薔薇入門講座

薔薇入門講座 6

6、 花がら摘み

ecccede0.jpg


 薔薇が咲き始めたらできるだけ長く楽しみたいものです。そのために欠かせない作業が“花がら摘み”です。一輪咲き終わったら花だけを切り取ります。そうすると次々花が咲きます。この花がら摘みを怠ると、花付きが悪くなってしまうのです。そのメカニズムを簡単に説明するとこうです。

a83481a3.jpg


 花は何のために咲くのかというと、実をつけるためです。花柄を摘まないと実を結んでしまって、実がつけばもう花を咲かせる必要がないので花付きが悪くなるというわけです。これは薔薇に限らずサフィニアやインパチェンスなど、長く花を咲かせ続けたい草花には共通のこと。ガーデニングを楽しむということは、水やりと花がら摘みが日課なのです。ちなみに、薔薇の実(ローズ・ヒップ)を楽しむ場合はこの逆で、花がらは摘まないでください。

9ffb3553.jpg


 日々花がら摘みをして、一通り咲き終わったら剪定をします。剪定の知識については入り込むと切りがないのでパス。とりあえずは邪魔な枝を切って形を整えるくらいの感覚でいいでしょう。気軽に楽しみながら徐々に勉強していって、花付きをよくする誘引のしかたや枝の切り方、枝を代替わりさせていくことなどを覚えたら、もうあなたは薔薇のとりこです。後戻りはできません。マニアックな薔薇世界に飛び込んで、夢のようなローズ・ガーデンの主人になってください。

0fd6ee3b.jpg


 以上で初心者限定の薔薇入門講座を終了します。薔薇を始めるために必要な最低限の知識はこれでOK! あとはとにかくやってみることです。
 で、薔薇を始めるにあたってぜひ参考にしていただきたいのが、今回のシリーズで写真を使用した、栄区の薔薇達人、後藤さんちの庭です。下記が後藤さんちの記事ですので、月別アーカイブから入って読んでみて下さい。

2006年2月2日 後藤さんちのマーマレード
2006年6月26日 おくち直しにバラをどうぞ ~ 2006年7月2日 プラスαに情熱を(7回シリーズ)

d80d269d.jpg


 写真は昨年の後藤さんちのオープンガーデンで撮影したものです。今年ももうすぐ、5月15日(火)に開催予定ですので、出かけてみてはいかがでしょうか。息を飲む美しさです。



ブログランキング参加中!
 投票クリックお願いします。


18fa3d16.gif
 走る走る走る

薔薇入門講座 5

5、肥料の基礎知識

c8df9b7d.jpg


 薔薇専用の肥料でもN-P-K=5-8-5という表示があり、その割合は様々です。さあ、理科の時間です。Nはチッソ、Pはリンサン、Kはカリ。それぞれに植物への働きがあって・・・、まあ薔薇専用肥料を使っていればOKなのですが、ガーデニングの基礎知識として、中学校で習ったN・P・Kそれぞれの役割を復習しておきましょう。

973d67d7.jpg


チッソ(N)・・・葉と茎を育てます。多すぎると柔らかくヒョロンと伸びて、病気にかかりやすくなってしまいます。

リンサン(P)・・・花を咲かせ、実を太らせます。多すぎると花の形が乱れます。

カリ(K)・・・根をのばします。土の中は見ることが出来ませんが、ほとんどの植物は根が元気なら地上に出ている部分も元気です。何となく成長が悪くて元気がない感じがするという場合にはカリの不足が考えられます。

48645a4e.jpg


 では、その肥料をいつあげたらいいのか、これは薔薇だけではなくて草花全般に言えることですが、お礼肥といって花が終わったら肥料をあげるというのが基本です。花を楽しませてもらったお礼に施肥をするということです。

b123199e.jpg


 初心者向け入門講座なのについつい難しい話になってしまいました。以上のことは軽く参考にする程度にして、市販の薔薇専用肥料をお使いください。

39c4da31.jpg


 これが薔薇達人の後藤さん一押しのバイオゴールドセレクションです。

 明日は本講座の最終日、バラを長く咲かせるこつです。



ブログランキング参加中!
 投票クリックお願いします。


140e2942.gif
 走る走る走る

薔薇入門講座 4

4、 薔薇のための土づくり

f3ca3779.jpg

7ca46038.jpg


 大切な薔薇を健康に育てて盛大に花を咲かせるために、いろんな本でいろんな方法や知識が語られていますが、どれもあまりにも専門的で理解するのが大変。そこで、とっておきの方法を。それは、薔薇専用の培養土を使うということです。

7bef97c1.jpg


 これを使えばまずは大丈夫です。が、しかし、一度花を咲かせたころにはもう肥料不足になってしまいます。それを見越して、最初から薔薇用の培養土に肥料をまぜて植える方も多いようですが、いきなり肥料が強すぎて失敗するケースもあるので、まずは培養土だけでスタートするのが無難でしょう。土の善し悪し、肥料の過不足が花付きや健康状態にはっきりと出るのが薔薇。そして何年にもわたって楽しむためには、土づくりと施肥を繰り返す必要があるのです。
 土も肥料も薔薇専用のものが多く出回っていますので、それを使うとして、それでも基礎的な知識は必要でしょう。ここでは土づくりの概念を簡単にまとめます。

92b6b5f5.jpg


 まずは土づくり、土壌と施肥です。まず土壌の状態を良好にキープする必要があります。牛糞や腐葉土といった有機物がふんだんに入っていて、それを分解する微生物が活発に活動している、そういう土壌を保ちたいものです。フカフカしていてミミズがいっぱいいる土壌、というイメージです。通気性、補水性のための赤玉土、パーライト、ピートモスなどは培養土に最初から入っているので、あとは牛糞ベースの堆肥を追加していけば大丈夫です。で、この良好な土壌だけでは足りないのが薔薇の“肥料喰い”と言われるところ。さらに肥料を足してやる必要があるのです。明日は肥料の基礎知識を。

b7ac2d72.jpg

1140695c.jpg




 昨日でゴールデンウィーク終了、休みだった人も仕事だった人も、お疲れ様でした。グレースランドの恒例イベント『お庭の何でも相談会』では今年も大勢のお客さまにご来場いただきまして、目まぐるしくも楽しい日々でした。
 さっ、今日から落ちついて通常の設計業務に戻ります。お待たせしている皆様、今しばらくのご辛抱を。



ブログランキング参加中!
 投票クリックお願いします。


4e4e7ec0.gif
 走る走る走る

薔薇入門講座 3

3、 薔薇を楽しむための必要条件

写真は栄区の薔薇達人、後藤さんちの薔薇です

887c1239.jpg


 どんなに丈夫な苗や高価な肥料を使っても、それ以前に基本的な条件を整えてからスタートしなければうまくいきません。薔薇全般に共通する必用条件は次の3点です。
◇ 日照・・・日当たりが良好なこと。最低1日3時間、できれば午前中の日光が必用です。
◇ 通風・・・風通しの悪さはうどんこ病などの原因になります。
◇ 土壌・・・水はけがよく、肥よくなふかふかした土が必要です。

adb3859e.jpg


 まとめると、日当り、風通しがよい場所で、肥料がたっぷり入ったふかふかの土で育てるということです。この条件がそろっていれば一般的に薔薇につきものと思われている病害虫の被害も、実はほとんど起こらないのです。環境が整えば明るくのびのびと素晴らしい花を咲かせる、それだけ贅沢な環境が必要な高貴な植物だということでしょうか。

ad85cde0.jpg


 明日は土づくりについてです。



ブログランキング参加中!
 投票クリックお願いします。


5a7b2e36.gif
 走る走る走る
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ガーデンセラピー 143
  • ガーデンセラピー 143
  • ガーデンセラピー 143
  • ガーデンセラピー 143
  • ガーデンセラピー 143
  • ガーデンセラピー 143
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 129
  • H!nt de Pinto 129
  • H!nt de Pinto 129
  • H!nt de Pinto 129
  • H!nt de Pinto 129
  • H!nt de Pinto 129
  • H!nt de Pinto 129
  • H!nt de Pinto 129
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 84
  • 家族の庭くり方 84
  • 家族の庭くり方 84
  • H!nt de Pinto 128
  • H!nt de Pinto 128
  • 家族の庭くり方 83
  • 家族の庭くり方 83
  • 家族の庭くり方 83
  • 家族の庭くり方 83
  • 家族の庭くり方 83
  • 家族の庭くり方 83
  • 家族の庭くり方 83
  • 家族の庭くり方 83
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 127
  • H!nt de Pinto 127
  • H!nt de Pinto 127
  • H!nt de Pinto 127
  • 家族の庭くり方 82
  • 家族の庭くり方 82
  • 家族の庭くり方 82
  • 家族の庭くり方 82
  • 家族の庭くり方 82
  • 家族の庭くり方 82
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ガーデンセラピー 142
  • ガーデンセラピー 142
  • ガーデンセラピー 142
  • ガーデンセラピー 142
  • ガーデンセラピー 142
  • ガーデンセラピー 142
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ガーデンセラピー 141
  • ガーデンセラピー 141
  • ガーデンセラピー 141
  • H!nt de Pinto 125
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ