庭のことだま

庭のことだま

先手必勝なり。

周辺環境の変化に後手を踏んで翻弄されないためには、自ら仕掛けることが肝要なり。季節の変化に追われることなかれ。先回りをして、冬には春の花を、春になったら夏の花を植えてください。
仕事も暮らしも追われた途端にキツくなります。軽やかに先頭切って突っ走りましょう。
どこへ?あなたが思う理想の未来へ。
もしもその理想の世界に気の利いた庭が必要なら、ぼくにご連絡を。 



コブシの花芽が着々と。
あと二ヶ月。 

DSC02111 (1)

DSC02119 (1)

DSC02116

DSC02117





今日は金沢文庫店にいます。




 

庭のことだま

感じるな、考えろ。

誰でも美しい庭がある暮らしをしたいと思うことでしょう。でもどうやったらそれが実現できるかを考える人はとても少ないものです。
考えずにいるとどうなるか。最初は憧れを感じているものの、やがて不満を感じ始め、そうなると早々にあきらめを感じてしまうもの。
方法を考え、段取りを考え、費用を考え、タイムスケジュールを考えれば、もう実行しない理由がなくなって、あとはほぼオートマチックに、あなたは美しい庭のある暮らしを手に入れる運びとなります。



撮影は「感じるな、考えろ」で出かけ、
「考えるな、感じろ」でカメラを手に取り、
「感じるな、考えろ」で構え、
「考えるな、感じろ」でシャッターを切る。
毎日それをやっているので
考えることと感じることの行き来が上達しました。
設計にとても役立っています。
その他諸々への対応にも。

DSC00691

DSC00679

DSC00676

DSC01952





庭のことを考えるのが苦手な方は、「感じ」が「憧れの領域」にあるうちに、ぼくに連絡してください。





 

庭のことだま

少年よ、大志を抱きなはれ。
熟年よ、朝日を浴びなはれ。


新緑は希望の姿。花は受粉のために咲く。では、落ちる前に色づく葉の意味は何ぞや。朝の一瞬に際立つその美しさの意味は何なのでしょう。
まだ誰もいない公園をカサカサ歩いていると、足元からいちいち意味を問われているようで。
回答にはなっていませんが、こんな言葉が浮かびました。

若くて美しいことは自然のいたずら。年を重ねた美しさは芸術。
ルーズベルト夫人

 

今時期だと、6時半から7時半までが
朝の撮影ゴールデンタイム。

DSC00518

DSC00541

DSC00563

DSC00577

DSC00467

DSC00460 2

DSC00374 2

DSC00367 2

DSC01307

DSC01308




MJQの『朝日のようにさわやかに』
原題はSoftly, as in a Morning Sunrise
『朝日のように柔らかく』



 
JCJK語だと
『朝日マジ卍柔らかみ』
ンゴありよりのなし
・・・イミフ
そんでもテン上げアッツモリィーーー!
一周回ってオッタマゲェーーー!







 

庭のことだま

咲き時を知るしたたかさ。

住宅地に極端に花が少なくなるこの時期にバラは咲きます。女王様は、代々受け継がれ躾けられた帝王学によって、咲き時を知っているのです。
とはいえ散歩道にバラなどは咲いておらず、キョロキョロと花を探したものの見当たらず。こんな時には、と心得たもので、足元に咲く雑草にフォーカスしました。



雑草の皆様、
派手目な園芸品種が少ないこの時期こそ、
いつも地道で、可憐にしてしたたかな、
あなたの出番ですぞぉ。

DSC01457

普段よりも少し気張ったオシャレをして、
颯爽と元町辺りに繰り出しましょう。
花は、虫に見られてこその花ですから。
木枯らしに抱かれて出会いは風の中。
君は薔薇より美しい。



みんなの前で頑張った花は、誰もが知っている花になる。
誰も知らないところで頑張った花は、見たこともない花になる。

詠み人知らず





今日は「金沢文庫店」にいます。




 
 

庭のことだま

楽園とは理想の庭のこと。

モネはなかなか世間からの賞賛が得られない人生でしたが、彼には、描き出す世界をいつも賛美し支えてくれる家族と数人の友人がいました。
50歳で購入したジヴェルニーの家の庭に溢れるほど花を植えて楽しみ、3年後に売りに出された隣家の土地を手に入れてからは、憑かれたようにそこに造園を始めるのです。「私が評価されないのは当然だ。なぜなら私が夢見ている世界のことを、まだこの世の誰も目にしたことがないのだから」と、それまで目を閉じて思い描いてきた理想郷をリアルに出現させて、それをカンヴァスに描こうという壮大な試み。水を引いてきて池を作り、橋をかけ、土を耕し、植物を配置し育ててゆく、夢を語りながら汗を流すその日々が、どれほど幸せに満ちたものであったろうかと想像するのです。



レンズを覗いていたら
一瞬 ルノワールが降りてきた気がした。

DSC09174

全くもって気のせいなのだが、
顔を上げた時に、茂みの奥に消えていった老人が
モネだったことは、
気のせいと言い切れない。

DSC09171

イーゼルを抱えて歩く
背中の丸まった大きなその後ろ姿を、
これまで何度も夢で見てきたので
間違うはずがないのだ。

DSC09163

だからどうということではなく、
憑依や幻想や、そういうことじゃなくて、
ただ、ルノワールもモネも、
きっとこんな朝の光が
大好きだったんだろうなあと。

DSC09168

その些細な感動を伝えたくて仕方ない、
愛する人に、愛して欲しい人に、
突き詰めれば彼らの尽きない創造欲求の源泉は、
そういうことだったのではないかと。

DSC09170

ロートレック、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌ・・・
彼らは世間的な不遇の代償として、
光を情動で感知する
至福の能力を得ていたのかもしれない。

DSC09176

幸福感を命の理由とするなら、
確かに、その価値はある。

DSC09234

些細な命は、朝のほんの一瞬の、
あるいは赤い夕暮れ時の、
あるいは夜の庭の遠くで光る江の島灯台の、
些細な光に導かれて咲くものなのだ。
これでいいのだ。





今日は「港南台店」にいます。

昨日と一転して、今日は夏日になるそうな。 





 

庭のことだま

充実の季節到来。

今年は日照不足だったとはいえ夏は気持ちが高ぶり波打つ季節。今は一転し、庭も公園も森を歩いても、穏やかで静かな空気が漂っています。
さてさて、そろそろ本格的に秋の暮らしを始めましょうか。ぼくのように内気で無口で一人上手な性質の者には、果てしなくお楽しみが待っている季節。
では、まずは夜長の庭で読みふける書物を探しに、ららぽーとの書店へGO!



木々の実が充ちてきました。

DSC08186

DSC08184

充実とはよく言ったものです。

DSC08820

DSC08824

四捨五入で還暦。
わが人生も初秋の候なり。


DSC07721

DSC077092

実付きはいまひとつなれど、
まあまあ焦らずじっくりと。

DSC08585

DSC01450

そのうち完熟いわふちとなることでしょう。





お客様から庭で採れたスダチをいただきまして、それではとスーパーに秋刀魚を買いに行ったら、なんと一尾400円なり。しかも細い。今年は不漁と聞いてはいたものの、さすがに・・・・買いましたけど(誘惑には乗るタイプなので)。
ワタを出さずに丁寧に遠火で。いつもは100円の冷凍物の開きを食べているので、4倍の贅沢でした。 





今日は「金沢文庫店」にいます。

 


 

庭のことだま

惚れっぽさを肯定せよ。

動植物の生態系が恋愛感情によって維持されていることは間違い無く、もしかしたら大地と空、海と雲、地球と月にもそれがあるのかもしれません。
ぼく自身、人に、花に、言葉に、音楽に、ぞっこんとなりがちなこの性質のおかげでどれほど楽しい日々であることか。
何よりも仕事と恋に落ちてしまったことが、どれほど幸せであることかと。
それに加えて満月だった昨日、娘のおかげで唐突におじいさんになりまして、メロメロ決定の恋人出現により、ミキハウスとアカチャンホンポとトイザらスがお気に入りに追加されました。



昆虫との情熱的な恋の季節を過ぎ、
今度はゆく夏の
名残りの光に恋するサルスベリ。
まったく色褪せることなし。

DSC07988

DSC07992

DSC08074

DSC07911

今日から100年を鮮烈に生きよと、
物心つくまで有り余る幸せに包まれることは保証するが、
その後にやってくることが予定されている
苦労や苦難なんぞは感動の燃料だと思えと、
大概のことはヒデジイがなんとかするから安心せよと、
だから二十歳の誕生日には二人きりで、
ブリキのおもちゃ博物館に行って、KANDYで乾杯して、
腕を組んで元町を歩いてくれよと、
キタムラで何でもかんでも好きなだけ買ってあげるからと、
高校生から「お父さん大嫌い」になってそれっきりだった、
君のお母さんとそうすることが夢だったんだよと、
新たな恋人にあれこれと念を送りながら、
人生何度目かの、幸せな涙を拭う夜の庭。

「マジ死ぬかと思った」とメールをくれた娘よ、
よく頑張った!
何よりも出産直後に、
寝ずの付き添いをした旦那様を労いほめた君を、
父はほめてつかわす。
いつのまにか「マジいい女」になったものだ。
さっきから探しているが、他に適当な言葉が見つからないので、
詩織、マジ、ありがとう。





今日は「港南台店」にいます。
さっ、じいさんますます頑張ります。 




 

庭のことだま

季節と並走するのだ。

秋になったら秋の暮らしを。
読書の秋、実りの秋、スポーツの秋、芸術の秋、行楽の秋、そして食欲の秋。
充実の季節の始まり始まり。



今日から9月。
里山の栗が弾けました。 

DSC077302

DSC07721

DSC07726

DSC07711

DSC077222



栗泥棒に間違われないように、「ぼくはただ写真を撮っているのです」という雰囲気を醸し出しながらうろうろしていたら、畑仕事をしていた地主のおじさんが「早くしないと虫に食われちまうから遠慮なく拾ってけよ」とうれしいお声がけ。それではと、イガを靴で踏んづけながら30個ほど頂戴してきました。
子どもの頃から拾うのはワックワクなんですが皮をむくのが苦手なもので、その足で近くにお住いのお客様に差し上げたら大喜び。庭でコーヒーをご馳走になり、お返しにと缶ビールを6本も。とても田舎チックな、わらしべな展開でした。





今日は「金沢文庫店」にいます。 



 

庭のことだま

poko a poko rit.

夏も下り坂に入ったようなので、素麺がたまらないご馳走に思えるような、縁側で夕涼みを楽しむような、昭和チックなテンポに調整中です。
灼熱モードの心身を、ここで上手にスローダウン。



八景島で出くわした見事なパンパスグラス。
ということは、もうすぐ曼珠沙華。
人にお構いなしで行く季節に
置き去られないようにしなければ。

DSC077572

DSC077642

DSC077552

DSC09276





晩夏にはエレジーが似合います。




モデラート(中くらいの・穏やかな・程よい速さ)の
グッと惹き込まれる小品。


モデラートといえば高中の「渚・モデラート」。
ラフマニノフと並べるのもいかがなものかと思いつつ、
今夜の風には遜色なし。




はしゃぎまくった季節と、
深く潜行する次の季節をジョイントする
夏の終わりに、
ごく当たり前な中庸さが胸にきます。



元来、加速は得意でも減速が苦手な性分なもので、「ちょっとやり過ぎかな」と思うとポコ・ア・ポコ・リット(わずかずつ遅くする)を呪文のように唱えてきました。
ポコ・ア・ポコ・リット、ポコ・ア・ポコ・リット、ポコ・ア・ポコ・リット・・・・





今日は「金沢文庫店」にいます。





 

庭のことだま

風を巻き起こせ!

空海は言いました。
凪を嘆くことなかれ。汝が風となれ。



なんで今まで気がつかなかったんだろう。
無風の庭に扇風機を出しました。

DSC06907

快適な擬似的湘南からの風。


DSC06641

ミーは定位置に飛び乗り
日課の風見猫。





むかしむかしのバブル前夜の頃、多くのジャパニーズ・ビジネスマンを鼓舞し、時代の風たらしめた名訓戒がありました。


電通鬼十則

1、仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2、仕事とは先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3、大きな仕事と取組め。小さな仕事は己を小さくする。
4、難しい仕事を狙え。そして成し遂げるところに進歩がある。
5、取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的を完遂するまでは。
6、周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。
7、計画を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8、自信を持て。自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
9、頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。
10、摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。


例の事件があったので、もうこのような訓示が語られることはなくなるかもしれません(社員手帳への掲載廃止が検討されているとのこと)。
折しも教育勅語を振りかざして意味不明な好き勝手をやった挙句に逮捕された人がいましたが、もしかしたらYutori Jeneration には同じく意味不明な時代錯誤かもしれないと思いつつも、二十歳を過ぎた頃のぼくを熱くたぎらせてくれたバイブルを、同じ年頃となった
岩渕優一朗にだけは伝えておこうと思います。
次の補足を添えて。

夢を持とうが持つまいが、愛する女にめぐり会おうが会うまいが、どんな趣味を持とうが、どのような哲学を持とうが、男なのだから仕事を人生の中心に据え、それを生きがいとし、全力でそれに取り組む日々を送りなさい。
理由はたったひとつ、それが岩渕家の伝統だからだ(きみが後々、この理由がいかに重大かつ偉大なものであるかを知るであろうことを予言しておく)。

息子よ、夏よりも暑苦しく生きよ。
やがてきみの周囲に、竜巻のごとき強烈な風が巻き起こる。
かく言う父はそんな時代を過ごし、ふふ、今は世の奥様方に喜ばれる涼風となり、日々心地よく庭を思い描いているがね。





 

庭のことだま

じじいになったら本音を語れ。

おばあさんは知恵袋、おじいさんは堪忍袋を持っている。
男たちよ、戦い済んで日が暮れたら堪忍袋を紐解いて、思う存分小言幸兵衛の余生を送るのだ。
夕日を睨みつけながら、誰かが「本当に大切なこと」を言わねばならんのだ。
あらゆる方向から男について考えるに、それ以外にじいさんの役割などないのだ。



親を知らない蝶たちなのに、
なぜ親と同じ花の蜜を吸い
同じ木に産卵するのでしょう。

DSC09625

人は親からさんざん小言を言われても
一様に聞く耳を持たず、
結果、親と同じ失敗を繰り返し、
嘆きと痛みの末に、ようやくその言葉の意味を知る。
曰く「お客さんより贅沢をするんじゃない」。
曰く「お前が握りこぶして始めたことは
続いたためしがない」。
曰く「仕事をしていれば大丈夫だ」。
曰く「お前より母ちゃんの方が大事に決まってるだろ」。
曰く「食うための仕事をするな。
世間様に食わせてもらえる仕事をしろ」。
曰く「カラカラと音を立てて
トイレットペーパー引くんじゃない」。

DSC08746

既定路線通りもがき苦しみ、 
その後に母となった者の言葉は愛に満ち、
父の言葉は真実が重く輝くわけですが、
残念なことには
子はまだ親の言葉に込められた意味を
察知するだけの経験則を持っておらず、
痛みというものがどれほど痛いのかについては
まだ未知の領域なのです。


DSC06124

ああそれなのにそれなのに、
なぜこのように可憐な姿の蝶たちは、
親を知らない蝶たちは、
甘える相手もいない蝶たちは、
微細な遺伝子情報を頼りに生きることができるのでしょう。
そして見事なことに、
今日も満ち足りているのでしょうか。

DSC09952

ぼくらも自然体でいうられたら、
DNAに素直になり、
勤勉に蜜を探しては吸う活動によって、
細胞内でエネルギーを産生している
ミトコンドリアを活気付かせれながら、
きっと、要らぬ苦労に時を費やすことはなくなるのですが。
その原則を知っていたなら、
知らずとも庭のある暮らしを楽しんでいたなら、
そろそろ芸能的プロレス興行が終わりつつる松井某のように、
むやみに有り余るエネルギーを、見当違いにも
本来愛すべき人への依存的敵意に変換してしまって、
うすらみっともなく
惨めさへと落ちてゆくこともないと思うんですけどねえ。

DSC08618

ああ、わかっちゃいるけどやめられない愚かさよ。
クレンザーで擦っても微かにこびりついている、
怒りやら不安やら焦りやら甘えやらの頑固さよ。
今日も感情の煙幕が心を曇らせてしまう悲しさよ。

DSC00299

いっそ海を渡る蝶のように、
風に乗って旅に出ようかと、思ったり思わなかったり。
思うなら、
思いの丈を原動力に羽ばたけばいいとも思うのだが、
思いはその思いの重しとなって気分だけが重くなり、
面映ゆく無口になるばかりなりなり夜の庭。


DSC09350

「4月になれば彼女は」はS&G。
9月なればぼくは、おじいさんになるという。
このわが人生初のキャスティングに、
やや戸惑い、やや呆然とし、
パンパンになってきた娘の腹を前に多々緊張し、狼狽しつつ、
羽化してくる蝶に、
笑顔で的確なる小言をちりばめる
良き花咲か爺さんを演らねばと。
まだ小僧である金太郎が染五郎に、染五郎が幸四郎に、
ラ・マンチャの男ドン・ジョバンニは
世を偲ぶ仮の姿である幸四郎が
白鸚の名跡を継ぐことに匹敵する緊張感を持って、
何とも落ち着かない夏を過ごしているのです。

DSC00182

願わくば、要らぬ苦労をせぬように。
ささやかで、おだやかで、たおやかな庭のような、
感情よりも感動が勝る人生となるようにと。
そして母となる者には
いつも庭の花に思いを致しながら、
間違っても鬼子母のごとき狂気に陥ることのなきようにと。
そのためには君の両親を反面教師とする勤行を、
一日たりとも怠りなきようにと。
出産というありきたりでありながら命がけの難行を、
君が見事に果たすであろうことを、父は信じている。
ただ、重要なのはその後なのだということを・・・
いや、今は言うまい。
まだぼくはじじいではない。
詩織、
目に入れるのが楽しみなお嬢を、よろしく。





今日は「金沢文庫店」にいます。



本日の出囃子はこれ。
意識の全てがお腹に集中しているであろう
娘へのプレゼント。
ぼくが多感な季節を迎える直前、1971年の、
スカッと爽やかコカコーラのCMソングだ。




誕生も、愛情も、幸福も、
奇跡の命を消費する行為の何もかもに
恋するハーモニーが必要なのだ。
だから、大変だろうけど、
今こそ意識は旦那さんへ。
ここからひと月間の
男の思いを大事にすることが、
ここから数十年の君の幸福な財産を形成する
原資となるのだよ。





今日は「金沢文庫店」にいます。




記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 家族の庭のつくり方 98
  • 家族の庭のつくり方 98
  • 家族の庭のつくり方 98
  • 家族の庭のつくり方 98
  • 家族の庭のつくり方 98
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • はなまるマーケット
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • H!nt de Pinto 119
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • 庭夜話
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • コノハナノサクヤヒメ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 来客招運
  • 来客招運
  • 来客招運
  • 来客招運
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • バルトークピチカート
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • Homeopathy
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 声出しの効用
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • 私たちの望むものは
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • メタモルフォーゼ
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 正しい堆肥のつくり方
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 片付けのコツは自然体
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 色
  • 色
  • 色
  • 色
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • インフルエンサー?インフルエンザ?
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • Push-pull method
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • 庭の法則 79
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • ガーデンセラピー 148
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • もしかしてだけど
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • インテリゲンチャ喧嘩せず
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 味の素で蓋をする
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • 家族の庭のつくり方 97
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • ガーデンセラピー 147
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 思い出してください
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
  • 人工知能がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ