H!nt de Pinto

H!nt de Pinto 125

時薬(ときぐすり)という言葉があります。時間が傷を癒し物事を解決してくれるという意味なわけですが、当事者が抱えている今現在の辛さに対して、この言葉に即効性はないような気もします。
では辛さの渦中にある人に必要なこととは何でしょう。
自分の経験を思い返し、いくつかの事柄を並べてみます。

友人を頼る。
まずはこれ。信頼している人からのアドバイスや励ましは胸にしみ、威力を発揮します。

脱力する。
問題を抱えている時というのはムキになって、しばしば障子のハエ状態に陥りエネルギーを消耗します。

横移動をする。
辛さの中にある人は、そのすぐ隣に幸せいっぱいな世界があることに気づけなくなっています。

仕事に専念する。
働くという行為は偉大なもので、他のことを考えずに時間をやり過ごせます。

環境を整える。
余計な物を捨て、掃除をし、庭に花を植え、身ぎれいにして過ごす。
シンプルに美しくあることで新鮮なパワーが湧いてきます。

感動を探す。
コンサートや映画や演劇に足を運んで心の活性化に務める。
感動は生命力を高め、復活のエネルギーとなります。

自然を感じる。
基本中の基本。いわゆる癒し。
自然に身を委ねることで、心身が正常に調整されます。

自分を見つめる。
自分の「命の理由」を見据えれば、道を誤ることはありません。

専門家に相談する。
何の分野においてもスペシャリストは存在しています。
餅は餅屋、的確な導きが得られます。

家族の力を借りる。
身内になら弱音も吐けるし、泣き叫ぶことも受け入れてくれることでしょう。
辛さは吐き出すことで楽になります。

あれやこれやを試みているうちに時間が過ぎて、時薬が効いてきます。



やがて光が差し込んでくる。

DSC05409

冬の次には春が来て、春の次には夏が来ることを
当たり前と思っているように、
ごく普通のこととして、
「この辛さは幸福座席の料金を前払いしているのだ」
と思って間違いなし。

お前はすぐに「頑張るから」と言うが、頑張るって言うのは辛い時に頑張ることを言うんだ。
岩渕又一 

辛ければ辛いほど頑張りがいがあるというものです。
男なら頑張れ!
女なら踏ん張れ! 





今日は「レノンの庭」で頑張ります。




 
 

H!nt de Pinto 124

庭の設計は一つとして同じ条件のものはなく、そこに生み出そうとする庭の概念やテーマも違い、試験問題のように明確な正解が用意されているものでもなく、だからその都度、取り掛かる時にはプレッシャーというか気負いというか、ちょっとした緊張状態になります。



森を行けば、
発想の種が次々と。

クワ

DSC04812




そのまま取り掛かると調子が出るまで時間をロスしてしまうので、まずは丁寧にコーヒーを入れてから、こんなことを自分に言うことが習慣となりました。

そんなの簡単、お茶の子さいさい。

このひと言で設計の要点がシンプルに見えてきます。
心配事やら、筋肉痛やら、空腹やら、知能が高い割に論理性に欠ける女房のお言葉やらの雑念も、仕事にポイントを絞ってピントを合わせれば消えてゆくからあ〜ら不思議。



ミモザ

DSC04725



次にこう言います。

楽しみにお待ちかねだ。

これで脳がアクセルを踏んだように本格始動を始め、要点がつながってサクサクと線を描き始めます。
期待されることと、感謝されるであろうと思うことが最良の燃料。


ヤマザクラ

DSC04774



次はこう言います。

私は類い稀なる幸運と強運と才能の持ち主である。

まあぼくだけじゃなくて誰でもそうなわけですが、あえてそれを確認することで、連なり重なり合っていた線が立ち上がってきて、図面上に花咲き風吹き光が注ぐ、仮想の庭空間が出現してきます。
ミューズとレノンが手をつないで降りてくる、その瞬間がエクスタシー。



ムギ

DSC04784




時々行き詰まるとこう言います。

答えは自然の中にある。

カメラを持って散歩に出かけ、しばらく歩けば必ず新たなアイデアや課題の画期的解決策が浮かんできて、急いで設計に戻ります。
早足で帰らないと、馬車はカボチャに、馬はネズミになってしまいます。



タンポポ

DSC03616






では、今日も「そんなの簡単、お茶の子さいさい」から。





文学も絵画も音楽も、単純化するほどに本質が際立ってくることの不思議。
いやさ、本質を求めるほどに複雑化し、混沌としてゆくことの方が不思議。
力道山刺されたる街でぶつぶつと呟くラッパ吹きに言わせれば、人間は愛すべき神経症の猿。


ヘビ男たちのモダンキュービズム







今日は港南台店で、シンプルに、複雑化によって単純を表現する作業に従事してます。

 




 

H!nt de Pinto 123

人はどこで不自然を選択するようになってしまったのでしょう。
カーテンを開けて暮らすことを諦めてしまった理由は何だったのでしょう。
芝生の手入れを苦労と捉え始めたのはいつだったのでしょう。
虫が苦手、土に触りたくない、日焼けが嫌、いったいどんな悲劇に見舞われたというのでしょう。
きっかけとなったそれは正当なものだったのでしょうか。そのままでいていいのでしょうか。特に三番目は昭和の魚沼地方だったら自ら社会との決別宣言をしているようなもので、(いろんな事情があったとしても)口にしてはいけないことのひとつだったのですが。



昨年までほとんど意識したことがなかったホトケノザが、
今年はまるでアイドルのように思えました。

 
DSC03218



とはいえそれを嘆いていても仕方のないことであり、ぼく自身も事と次第によっては便利に活用するわけでして。いやはや波に押され気味なわが現状。



DSC03221



人工芝、人工木材、人工花の暮らしで夢を追う最先端人類に幸あれ。
旧人類の皆様はそんな世の風潮に抗って、庭で心地よく汗を流しながらの暮らしを心がけ、より大きな幸福を見事に実現し、新たな種族に「自然が幸福の分母なのだ」という事実を見せつけてあげましょう。



DSC03223
 

 
庭との関係を修復すれば、いつでも自然な暮らしに戻れる。



DSC03224

茂ってきた他の雑草に紛れる梅雨時期でも、
よくよく探すとホトケサマは座っています。



ぼくらの進化は、とりあえず退化を回復される局面に来ているようです。
庭が苦労の種、暮らしのお荷物になってしまっている現状は、北のあの人や、大陸のあの人の髪型みたいに著しく不自然なこと。
リストラされようが、病気になろうが、辛い別れがあろうが、老眼が進んで「妻」という字が「毒」に見えようが、「夫」という字が「末」に見えようが、不自然に陥らない限りあなたの幸せが消えることはありません。
庭ですよ、庭。いい庭があれば、庭が暮らしの場所になっていれば、人生は上々に展開します。
多分そのことを最先端人類たちも、遅かれ早かれ気づいてくれると思っています(ぼくら旧人類の生き方次第ではありますが)。





 
 

H!nt de Pinto 122

賑やかに咲き急ぐ者たちの儚さよ。



じっくりと根を張り仲間を増やし、
踏まれても平気な強い茎を伸ばし、
葉を茂らせ存分に光合成をしてから、
お目当の虫だけが気づくように
最低限の花を咲かす。
雑草の静かな周到さたるや。

DSC01560



バテないコツは疲れる前に休むこと。



DSC05457



つまずかないコツは足元を見て進むこと。



DSC08117



速度を上げるコツはゲーム感覚で歩くこと。



DSC07764



道に迷わないコツは現在地と目的地を把握すること。




DSC04801



「何のために」という命題。
「いかにして」という難題。
「今日」という課題。
悪魔のように細心に、天使のように大胆に、雑草のようにしたたかに。





今日は「金沢文庫店」にいます。




 

H!nt de Pinto 121

合理主義者は庭と縁遠い。

庭は、芝生を茂らせては刈るような非合理的な営みの場。
手入れをしたくないから人工芝で、雑草取りをしたくないから庭をコンクリートで埋めてしまおうという発想だと、楽にはなりますが、楽しくはなりません。



まっすぐ歩くと通路だが、
曲って歩くと庭になる。

3714e0cd

91ac23ac

844eff39

b2dd1c01





人工芝はちょっと・・・と思いつつも、その進化はものすごいものがあります。
先日、出産を控えたの若いご夫婦が自分たちで敷いたという人工芝の庭があまりに美しく感じられ、しばし見とれてしまいました。風合いも本物っぽく耐久性も8年まで伸びているそうです。
8年もしたら、今は雑草取りなんかに時間を使いたくないと思っているお二人に、ガーデニングの楽しみが芽生えて、本物の芝生の魅力にとりつかれることでしょう。 
10年後の今頃の季節、分厚く育った芝生と野菜とバラの花が溢れている、幸せに満ちた庭風景が目に浮かびます。 




きみの扉へと続く長く曲がりくねった道・・・
今日はこの人で。



 
フランク・シナトラから
「次は彼の時代だ」と言われた男。
コパカバーナもいいけど、
スローな曲だと
ジェントル&ロマンチック。
ジェントルも、ロマンチックも、
非合理的な魅力。







 
 

H!nt de Pinto 120

一年草の植替え時期です。
作業をするときに、次の3つのことを意識してください。

1、空きスペース
それぞれが順調に育つことを想定して、間合いをはかって植えてください。




DSC02576



2、土壌改良
古い土に培養土や堆肥を鋤き込んで、栄養、微生物、空気、水はけを復活させてください。



DSC02684



3、適材適所
ペチュニアは日向に、インパチェンスは半日陰に、野菜は朝日が当たる場所に。




DSC02915



こうして並べてみると、植物と人の生育条件はとても似ていますね。
あっ、もうひとつありました。

4、思い描く
花いっぱいの数ヶ月後をイメージしてください。
イメージできればできたも同然。



49a104c1





今日は「港南台店」にいます。




 

H!nt de Pinto 119

花壇や鉢に寄せ植えする時、白い花は欠かせないものです。



港南台店の駐車場に咲いたコデマリ。

DSC03465

DSC03474



白はモノトーン(無彩色)の最上位にあり、すべての色彩の中で最も明るい色。



色とりどりに花が咲く今の時期に、
白一色の姿が清々しく浮き立って見えました。

DSC03467

DSC03472



単独では清潔、純粋、神聖、祝福、平和などのイメージを持ち、混植に加えると周囲の暗さや派手さを引き立てる存在。



こちらは近所のオオデマリ。

DSC03492



白い花を好む人のキャラクターは、正義感が強く意思が固い。面倒見のいい親分肌。正直で真面目で理想に向かって努力する。神様を信じる完璧主義者でやや浮世離れしている。




コデマリはバラ科でオオデマリはスイカズラ科、
名前は似ていても全く違う植物です。

DSC03494



色が持っている意味や性質を意識するとガーデニングが一層楽しくなりますよ。
赤は情熱、オレンジは活動的、黄色は希望、緑は調和、水色は自由、青は安らぎ、紫は忍耐。





今日は白いシャツで「港南台店」にいます。





 

H!nt de Pinto 118

「若い頃よりも日が経つのを短く感じるのはなぜか」ということには、相対性、時計遺伝子の老化、ジャネーの法則など諸説あります。どれも納得できるようなできないような、やや曖昧さが残るわけですが、共通しているのは「慣れが時間を短く感じさせる」という点です。
脳の仕組みでいうと、新たな刺激を受けないとニューロン(脳細胞をネットワーク化させる通路)が伸びず、それはつまり脳が活動をしていない、脳機能的には生きているか死んでいるかわからない「空白」な状態とのこと。その空白を埋めてゆけば、子どもの頃がそうだったようにいち日が永遠のように長く分厚く感じられるわけです。
空白を埋める材料は「未知の刺激」。初めてのことにチャレンジする、知らない人に会う、いつもと違うジャンルの本を読むなど、つまり好奇心が旺盛で活動的な人は時間を濃密に感じ、今日を思う存分に長く楽しめるのです。

残り時間が十年あるとして、刑務所に服役して単調で無刺激な暮らしをしている人はそれを一年と感じ、未開のジャングルを探検するように生きてる人は百年に感じる。

ぼくのように欲深くて時間内にやり遂げたいことが膨大な人は、今日も颯爽とジャングルクルーズに出かけましょう。



花との出会いもニューロンを伸ばします。

DSC03395

DSC03394

DSC03405

モッコウバラは白と黄色があり、
香るのは白(これぞバラ!という香り)、
花が旺盛なのは黄色。

f5c1d12b

cf3f8cc1

お客様の玄関先で出会ったコバナウツギとのコラボに、
しばしうっとり見とれました。

DSC03400

DSC03398

意識に引っかかる花を見つけたら
立ち止まって見入ってみる。
そんな行動で脳が童心に返り、
今日が充実してゆきますよ。




明日からです。

f8f0b347-s
b1554323-s
098e95c6-s
b3dc388a-s
0150eaf6-s





今日は「港南台店」にいます。






 


 

H!nt de Pinto 117

ノリノリな人っていますよね、いつもエネルギッシュに、次々と新しいことにチャレンジしながらクリアしてゆく人。ぼくもそうでありたいなあと思うわけです。

足踏みしていたら進まないのは当たり前。



春本番。
ぼくと一緒に
あなたの理想の庭を思い描きましょう。

DSC02730

庭に関しては理想の高さが勝負。
満点の庭をイメージできたら、
あとはオートマチックにそれが現実化してゆきます。
とても不思議な現象ですが、本当です。

イメージ段階で「そこそこでいいや」と思ったら、
そこそこにさえたどり着けない。
これも本当です。




軽やかに踏み出す人は「失敗したって大したことじゃない。成功しようが失敗しようがまた次へと進むのだから」と思っています。
その都度の結果よりも、意識は到達距離。制限時間内にどこまでたどり着けるか。 





今日は「レノンの庭」にいます。





 

 

H!nt de Pinto 116

壁にぶち当たったら迂回せよ。

失敗したら別の手を使え。 

追い詰められたら寝てしまえ。

どん底まで落ちたら掘れ。

ハードルが高かったらくぐれ。

乗り気がしなかったら逃げろ。

八方塞がりになったら九方目を探せ。

家族が揉めたら花を植えよ。

疲れ果ててしまったら、ビールとポテチと本を持って庭に出よ。

危機には軽やかに立ち向かうべし。いくら悩んだところで、行動を変えなければ状況は変わらないのです。



If it gets stuck, go to "Four Seasons Forest Park".

DSC02423

ことに雨上がりの朝には。

DSC02442

誰もいない道をとぼとぼ歩き出しても、
いつの間にか歩速が上がって、
息が弾んで、
気がつけば顔も上がって次の被写体を探しています。

DSC02456

ほんのひと時、
ほんの少しの自然に触れるだけで、
引っ張り上げられてゆくことの不思議。

DSC02492

自然と歩調を合わせれば
思考から不自然さが消えてゆき、
ステップは軽やかに。

DSC02438

I feel tired after walking.
But better than tired mind.









起き抜けに寝室の液晶パネルから、「昨日までの寒さが嘘のように暖かくなるでしょう」という予言あり。さっ、歩き出しましょう。

今日は「港南台店」にいます。



 

 

H!nt de Pinto 115

人は感情的になると、ついつい白黒はっきりさせたくなるものですが、賢い判断の大半は白でも黒でもないものです。

賛成か反対か、あるいは先送りか。

行くか戻るか、あるいは横移動してみるか。

続けるか止めるか、あるいはとりあえず休むか。 

時には曖昧なまま中腰で耐えることも必要。第三の道を失うと、ギスギスしたり追い詰められてしまったりするものです。
女房の「あなたはどっちがいいと思う?」という問いには、決して本音を即答することなかれ。
慎重に、慎重に、できるだけ曖昧に。



四季の森公園ではミツマタが満開です。

DSC03952

DSC026122

DSC03955

名前の由来は枝が三叉路で伸びるから。

DSC02619

1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89・・・・
自然界を支配しているフィボナッチ数列の中でも、
3は特別な意味を持っています。
早起きは三文の徳。
仏の顔も三度まで。
石の上にも三年。
三種の神器。
三顧の礼。
三度目の正直。
三つ子の魂百まで。
三人寄れば文殊の知恵。
三倍目にはそっと出し。




三拍子の名曲







今日は「港南台店」にいます。





 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • H!nt de Pinto 125
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • H!nt de Pinto 124
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭の法則 75
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 家族の庭くり方 81
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • H!nt de Pinto 123
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 家族の庭くり方 80
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • 庭の法則 74
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • ガーデンセラピー 140
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • H!nt de Pinto 122
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 「レノンの庭」の相談会
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その3
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
  • 後藤さんちのオープンガーデン その2
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ