H!nt de Pinto

H!nt de Pinto 126

いやあ考えたらまだ7月の半ばなんですよね。例年ならそろそろ梅雨が明けて強烈な陽射しが降り注いでほしいなあなどと思っている時期です。皆様体調はいかがでしょうか。

高温と光線と湿気によって、どこを見ても濃厚な夏景色。
劇的。

af184bb1



ぼくは、朝晩の庭時間によって分泌される幸福ホルモンの類の出がいいのか、単に暑さに体が慣れてきたのかいい調子です。設計もConnecting the Dots、点々繋がり線となるようなことの連続で、おまけにこういう時にはすてきな出会いが立て続くものですから気分はますます上昇気流。



76ba159a



夜の庭でこの好調の理由を考えてみましたところ、思い当たることが三つありました。

1、早寝早起き
これは一年中そうなんですが、W杯で超早起きが続き、辛いかなあと思いきや調子が良かったので、そのままのシフトを継続中。

2、着替えを持ち歩く
朝の散歩を終えたら一回、昼に一回Tシャツを着替えています。それと柔軟剤香る首タオルも。

3、乳酸菌飲料を数種類
なんだかんだ言って腸内フローラを百花繚乱にすれば調子が上がるのだと信じ込むようマインドコントロールして、コンビニに立ち寄る度に違う種類のを買って飲んでいます。



1fa3a8d4



これはぼくなりの方法ですから医学的にどうなのかはわかりませんが、とにかく攻めの姿勢を崩さずに。暑さから逃げ腰になったら一気に追い込まれてバタンキュウですから(無理は禁物ですけど)。



f478bd3a



今日も35度越えの予報です。そして明日はさらに。あなたも自分なりの工夫で、あの手この手を駆使して、早々やってきた猛暑を乗り切りましょう。
なあに、早く始まったんだからきっと終わりも早いでしょう。それが道理というものですから。あとひと月で海にはクラゲがプーパプカ、脳内には「さよなら夏の日」が流れます。








今日は港南台店にいます。



 

H!nt de Pinto 125 

脳は案外不器用なものでありまして、思考は状況に支配されます。例えば、庭で心地いい時を過ごしながら誰かに恨みをいだくことができません。



87a30a50



庭に笑顔があふれている状態で悪事を企てることもできません。



c4456e14



逆に庭が荒れはてていたらどうでしょう。



d3817c84



日々ぼくが思い描いているのは心地よく満ち足りた時を過ごせる庭。繰り返される悲しい事件も、もしもそこに、犯人の生育環境にちゃんとした庭があり、笑顔の家庭があったらと、何度も、何度も、そう思ってきました。
現に事件現場となった家や近隣の映像には必ず殺伐とした庭や外構があります。これは間違いのないことなのです。あなたもそんな視点で報道番組をご覧になってみてください。



d917fcc3




庭を楽しむ暮らしをしていれば、不安があっても、不満があっても、不遇であっても、人は正気を保てるもの。
正気を失うと自分のことしか見えなくなり、もっと狂うと自分のことも見えなくなります。すると酒で不安を覆い隠し、買い物で不満の器を満たし、賭け事で不遇を一発逆転しようというお決まりのコースを辿り、当たり前ですかけどそんな愚行で「不」はなくなりませんから、負の悪魔が巻き起こすトルネードと化して周囲を苦悩に巻き込んでゆく。いやはや・・・



769d9764



庭ですよ、庭。

いい庭があれば大丈夫。

いい庭があればあなたの正気は大丈夫。

いい庭があれば、幸せな暮らしは大丈夫。

各種品揃えが豊富な依存症に陥らないために、庭で日々精神の清浄を行い正常のキープを心がけましょう。まずはその庭を、花いっぱいに仕立て上げて、そこで時を過ごしましょう。おっとその前に、カーテンを開けて暮らせるように工夫が必要かもしれませんが。
庭はあなたを映し出しています。その鏡を曇りなく磨き上げて、そこにとびきりの笑顔を出現させてください。さすればあーら不思議、不安も不満も夏の空高くへと跡形もなく消え去ります。



青空に映えるノウゼンカズラ。
ああ、夏色のナンシー。

DSC05507

ナンシー関さん(消しゴム版画家)のお言葉。

しかし、そんなにハーブってやつを育てて、
みんなどうしているのだろうか。
そんなにハーブを食ってるのか?
ハーブティーって毎日飲むほどおいしいのかなあ。

DSC05502 2

いやいやナンシー、ハーブは食料じゃなくて
幸福感なのですよ。

DSC05486

つまりね、みんな苦労して幸せを育んでいるわけ。

DSC06018

家庭菜園だってコストを考えたらスーパーの野菜の何倍もかかるしね、
ガーデニングってそういうもの。





今日は港南台店にいます。
 


 

H!nt de Pinto 124

とても残念なことに、ロマンチストには現実が見えない。悲しいことに、ナルシシストには他者が見えない。フロイディストには未来が見えず、ブッディストには現世が見えない。アナーキストには平和が見えないし、ノスタリストには明日が見えないし、リアリストには夢が見えないのです。



ナチュラリストの快楽。

DSC04807

DSC03527 2

DSC09627

a5308d77



ペシミスト(悲観主義者)には花園が見えません。花は嫌いではないのですが、その営みが主義と馴染まないためさほど興味を持てず、庭の草花が意識の深くにまで入ってこないのです。
主義を捨てよ、庭へ出よう。
あらゆる歪な主義主張を捨て去ると自然主義に至ります。自然主義者にはもれなく、穏やかにして劇的な、静かな水面に立つ波紋のような美しき快楽が用意されていて、やがて快楽主義者になってゆきます。快楽が花を咲かせ、快楽が代をつなぎ、快楽が循環を司ってる。つまり、自然界は快楽主義に支配された楽園なのであります。
自然の構成員であるぼくらには、その慣わしから逸脱して幸福を獲得できた者はただの一人も存在しません。自然は自然によって自然に成立しているのであるからにして、不自然な者が幸福に至れないのはあたり前田のクラッカー。なんである、アイデアル。(い、い、いかん、突然スイッチが入ってしもた)家付きカー付きババア抜き、はナンセンス。アンノン族はノンノンノンノンノンセンス。ノンセクトラジカルなラジカル・ガジベリビンバ・システム懐かしきかなお笑い懐古主義を、許してちょんまげ、許してぇぇぇっ頂戴!って、あっと驚くタメゴロー。あの頃はッハ!ふたりして聴いていた、糸井五郎のオールナイトニッポン。大石吾朗のコッキーポップで思い起こされるは思い出は美しすぎてのホイッスル。マッポのホイッスルから逃げまわり、狭い日本そんなに急いでどこへ行ったらいいのかわからなくなって、にっちもさっちもどうにもブルドッグソースをかけたライスカレーを食べてから、恥ずかしながら帰ってきたぞ、帰ってきたぞウルトラマン。いやはやノスタリストになってしまいました。困ってしまってわんわんわわんなので有馬温泉、と言えばこれ、有馬兵衛の向陽閣へ。 
・・・深く反省。 
とにかく、兎に角、戸に書く座右の銘は「この道を行けばどうなるものか、行けばわかるさ」なり。迷うことなく、まごうことなきナチュラリストへの道を進み、行け行け飛雄馬どんと行けとばかりに重いコンダラ引っ張りながら突き進んで、快楽主義へと至りましょう。
ああああこのスイッチ、どうやったら切れるのでしょう。









今日は港南台店にいます。





 
 

H!nt de Pinto 123

お客様から庭のあれこれを伺っていると、今さらながら、庭が持つ「癒し」の威力に驚かされます。
庭から得られる癒しとは単に安らぎのことではなく、次の四つのパターンがあります。

バリバリと前向きに突き進んだ人には「落ち着いて検証をする」という気づきの癒し。
ポジポジでパワフルなリーダーシップは結構周囲をネガにしますので、それに気づく繊細さを。「王様は裸だ」とは誰も言ってくれないので。

クヨクヨ思い悩んで疲弊した人には「具体的解決策の啓示」という思考の整理の癒し。
悩みグセは感情の泥沼であって思考ではないのです。筆記用具を持って、庭へ。

ピリピリとストレスを溜め込んで頑張った人には「ボケーっと無為な時間」という脱力の癒し。
真面目さは大事ですが生真面目は危険。身体も脳もさほど頑丈な機関ではないので、家に帰ったらひと休みひと休み。

ホンワカしていて退屈な人には「夢・目標が見えてくる」という希望の癒し。
いつもポジティブに逃げていると虚しくなるばかり。笑ってりゃいいってもんじゃはない。

バリバリ、クヨクヨ、ピリピリ、ホンワカは、どれも不自然な領域にまで行き過ぎてしまいがちなもの。庭はその行き過ぎを指摘するでもなく、反省を促すでもなく、何気に反対側の状態で包み込んで、その人本来の自然体へと導いてくれます。



アヤメとショウブとカキツバタとハナショウブは
学術上は別種。
以前その違いを調べて書いたりもしたものの
やっぱりむづかしいのでありす。

DSC04079 2

DSC03402

DSC03932 2

まあそんなことは抜きで、一括りにアヤメということで、
この不可思議にして優美な花たちに癒されましょう。

DSC04932

DSC04931

DSC03500

人類はかつて20種類以上いたことが確認されています。
種が違うというのは、進化のルートが違うということで、
つまりぼくらホモ・サピエンスと、ルーシー(アファール猿人)や
ピテカントロプス(ジャワ原人)とにはDNAの継承はない、というわけです。
でもざっくりと、みんな人間ということで、いいんじゃないですかね。

DSC04082 2

DSC03747

DSC03503 2

様々な理由で滅んでいった彼らを思う時、
まさに他人事じゃないわけです。

DSC04110 2

DSC04088 2

DSC04083

ぼくら絶滅寸前の最後の人類

DSC03458

DSC03745 2

DSC03236

せいぜい花に癒されながら、
庭に癒されながら、
今ある幸せを大切に、今日という時間を大切に、
大切な人を大切に、
そして何より、自分を大切にしながら暮らしましょうね。




 

H!nt de Pinto 122

六中観(りくちゅうかん:中国に伝わる成功哲学)

1、忙中閑あり
ただの閑は退屈でしかない。ただの忙は文字通り心を亡ぼすばかりである。真の閑は忙中にある。

2、苦中楽あり
いかなる苦にも楽がある。貧といえども苦しいばかりではない。苦難においては楽しさを失わぬように。

3、死中活あり
死地に入ってこそ活路が開け、命を賭す覚悟を持ち全身全霊で打ち込んでこそ何ものかを残すのである。のらくらと老いて何の生ぞや。

4、壺中天あり
世俗生活の中に独自の別天地を見い出すべし。

5、意中人あり
常に心の中に人物を持たねばならぬ。尊敬する偉人を、各分野の信頼できる人脈を。

6、腹中書あり
繰り返し読む本と出会えれば幸いなり。それが複数あるなら人生は至福である。腹の中に収まっている哲学を持て。

ということなんですけどね、実に言い得て妙であり肝に銘じたいわけですが、でも、4がわかりづらいですよね。
ではその由来を解説します。



忙中閑あり。
ほんのひと時、水面の光に癒される。

DSC03463

DSC03485 2

DSC03708 2



壺中天あり。
評判高く、とても繁盛している薬屋がありました。そこの老店主は店をしまうと、店先に置いている大きな壺に入ってゆきます。その不可思議な行動に気づいた役人が理由をたずねましたが、老主人はニヤニヤするばかりで答えません。役人はいよいよ興味が湧き、何度も頼み込んで中に入れてもらったそうです。そこは豪勢な隠れ家の入り口でした。役人は美酒のもてなしを受け、老主人と夢を語り、悦楽の時を過ごしたそうな。
つまり成功者には、秘密の楽園が必要だという意味です。



DSC03465

DSC03710

DSC03701 2



庭ですよ、庭。
成功哲学などというと、男性向けのビジネス指南書や自己啓発の類に思われるかもしれませんけど、奥様、それは違います。壺中天あり、すてきな庭はあなたの人生を大成功へと導いてくれます。それがなされれば、ついでにご主人も大成功。
成功者たる資質を持った男性は、あなたが思っている百倍、あなたの幸福こそが自分の成功であると思っているのです。







H!nt de Pinto 121

なんと!ステキの秘訣は庭仕事にありました。

草取りでしゃがむと童心にかえる。

花を見て微笑むと怒りが消えてゆく。

立ち上がって背筋を伸ばすとやる気が湧いてくる。

植木鉢を移動すると新鮮な気分になる。

水やりをすると気持ちが潤う。

花がらを摘むと心が整う。

空を見上げると希望がわく。


だから美しい庭に美しい人がいるのです。



里山は春から初夏へと

DSC03169

DSC03318

DSC03396
 
DSC03163 2

DSC03278

ようやく花粉もおさまったことだし、
気分は夏へと先回り。





H!nt de Pinto 120

リクルートの2018年トレンド予測を見ると、世の中どうやらぼくらミドル世代をこき使おうとしている様子なり。

年功助力
戦略的にシニアを採用し、活かす。

熟戦力
60代を中心とした人材の経験とスキルを即戦力にする。

ボス充
生活を楽しみ、社外活動が充実しているボスが求められる。

まな(学)ミドル
成長機会を求めるミドル層が、会社の枠を超えて学び始める。



一月遅れでようやく仏様が現れました。


DSC02239 2

DSC02240

DSC02245 2

DSC03859



トレンド予測をしている面々は若者たちなのでしょう。まったく、頼っておいて、さらに自分たちに都合がいい理想の上司みたいなモデルに誘導しようとするとはなんたることでしょう。そんな甘えきった予測を掲げずに滅私奉公せよ。重いコンダラ引きずって、血の汗流せ、涙を拭くな、「いっぺん死ぬ気で働いてみろよ、死にゃあしねえから」と言いたくなるのですが。
ナイスミドルの皆様におかれましては、そんなたわ言に乗せられることなきように、悠々自適もよし、第二の人生もよし、生涯現役もよし、充実の日々を送りましょう。今世紀のトレンド予測は「自然との融合」であり、人類のトレンド予測は「幸福の追求」であり、生物界のトレンド予測は「よりよく生きる」なのですから。
庭ですよ庭。頑張って頑張って、ようやく住宅ローンが終わってみたら庭は雑草だらけというのでは悲しすぎます。終わり良ければすべて良しですから、人生の仕上げに、理想の人生であったことの証に理想の庭の実現を。若者たちに「ああ、これが幸せな暮らしというものなんだ。一生懸命に働いて、いつかそこにたどり着きたいなあ」と思わせることも、我々の重要なミッションです。





今日は港南台店にいます。





 

H!nt de Pinto 119

アホちゃうか。
 
関係ないね。
 
ホナ、サイナラ。

ずっと内緒にしてたんですけど、この三つの台詞を脳内で使うととても身軽になります。「アホちゃうか」は主観を持つこと、「関係ないね」は課題の分離、「ホナサイナラ」は整理整頓です。
何でもかんでも背負い込んどったら、重くて身が持ちまへんわいな。
軽やかに、軽やかに、ゴーインマイウェイや。



これ、何とも軽やかで好きなんです。
霊性画家にして冷静主婦の
精霊シエルさんが描いてくれました。 

16706791_1795173590508751_1004980953_n 2

ぼくがホナサイナラとなった時には
遺族となられる皆様、
遺影はこれでお願いいたします。


あるいはこれで、

1046303_650

ということで、ヨロシク。



軽やかなラブソングをぎこちなく歌うエルヴィス。





これは当時のアメリカで最高に権威があったテレビ番組、エドサリヴァンショーのものです。エルヴィスは PTA から「腰の動きがいやらしい」と非難を浴びていたため、番組出演にあたり、プロデューサーからアクションをしないようにと釘を刺されていました。それに加えて演奏中は上半身しか映されなかったという、ロックンロールの歴史を語るときに欠かせない、伝説となっている映像です。





今日は港南台店にいます。
 


 

H!nt de Pinto 118

やさしい気持ちで目覚めた朝は、大人になっても奇跡は起こるよ。



DSC01229

DSC01387



目覚ましを使わず体内時計で起きるようになってから、いいスタートが切れるようになりました。



DSC01264

DSC01410



時々夜中に目がさめると得した気分になって庭の書斎へ。夜明けまでに1冊読めます。
そんな日は1日が2日分になった気分。



DSC01381

DSC01391



日の出が遅い今頃は、森で夜明けを待つ楽しみがあります。



DSC01396 2

DSC01422



朝食は金。現場修行の頃の癖で、気合いを入れたい日は吉野家でがっつり。



DSC01027

DSC01373



スケジュールが自由な日の朝に盛大に雨が降っていたら、ささっとツマミをつくって庭でビールを飲んだりします。そして鎌倉FMを流しつつ読書&昼寝。特に休日というものがない暮らしなので(毎日休日みたいなものですが)、年に何度かの贅沢な時間。



DSC01181 2

DSC01393



朝がその日の質を左右しますから、パソコン内に朝一で聞く音楽を多数取り揃えてあります。バッハか MJQ か、ここぞという日は御来光に向かって、厳かに二礼二拍手一礼してから、とっておきのロッキーのテーマで。




 

H!nt de Pinto 142

パラダイムシフトはいとも簡単。

加藤登紀子さんは12月27日の誕生日で26歳になられるそうです。
ん?
お登紀さんは50歳を人生の折り返しと捉えて、50歳以降は年齢を後戻りしているのだとのこと。60歳なら40歳の元気さで、70歳なら30歳の若々しさで、95歳になったら5歳の無邪気さで、これはなかなかいい考え方ですよね。



パラダイムシフトとは
フォーカスポイントを変えること。
少し長めに目を閉じて、
パッと開いたら世界が一変していることがあります。
「またまたあ、そんなこと起こりっこないよ」
とおっしゃるあなた、
まあまあ、やってみてください。
目を閉じて、ピント調整ダイヤルを動かしてから
パッと。
だめ?
それでも変わらない場合は閉じる時間を長くしてください。
明日の朝まで。
寝て起きれば世界は一変していますよ、
間違いなく。
そうじゃなかったら辛くて辛くて、
とても生きちゃいられませんよ。

DSC00666

DSC00667


DSC02573

DSC02577
 


お登紀さん方式だとぼくは来年42歳、・・・い、いかん、厄年だ。
となったら目を閉じて、「2018年は加藤登紀子封印」と念じてパッと目を開ける。おおっ!となります。


では再来年までの聴き納めということで、
一番好きな、一番泣ける、
つまりは好きと泣けるのケミストリーによって、
腹の底から元気が湧いて出るこの曲を。








今日は港南台店にいます。
 





 

H!nt de Pinto 141

Outcome from output.
思いもよらない成功はあっても、思いもしない成功はないのです。

森をさまよっていたアリスは出会った猫にたずねました。

「猫さん猫さん、私はいったいどっちに行ったらいいの?」 

「それはあんたがどこに行きたいかのよるが」

「どこだっていいの、ここじゃなければ。どこかにたどり着きたいのよ」

「だったらどっちに行ったってかまわんだろ」

「それでたどり着けるんならね」

「歩き続けられたらね」

目的地を持たずに歩くことを「さまよう」と言います。



河口湖畔の不思議の国。
冬のバラを期待して迷い込んでみたものの
一輪も咲いていなくて残念無念。
それでもたくさんのオルゴールの音色に癒され、
次の打ち合わせ地、横須賀へと向かいました。
河口湖オルゴールの森美術館、素晴らしいですよ。 

DSC00624

DSC00610

DSC00609

DSC00619
 




おお、巷に溢れるアリスたちよ、あなたがその庭を気に入っていないことはひと目でわかる。
そこを変えたいなら「どんな庭にしたいか」という希望を思い描くことだ。希望を思えば希望の、不満を思えば不満の実現に成功するのだから。
「何が嫌か」より「何か好きか」、「ここが嫌」ではなく「〇〇に行きたい」と考えないと、いつまで経ってもそこで堂々巡りを続けるばかりなり。

とはいうもの、庭のバリエーションや可能性については、学校では一切教えてくれない事柄なので、成績優秀だったあなたであっても理想の庭を思い描くことは困難かもしれません。
その場合はぼくにご連絡を。あるいはこの画面の左側にある「カテゴリ別アーカイブ」の「家族の庭のつくり方」をクリックしてください。

Output from input.






 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • 夜の熟睡は朝の庭から始まる
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • H!nt de Pinto 126
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • 親父が来たりて口笛を吹く
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 家族の庭のつくり方 39
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • 家族の庭のつくり方 38
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 後編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • ジョバンニの庭 前編
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • H!nt de Pinto 125 
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 熟年やじろべえ
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 家族の庭のつくり方 37
  • 庭のつれづれ
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 極上なる混沌
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 長〜い夏の始まり始まり〜
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 家族の庭のつくり方 36
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 老化→蝋化→廊下
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • 家族の庭のつくり方 35
  • ドローでメローな朝のこと
  • ドローでメローな朝のこと
  • ドローでメローな朝のこと
  • ドローでメローな朝のこと
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • ふざけろ・ふざけんな問題
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 家族の庭のつくり方 34
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • 快楽主義礼賛
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • 情熱の嵐
  • 情熱の嵐
  • 情熱の嵐
  • 情熱の嵐
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • 家族の庭のつくり方 33
  • オワコン世代の憂鬱
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ