H!nt de Pinto

H!nt de Pinto 117

ノリノリな人っていますよね、いつもエネルギッシュに、次々と新しいことにチャレンジしながらクリアしてゆく人。ぼくもそうでありたいなあと思うわけです。

足踏みしていたら進まないのは当たり前。



春本番。
ぼくと一緒に
あなたの理想の庭を思い描きましょう。

DSC02730

庭に関しては理想の高さが勝負。
満点の庭をイメージできたら、
あとはオートマチックにそれが現実化してゆきます。
とても不思議な現象ですが、本当です。

イメージ段階で「そこそこでいいや」と思ったら、
そこそこにさえたどり着けない。
これも本当です。




軽やかに踏み出す人は「失敗したって大したことじゃない。成功しようが失敗しようがまた次へと進むのだから」と思っています。
その都度の結果よりも、意識は到達距離。制限時間内にどこまでたどり着けるか。 





今日は「レノンの庭」にいます。





 

 

H!nt de Pinto 116

壁にぶち当たったら迂回せよ。

失敗したら別の手を使え。 

追い詰められたら寝てしまえ。

どん底まで落ちたら掘れ。

ハードルが高かったらくぐれ。

乗り気がしなかったら逃げろ。

八方塞がりになったら九方目を探せ。

家族が揉めたら花を植えよ。

疲れ果ててしまったら、ビールとポテチと本を持って庭に出よ。

危機には軽やかに立ち向かうべし。いくら悩んだところで、行動を変えなければ状況は変わらないのです。



If it gets stuck, go to "Four Seasons Forest Park".

DSC02423

ことに雨上がりの朝には。

DSC02442

誰もいない道をとぼとぼ歩き出しても、
いつの間にか歩速が上がって、
息が弾んで、
気がつけば顔も上がって次の被写体を探しています。

DSC02456

ほんのひと時、
ほんの少しの自然に触れるだけで、
引っ張り上げられてゆくことの不思議。

DSC02492

自然と歩調を合わせれば
思考から不自然さが消えてゆき、
ステップは軽やかに。

DSC02438

I feel tired after walking.
But better than tired mind.









起き抜けに寝室の液晶パネルから、「昨日までの寒さが嘘のように暖かくなるでしょう」という予言あり。さっ、歩き出しましょう。

今日は「港南台店」にいます。



 

 

H!nt de Pinto 115

人は感情的になると、ついつい白黒はっきりさせたくなるものですが、賢い判断の大半は白でも黒でもないものです。

賛成か反対か、あるいは先送りか。

行くか戻るか、あるいは横移動してみるか。

続けるか止めるか、あるいはとりあえず休むか。 

時には曖昧なまま中腰で耐えることも必要。第三の道を失うと、ギスギスしたり追い詰められてしまったりするものです。
女房の「あなたはどっちがいいと思う?」という問いには、決して本音を即答することなかれ。
慎重に、慎重に、できるだけ曖昧に。



四季の森公園ではミツマタが満開です。

DSC03952

DSC026122

DSC03955

名前の由来は枝が三叉路で伸びるから。

DSC02619

1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89・・・・
自然界を支配しているフィボナッチ数列の中でも、
3は特別な意味を持っています。
早起きは三文の徳。
仏の顔も三度まで。
石の上にも三年。
三種の神器。
三顧の礼。
三度目の正直。
三つ子の魂百まで。
三人寄れば文殊の知恵。
三倍目にはそっと出し。




三拍子の名曲







今日は「港南台店」にいます。





 

H!nt de Pinto 114

「私はガーデニングが苦手で、何を植えても枯らしちゃうんですよ」という方に、ぼくはいつもとっておきの秘策を伝授します。

枯らさないために最も有効な方法は、植えないこと。

反応は笑いが60%で怪訝な顔が10%、残りの30%は呆れ顔。勝率6割なら言い続ける価値はあります。



世の中の花のほとんど全ては
誰かが植えたもの。
食料でもないのに、
人はなんと花が好きなことか。

0f7a381c



疲れないためには頑張らないこと。



DSC04392



傷つかないためには信じないこと。



1d57fcf4



悲しまないためには愛さないこと。



DSC05495

カラーセラピーでは、
ピンクは「可愛らしさ」「愛情」「優しさ」の色であり、
同時にそれを広く放出して周囲を幸せに導く、
大胆で強い積極性を持った、天使の色。




庭にストレスを感じないためには、カーテンを閉めて暮らすこと。これはとても多くの人が実践中。





今日は「港南台店」にいます。




 

H!nt de Pinto 113

早寝早起き。
腹八分目。
感動する。
これが健康を維持する3要素。



ウメは花期が長くていいですよね。
春麗らか。

DSC02243
 


食べたら洗う。
干したら畳む。
ゴミをためない。
これが暮らしを維持する3要素。
 


DSC02371



調子に乗れ。
いい気になれ。
いい加減しろ。

これが好調を維持する3要素。



DSC02125



美味しさの供給。
楽しさの供給。
美しさの供給。

これが女房のご機嫌を維持する3要素。



DSC02369



キノコ、海藻、野菜、コンニャク(食物繊維)。
納豆、漬け物、ヨーグルト(発酵食品)。
肉は赤身で飯は玄米。

これが腸内環境を整える3要素。



DSC02127 (1)



カーテンを開けて暮らすこと。
庭に出て過ごすこと。
友だちを招くこと。

これが美しい庭を維持する3要素。



DSC02367



清く正しく美しく、元気に呑気に機嫌よく、慌てず騒がず着実に、心・技・体を整えて、夢と希望と愛情で、今日も幸せな庭空間を思い描きます。





今日は「レノンの庭」にいます。







H!nt de Pinto 112

気力は眼に出る。
生活は顔色に出る。
年齢は肩に出る。
教養は声に出る。


写真家、土門拳の言葉です。
眼、顔色、肩、声、ご確認を。



庭の取材に来た同年代の、とても仕事ができそうな女性編集者に
「いつか白黒で花の写真集を出したい」と話したら、
ははっ、それはありえないでしょと一蹴されました。

DSC05148

ふふっ、わかってないんだよなあ。

DSC04343

きっとメイプルソープを知らないのでしょう。

DSC00370

白から黒への階調に感じる色こそが、
見る人の心模様なのだよ。

DSC03614
 
澄むほどに鮮やかに。



夫婦仲は庭に出る。
幸福感は庭に出る。
家族の歴史は庭に出る。
人生模様は庭に出る。


ぼくの言葉です。
今一度じっくりと、庭のご確認を。





立木義浩、浅井慎平、加納典明、森山大道、荒木経惟、篠山紀信、杉山吉良、植田正治・・・居並ぶグッとくる写真家の中で、土門拳は別格なのです。
二十歳の頃、魚沼の実家からホンダシビックで、片道4時間の土門拳記念館(山形県酒田市)へと熱に浮かされたように通い詰めました。「筑豊のこどもたち」「江東のこどもたち」「ヒロシマ」「風貌」「古寺巡礼」「女人高野室生寺」、心の印画紙に鮮烈に焼き付いた粒子に、今でも胸が熱くなります。
中庭の流れの中に突っ立ていたイサム・ノグチと顔なじみになれたことも、ぼくのその後をどれほど楽しくしてくれたことか。
今年は何とか機会をつくって、まだあの世界を知らない女房と一緒に、土門とイサムと30年ぶりの再会を果たしたいと考えています。





今日は「港南台店」にいます。




 

H!nt de Pinto 111

事を成すには前提となる絶対条件があります。
それはとても基本的な事柄です。

幸せな暮らしには理由がある。

基本設定を間違えると機能しなくなるのは、パソコンだけではありません。



和泉邸
d3817c84

bff8dc69



家族のため、友人のため、道行く人たちのため、「誰かのために」がいい庭を実現する絶対条件。



本間邸
bf9e47e9

2b12abd9



誰かを思い支えるためには、自分が立っていることが絶対条件。



荒武邸
4f3e75b1

5726d196



自分が立っているためには、バランスの良さが絶対条件。



遠藤邸
d5f308f1

fc3c63cc



バランスを保つためには、自然を浴びることが絶対条件。



後藤邸
fb360f64

d3eee85f



カーテンを開け、窓を開け、外に出て過ごすことは、健全な暮らしの絶対条件。



わが家
a18671c2-s

4d7d7c12



庭に「何を植えようか」ではなく、「どう過ごそうか」と考えて、そのために必要な要素を整えていきましょう。

「ながめる庭」から「過ごす庭」へ

うまくイメージできない場合は、ぼくにご連絡を。





今日は「港南台店」にいます。





 

H!nt de Pinto 110

年末年始を故郷で過ごしたら、いつも祖父が言っていた「秀敏、仕事はあるか。真面目に仕事してればあちこたねえ(大丈夫だ)」という声が聞こえてきました。

仕事に追いつく堕落なし。

稼ぐに追いつく貧乏なし。

希望に追いつく不幸なし。



国境の長いトンネルを抜けると眩しい日常であった。

DSC01585

DSC06989

6bc91b80

b3ea43ee

DSC06990

DSC01922

34b45a44
 


今日あたりから本格始動の会社が多いようですね。
さっ、張り切って仕事仕事! 





今日は「港南台店」にいます。





 

H!nt de Pinto 109

前回の『すれ違う男女』に続いて、今日はこれを。

『ほんの少しの違い』 

できない人は言葉で説得し、できる人は行動で説得する。

できない人は話したがり、できる人は聞きたがる。

できない人はお金を求め、できる人は成長を求める。

できない人は過去にこだわり、できる人は未来にこだわる。

できない人は不可能と思い、できる人は可能と思う。

できない人は他人のせいにし、できる人は自分のせいにする。

できない人はひとりで頑張り、できる人はみんなで頑張る。

 できる人もできない人も能力にほとんど差はない。
ほんの少しの違いによって結果に差が生まれる。




できる人になる手っ取り早い方法は、
できる人たちの中に身を置くこと。

DSC01724

上昇気流を捕まえろ。


DSC01718

雲を突き抜け星になるのだ。

DSC01720



これに照らす限り、今のぼくはまあまあ「できる人」。
ふと思ったのは、まだほぼほぼ「できない人」だった頃のぼくがこれを見つけても、きっと何も感じなかっただろうなあということ。結局のところ、たくさんの後悔や痛みを経て「できていない自分」に気づくんだろうなあと。
ただ、レシピを知っていれば、気づきと改善は早いんじゃないかなあと思うわけです。

庭も同じくで、庭を楽しむ暮らしの素晴らしさを体感すれば、もうそれなしではいられなくなるのですが、まだピンときていない人にいくら言葉を尽くしても、まったく本質が伝わらないことがほとんど。
しかしそれでもレシピは公開し続けます。
数限りなく存在するカーテンも開けられない庭に、雑草取りをするばかりで全く家族の幸福に寄与していない庭に、いつか片っ端からぼくが思う庭の本質を注ぎこめるように、行動し、聞きたがり、成長を求め、未来にこだわり、可能と思い、自分のせいにし、みんなで頑張り精進せねば。





今日は「金沢文庫店」にいます。
熱い思いで、2016年のラストスパートに入ります。

頑張りましょうね。





 

H!nt de Pinto 108

夜の庭でパソコン画面にこんな記事を発見し、大きく頷きました。

『 すれ違う男女 』

女性にとって会話は心のやりとりだが、男性にはとって会話は情報のやりとり。

女性は考えがまとまらないから話し、男性は考えがまとまったら話す。

女性はすべて聞きたいと思うが、男性はすべて話す必要はないと思う。

女性は悩みを聞いて欲しいだけなのに、男性は悩みを解決しようとする。

女性は言わなくてもわかって欲しいのに、男性は何も言わなければ大丈夫だと思う。

だからいつまでも男女はすれ違う。



生物学者は植物に感情はないのだと言います。
しかしそれは、
たかだか理系学者の見解でしかありません。
命が幸福のためにあるのだとするなら、
より幸福な者の言葉が真実。
ぼくは文学者の説を支持します。

DSC01462 のコピー





息子は分子生物学の基礎研究者となるべく大学院へ行きたいそうで。

「基礎研究は大事なことだが、その成果が実用化されない限り誰にもよろこんでもらえないよね。庭はいいぞ、みんなとてもよろこんでくれる」

「だよね。お父さんの仕事ぶりを見ていると『プロフェッショナル 仕事の流儀』みたいで、それに関わりたい気もするけど今は研究が面白くて」

「そうか、残念ではあるが・・・・早いとこ挫折して仕事を手伝え」

「まあそうなったらなったで楽しいだろうね」

「ところで、行きたい気持ちはわかるが入れる大学院はあるのか」

「ふっ、ああ、今のところ東京大学が決まってるんだけど、まだどの学部にしようか迷ってるんだよね」

「・・・・」

「たいしてお金もかからないみたいだし」

「・・・・」

「東大のリケジョってきれいな子が多くてさあ」

「・・・・そうか東大かあ、まあ悪くないか。基礎研究は非常に重要なことである。それが日の目を見るかどうかなど気にすることなく、男はやりたいことにまい進すべきである」

「そう言うと思ったよ」


『 すれ違う男女 』は基礎研究の領域なので、それに頷いていても何の役にも立たないわけです。
これを踏まえて、応用し、どのようにしてすれ違いをなくしてゆくかが臨床研究。
人類にとって、分子生物学よりもはるかに重要な研究課題である。






今日は「金沢文庫店」で臨床研究。
夫婦のすれ違いをなくすための庭を思い描きます。








H!nt de Pinto 107

不思議な10年があった。

次は夢見る10年だった。

悩める10年があり、さまよう10年を経て、追いかける10年を過ごした。



空は秋から冬へと変化しています。
薄ぼんやりとして深く。
そして次、
真冬になればカラッと清しく透明に。
回り舞台は飽きることがありません。

DSC04155



今は夢中の10年の、中程にいる。



DSC04333



次がどんななのかは行ってみなけりゃわからないが、これまで通りに我がままに。
いやいやこれまで以上に我がままに。




DSC03983



我は我のまま。
せっかくこのような性質に産み育ててくれた恩に報いるために。




DSC06667



ふっ、けっこうエキサイティングな局面に来ているようだ。


孤高のジャズピアニストが奏でる
心地よいノリノリ感と、
少々の焦りと、
勝ったも同然と危うさが入り混じるような。
タイトロープをあと数歩で、みたいな。
今のエキサイティングは
この曲の感じ。

疾走を終えて静かに笑う、
ハードボイルドな終わり方に痺れます。




あなたはどんな10年をお過ごしでしょうか。
では、Good luck!





今日は「金沢文庫店」にいます。





記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 家族の庭くり方 76
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • 家族の庭くり方 75
  • ガーデンセラピー 139
  • ガーデンセラピー 139
  • ガーデンセラピー 139
  • ガーデンセラピー 139
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 家族の庭くり方 74
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • ガーデンセラピー 138
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • ガーデンセラピー 137
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 家族の庭くり方 73
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 117
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭の法則 71
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 72
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 家族の庭くり方 71
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ