庭のつれづれ

庭のつれづれ

役に立っていない庭は役に立たないということで役に立っているのでこの先も役に立たないままであるという役に立たない現実を役に立たせるためにはなぜ役に立っていない庭が役に立っているのかを知る必要があるのです。

ああ、何ということか。残暑を勢いよく突っ走るぞと意気込んでいるところに、なんの具合か星回りか、はたまた気づかぬうちに波動が落ちてしまっていたのか、立て続けに同種類の悩みを抱えた方々のご来店。
もちろんそれが仕事なのでありがたいことではあるのですが、お持ちいただいた悩みの核心は庭に存在するものではないのです、ということをどうご理解いただこうかと。ええ、雑草が、はい、なあるほど。蚊が!はい、はい、ですよね、とてもよくわかります。えっご主人が!そうですかあ。いやはや困りましたねえ。ええ、ええ、はい、お金がねえ、だと思いますけど。はい、はい、はい・・・・という微妙で曖昧なやり取りを三回くり返しているうちに日が暮れてしまいました。こういう局面で、以前はいきなりストレートを投げ込んで気分を害されてしまうことが多かったので、この頃は投球せずに間合いを図るという技を身につけたのです。
しかしそれは功を奏さず、せっかく来ていただいたのにお役にもたてず、帰り際に「ところでカーテン閉まってますよね」と解決のヒントを投げかけることは忘れなかったものの、ほんの一瞬怪訝な顔をされただけで概ね機嫌よくお開きとなり、多分そのトスボールは届かなかった感じ。さて、今日の日はいかがなものだったのかと思ったり思わなかったりしながら、このままではいけないなあと、もしも案内に乗ってくださって、これを読んでくれるかもしれないというかすかな期待と、読んだとしたら怒りだすかもしれないなあという、あらかじめ用意されている後悔というかが相半ばしながら、それよりも、ややズッコケだった今日をそれなりに締めくくるために、ぼくが伝えたかったことの真意を書きとめておこうと思います。
 


ももクロとハナアブ。
蜜と受粉の限りない供給合戦は、
自然界のならわしである共存共栄の宴。
双方共に、
「依存したらハイそれまでよ」というルールを
遺伝子レベルで知っているので、
怠けることもブレることもなく
命の限りに宴会は続けられてゆくのです。


DSC06508



愚痴の種になっている庭と、グチグチ言いながら草を抜く人との関係性。その人は呪文のように不満を並べ立てては価値を持たない庭との対比で自分の有能感を得ているので、庭が文句のつけようのない素敵な場所になってしまっては困るのです。だからどのような解決策を提示しようとも、提示すればするほど次の不満と言い訳が溢れ出てくることは明らか。そうしないではいられないし、それを繰り返すほどにダメな庭のダメさ加減が強まる結果となってしまいます。
Co-depedency(共依存)または Co-addiction(共嗜癖)。
庭以外で言えば、過去の何らかの出来事でアイデンティティが希薄となった母親と、いつまでもオカアタマのケージを破壊することができないボクチャンの関係性。あるいは酔っ払ってはなじり合いながら決して別れようとしない、ダメダメ夫婦にありがちが共倒れへの道。
共依存は、それ以前には比喩的に Co-alcoholic(アルコール依存症者の家族)と呼ばれていました。酒飲みの狂気に振り回されるあまり、自分の人生をも狂わせ台無しにしてしまう家族に特徴的な病んだ思考という意味です。



DSC06518



そこから脱出する方法をフロイトはこう説いています。

あなたが頑強に目を背け続けている、無意識領域にあるトラウマを探り当てなさい。それを見極め素直に認めた瞬間に、あなたの手足を縛っている鎖が消えて無くなり思考が自由な翼を得て、人生の何もかもが思い通りの展開を始めることでしょう。

家庭内に起こる辛い問題の多くがこの共依存から始まっています。もしかしたら、と思った方は、前頭葉のメタ認知機能を駆使して軌道修正を(くれぐれも、くれぐれも、見つめる先は「問題」ではなく、「自分」であることをお忘れなきように)。



DSC06522



アルフレッド・アドラーが長く注目されなかった一因が、フロイトによるこのトラウマという概念を否定したという点にありました。アドラーは過去の呪縛に囚われているよりも、そんなものとは決別して現在と未来に生きるべきなのだと主張し、同僚であり師でもあったフロイトとも決別したわけですが、彼のその言動は、当時の精神医学界的には「論理性を欠いた薄っぺらな啓発である」と捉えられたのでした。



DSC065422



フロイトと、アドラー、どちらも正解なのです。



DSC065532



あなたがフロイディアンであれば、庭が荒れ果ててしまった原因、例えば目隠しができていないとか目的が曖昧であるとか、そもそも庭が何たるかを知らなかったとか、そういうことを見つけ出して具体的に改善すればよし。
アドラーの方がイケてるかも、と思う人は、ぼくにご連絡を。

と、まあこんなところで、設計はあまり進まなかったものの今日もそれなりに濃いいち日でした。ということで、めでたしめでたし。


あなたが認めたくないものは何ですか。どんなに辛くても、それを認めれば道はひらけます。
加藤諦三


 



一夜が明け、順調に分泌したメラトニンによって脳内は整理整頓されました。
フレッシュな気分で今日から新たな設計に着手。テーマは「 使われていない高台の空き地を、あの手この手で極上の庭空間にする」。

今日は「港南台店」にいます。





 

庭のつれづれ

暑くて熱い通勤路に、オレンジ色の花が咲く。

赤は情熱と積極。黄色は喜びと知性。その二色を混ぜ合わせたオレンジ色には「夢に向かって行動する」という意味合いがあるそうな。



どうやら夏が舞い戻ってくれたようです。

DSC06591

安心と調和の緑色から
吹き出た花でエナジーチャージ。

DSC06489

秋風吹く稲刈りまでは、あとひと月の猶予あり。

DSC06316

それまでの間、ゆく夏を濃密に楽しみましょう。

DSC06768

まずは、庭でそうめんでも。
よく冷やした錦糸卵と
きゅうりの千切りを用意して。


DSC06756

これで仕事も、情熱モードにシフトチェンジ。
夏復活を察知した蝉が大合唱しています。





今日は「金沢文庫店」にいます。
 



 

庭のつれづれ

あつものに懲りてなますを吹く滑稽さ。

「観測史上初」をこうも連呼されると、史上初が悲劇的なことに思えてしまうのです。
この頃では「百年に一度」とか、「かつて経験のない」とか、気象予報士は異常の警鐘を打つことに懸命なご様子。
あの鐘を鳴らすのはあなたの仕事で私の問題ではないと、アドラーが言うところの「課題の分離」を旨として、自分史上初の今日を、自分史に残る感動の日にしましょう。



遊歩道沿いに暮らすおじいさんが沈めてから、
三年の年季が入った蓮根から次々上がってくる蕾。
今年はやけに旺盛で、
かれこれひと月以上も咲き続けています。
最初の年は数輪で、
次の年は10日ほどの開花でした。

DSC06134
 
株の成長具合もあれど、
もしかしたら日照が少なめだったこの気候が、
性に合っているのかもしれません。

DSC07252
 
ん?
昭和の夏はこんなだったような・・・・。
 
絵日記に書き込んだ気温には、
35度越えが続くことなどなかった気がして。

DSC07237
 
いつのまにか異常に慣れてしまい、
一周回って
正常を異常と感知していたのかもしれません。

DSC06748

植物が健康であることを、
判断のメルクマールとしておけば良いのではないかと。
気象の専門職とて神様ではなく、
モードに敏感でいることが糧を得る条件であると、
知らず知らずに成り下がっているのではないかと。
だとすれば、ぼくらは
虚心坦懐に自然を察知するために、
植物の状態をわが事として捉えなければと思うわけです。

DSC07242

酸素を供給してくれる唯一の存在が
元気でいられる環境を最優先に置かなければ、
当然おかしなことになっていきますからね。

DSC07299

植物を指針とし、植物に倣い、植物と寄り添って暮らすべし。
自己啓発の最高峰、ナポレオン・ヒルの「成功哲学」よりも、
植物学の父、牧野富太郎の「なぜ花は匂うか」や
チャールズ・ダーウィンの「種の起源」の方が、
百倍は実践的な哲学書なのです。
ただし、あなたはナポレオンも牧野富太郎もダーウィンも読む必要はありません。
庭ですよ、庭。
庭を花で埋め尽くしてくしてみてください。
これでもかこれでもかと植え続け育て続けて、
そこがターシャの庭ほどになった時に、
あなたは成功という言葉の意味を知る事となります。





来店時は「植物は苦手で、虫が苦手で、土が苦手で」と言っていた方が、打ち合わせを重ねるうちに「芝生をやってみたくなりました」と、「バラにチャレンジしてみます」と、「いやあ、早く庭で過ごしたくてウズウズしています」と、庭への思考が180度変化してしまうということが立て続いています。
自分史上最高のコンディション(ぼくの調子が落ちないうちに、順調に息をしているうちにご来店を)。 





今日は「金沢文庫店」にいます。
 


 
 

庭のつれづれ

8月後半の圧。

この頃の空気と光が濃密に重く感じられるのは、「夏休みが終わってしまう」というあの締め付けられるような記憶がこびりついているからなのでしょう。
それもそろそろ五十回目なので、いい加減に大人の知恵を使って、秋へと思考を先回りさせ脱出を図ります。



どうやら、ゆっくりと
夏がリカバリーを始めたもよう。

DSC06217

暑くて熱い日々の再開です。

DSC06125

とは言っても、もう灼熱は
また来年のお楽しみかも。

DSC06484

夏バテもそこそこで、
すでに食欲が入道雲のように。

DSC06431

カロリーリストリクション仮説。
摂取カロリーを65%程度にすると、
多くの生物で寿命の延長が顕著であり
アンチエイジング効果が期待される。

DSC06821

秋に向かって
腹六分目半の人体実験の、始まり始まり。

DSC07321

しかし残念なことには、鶴太郎のような
ストイックさの持ち合わせがないもので、
いつもながらの半笑い程度で。

DSC06498

仕事しかり、料理しかり、
砂浜の陽炎がもたらす仮想恋愛しかり、
何事も、ほどの良さが肝要なり。






今日は「金沢文庫店」にいます。





庭のつれづれ

晴耕雨読。

昨日は雨のいち日。静かに集中域へと入り、設計がはかどりました。
今日も引き続きそんなイメージで。



夏の花、ポーリュラカ。

DSC06874

27cfb033

DSC08237

夜間と雨の日は花を閉じます。

DSC06647

DSC07124

DSC07125

雨降りには雨天仕様にシフトチェンジを。




BGMはキース・ジャレットをアラカルトで。




雨音との絶妙なマリアージュ。


デザートはこれで。



充実の仕事を終え帰宅し、
夜の庭でいただきました。




 

庭のつれづれ

波音が響けば  雨雲が近づく

曇天続きの夏、曇り時々雨という予報を無視して早朝に晴れ間あり。慌てて車を走らせ里山の田んぼへと向かいました。



DSC06992



晩稲(おくて)の花がまだなので、そろそろたかとタイミングを計っていたのです。



DSC06996



まだでした。



DSC07006



早稲(わせ)はすでに穂を垂れ始めているのに、これはまさか、気まぐれな空の差配に開花の機を逸してしまったか。



DSC07058



真夏のような梅雨が過ぎ、梅雨のような夏のままですでに秋の気配。眼を閉じて、息を止めて、さかのぼるほんのひと時。
あの日早々に颯爽と登場したスカシバは、この展開を知っていたのかも。



DSC07883



もう一度灼熱の高気圧ガールに戻ってきてほしいなあ。ついでに小麦色のマーメイドと夏色のナンシーと、鳶色の恋人も勢ぞろいで。
早くも攻め入ってきた雲を見上げつつ「夏をあきらめないぞ」と、誰に言うでもなく気合を入れて仕事へと向かいました。



DSC04155



代掻き、苗代作り、田植え、草取り、早朝の水の番。稲刈りのあの満ち足りた香りを思いながら地道な日々を送ってきた人たちに、どうか豊年満作な笑顔がもたらされますように。



4c27e759-s



とかくおしゃれな職業ばかりが目立つ世の中ですが、なんだかんだ言ってここは農民の島。島の民は気まぐれな自然に、転けることなく折り合いをつけて進むことが、先祖伝来のみことのり。
雨が降ろうが槍が降ろうがミサイルが降ろうが、火の用心、お仙泣かすな馬肥やしながら、土を肥やしながら、女房も肥やしながら、植物の成長を心の成長とし暮らしの糧とする、田舎の人々の純朴にして力強い、まさしく自然体の営みから遠ざかることなかれ。
そのためにはささやかな家庭菜園でオクラなどを、プランターでミニトマトなどを、あるいはせめてキッチンの窓辺で、豆苗の二期作三期作をお楽しみください。





 

庭のつれづれ

2017年の夏、峠を越える。

昨日は朝の庭で思い描いた通りにリゾート気分で仕事を始め、しばらくすると、ふと、流しっぱなしの作業用BGMがとてもクリアに聞こえることに気づきました。



恵みのミストシャワーでひと息。

DSC07078



そうか、蝉が鳴いていない。



DSC07087



終日の霧雨、雨音はなし。気温は25度ほどでエアコンは不要。お盆休みが始まり人影もまばらだし、この頃の血圧を下げる食事が功を奏して、以前は断続的にうるさかった耳鳴りもゼロ。



DSC07075



とても静かなのです。



DSC07086



2017年の夏は終わった、そんな気がしました。
梅雨が猛烈に暑くて明けたらそうでもなく、でもまあ数日はクラクラするほどの高温もあったから、まあこんなもんかと。あとは残暑を楽しみつつ秋へと思いを先送りして、などとつらつらと。



DSC07094



そして再び思う存分設計中の仮想庭を歩き回り、座ったり、立ち上がったり、寝転がったりしながら夕方となりました。
なかなかいい調子です。





今朝は盛大な雨。「港南台店」にいます。




庭のつれづれ

夏のど真ん中。

来週になれば海にはクラゲが、その翌週には円海山の頂上付近で、盛大なマツムシの求愛の宴が始まる。
行く夏はいつも俊足。今のうちにスイカと、そうめんと、枝豆&ビールと、線香花火を楽しんでおかなくては。

森を行くと、
なんの具合か蝉が鳴きやんで、
深い静寂に入ることがあります。

DSC06801
 
その深みに意識が吸い込まれて行った先は、
いつも小学生の夏休み。
そろそろドリルをやらなければという
幼心にはやや残酷なプレッシャー。

DSC06808

なんたって、広大な自由の時空に放り出しておいて、
背中に不自由の時限装置を背負わせるという
ダブルバインドは、
やはり子どもにはキツい仕打ちなのです。

DSC06098

まあ、その試練によって鍛えられ
成長してゆくわけですが。
計画的にコツコツやる、
あるいは7月中に仕上げてしまう子には知能が、
明日から、明日から、
必ず明日からはと先送る子どもには情緒が。

DSC06792

後者だったぼくは、
夏の後半には今でも重苦しい影のような、
油断すると泣きたくなるような、
この時期限定の特別な風情を感じます。

DSC06812

Midsummer's Melancholy.
優等生には想像もつかないであろう、
深遠で重厚で濃厚なアブストラクト。
これはこれで、今となっては庭を描くのには欠かせない
貴重な心の原資なのです。





今日は「港南台店」にいます。
 


 
 

庭のつれづれ

夢のようだ。

夏休みに入ると毎年思うこと。大人になり宿題がないというのは天国です。



行きたいところに行き、
食べたいものを食べ、
聴きたい音楽を聴き、
好きなだけ本を読み、物思い、
おまけにお気に入りのカメラまで持っている。

DSC06817

気づけば満ち足りた
夢の世界で暮らしているんだなあ。

DSC06828

ここにたどり着くまで少々の努力はしたものの、
それよりも運の良さが大きかった気がします。

DSC06835

要所要所で
驚くような幸運に救われてきました。

DSC06802

アリガタヤアリガタヤ。

DSC06131

もうひとつ、とてもありがたいのは、
今も次々と夢が浮かんでくるということ。

DSC06099

どうやら運は、
夢見がちな者に味方してくれるようです。






今日は「金沢文庫店」にいます。








 
 

庭のつれづれ

仕事は遊び半分で。

その日のスケジュールにもよりますが、設計オンリーの日はコンスタントに遊び8割まで行けるようになりました。
きっとこういうのが熟練ということなのでしょう。
思い起こせば20年前は「遊んでる場合じゃない」と、前のめりに気合を入れ続ける日々でした。



早くもやってきた秋の使者、
オオスカシバ。

DSC06897

DSC06890

DSC06913

DSC06911

独創的な姿かたちといい、
優雅でユーモラスな動きといい、
かなり上級な遊び人。



「遊び」とは仕事上で最も好ましい状態。遊んでいたら疲れ知らずだし、喜びも興奮も感動もふんだんに得られるし、常に「もっと楽しむためには」という思考があるし、これはもうナポレオン・ヒル・プログラムを暗記するよりも、はるかに効果が出やすい成功哲学なわけです。

そのうち100%の遊び感覚で日々を塗りつぶせるようになりたいものだと。
ぼくが抱いている野望の一つです。





今日は「港南台店」で遊び呆けています。




 

庭のつれづれ

夏休みの記憶に咲くサルスベリ。

暑さに喘いで他の花数が少なくなる中、夏の百日間を咲き続けることから「百日紅」と名付けられたとのこと。



DSC06607

DSC08039



潮風に強いので、八景島周辺の街路樹はほとんどサルスベリ。色とりどりに夏の風景が続いています。 



DSC08037

DSC08055



生まれ育った新潟にはサルスベリが少なく、夏の記憶にある植物は河原の桑の木やススキや畑の仏花と野菜たち。それと宿題で検察したアサガオと、種を食べるのが楽しみだったヒマワリ。
でも横浜の子どもたちには、きっとこの花が一生の宝物として刻まれるんだろうなあと思いながら眺めています。 



DSC066302

DSC06675



疲れた時に、迷った時に、二進も三進もいかなくなった時に、幼い日の記憶が支えてくれることをぼくは何度も経験してきました。
子育て中の皆様、今日を子どもたちの素敵な記憶にすることが、あなたに課せられた重要な任務であると思ってくださいね。



ちなみにこちらは千日紅の花。

DSC08575

DSC06039



灼熱の梅雨が明けたら一転して曇天時々雷が続く変な夏ではありますが、偏屈な動きをしている次の台風が上陸して天空がシャッフルされれば、きっと夏らしい夏になるのではと期待しています。
夏も折り返し地点まで来ました。あと五十日を元気に咲き続けましょう。





今日は「港南台店」にいます。
 


 
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 家族の庭のつくり方 88
  • 家族の庭のつくり方 88
  • 家族の庭のつくり方 88
  • 家族の庭のつくり方 88
  • 家族の庭のつくり方 88
  • 家族の庭のつくり方 88
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 132
  • H!nt de Pinto 132
  • H!nt de Pinto 132
  • H!nt de Pinto 132
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • ノア走る。
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ガーデンセラピー 145
  • ガーデンセラピー 145
  • ガーデンセラピー 145
  • ガーデンセラピー 145
  • ガーデンセラピー 145
  • ガーデンセラピー 145
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 家族の庭のつくり方 87
  • 家族の庭のつくり方 87
  • 家族の庭のつくり方 87
  • 家族の庭のつくり方 87
  • 家族の庭のつくり方 87
  • 家族の庭のつくり方 87
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • ガーデンセラピー 144
  • ガーデンセラピー 144
  • ガーデンセラピー 144
  • ガーデンセラピー 144
  • ガーデンセラピー 144
  • ガーデンセラピー 144
  • ガーデンセラピー 144
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 131
  • H!nt de Pinto 131
  • H!nt de Pinto 131
  • H!nt de Pinto 131
  • H!nt de Pinto 131
  • H!nt de Pinto 131
  • H!nt de Pinto 131
  • 家族の庭のつくり方 86
  • 家族の庭のつくり方 86
  • 家族の庭のつくり方 86
  • 家族の庭のつくり方 86
  • 家族の庭のつくり方 86
  • 家族の庭のつくり方 86
  • 2017年の夜風ランキング第1位。
  • 2017年の夜風ランキング第1位。
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 家族の庭のつくり方 85
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • H!nt de Pinto 130
  • Psychopathy wave は一線を越える。
  • Psychopathy wave は一線を越える。
  • Psychopathy wave は一線を越える。
  • Psychopathy wave は一線を越える。
  • Psychopathy wave は一線を越える。
  • Psychopathy wave は一線を越える。
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のことだま
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • 庭のつれづれ
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • そうだ、森へ行こう。
  • 多肉女子、咲く。
  • 多肉女子、咲く。
  • 多肉女子、咲く。
  • 多肉女子、咲く。
  • 多肉女子、咲く。
  • 多肉女子、咲く。
  • 多肉女子、咲く。
  • 多肉女子、咲く。
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ