープンガーデンの季節です。このブログを見ていただいた方からも問い合わせをいただきました。以下の通りで開催されますので、興味のある方はご参加ください。

5月15日(火)
9:30~17:00
瀧本邸(横浜市栄区庄戸1ー16ー19)
後藤邸(横浜市栄区庄戸4ー15ー7)

昨年のオープンガーデン(瀧本邸)の様子です。

652cff14.jpg


1214cc4a.jpg


瀧本様のところでふるまっていただいたハーブティーとチーズの薫製です。

f4c76f91.jpg


奥様はお仕事をされているにもかかわらず、朝早くから花の手入れをされています。いつも明るくて、奥様の元気を花たちも吸収しているかのようです。
すばらしい花を楽しむのと同時に、瀧本様のパワーをいただきに行こうと思っています。

875d786e.jpg


オープンガーデンを楽しむにあたってのマナーなどは、カテゴリアーカイブの「オープンガーデン」の最初に掲載していますので、過去のブログをのぞいてみてください。

行き方などがわからないという方は、ビッグサム港南台店のグレースランドにお越しいただければご案内いたします。

明日は後藤邸を紹介します。
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • ガーデンセラピー 139
  • ガーデンセラピー 139
  • ガーデンセラピー 139
  • ガーデンセラピー 139
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 117
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ