庭をつくる人

インフルエンサー?インフルエンザ?

庭の書斎で写真整理をしながら、楽しい楽しい年末年始だったなあと記憶をたどっていたところ、あれ、ところでレコ大って誰だったんだっけ、と思って検索していたらインフルエンサーなる言葉に遭遇いたしまして、インフルエンサー?インフルエンザ?となりまして、調べたらどうやら語源は同じで「広く影響を及ぼす」だそうです。ネット上ではインフルエンサービジネス、インフルエンサーマーケティングとインフルエンサーがインフルしちゃっているんですけど、オヤジとしましては、そんなんでイインフルエンサ?となりにけり。



昨日は風もなく、
穏やかな陽射しが春を思わせました。
しかしおのおのがた、油断大敵、
次の寒気団が迫っているもようなり。
体調管理を怠りなく、
インフルなんぞにやられませぬように。


DSC01546



歌は世につれ世は歌につれ。でもねえ、いくら女たちが荒れ狂った昨年だったとはいえ、いたいけな少女たちに不機嫌面させて歌い舞い踊らせるってえのは、ちいとばかし悪趣味に過ぎはしませんか、などとすっかり秋元氏のインフルエンサーマーケティングに感染しているわけです。



DSC01550



まあエエわいな、庭は世につれ世は庭につれるものなれば、こちとらコツコツ庭づくり。コロコロ変わる流行性感冒とは別次元の、縄文から変わることなく続く家族の幸せという命題を、見失うことなく進むのみなり。



DSC01544 2



ああ、全国の老若男女が無邪気に舞い踊っていた、フォーチュンクッキー懐かしきかな。やっぱね、音楽も庭も、大工さんも豆腐屋さんも、プレジデントも将軍様も、カリスマもゴゴスマも、人を笑顔にする類いのものが最上級ですなあ。



DSC01555



年末年始、乃木坂ではインフルエンサーが猛威を振るい、欅坂では不協和音が響いていたそうな。
あの少女たちが健康的な笑顔のお仕事に戻れる日はいつになるのやら、とはいらぬ心配なり。大人たちの悪巧みは平昌オリンピックに合わせて、ピョンチャン弾けた笑顔の戦略にシフトするのでしょうから。



DSC01551



おお、気づけば感動の祭典、虹と雪のバラードまであと三日。いやあ楽しみ楽しみ。 





今日は港南台店にいます。




 

Push-pull method

雑草を防ぐための黒い不織布のようなシートが売られています。家の脇の細い通路などにそれを敷いて、その上に砂利を敷くというもので、ホームセンターでは防犯砂利と共に人気商品となっています。



立春となり、遅れていた仏様もご到着。

DSC01926



もちろん効果はあるんですけど、そのシートを突き抜けて生えてくる豪の者も多々ありまして、それを引っこ抜くときに根っこがシートを引っ張り上げるもんだから、下に砂利が入ってしまいベロベロに波打ってしまっているのをよく見かけます。



DSC03219



ぼくとしてはシート無しで砂利を厚く入れた方が効果がある気がしています。完璧にするならコンクリートを張ってしまうという手なんですが、例えば逆手を張って、雑草以外の薬草・ハーブ類、日陰ならフキやミョウガを栽培するというのはどうでしょう。



DSC00248



制圧を試みれば抵抗する、逃げれば追ってくる、押せば押し返してくるのが自然の摂理なり。押されたら引き、引いたら押して、恋の駆け引きにも似た手法を心がければ、ストレスだった雑草エリアもお楽しみの場所になりますよ。



DSC03661



そもそも雑草って何?必要がない草を雑草と呼ぶなら、定年後の男は雑草か、はたまたうっとうしいだけの濡れ落ち葉か。まあまあそう厳しい目で見ないでくださいよ、奥様。枯れ木も山の賑わいでありまして、雑草も庭の趣でありまして、これまで定年後のあなたとの時間を夢見て頑張ってきたのですから。



DSC05326



あちこち衰えたとしても男は男。社会で奮闘してきた習い性によってプライドの高さは消し難く、生来のロマンティシズムも消えることなし。ロマンもへったくれもなく、むやみに叩くと叩き返されますからご注意を。ここはひとつ逆手を張って、やさしくやさしくそのウィークポイントを刺激してあげれば、まだまだ使い道はございますので限られた資源を大切に。



DSC00942



押せば押し返してくる。八丈島で押されたキョンは海を渡り、房総半島にて暴走中。キョンキョンも腹をくくって暴走中。ぼくは防草シートによって雑草が暴走しない手段を思案中。



DSC07006



やはりそういうものは使わずに、雑草と仲良くしちゃった方が楽しいんじゃないかなあ。アカマンマとか、ペンペングサとか、クローバーとか、和むじゃないですか。
雑草のみなさんも、頑固さは内に秘めて、せいぜい可愛がられるように振舞いましょうね。





「雑草という名の植物はありません」とは
昭和天皇のお言葉なり。
そも雑草とはなんぞや。
そは飾り気なく生きる花なり。
ジェントルに咲く、
内気にして強靭な、
押しも押されもせぬ美しきラッパ吹きなり。


 



 

 

もしかしてだけど

等価の複合観念と申しまして、物事には複層的な捉え方が存在しているのです。もしかしてだけど、もしかしてだけど、小学生みたいに好きな子にちょっかい出して意地悪しているんじゃないの?
庭を厄介な場所と捉えているあなた、気を落ち着けて、素直になって、あなたが内心憧れている庭世界を、じっくりと見つめてみてはいかがでしょうか。
まずは賑やかなその口を閉じてから。不満、愚痴、逃げ口上のレイヤーをひっくり返すと庭が一変しますよ。



夢を思い描くプロセスは
現状を把握することから。
なにが不満で、どこが問題で、
それをどう変化させることがベストなのかを、
ガチガチになっている心の鎖を解いて、
自由奔放に、音を奏でるようにイメージする。
イメージできたらできたも同然なり。


Before

65545fb4


After

81400f81



それをきっちりと返せるのは本人だけ。庭の相談に来られる方の中には、その庭を楽しめない理由を並べ立てるというケースがありまして、ぼくがそれをいちいちひっくり返しても、食い下がるように次の理由を持ち出してくるのです。日当たりが・・・狭いから・・・寒いから・・・蚊がいるから・・・雑草が・・・お金が・・・宗教的理由で・・・私の人生観に照らして・・・そうこうするうちに、その人の中には「庭は厄介で価値のない場所である」という信念が確立されて、「ほらね、私は正しいでしょ」と機嫌を回復して帰ってゆきます。つまるところ、庭が荒れ放題なのは私のせいじゃないのよ、という確信が欲しくてご来店されるのでしょう。



 Before

3894c907


After

d031c32c



いんですいんです機嫌が直れば何よりですから。でもね、できればなんですけどね、そういうことはご主人相手にやっていただきたいのですが。ご主人というのは主にそのために存在しているのですから。え、そっぽを向いてあなたの話を聞いてくれない。だからうちに来られ、ええ、はい、なあるほどですねえ、そうですか。はい、はい、よおくわかります。ええ、やっぱり、ですよね〜。ではどうぞお続けください。

雑草が嫌だから庭は嫌 → ということは、雑草取りの楽しみをご存じないんですか?

防犯上よろしくないので庭に目隠しはしない → 泥棒対策のために庭を放棄するのですか?

陽に当たりたくないから庭に出ない → 陽当たりの良さを楽しまないのですか?

バラは大変そうだから植えない → 失恋が辛いから恋をしない主義なんですか?

主人は庭に関心がないからお金を使えない → ご主人か関心を持っていないのは、庭じゃなくてあなたなのでは?



Before

5d25b589


After


8dccd465



ぼくはこのカードめくりゲームが嫌いじゃないので、いくらでもお相手いたします。そして J・S・バッハが平均律クラヴィーアの完成によって、それまで雑多だった調律法を整理整頓し、その後の鍵盤楽器の娯楽性を広げたように、あなたの混沌とした庭に花咲き鳥が鳴き笑顔が溢れる、幸福なうねりを帯びた庭の平均律を奏でて進ぜましょう。
その調べをお聴きになった上で、ご自身のカードをひっくり返すか否かはあなたのお気に召すままに。



純正律と平均律の違いを体感しよう

 

とってもわかりやすい(はずの)解説なれど、
悲しいかな、ぼくの音感がついていけていない。
驚くべきは音楽家たちの高度な音感であります。
何はともあれ
今日もあれこれとツマミをいじくって、
心に試行錯誤のエフェクトかけて、
できる限り心地いい音色を奏でましょう。
それにしてもすごいなあ、ミュージシャンって。
青年老いやすく学成り難しでありまして、
ぼくなんぞはアラカンにして
まだまだ学成らず、迷いは尽きず、答えは見えず、
生まれ出ずる悩みに翻弄されっぱなしな日々。
されど、これも等価の複合観念に照らすなら
伸び代ありの証しなり。
せめて、せめて、庭の音感だけは、
マエストロと称されるところまで高めるべく
精進を重ねてまいります。






昨夜の庭は神秘の天体ショーでした。ずっとカメラを覗いていたら月と地球の速度の速さに頭がクラクラして、奇跡の星の軌跡の住人でいることに感動。なんだか気持ちが大きくなって、今日はスケールがでかい庭を思い描けそうです。今取り組んでいるのは割と狭目な庭なんですけど、その上空には無限の宇宙が広がっているのです。



DSC08657

DSC01633

DSC01649

DSC01669

DSC01675

DSC01682



いやあ〜、ひとり静かに興奮しました。




今日は港南台店にいます。








 




 

 

インテリゲンチャ喧嘩せず

世の中に喧嘩をしたことがない夫婦なんて存在しないよ、と思いきや、違うんですよね。お客様には時々そういうご夫婦が実在しております。一体全体どういうこっちゃと、そのコツというか秘訣というかを聞き出そうと試みた時期がありましたが、これという具体的な回答は導き出せず終いでした。ただあるご主人から出たこの言葉は鮮明に残っています。

喧嘩をするなんて、知性が足りないんだよ。

ウッ!それなんですよそれ、知性。足りない足りない。いつも思うんですけど高島屋に行っても売っていないし、遠路はるばるヤマトヤシキも探してみたけど見当たらず。この手の高級品がデパートに売っていないということはどこにも売っていないということでありまして、つまりは購入できるものではないということでありまして、そもそもどこに売っているのかと思うところが知性の無さなわけであります。



カンツバキ(サザンカ)は花期が長く
木によって開花に差があるので、
晩秋から咲き始めて
二月に入っても存分に楽しませてくれます。

DSC00890

日本が原産ですから、大昔から
戦国武将やお公家さんが歌に詠んでいます。

DSC00891

もしかしたらさらに遡って、
イザナギとイザナミも
この花に見とれたのかもしれません。

DSC00893

花言葉は「理想の愛」「謙遜」
「女性らしさ」「美徳」「永遠に変わらぬ愛」
だそうですぞ、奥様方。
あ、喧嘩売っているわけじゃないですよ。


DSC00898



うちだけじゃないと思うんですけどね、敵は常にこちらの感情を逆なでしてきますよね。そりゃあもう、戦国の知将、真田幸村か竹中半兵衛かというほどの見事さで、外すことなく痛いところを突かれるわけでして、いやはや、いつもまんまと策略にはまって不機嫌になってしまう。はい、そこで負けです。論争の勝敗ではなく、こちらが不機嫌になったところで、平然と鼻で笑って優位さを誇示するというのが敵の狙いなわけですから。



DSC00895



夢見ていた幸せ、穏やかで愉快な時間を追い求めながら、繰り返し脳内に響くオノマトペはギャフンなり。どこぞに黒田如水のごとき軍師はおりませんでしょうか。官兵衛は何処か、官兵衛、官兵衛はおらぬか。
知性乏しき者が敵の挑発をかわす術を、どなたかご伝授くだされ。



DSC00900



それにしてもなぜ奴は平和を望まぬのか、そんなにまでして争い勝つことが楽しいのかと不可解なり。
同じ不可解をソクラテスでさえ解決できなかったわけなので、永遠の不可解なのかもしれませんし、まあそれによって哲学が深まるのでしょう。



DSC00901



でも女房殿よ、ぼくは哲学者じゃなくて幸せ者になりたくて、数多いる女性の中からあなたを選んだのである。その選択が正解であったと証明することがあなたの幸せなのだと、乏しい知性でそう思っているのだが、それは、あなたの見立て通りにぼくが愚か者だからなのだろうか。
そのようにしていつまでもイザナミノミコトのごとき無体な仕打ちを繰り返すなら、ついにはお前を黄泉の国に閉じ込めて、汚れたわが身を洗い清め、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三鬼神を出現させて、庭美しき国の創生に専念いたす所存なり。
なに、そうか、お前はいち日に千人の民を殺すと申すか。されば私はいち日に千五百人を増やしてみせよう。





今日は金沢文庫店にいます。



 

味の素で蓋をする

料理人の世界では「味の素で蓋をする」ということが言われます。グルタミン酸イノシン酸等のうま味調味料を使うと簡単に及第点の味になるが、まるで蓋をしたようにそれ以上にはならないという意味です。



日限山公園の野鳥たち。 
野鳥に限らず自然界では
幸せな暮らしと生存とはイコール。
だから夫婦喧嘩はしないのかと思いきやさにあらずで、
鳥も昆虫も哺乳類も、
浮気もすれば嫉妬も離婚もままあるわけでして。
生存がかかってますんで
さぞかし真剣勝負で揉めるんでしょうね。

DSC01445



夫婦の揉め事というのは大概、男性が女性の論理性にかける感情任せな言動に憤慨し、女性は男性の感情を論理で解析する理屈っぽさに感情を逆なでされるというパターン。男は情感(外界に感じるもの)の世界を理性で歩み、女は理性の世界を感情(内面に発生するもの)で歩むものなり。だからして理性はなんとか合致させられるものの、情感と感情の違いが問題なのであります。



DSC01476 2



男性が身につけるべきは感情の理解、女性に必要なのは情感の理解。双方共にこの至難の歩み寄りをしないことには和解できないという難解な生物学的公式が存在するのです。これを解くものはただひとつ、知性。つまり神様は、お互いに知性を磨きなさいという命題を遣わしたわけで、清少納言がエッセイ集の中ですでにこの男女のギャップを嘆いているので、これは男と女に本来的に設定されている、おそらくは人以外の雌雄の別がある生物の多くにも設定されている課題であると想像します。



DSC01506 2



そのギャップが露呈した際に多くの男が使ううま味調味料が「あきらめ」。女房には逆らえない、言い出したら聞かないし、揉めたらきりがないからと白旗を上げて女性の感情噴火にひれ伏してしまう。とっても、とっても、とーってもよくわかりますが、それはふたりの関係に味の素で蓋をすることになりゃあしませんでしょうかねえ、と思うのですが。



DSC01457 2



女性は不満を理解して欲しくて感情をぶつけるのですから、その感情の裏にある事柄を理解できないままに「そうだよねえ」とか言っちゃってトラブルを回避したら、女性が抱えている根本的な問題は未解決のまま置き去られるわけで、活火山のごとくで必ずまた噴出するのは必定。するとまた男は「ごめん、俺が悪かった」と噴石を避け、悪いなんて少しも思っていないのに、そもそも何が悪いのか見当もつかないままで御身大事と退却し、女性としてはそれがまた気に入らないもんだから感情の攻撃が激化してゆく。そんなこと繰り返すうちに、ついには天使の容姿と裏腹に息を潜めていた堕天使悪魔が登場し、カインとアベルか、はたまたジキル博士とハイド氏か、物語は混沌とした中盤を迎えるという展開になります。



DSC01484 2



男性諸氏、急ぎ白旗を撤回すべし。白下げて、赤上げて、赤下げないで、白上げない。敵国の要求は降伏ではなく、幸福なる理解による和解なのでありますから、がっぷりと四つに組んでの横綱相撲を。理解し合いたくて難癖つけている相手から体をかわす逃げの一手では、相手が望むロマンチックな取り組みになるはずもなく、そのうち横審からもクレームがついてしまいます。しゃにむに出かける家族旅行や貢ぎ物などでは奥様の心の家計簿は帳尻合わず、まして感情の発露の言葉に従って意味ない庭なんかつくろうもんならさあ大変、困ってしまってわんわんわわん、大枚叩いて盛大に愚痴のタネをばら撒くようなもの。そんなんなっちゃったらSNSでは笑顔で寄り添えても、深層にある真相は逆方向にステップ踏んでダンスはうまく踊れない仮面舞踏会の日々。12時になってあの鐘が鳴れば魔法が解けて、すっかり濡れ落ち葉と竹箒、ああ悲壮なりミッドライフ・クライシス。



DSC01498



そもそも大事なパートナーと「あきらめ」の上に平和を築こうなどという砂上の楼閣は、上官殿、情感豊かでロマンチストなわたくしには到底できかねます。ですから理解を得るために、和解の茶会を執り行うために、大いに揉めることといたします。
そこそこでこそこそと退却の体たらくでは「きみを幸せにする」という誓いに反するし、自分自身もそこそこに終わってしまうし、ぼくにはとてもとても無理なこと。そんなことしたらまともな庭なんて描けませんしね。いいじゃないですか、今は不味くて食えなくたって、化調抜きで修行に励んで至高の味を目指す方が。永さんとこや、野坂さんちや、巨泉さんちもノムさんとサッチーもそうだったようにね。



DSC09885



とは言うものの、うま味調味料は便利がいいので常備しておくとして(野沢菜にふりかけると最高)、大切な人と思い描いていた素敵な関係性を(おお、素敵とは素の敵と書くのですね。なんとステキな)、女房の美しさにときめき止まぬ、旦那の夢に寄り添い進む、互いに笑い皺だらけの理想の夫婦をあきらめてはいけないのです。ふたりが天使と騎士だったあの頃の、仮面をつけぬ素顔のままで。



DSC09978



男たちよ、ああ男なら男なら、もしかしてだけど、振り絞ればまだ幾分のパワーが残っていればだけど、オスとしての気概が残っていればだけど、そのあばれる君な女性をなんとしても、おぶってでも引きずってでも約束の地へ、ロマンティークに花香る幸せの絶頂までお連れするように、四面楚歌でも退路を絶って(黙って俺について来いと、そんなに好きならついて来いと、つまりは離婚上等で。たとえエデンの東に追放されても、そこは日出ずる国の方角ですから何も悲観することはないのです)奮闘努力されますように。女房殿の口撃に腰が引けて尾っぽが巻いちゃっているようでは、後悔なき航海の舵取りはできませぬ。

Pray for a good fight.

なぬ、船頭は奥様?それはそれは恵まれた境遇でいらっしゃる。こりゃまた失礼いたしました。それで、航海は、はあ、順調ですかあ。妻を娶らば才長けて、見目麗しく情けありってえわけですね。そうですかそうですか、うらやましい限りですなあ。
そうじゃない船頭さんは、女房子供を先導しながら先頭切って戦場へと突き進みましょうぞ。







 

思い出してください

希望六割不安が二割、あとの二割は夢見心地で、新居づくりに無我夢中。大きな窓と小さなドアーと部屋には古い暖炉があるのよんと、家をつくるなら、家をつくるなら、草の萌える匂いのするカーペットひきたいと思うのでありんすと、ふたりしてニッコニコが止まなずロマンチックも止まらないご様子なり。
あなうらやましきかなご来店の新婚さん。艱難辛苦の波音は、まだまだ沖合の気嵐にして、ひねもすのたりなタンデムセイルングの真っ最中。



めぐるめぐる季節の中で、
大寒の候なれど雪解けの光麗し。


DSC01573


想い出してくださいあの頃を。あきらめることを知らないで 、初恋の手紙書き続け眠れない夜ふけ。胸の高鳴りおさえきれないで、やっと見つけた言葉書いて、いつの間にか白い朝が来て破りすてる手紙。初恋の手紙書きつづけ眠れない夜ふけ。



DSC03413



いつの間にか白い時が来て消えた熱い心。想い出してくださいあの頃を。あきらめることを知らないで、通り過ぎてゆく毎日が新しいあの頃を。



DSC01132



ああこの人と出会えた幸運よと神様に感謝して、永遠の誓いを交わしたあの時を。ふたりで出かけた園芸店で、「もう、ばっかじゃないの」と笑いながら、草花を山ほど買って帰ったあの頃を。



DSC01621



真っ白な陶磁器を見つめる揺れる眼差し何思う。ぼくは呼びかけはしないけど、鏡に映ったあなたの後ろ姿に青い青い海が見える。さよならと書こうとした口紅が折れて弾けたならそれも思し召し、庭に出て、スタンドスティルしてから後戻りの試みを。あの頃のわたしに戻ってあなたに会いたいのですと、ああ、あの日に帰りたいのですと念じてみてください。



DSC01618



何たっていちばん長い友だちとして選んだ人なんだから、ふたりで行けるところまで、見つめ合いながら、笑い合いながら、愛燦々と過ごしたいじゃあないですか。










 

人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!

ソモサン、お前はなぜそんなに働くのか。

セッパ、そう言うあなたはなぜ働かぬのか。



昨年近所の公園の隅っこで見つけた
アカバナミツマタの蕾が膨らんでいました。

DSC01532 2

 

テレビでですね、「 AI が進化すると労働の必要が減って大失業時代がやってくる」と評論家らしき人が言っていましてね、ぼくは即座に、ああ、この人は勉強ばっかしてきて身体を使って働くよろこびを知らないんだなあと思った次第です。AI が発達すれば、人類の起源から営々と行われてきた労働に付随した責任感や使命感、爽快感とか達成感とか、つまり生きがいをうまいこと演出しつつ老若男女を適材適所に配してくれて、失業率はゼロになると思うのですが。



DSC01533 2



だいたいやね、パソコンやスマホなんぞは楽しく便利に使えばええわけでね、たかが弱電機械に人間が翻弄される本末転倒は SF の世界の話やで。スマホ依存だの SNS ノイローゼだのと、だいの大人が、ほんまにどうかしてまっせ。



DSC01535 2



そんな事態に陥りそうになったら、そのあなたを悩ませる箱を水に浸しちゃってください。たったそれだけでヤツらは息の根が止まります。いいんですよ、そんな、あなたを惑わしたぶらかす無礼者には退場願いましょう。



DSC02292



世の中が便利になるほど庭仕事が重要になります。自然との生身の付き合いが暮らしの中にあれば、電脳が導き出す演算結果なんてのはテレビの星占い程度のものでしかないのです。



DSC01536 2

評論家によると、AI は情緒や感情も含めた 
最善の回答を導き出すそうです。
しかし昨年この花を見つけた朝に
こみ上げてきたぼくの感情は、
とても私的に詩的で素敵なものだったので
スーパーコンピュータでも理解不能なはず。
なぜあんなにうれしかったのか、
なぜこうしてまた会いにきたのか、
自分でも理解不能なのですから。
そもそも機械なんぞに理解してもらったって、ねえ。
息子や女房に理解してもらえたらうれしいけど。




ちなみに今朝の占いで魚座は10位。「他人の忠告には素直に耳を傾けましょう」というご指導をいただきました。ありがたく受け止めて善処いたします。
問題はその次、ラッキーカラーはピンクでラッキーアイテムはカーテンだそうです。
ピンクのカーテンって、急にそんなこと言われても・・・・
そもそも10位って、何で朝からそないなことテレビに決め付けられなあかんのや!わしはいつでも1位やで!!(3位以内の時は「さもありなん」と納得していますが)。




今日は金沢文庫店にいます。

昼頃から雪になるという予報。楽しみ楽しみ。






 

幸せを数えたら片手にさえ余る件

外構のスタイルには大きく分けてオープンとクローズドのふたつがあります。門扉がなく出入り自由なのがオープンで、敷地の外周をフェンスで囲い門から出入りするのがクローズド。この初期設定がちぐはぐな外構設計だと、必要のない場所にフェンスや門扉が存在するという事態が起こります。そういうのを見るたびに「残念だなあ、もったいないなあ」と思うのです(見た目もあまり良くないし、コストも数十万円が無駄になってしまいますので)。



ノアとココは天才的な愛され上手。
なんたって常に機嫌が良くて
常に甘えてくるのですから、当然ですよね。

DSC07579 2

犬たちってみんなそうなのかなあ。

DSC07036

まあ、よその犬は犬に見えるんですが、
うちのはそう見えないので、
少なくとも一般的に言うところの犬とは違うので
比較はできない気がするのですが。

DSC07679

という話を他の飼い主さんにしたところ、
やっぱり自分ちの犬だけは
犬に見えないそうです。

DSC07667

家族に愛されたいあなた、
いつも変わらぬ上機嫌で
可愛らしく甘えてくださいね。
それが唯一無二の方法かと。

DSC07237

運命なのか何なのか、
偶然のようにして出会って以来、
毎日ぼくを慕ってくれる
愛おしい者たちと暮らせて幸せです。

DSC07520

ミーもね。



何が必要なのか、何が大切なのか、取捨選択のフィルターを通しながら暮らさないと、気がつけば不必要な物、別に欲しくもなかった物に埋もれて、それらに翻弄されることになってしまいます。物だけでなく、思考も、人間関係も。

「本当に大切なものは目には見えない」とはサン・テグジュペリのお言葉にして、目に見えないということは感じ取るものだということなり。片付けのカリスマこんまりさんは、物を手に取って、感じて、その物体の内側にアクセスして、大切なのか否かを判断するとのこと。それはつまり、自分の内面との交信なのであります。やってみてください。はい、これはいらない。これもいらない。これは高かったから漠然と大事だと思っていたけどグッとこないからポイ。すると残るものは、きっと驚くほど少ないはず。そして捨てれば捨てるほど心の中からガラクタが消えてゆく。するてえと身の回りがスッキリして大切なものたちがクッキリと見えてきて、愛おしく思える厳選されたお宝に囲まれての暮らしとなります。片手に余るくらいの、あるいはたったひとつの幸せを、大切に、大切に。
その作業が進んでゆくとあ〜ら不思議、次に欲しいものややりたいことが浮かんできてそこへと向かう意欲が湧いてくるという、昇り竜の如き正のスパイラルが始まる算段となっております。まずは手放すことから。不必要なものは解体して、分別して、決められた曜日に出してしまいましょう。部屋が片付けばそこにいい風が吹き込んでくるし、心にできた余白は夢を思い描くカンヴァスとなりますから。

庭の手入れもこの方法で。「雑草を数えたら両手でも足りない」では、庭自体が不必要な場所になってしまいます。
せっかくの庭が、ああ。



早いもので、今年も余すところ348日となりました。
先日の新年会に集ってくれたいわふちチームの面々です。

26971938_922780844547812_1137824614_o

雨にも負けず、風にも負けずに
ぼくのわがままいっぱいな設計を丹念に具現化してくれる、
飛び切りイカした、大切な大切な腕利き職人軍団です。
内装、外装、外構、電気、木工、造園、宴会、カラオケ、何でもござれ。 





今日は金沢文庫店にいます。






 

校歌斉唱

霊峰八海み空にそびえ 清流魚野は谷間を走る
山川奇しき(さんせんくすしき )この学び舎に
集える我等の心ぞ明き(あかき)


これは時々口を突いて出る、ぼくが通っていた小出小学校の効果です。霊峰八海とはお酒の銘柄で有名な八海山で(アマテラス、スサノヲと共に、導きの大神猿田彦を祀る修験者の霊山)、左から駒ヶ岳、中ノ岳、八海山と連なる越後三山の裾野にある魚沼盆地がぼくの故郷。いつも景色にその姿がそびえていたので、今でも山が見える風景に心が馴染みます。



DSC07992



いつか三山を縦走したいと、ぼくだけじゃなく魚沼の男子はそんな思いを胸に成長するのだろうと思います。しかしそれは子供には到底無理なことで、屈強な山男であってもなかなかの難コース。



0cdc8c6ac9eab8cc8e89b89f21d07793



ぼくが駒ヶ岳(標高2003m)の山頂に立ったのは小学6年の夏休み。近所のおじさんが連れて行ってくれました。日帰りコースなのに山頂直下の山小屋に一泊する、今思えば子供向けの、ゆっくりゆっくり時間をかけての山行でした。
夜中に寝袋を脱いで外に出てみたら、降るようなとはこのことかという星空で、やたらに流れ星が見えたことと、その後に始まった圧巻、映画のようなご来光を鮮明に記憶しています(脳内にはバッハのアレが鳴り響いていたので、ということは当時からバッハが好きだったんですよね)。



1569c16e



中学校に入学してすぐに腎臓を病んでしまいまして、医師からは一年間の運動禁止のお沙汰。そのおかげで止む無く美術部に入ったことが現在の仕事に幸いしているのですが、当時はもう動きたくて動きたくてうずうずしっぱなし。解禁後はその反動で越後の山を登りまくりまして、高三くらいには細身ながらも筋力体力自信満々となり、ついに三山を縦走したのでした。当時は「ついに」というより、楽々と、たくさんあるチャレンジしたいルートのひとつを歩いた、という感じだった気もしますが、振り返れば我が身体能力絶頂期の金字塔です。



ec7d02ff



あれから幾星霜、今は横浜で、万歩計をつけると500歩行かない日があるほど歩かなくなってしまいまして、時間が開くとカメラ担いで青い山を分け入るものの、興に乗って歩き過ぎれば必ず夜中に足がつって跳ね起きるという体たらくぶり。山は登るよりも眺める対象となりました。
でも気持ちはあの校歌を歌って山頂からの景色に思いを馳せていた頃のまま。仕事や暮らし全般に渡りまして、ひとつの頂きに立てば、そこから見える次の山を目指して歩き出すことを繰り返しています。



056715b5



昨日の早朝、富士山の背後に、一瞬幻のように5000m級の山脈が出現。これは吉兆なり。そうか、最高峰と思っていた山であっても登ってみればその上があるのだ。だからそろそろ意識を一段高くせよというメッセージなんだと、三つ子の魂よみがえりつつそのように、いつものことながら自分に都合よく受け取ったのでした。



DSC01258



ああ猿田彦大神、行けども行けども、登れども登れども、次なる頂を指し示してくださりありがとうございます。おまけに行く先々で、可憐な高山植物のお花畑や、愛らしい動物や昆虫や、心洗われる星空と御来光を用意してくださって。そして何より、ビッグ・スマイルの登山者である庭仲間と出会えることがうれしくて、今日も疲れ知らずに自然と足が進みます。
感謝を胸に、人生山あり山あり。集える我等の心ぞあかき。





今日は港南台店にいます。









仙台の曲がりネギ

昨日、旬の野菜を安く売る大船の八百屋さんで、仙台の曲がりネギというものに遭遇しました。



src_27057822



栽培方法は、ある程度伸びたところで横倒しにして土をかける。危機を察知したネギがコンチクショウと頑張って、起き上がりながら成長する。すると見た目は三日月状に曲がっているものの、栄養豊かで甘みが強いおいしいネギになるのだそうです。
おお素晴らしきかな、人も野菜もストレスは、跳ね返した時にパワーとして蓄積されるのだ。


美空ちゃんはストレスなく
真っ直ぐに成長しますように。


matiuke1002484112



これが生まれた経緯はというと、地下水が高くて水はけが悪い土地だったからだそうで、普通に育てたら根腐れしてしまうため横倒しで根を浅く伸ばそうとした結果、思いがけず味が評判となりまして、評判が評判を呼んで名産品になったとのこと。いったんそうなれば曲がった姿もブランドの証となるわけで、災い転じて福となす、苦難の末に福の神、これぞセレンディピティなり。世の中何が幸いするかわからないものです。



でもこんなの着せられちゃって 
果たして・・・ミソちゃん・・・
まあ笑ってるからだいじょぶか。 

matiuke1002484047



ところでおたくの水はけはいかがでしょうか。あと風通しとか日当たりとか。いやいや庭じゃなくてご家庭の。どれも良好という家は少ないと思うんですけど、それでいいんじゃないですかね。そのストレスが、滋養が高くて味わい深い家族を育みますように。





今日は昼から金沢文庫店にいます。




 

得する人損する人

ええっとですねえ、どのくらいの割合かなあ、そうだなあ、一割くらいですかねえ、庭の話の端々に旦那さんへの愚痴が混じる人がいましてね、中には主にそれを言うために来店される人も。その場合にはぼくがどんなに考えに考えた凝った庭を提供しても、その後がなかなか・・・。反対に旦那さんを自慢しまくりの人もいて、そういう奥様にはわりとシンプルな仕立てを心がけています。基本さえ整っていれば、時とともにそこは必ず花いっぱいの、笑顔が溢れる場所になってゆきますから。



あと十日もしたらウメの花。
春の予感、そんな気分。

DSC02134



前者はお金への執着が強いという特徴があってですね、皮肉なもんだなあと思うんですよね。なぜなら生活全般において損することばかりを選択する傾向にありますから(例えば特売で大量に買い込んだ食材を使い切れずに捨てるとか)。きっと、損得勘定が損得感情になっちゃってるんでしょうね。いけませんいけません、旦那さんの価値を下げることからどれだけ大きな損失が発生するかを、感情抜きで冷静に判断しなくちゃ。



DSC03484



あ、それとですね、後者の方が総じて美人が多いということもお忘れなきように。
幸福に欲深き女性たちよ、悪魔のごとく、真に貪欲であれ。



DSC02367



では逆はどうでしょう。自分の女房を悪く言う男は信用できない、というのが男社会の常識となっているものの、いつも女房自慢ばかりで愚痴を言ったためしがないというのも怪しさが漂います。そんなことは原生生物に雌雄の別ができて以来、生物学的にありえへんことですから。



DSC02369



男たちよ、虐げられながらも、たまには焼き鳥食って愚痴りながらも天使のごとくに従順であれ。元来雄というものは、恋の奴隷として創り出されたのだからして。



DSC02371



なんだよ俺たちは奴隷かよ、と落胆してはいけません。だいじょうぶ、これまた生物学的に、我々雄には女性(ご主人様)選択の自由が保障されていますので。
男性諸氏、特にお若いみなさん、せいぜい奴隷へのご褒美を怠らない女性に仕えましょうぞ。





今日は港南台店にいます。




 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 来客招運
  • 来客招運
  • 来客招運
  • 来客招運
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 色
  • 色
  • 色
  • 色
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ