佐島の家

タイトルは『佐島の家の物語』

北原照久さんは『夢実現の伝道師』であると書きましたが、ついこないだ、庭の打合せでおじゃました隅野さんというお客様から、夢実現のちょっといい話を聞きましたので、それをご紹介します。

4c4030fd.jpg


隅野さんご夫婦には6年生と1歳の女の子がいて、家族4人、新築の家で笑顔いっぱいで暮らしています。その6年生のお姉ちゃんがまだ小さくて、いろいろとおしゃべりができるようになったなったばかりのころに、「私にはね、3つの夢があるの。大きなクルマとね、赤ちゃん(妹か弟)とね、家」。無邪気な女の子の夢物語、空想の世界だったんでしょう。それを聞いたご夫婦はとても困ってしまったそうです。そのころ仕事も不安定で経済的にとても苦労していたそうで、大きなクルマとか、まして一軒家などそれこそ夢のまた夢。奥さんは「どうやってこの子を傷つけないようにあきらめさせようか」と考えていたそうです。

7d3632f5.jpg


でもまあ子供の言ってることだからそのうち忘れてしまうだろう、と思いきや、お姉ちゃんはいつまでたってもその3つの夢をニコニコ笑いながら言い続けていたそうで、ついにご主人は仕事をがんばって大きなクルマを買いました。そしてめでたく奥様がご懐妊、お姉ちゃんの望み通りにかわいい妹が生まれました。これで夢が2つかなったわけです。

f7183210.jpg


残るは一軒家。「大きなクルマと赤ちゃんはがんばってかなえられたけど、さすがにこれは無理だなあ」というのがご夫婦の気持。でもお姉ちゃんはそんなことおかまいなしで友達の家に行ってもおままごと感覚で、楽しく夢を語り続けていたそうです。
するとある日、お友達のお母さんが「家を建てるのって案外簡単なのよ」と融資の受け方や住宅メーカーとの話の進め方を教えにきてくれたそうです。そうこうしているうちに身内でスポンサーが出現し、新築一戸建てが徐々に現実味を帯びてきて、あとは目に見えない流れに乗るように、とうとう実現してしまったのです。

0266da6c.jpg


いい話でしょう。幼い女の子が無邪気に夢を語り続けたこと(北原さんの説く『ツキの10ヶ条』に合致します)で、ご両親には最初イメージすることすらできなかったすばらしい今の生活が実現した。子供の無邪気な夢とご両親の子供への愛情が運を呼び込んだんですよね。「私にはね、3つの夢があるの。大きなクルマとね、赤ちゃんとね、家」。
隅野さん一家を幸福な暮らしに導いたそのお姉ちゃんは、この春から中学生です。とっても聡明な感じで、「将来、この幸運の女神のハートを射止めるのはどんな男性なのかなあ」なんてこと思わせるようなレディーになりつつあります。妹さんはひたすら笑顔で、ちょっとだけ日本語が話せるようになっています。彼女がおしゃべり上手になったときにどんな夢を語り出すのか、私は楽しみで仕方ありませんけど、ご夫婦は「今度はいったい何を言い出すんだろうか」とハラハラしているかもしれません。

8b181833.jpg


夢の実現っていいですよね。北原さんもきっと、自分の夢実現だけじゃあもの足りないほど人の夢実現を目撃することが楽しいんでしょうね。それと夢に向ってがんばっている人の姿。そういう人っていいですよ、ほんと。応援したくなります。
考えたら私の仕事はそれなんですよ、夢を応援すること。一人でも多くの人、一組でも多くの家族が、私のつくる庭で幸せを感じてほしい。もっともっと、めまいがするくらい幸せな人生を築き上げていってほしい。あぁ、この家みたいな『気』を放つ庭が理想だなあ、誰でも絶対に幸せになれるような。

c1753b2a.jpg


北原さんが、VANの創立者であり昭和のファッションをリードした故、石津健介さんから「家は大事だよ。家は人を育てるからね」と言われたことがあったそうです。私の場合は「庭は大事ですよ。庭は家族を育てます」。誰かの人生の夢実現にかかわれるとうことの楽しさ、うれしさを感じていて、そのことが日々の仕事の原動力になっています。
『海を庭にしてしまった家』、この家がどう北原さんに影響を与えて、そしてこの家によって北原照久という人がどのように育てられたのか、そこにはきっと大きなドラマがあるはずです。そういう「家と人生」とか「家と家族」とか「家庭」とか、そんなテーマで本を書いてくださったらうれしいなあ。きっと日本中の家族の、幸せな暮らしを実現するなるための手引書みたいな本になるんじゃないかなあと思います。
この家はもしかしたら、5代目オーナーの北原さんに巡り会って、今が一番輝いているんじゃないかなあ。パーゴラの下のあの大谷石は、建てたときよりも今の方が数十倍いい味出していると思うのです。積み重ねられた90年分のエネルギーが満ち満ちている家と、そこに惚れ込んで、そこで暮らしている夢追い人のお話、タイトルは『佐島の家の物語』。どうですかね、北原さん。一年かけて、佐島の家と庭と、北原家とその仲間たちの春夏秋冬を撮影して。
この不思議な家と、そこで暮らし、家を維持しながら夢の実現を語り続けている不思議な北原照久さんのことを知ることが、人生をすばらしいものにするためのヒント、あるいは指針、そんなふうに捉えて、その本との出会いによって後の運命が開いてより良く生きていく人が、私の予想では100万人くらいいると思うんですけど。

87985675.jpg


訪問してから数週間が過ぎても、こんな感じで興奮が冷めず話が尽きない北原邸、佐島の家です。最後に北原さんを「キャプテン」と呼ぶ湘南のシンガーソングライター、テミヤンがつくった『佐島の海の物語』(北原照久セレクションによる 『ベスト オブ テミヤン』/ブリキのおもちゃ博物館で売っています。北原さんの解説付きで、名曲がいっぱいのCDですよ)を。

43918c3c.jpg


佐島の沖に飛ぶ海鳥
船でやってくる仲間達

カジメの森に遊ぶハコフグ
海に浮かぶようなプールサイド

波の記憶がしみ込んだ
とても強くて優しいこの家で(佐島の物語)

嵐の時にも凪の日にも 信じる力があふれてくる
空に駆け上がる 心の波動が 夢を形に変えてゆく


波に洗われるボートハウス
白いタイル光るバスルーム

芝生の庭に吹く風に
やる気 元気 勇気が湧いてくる 心にみなぎる(佐島の物語)

笑顔で過ごせる幸せに 感謝の気持はわすれない
空を染めてゆく 真っ赤な夕日が 夢の続きを見つめてる

嵐の時にも凪の日にも 信じる力があふれてくる
空に駆けあがる 心の波動が 夢を形に変えてゆく
夢の続きを見つめてる
佐島の海の物語


c319c3ad.jpg


夕暮れ迫るころに佐島の家を後にしました。帰り道で、旬子さんに紹介していただいた魚屋さんで元気に泳いでいるイカとカワハギとキンメを買って、その晩は夢のような一日のことをみんなで話しながらの豪華な魚パーティー。
いやあ、一生忘れられない楽しい日でした。最高でしたよ。北原さん、旬子さん、ありがとうございました。


 
 

夢実現の伝道師

室内に入ると、そこはまるで博物館でした。現代作家の作品やとびきりのオモチャや、そして建物自体、床や窓枠までもがググッとせまってきます。それらをご覧いただきながら、今日はこの家の持ち主、北原照久さんのことを。

55fc3119.jpg


ここんところお客様と、北原さんの話題になることが多くて、みなさん北原さんにいろいろな印象をお持ちです。山手にあるブリキのおもちゃ博物館の館長、何でも鑑定団の人、セサミンのコマーシャル、佐島のすごい家に住んでいる・・・。

c494a295.jpg


私は北原さんに出会って、うれしいことにこうしてかまってもらううちに、出会う前とは全く違う北原照久像ができあがりました。これは北原さんと親交のあるある全ての人たちと同じだと思うんですけど、『夢実現の伝道師』、夢を追い続ける人たちに「こっちだぜ!」と声をかけながら先頭を行く『夢追い人たちのキャプテン』です。名著『横浜ゴールドラッシュ』(2008年12月29日をご覧ください)に書かれていますが、北原さんのこれまでの人生は夢実現の旅。そしてその旅は今日も、これからも続く、そういう感じ。ラジオでもテレビでも、実際にお会いしても、常に熱く夢を語り、夢実現の方法を語り続けています。

4f1bc808.jpg


先日聴いたラジオ番組(1422ラジオ日本の横浜ロハス)での、北原さんの熱いトークをメモったものを書きます。

ぼくは全ての夢を実現してきた。加山雄三さんに会うこと、吉永小百合さんに会うこと、サンダーバードに乗ること、佐島の家、オモチャの博物館。だから思ったことは実現できると信じている。
加山雄三さんには17歳のときに「会いたい」と思って、それが実現したのは57歳。35年かかったけどちゃんと会えた。吉永小百合さんに会うのは43年かかった。小百合さんに会った2月4日は『小百合記念日』なんですよ。
夢を実現させる方法。自分の夢を熱く情熱的に楽しく語ること。100回語れば1人は力になってくれる。だったら1000人に語れば10人、10000人に語りかければ100人が力になってくれる。100人が力を貸してくれれば百人力、何でも実現できるよ。
叶うという字は口へんに十って書くだろ。十人に語れば夢が叶うということなんだ。でも実際には十人では足らないから、叶うの字の十を千にして万にして熱く語り続けることですよ。夢はひとりでは実現できないんです。大丈夫という字には3文字とも人が入っている。だから「大丈夫、夢は叶う」。
夢は叶うと信じて、熱く語り続けること、毎日毎日。腕立て伏せだって10回からスタートして、毎日やっていたら100回できるようになるんだから。夢を実現するコツはそれが実現するまであきらめないことですよ。


a17e06eb.jpg


熱いでしょう。ラジオでも、講演会でも、そしてふだんもこのテンションで夢実現について語り続けています。
後に同じ番組で、今度は実践編『夢実現の10ヶ条』というのを話していました。

4ed0e897.jpg


『夢実現の10ヶ条』

1、プラス発想。
くよくよしない、愚痴らないこと。世の中で愚痴を言って成功した人はいないよ。

2、勉強好き。
自分は勉強好きだと思い込んで、何でもメモして、そしてそれをひとに話すこと。ひとに話すことでそれが自分の身に付く。

3、素直な気持。
素直さは大事ですよ。ツキ、運は人が運んでくる。素直な人は笑顔が絶えないでしょ、そういうところにいい情報が舞い込んでくるんです。いつもしかめっ面をしていたり何でも否定してかかる斜に構えた人には、けっしていい話はやってきません。

fe4db1e6.jpg


4、5、6、は3カン王。
関心を持つ、感動する、感謝する、です。関心、感動、感謝の3カン王。そして、それを表現すること。言葉に出して伝えることが大事。感謝の謝は言葉で射ると書くでしょ、感謝したらその気持を相手の心を射る言葉、ちゃんと相手に伝わる言葉で表現した方がいいんです。

b19af51c.jpg


7、ツイている人と付き合う。
ツイている人、成功している人と付き合うと、その人が具体的な夢に向って邁進している、その勇気、そのパワーが、こちらの身にシャワーのように浴びせられるのを実感できる。そこにツキの波動の同調や共鳴が発生します。

8、親孝行する。
これは人としての基本ですよね。ボクは自分の誕生日に必ず母親にプレゼントを贈ります。親孝行することです。親がもういない人は墓参りをしましょう。親だけじゃない、その親、そのまた親、たくさんのご先祖様があなたを応援してくれるはずです。

27cea8b0.jpg


9、ほめる。
これは『鏡の法則』です。ほめることができるのは自分がプラスに思考できている証です。人の短所や欠点をあげつらい、悪い面をことさら強調する、批判し誹謗中傷しようものなら、それは鏡に映って反射するように必ずや自分をおとしめる結果となって返ってきます。プラス思考で笑顔で過ごしていれば。鏡に映ったプラスの運、ツキがやってくるというわけです。

2ae131be.jpg


10、ツイていると思うこと。
ツキは「ツイている」と思う人のところにやってきます。これはプラスの自己暗示。
何千回、何万回と「ぼくはツイている」と言ってきたことか。そして、夢にまで見た『海を庭にした家』に住み、憧れだったクルマに乗り、会いたい人に会い、夢追い人のようにコレクション人生を歩んでいる。「ツイていると思うからツイている」というのは、そうしたぼくの経験から出た結論なんですよ。


5c1e699e.jpg


いいでしょう!世の中に成功している人はたくさんいますけど、そこに至るプロセスを楽しんで、それを熱く語り続けている人ってそうはいませんよね。自己啓発本や名言・格言の本も書店には無数にありますが、北原さんの場合は自らがそれを体現しての言葉なので、こちらへの響きかたが違います。繰り返しになりますけど『横浜ゴールドラッシュ』、そんな北原さんの夢挑戦の記録です。きっとあなたの大切な1冊になるでしょう。ぜひ読んでみてください。
おもしろいでしょ、北原照久さんって。世界的なおもちゃコレクター、何でも鑑定団の人であり、『夢実現の伝道師』、『夢追い人たちのキャプテン』でもあるんです。

明日も続きます。


 
 

若大将がやってきた!

では建物に近づいていきましょう。

庭と反対側に回り込むと、家が海に突き出していることがわかります。脇の階段を下りると海面です。大谷石でしょうか、テラスの手すりが波と潮風でいい感じに削られています。私たちが生まれるずっと前から佐島の海と対峙している石、ぐっときました。

0d1cf53c.jpg


そしてこれこれ!地下に入っていくとボートハウスがあります。ビルトインの船着き場。佐島港に碇泊した、かの光進丸から、ボートに乗った加山雄三さんがここにやってきたといいます。何かものすごいシーンですよね、加山さんは確実に満面の笑顔、若大将そのものだったに違いありません。海から入る玄関、大興奮したんじゃないかなあ。

1b1d66dc.jpg

62c9b991.jpg


地下のボートハウスから地上階に戻って海側に回り込むと、プール。

4b4b103c.jpg

bdb90686.jpg


もうただただウットリ。

873337fe.jpg


娘はここが日本だということを完全に忘れている感じで、「このプールの水もらって帰って友達にあげようかなあ」なんて言いながら、リゾート気分いっぱいになってはしゃいでいました。

1c4ae167.jpg


旬子さんに案内されて屋上にも上がってみました。そこはまるで豪華客船のデッキのようでした。「海と空からのパワーを浴びながらここで昼寝ができたら最高だろうなあ。ここでウトウトしているだけで、きっと全てのことがうまくいくような、純度の高いエネルギーを補給できるに違いない」、そう思いました。横たわったアトムが充電して、十万馬力になる、あのイメージです。

84476cf6.jpg


屋上からの庭はこうです。

5f81743a.jpg

64b44153.jpg


そしてここが、この家の、たぶん一番の撮影ポイント。船でいうと操舵室、海に突き出ている円形の部屋の外側です。きっとここでタイタニックごっこをした人が何人もいるだろうなあ。そんなこと考えるくらい、ここの場所はまさに船の先端。太平洋に向って進んでいる感覚になります。

f960d183.jpg

c015cb2d.jpg

5495ba07.jpg


下を覗き込むとハコフグが泳ぐ海。「この船ゆれないなあ」と錯覚を起こしてしまいます。なんだかもう現実の世界に戻れないんじゃないかと、戻れなくてもいいやと。今はこの空間と時間を思いっきり感じたい、そんな気持でした。

01485f12.jpg


明日はキャビンに入ります。


 

夢の結晶

清水国明氏作のチェーンソーの一刀彫によるいい感じの招き猫の向こうには、海を背景にした公園みたいに広い芝生の庭がありました。そしてヤシの木。絵に描いたようなリゾートフルな風景と、芝生の向こうに広がる太平洋からの圧倒的なエネルギーがドドーンと来て、心地よく頭がクラクラする感じ、気持のいいめまいを味わいました。「気」というか「天国への階段」というか「夢の扉」というか、その庭、目の前に開けた風景が人格を持って「よく来たねえ、ずっと君が来るのを待っていたんだよ」とあっち側の世界へ導いてくれるような・・・。私は初対面のその庭と挨拶していました。

b64f2e60.jpg


あまりの衝撃に、妻と娘は極度に緊張したときのような、ぎこちない表情のままとりあえず芝生の突端まで歩いて行ってベンチに腰掛けていました。言葉もなくただ海を見つめる2人。私もそうで、無言のまま海を観て、振り返って芝生を観て、また振り返って・・・、子犬が生まれて初めて広い芝生に放されたときって、こんな感じかも知れません。

6b62a75f.jpg


しばらく芝生をウロウロして、ようやく少しリラックスできましたが、このときの妻とのやり取りはお互いに「すごいねえ」ばっかりで、まだ会話が成立していませんでした。

b23fbc92.jpg


あらためて思うんですけど「これが自宅なんですよ!」、もうすごすぎますよね。

旬子さんによると、この海辺の美しい芝生広場、嵐の次の日はバケツに何杯もの海藻が打ち上げられているそうで、それをきれいに片付けるのは大変な作業なのだそうです。さらに、塩分で芝生が枯れてしまうので、庭中を大量の水で洗い流すとのこと。美しさを維持するのは大変なんですねえ。

これが芝生広場から見た母屋です。

9f3c6d5c.jpg


平屋で、屋上があって、海に向って円形に突き出すデザイン。そして白い壁とチークの窓枠と。相模湾に向って出航を待つクルーザーをイメージしたデザインなのでしょう。これが90年前の建物だというのがすごいです。90年前ですよ90年前。よくこういう家を建てようという発想があったものだと、そして今日までそのイマジネーションが色あせずに、建物自体も年老いた感じがまったくしなくて、そして90年分の風格がある。ものすごい建物です。
この家を手に入れることは北原さんの夢の実現だったのですが、この家が現実のものとしてこの地に出現したこともまた、当時の設計者と依頼者と、そして90年経っても海の無限の自然力に微動だにしない強度を生み出した、職人さんたちの夢の実現だったのでしょう。90年前にあったドラマ、オーナーと設計者と制作者の夢の結晶。北原さんがこの家に惚れ込んで、憧れて、焦がれて手に入れたのは、夢追い人が旅の途中で立ち寄った漁村の海岸で、眩く光る夢の結晶を発見した、そういうことだったんだなあと思いました。

明日はいよいよこの建物、夢の結晶に近づいていきます。すごいですよ。


 

今日はお客様との打合せで2軒訪問して、昼から夕方までGarden Friend(ホームズ新山下店外売り場)にいます。まだ貼ってる途中ですけど新しい写真も大量にご覧いただけますので、遊びにきてくださいね。
さっ、今日も張り切って、あっそうそう、昨日北原さんから電話をいただきまして「歩くっていう字は止まるに少しって書くだろ、止まりそうなくらい少しずつでも歩を進めることを歩くっていうんだよ。継続は力だよ。じゃあね!」。おもしろい方です。じゃ、今日も張り切っていきましょう!

青学のマドンナ

では庭と植物をご覧いただきましょう。
白い高い塀の向こうはどうなっているのかとドキドキしながらインターホンを押すと、メンフィスにあるエルビス・プレスリーの家グレースランドの門扉みたいにでかい扉が開かれました。素敵な笑顔で対応してくださったスタッフの方に促されて中に入っていくと、そこはハワイの高級住宅地に迷い込んだような場所で、この瞬間からずっと、私も妻も「すごい」を連発。他の言葉を忘れてしまったように「すごい!すごい!」と、たぶん300回ぐらい「すごい」を言っていました。

bd382433.jpg


では植物を。まずはソテツです。どれもこれも年期が入っていて、良く手入れされていましす。これほど立派なソテツをこんなに大量に使っている庭を、私は初めて見ました。もうそれだけでもノックアウト。

5cd7bf8e.jpg


これまた年期が入ったフジ。昨年は花付きがものすごく良かったそうで、奥様は「このフジの花の下にいるとしあわせ~は気分になるんですよ」とおっしゃっていました。

c6450e5e.jpg


我が妻が感激していたのが、この立派なサルスベリ。

feb79ea8.jpg


私は太くていい感じに仕立ててあるエンゼルトランペットに感激。この木はなかなかこういう感じには仕立てられないのです。腕と人柄のいい植木やさんが入っていることが、これを見てわかります。

88b736b3.jpg


そして一番驚いたのがこれ。何の木だと思いますか?

fb64fcb3.jpg


なんとなんと、ブーゲンビリアでした。「ハワイかよ」と突っ込みたくなりましたよ。横浜では内陸部に行くとブーゲンビリアは地植えでの冬越しは難しくて、逗子まで行くと何度か庭で育っているのを見たことがありましたが、ここまで大きく元気に成長しているブーゲンビリアは初めてでした。佐島は温かいんですねえ、それと潮風や土壌も成長に適しているんだと思います。見事です。

北原さんは急な取材が入って室内でインタビューを受けていたため、奥様の旬子さんが案内してくださいました。この旬子さんは不思議なオーラを放つ方で、ひと言で言うと「華がある」、誰もを一瞬にして虜にしてしまう魅力の持ち主です。天から降りてきたみたいな。北原さんもそうで、天から降りてきたひとみたいな感じがします。夫婦だから似てきたのか、もしかしたら青学のマドンアだったという旬子さんのオーラを吸収して北原さんが今の感じになっているのかもしれないなあ、なんてこと考えたり・・・と、次々興味が湧いてくるご夫婦です。そうそう、北原さんは奥様のことを「旬子ちゃん」と呼ぶんですよ、まいっちゃいますよね。真似しましょうかねえ、「カオリちゃん」。

旬子さんと
9f157422.jpg


芝生の庭の入口にいい感じの招き猫があったので、しゃがみ込んで撮っていたら旬子さんが「それは清水国明さんのチェンソー彫りなんですよ。目のところにキノコが生えてきて生きているみたいでしょ」と解説してくださいました。

aa0fb6ff.jpg


d9472cbe.jpg


あぁ、今日も時間切れ。今日予定していた写真の半分ですけど、続きはまた明日。今日は午前中お客様のところをまわって、昼から旭区四季の森の『レノンの庭』にいます。雨が上がったら恒例の焼き芋焼いてますんで、遊びに来てくださいね。
さっ、今日も張り切っていきましょう!あっ、土曜日か。お休みの皆様は張り切ってお休み下さい!


 

岡惚れです北原照久さん

昨年暮れからブログにコメントをくださっているブリキのオモチャの北原照久さん、ご本人は私のことを「メル友のいわふちさん」とあちこちで話してくれていて、私としては恐縮しっぱなしです。北原さんとの偶然が積み重なった出会いは2008年11月13日~15日をご覧下さい。
で、その北原さんから「佐島の家に遊びにきなよ」と夢のようなお誘いをしていただいて、妻と娘と一緒に行ってきました。今日から4日間、そのときの写真をご覧いただきます。
佐島の家というのは北原さんの最高にして最大のコレクションという、『海を庭にしてしまった家』としてテレビで何度も紹介されている白亜の豪邸のことです。もとは皇室の方の別荘だったそうで、終戦後マッカーサーに次ぐNO.2の(名前を忘れてしまいましたが)方が住んで、その後も持ち主が変わって北原さんが5代目だそうです。北原さんとその家とのことを著書から抜き書きします。

34歳のとき雑誌「ポパイ」で、相模湾に面した湘南の佐島に建つ、外国人が住む白亜の旧竹田宮邸の写真を目にした。『海を庭にしてしまった家』というキャッチフレーズが添えられていて、日本にもこんな家があるのかと驚き、強く憧れた。
その後、その家を再び雑誌「BRUTUS」で見つけた。売値8億円で売りに出すという案内記事だった。ニセ白バイ警官が現金輸送車を襲撃して3億円を奪った事件が大騒ぎされていた時代で、その金額の大きさは現実離れしていて実感をともなわなかった。しかし憧れの対象だった家が「売りに出されている」と知って、「こんな家に住んでみたら・・・」と夢見心地に想うようになった。
日に日に、年々歳々・・・「あんな家に住みたい」との夢が膨らむばかりだった。その思いに引かれるように、やがて湘南に住む決意をして海に面した家を探しはじめたころ、その『海を庭にしてしまった家』が、またまた売りに出されているという。
強い想いに売り主も共感してくれたのか、用意できる精一杯の金額で、焦がれるほどに憧れた家が自分のものになった。初めてあの家を写真で目にしてから15年が経つ、49歳のことだった。


想い続けることの力、そして夢の実現、ロマンですよねえ!「その家に行ける」、胸が高鳴るとはこのことです。実は北原さんと知り合ってから何度か私はその家の前まで行きました。横須賀で打合せがあって近くまで行ったりすると、もう佐島の北原邸に行ってみたくてしかたなくって。でも白くて高い塀に囲まれていて中は見えない。それでもその家の前に立つと「これが夢実現の場所なんだ、かっこいいよなぁ」と感慨に浸って、若大将シリーズやエルビス・プレスリーの映画を観た後のような『明るく、軽く、いい気分』で横浜に帰って、仕事がぐんぐんはかどりました。

ではその『海を庭にしてしまった家』、北原さんちの写真を。私は庭屋なので、まず今日は庭と植物からです。

おっと、そう言いつつ、もう打合せに出かける時間になってしまいました。写真の紹介は明日から、ということで、それにあわせて「岡惚れ北原さん」のことをあれこれと。あっそうだ、今日は北原さんの誕生日でした。夕方6時30分から横浜人形の家でバースデーライブがあります。お時間のある方は行ってみてはいかがでしょうか。テミヤンのグッと来る歌と北原さんのギターとトーク、いい感じのパワーを充電できますよ。おお、時間が・・・、じゃ、今日も張り切っていきましょう!


 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • H!nt de Pinto 136
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • 砕けた瓦
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • エロイムエッサイム
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 日出ずる国に生まれ出ずる悩み
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • 庭の法則 76
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 与太郎
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • お楽しみはこれからだ
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • 家族の庭のつくり方 93
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • ランゲージ
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • イーハトーブ
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 花水木
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 晩秋の庭は浪漫的
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 冤罪・推定無罪
  • 庭のつれづれ
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • Metaphor
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • ガーデンセラピー 146
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 選挙と芥川龍之介
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 雨の日は雨音に打たれて過ごす
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ