庭のことだま

庭のことだま

夏には夏の花。

ノウゼンカズラにとってこの気候は、待ってましたと我が世の春。
「私は夏の花」と暗示をかけながら歩く朝、蝉の声。



DSC06021

DSC06027

DSC06022

DSC06035





気象予報士によれば、関東地方の猛暑は続くよどこまでも。どうやら梅雨は実質的には明けているもよう。
BGMを取っ替え引っ替えしながら、柔軟剤の香りも取っ替え引っ替えしながら、肉に食らいついたりそうめんを流し込んだりしながら、夜の庭ではキンキンビールとまったりバーボンをちゃんぽんにしながら、来し方と行く末を交互に見つめながら、無風の静寂と夜風のロマンを行き来しながら、あの手この手で乗り切りましょう。
暑さ寒さも彼岸まで。マツムシが鳴く季節までの長旅を、どうかご無事で。






 

庭のことだま

あの手この手でしのぐのだ。

森に入ると市街地よりも5℃くらい温度が下がります。
それは木々が茂らせた葉が日陰を作るのと、その葉から大量の水分を蒸発させることで冷やされた空気が根本に降りてくるからです。さらに、木々同士が上の方で枝をせめぎ合わせながら屋根のようになり、その下には広々とした空間がある。つまりトンネル構造になっているため、常に涼風が通り抜けています。そして足元は積もった枯葉や雑草がスポンジ状になっていて、真夏でもグジュグジュに水分を蓄えている。
森は、全体のハーモニーで暑さをしのいでいるのです。



暑さにへたりそうになったら、
森に入ってひと休み。


DSC05480

DSC07002

DSC06982

DSC03917

DSC05292





ここ数年のジャポネシアは夏フェス流行り。
もしもぼくがプロデュースするなら
オープニングはこの曲で。




 


今日は「港南台店」にいます。





庭のことだま

小は大を兼ねる。

夫婦円満→家庭円満→社会円満→人類円満。
景気が良くなれば、政治がしっかりすれば、平和な世の中になれば夫婦仲が良くなるなどということはないのです。逆ですよ、逆。
ミニマムをひとつ付け加えると記号が変わります。
自分円満>夫婦円満>家庭円満>社会円満>人類円満。
まずは自分を円く満たしましょう。



蜜を求めてひたすらに飛び続ける熊蜂が地球の生態系を支えているのだ。



2017年7月。

DSC05428



というロジックが正当である証拠に、その地道な行い対して「ご苦労様」「ありがとう」「あなたのおかげ」などと労をねぎらわれたら、生態系の頂点に君臨し天下を取ったような良い気分になるではないか。
それこそが、勤労が神によるプログラミングであることの証しなのだ。



2016年7月。

DSC07039



では逆だったらどうだろう。働けど働けど文句を言われ、花が枯れるのも雑草がはびこるのも、箸が転ぶのも自分がつまずいて転けるのも、何もかもあなたのせいよと険しい顔で。
どうする?
男たるもの、それでも一心に蜜を求めて飛び続けるのみ。 



2015年7月。

DSC06926

四季の森公園入り口の植え込みにて撮影。



不幸にして、というかありがちな展開として、女房から恋心が失せた後、男は仕事に恋をするより道はなし。
それでいいのだ。そのひたすらな労働と納税が社会を支えているのだから。
さあさあとにかく懸命に働きましょう。 「男の役割=労働」 という、何万年も続いてきた掟に従って。

ところで、では女性は?
もしもあなたが、自分が満たされていない原因は連れ合いにあるのだと、すべてあの駄目男のせいなのだと思っているなら心して次の事柄を、ぼくからの、ぼくが庭を思い描く時に匹敵する心からのメッセージとしてお受け取りください。
もしかしたらこの一言であなたの今後の人生がバラ色に一変するかもしれません。いやいやそれ以上に、仕事に励んでクタクタで帰宅した時にあなたが出かけて留守だったことに、ホッと、思いがけず解放されたようなリバティーに浸っている、あるいは家の中で、極力あなたに話しかけられないようにと忍び足で気配を消して暮らしているとか、はたまたあなたの常套句である脅しの言葉を脳内から払拭すべく、趣味に走ったり、こそこそと他に走ったりしているか弱き男たちの救済のために(あ、あ、あ、あの、念のためにですけど、わが家のことではありませんので誤解なきように)。
いいですか、心して、気を落ち着けて、では言いますよ。
今のあなたに決定的に欠けているのは、恋ですよ、恋。



妻が夫に夢中な時は万事がうまくゆく。
イギリスの格言



歌を忘れたカナリアは 後ろの山に棄てましょか
いえいえ それはなりませぬ

 歌を忘れたカナリアは 背戸の小藪に埋けましょか
いえいえ それはなりませぬ

  歌を忘れたカナリアは 柳の鞭でぶちましょか
いえいえ それはかわいそう

  歌を忘れたカナリアは 象牙の舟に銀の櫂
月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す 


恋の炎などすっかり消えてしまったとお嘆きのあなた、銀の櫂を携えて、象牙の舟でナイトクルーズをしたら、もしかしたら、再びあの日にかえれるやもしれません。
「小は大を兼ねる」というぼくの屁理屈に、騎士道の国の軽口を、武士道の国の言語で訳した格言にピンときたら110番。まだ若干の可能性は残されているような、いないような。なにせチャペルで誓った共同作業の一環ゆえに、どちらかが作業放棄をしたらハイそれまでよ。

これも念のために。
象牙の舟に銀の櫂とは何ぞや・・・・其は庭ですよ、庭。
月明かりと夜風の二人掛け席は、ターナーが掛かった部屋でラフマニノフを掛けるような、掛け値無しにローマンティークなマリアージュ。この竹垣に竹立て掛けたのは竹立て掛けたかったから竹立て掛けた、まわるまわるよ時代はまわるとばかりに、いい庭があれば人生は宇宙船地球号と同期する動機を得て上々な回転を続けます。
ただしあなたが、否さあなたたちが、「あの誓いの言葉をお忘れでなければ」という注釈付きではありますが。

あなかしこ、あなかしこ。じゃなかった、アーメン。





今日は「港南台店」にいます。

暑さが続くと口から放熱すべく饒舌になる悪い癖。
口を閉じて、涼しい顔で設計に励みます。






 

庭のことだま

オーラの泉。

輝いている人の背景には、情熱や、夢や、信念や、何かしら鮮烈な光があります。
くすんでいる人の背後には・・・あまり見ないようにしているのでそのドロドロの実態はよくわかりませんが、本人がとても辛そうであることは見て取れます。


背景を意識する。

DSC06003

DSC06006

DSC05450

DSC05520



 
自分の背景を自分では確認できないというもどかしさ。周囲の人の反応や、友人の声から想像するしかありません。
まあ、セルフイメージとしてはバラ色なんですが。
La Vie en Rose. 





 

庭のことだま

カイルアの海に浮いているような湿気。

一昨日から、昭和チックに首タオルで暮らしています。 



生ぬるく湿気った空気に漂う
濃厚なクチナシの香りは、
シアバターのように浸透してくる。

DSC05932

アロマモイスチャー。

DSC05948

仕事を早めに切り上げて、
何枚かのTシャツと
上等なフェイスタオルを購入して帰宅。

DSC05938

これでしばらく、
リゾート気分で汗を流せます。





今日は「港南台店」にいます。
 




 

庭のことだま

軽さと軽やかさの違い。

地に足つかない者の不安定さと、超高速で羽ばたく者の自由自在なホバーリングの違い。



ガウラとハナアブ。

DSC05885

DSC05886

軽やかな浮遊に
しばし魅了されました。

DSC05895

DSC05889

この感じ、この感じ。 





今日は「レノンの庭」でホバーリング。




 

庭のことだま

書を捨てよ、町へ出よう。タオルと着替えを持って。

少し歩くと汗が噴き出す季節になりました。
犬たちとの散歩で大汗かいて、早朝から心地よい達成感を味わっています(少ししか歩いていないのにお得感あり)。
では今日も庭の夜風タイムに向かって、軽やかに駆け抜ける感じで。



日中は地面が焼けるので
散歩は早朝のお楽しみ。

DSC07402

DSC07398

DSC07412





九州に接近している台風が、今夜中に横浜を通過してしまう予報。
足早なシャワータイム。これもお得感あり。


 


庭のことだま

無風の日には汝が風となれ。

これは弘法大師空海の訓え。

昨日昼過ぎ、風がなく湿度90%だった横須賀中央駅前で目撃した女性に、目が釘付けになりました。
じとっと重い街を、別次元にいるかのように涼しげに行くその人の美しさといったらもう。 
ファンデーションの威力か、はたまた白いヒールサンダルのマジックか。



不入斗公園で熟したヤマモモを失敬して帰宅し、
よく冷やしてから、
庭に出て一度に頬張ってみた。

DSC05557

脳内に甘酸っぱい風が吹く。

DSC05552

野鳥も原始人も感じたであろう涼風を
数秒楽しんでから種を吐き出した。

DSC05561

美味い不味いとは別次元の
時空を超えたなかなかの味わい。

DSC05560

血まみれみたいになった口と手に、
ひとり笑った夜の庭。
お気に入りの白いTシャツは、速攻で洗濯。





小さな池のほとりに百合の花が満開というニュースの合間に、「今日は33度になるでしょう」という天気予報。
バリッと乾いたシャツを着替えに持って、涼しい顔で出かけます。



今日は「港南台店」にいます。

 




  

庭のことだま

祇園精舎の鐘の声。

ここのところ、人の狂気を晒しておいて「何事であるか」と騒ぎ立てる報道が連続し、さすがに森に逃げたくなりました。



学校では教えてくれないことのひとつが「狂気を見極める能力の重要性」。安全な暮らしと健全は心の維持に、それは欠かすことのできないスキルです。
見極めた後に、野生動物は間合いを図ります。ではぼくら人間は?

いつの世にもあることとはいえ、狂った男の暴挙、狂った女の恨み節よりも、狂った世界は居心地悪し。オーディエンスはサーカス小屋の檻に入れられた象男の時と同じく、好奇と嘲笑が半ばする。
アイムヒューマン。アイアムジョンメリック。アイムヒューマン。アイアムジョンメリック。あのかすれた小声の絶叫が、今頃になって耳鳴りのように響き続けている。アイムヒューマン。アイアムジョンメリック。アイムヒューマン。アイアムジョンメリック。誰にでもある狂気のボタンが自分だけには仕掛けられていないと思う狂気。アイムヒューマン。アイアムジョンメリック。アイムヒューマン。アイアムジョンメリック。檻の内と外がいつの間にやら入れ替わっているという、猿の惑星のエンディングのように、滑稽で残酷な事態となっている。



夏椿咲く森を歩いてみた。

DSC05504

季節をなくしたヒトどものことなどどこ吹く風。

DSC05507

そこは悠然と初夏だった。

DSC05478

その悠然を目いっぱい吸い込んで、
腹に力を入れて、
再び狂気の電波飛び交う世界へと。

DSC05518

健全な庭を心待ちにする人たちの顔を思い浮かべながら。

DSC05510

テレビを消して、今しばらくのご辛抱を。

DSC05193

僕にまかせてください。

DSC06756

だいじょうぶ マイ・フレンド。





今日は「港南台店」にいます。




 

庭のことだま

Pretend.

思い込む。ふりをする。その気になる。
Just Pretend.



散歩道には Great Pretender が飛び回っている。

DSC055052

DSC04796

肯定的で楽観的に
思い込むという偉大なる本能。

DSC056632

DSC05576

否定と悲観の妄想は
一部のサルだけに顕著な珍しい生態。

DSC05573

極楽とんぼとはよく言ったものです。 




The Pretender
Jackson Browne with Crosby, Stills and Nash



グラハム・ナッシュが予想通りに
真面目で人望の厚いおじさんになったことが、
デヴィット・クロスビーが予想通りに
イカしたままのカントリーロッカーでいてくれたことが、
それ以上に、
高校生のぼくが敬愛して止まなかった
ジャクソン・ブラウンが、
予想に反してここまで生き延びてくれたことに乾杯。
あの純粋で繊細な優しさのままでは、
到底長生きはできないだろうと思っていたのです。



高速道路沿いの家を借りようと思う。そこで毎朝弁当を詰めて仕事に出かけ、夕暮れ時には帰り着き、ささやかな庭でささやかな時を過ごしてから身体を横たえる。朝日が差し込んできたら起きて、また同じことを重ねる。
アーメン。もう一度、アーメン。

何が変わってしまったのか。愛がもたらす何かを心待ちにしていたのは、愚にもつかない夢だったのだろうか。それでも彼女は日が暮れるたびに、またもや幻想とも妄想ともつかない、ひどいアル中患者のような絵を描こうとする。
アーメン。もう一度、アーメン。

愛ある暮らしへの憧れとカネにあくせくるす現実、その狭間。唸るサイレン、響く教会の鐘、鉄くず屋ががフェンダーを叩き潰す音がこだまする世界で、信号待ちのわずかな間に退役軍人が見る、かつてさまよった戦場の甘美な悪夢。小銭を握りしめてアイスクリーム売りが来るのを虚ろ顔でじっと待つ子どもたち。そんな街をしたり顔で歩くぼくのポケットには、もうアイスを買う小銭も、夢も希望も、愛のかけらも入っていないことは明らかだ。
恋人たちの笑い声が夜を駆け抜けてゆく。ゾンビの巣窟か、ステージ駆け上がり調子に乗って裸で踊り出す、醜悪なオヤジどもが入れられた精神科病棟のような、あるいは空爆されたシリアの虚しい風景みたいな街から、そんなの知ったこっちゃねえと勢いよく、二人の夢を満載にした船は彼方へと出帆してゆく。

きっと、必ず、素敵な娘を見つけよう。笑うことの意味を教えてくれるその人と、互いに欠けた色を補いながら一緒に夢の塗り絵をするんだ。夢中になって何が何色かわからなくなったらサングラスをかけて愛し合う。やがて二人に朝日が差し込んで来て、祈りを捧げる。繰り返し、繰り返し。

再び幸せな愚か者になろうと思う。相変わらずカネにあくせくしながらも、溢れる広告が躍起なって「幸せはいかがでしょう」と、「今ならお買い得」と弱った魂に狙いを定めて来るこの街で、極楽とんぼとなって。

神様、主よそこにおわすなら、あの日、夢と希望を満載にして旅立ち、やがて難破しうらぶれた港町に流れ着いた者に祝福を。大真面目にフリから始めようと試みる者にお導きの光を。さまよい膝を折り地べたに突っ伏した末に、もう一度だけ、全力でその気になることで立ち上がろうとしている者に。 





今日は「金沢文庫店」にいます。





 

庭のことだま

雨の日と月曜日は。

雨音と湿った空気で気が滅入ったら、そのまま深く深く息が続く限り沈んでいき、奥底に溜まっている有毒物質をかき集めてデトックス。



雨上がる。

DSC05401

雨は上がる。

DSC05421

それまでの時間は、
雨音を楽しむか、
雨を忘れて楽しむか、
雨上がりを楽しみ過ごすか。
はたまは雨にまつわる記憶を整理して、
やがて差し込む光に似つかわしくないと思われる
邪悪な汚れをデッキブラシで洗い流すか。

DSC06629

雨上がる。

DSC06784

雨は上がる。

DSC06550

地球が直径100センチの球だったとしたら、
富士山の標高は0.3ミリで、空気層の厚さは1ミリで、
真水はたった、スプーン一杯だそうな。

DSC05394

直径100センチの美しい球から12,000メートル先に、
東京ドームほどの大きさで太陽が燃え盛っている。

 


雨の日と月曜日は・・・・
まあいい、何れにしても雨は上がる。





今日は「港南台店」にいます。






記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • 巷はプロフェッショナルが溢れている。
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 雨上がる
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 空模様に従う
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 家族の庭のつくり方 92
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 家族の庭のつくり方 91
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • H!nt de Pinto 135
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 家族の庭のつくり方 90
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • Graceland Style
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 世紀のデスマッチ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 家族の庭のつくり方 89
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 秋の競演
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ