ナチュラルな闘争・夜の庭

 草原で暮らすか弱き草食動物トムソンガゼルは、群れて暮らし肉食獣から身を守っています。ただし、いくら群れたところでライオンはそれを恐れるはずもなく、逆に好物がまとまって草を食べているのですから、格好の食べ放題レストランを見つけたようなもので群れを襲わないわけがない。ではなぜガゼルは群れているのでしょうか。チコちゃんに教えていただきましょう。



見上げる星空は紛れもなく宇宙空間であり、
渡る風は地球の隅々までを何万回も巡ってきた空気の流れ。
夜の庭にいると、確かにそれが感じられます。


70c3740e

27427765



 なぜガゼルは群れで暮らしているのか。それはね、犠牲者をひとりだけ置き去りにして、群れ全体は楽々と逃げられるから〜。ぼくらが考えると、身内を生贄にするようなその行為はとても残酷な事のように思えます。しかしガゼルたちは、そこに大きな悲しみなど感じていないことでしょう。群生動物にとってはその群れの存続こそが各自の幸福感の源で、少しの犠牲者は全体のために必要なのだという、遺伝子に刻まれた確固たる掟を持って生きている。これは弱者なりに培ってきたナチュラルな闘争手段、逃走のための闘争なのであります。



f5f3d0e2

79e6934e



 人もまた弱者。故に家族、仲間、社会、上手に群れる者は幸いなり。



1a443800

380958fe



 とはいうものの、犠牲者は最小にしたいし、できるならそのような死に方をする者をゼロにしたいというのが、愛情豊かな我々猿の本意でしょう。ああそれなのにそれなのに、ガゼルに比べてむやみに不条理な死が多過ぎる人間社会の現実よ。不条理とは、「群れを守るため」ということとは無関係に、狂った猿によって突然奪われる命、という意味。ガゼルは狂わない。もしも狂ったとしたら即座に追放される。だから虐待したり殺したり、悪事に酔いしれて群れに迷惑をかけるような者などは、ただの1匹も存在しないのです。



958b4e13

e4a0771a



 昭和時代の悪い癖で、精神に異常をきたした者をを気狂い呼ばわりすることに抵抗がある我が世代。されば柔らかく、クルクルパーと称しましょう。クルクルパーは早々にとっ捕まえて、治療なり指導なりしないとえらいことになる。昭和の御代ではご近所さんが「一度お医者に診てもらったほうがいいですよ、ひどくならないうちに」と家族に指摘してくれたし、ご隠居や、お寺さんや、おばちゃん同士の井戸端会議で議題に乗せて、丁寧にクルクルパーを正常へと導いてくれたものです。今は残念ながらそれがない。最良の対処は「関わらない」こと。だから狂人は孤立し、愛情に基づく支援も拒絶し時には牙を剥き、ますます狂ってゆくばかり。



290e76cd

7ec41010



 自然界の構成員として、ぼくらはいつの頃からか不自然な性質に陥っているのでしょう。草木であろうと虫ケラであろうと、自らの命を長らえるためには闘争を回避することはできない。生きるために、よりよく生きるために、敵とは対峙しなければならない。遠い国ウクライナのことは横に置いとくとして、身近では夫婦間で、親子で、家庭内であっても闘争を抜きにして平和は維持できないのです。闘争か、逃走か。知恵ある者は闘争を回避し逃走を選択する。しかしこれがなかなか厄介でありまして、逃げの一辺倒では幸福なる家庭は儚く崩れてゆく。夫にも、妻にも、子供にも、上手な闘争を展開する能力が必須なのです。



f42f0872

e35d2c05



 では上手な闘争手段とは如何なものであるか。それはですね、トムソンガゼルのように、ナチュラルであること。軸足を群れの掟、自然界のお作法から外さないで、愛情を持って闘うこと。困難に際して足元をすくわれ、不自然な領域に転げ落ちてしまった者は思考に障害を起こしてしまう。引きこもり、ゴミ屋敷、弱みにつけ込む宗教まがい、家庭不和、アルコールやギャンブルや各種依存症。不安に負けて、あるいは何かに深く傷ついて、カーテンを閉め切り膝を抱えてうずくまる人の哀れさよ。そう、心が病んでゆく入り口に必ずあるのが、庭を疎ましい場所であると認識してしまうことなのです。間違いない。本来であれば、健康と幸福の維持に不可欠な価値あるスペースなのに、それを見たくもない、出たくもない、雑草だらけの嫌いな場所にしてしまうことは、自然に背反する、症状とも言えること。ただしそういう家があまりに多いので、そこに危機が潜んでいるのだという声を上げる人など皆無なわけです。



984b84f2

70c9a3a1



 庭に背を向ける人はガゼルが持つナチュラルさを失い、軸足が自然から離れ、やがて不自然な暮らしに喘いで愛情を見失う。当然のことながら諸問題に抗う気力など残っていようはずもなく、締め切った部屋で怯えて過ごすのみ。何度も目撃してきたカーテンを開けない人たちの叫びのような沈黙。かく言う我が家でも、これまでに何度かそういう場面がありました。実家でも、田舎の隣近所でも、お客様、庭を楽しむ賢者の方々であっても山あり谷ありで、やはりそんな時期を経験されているわけで、ぼくは例外を知りません。つまりは人類全員がクルクルパー予備軍であることは確かなようで、プーチンは狂っている、ルフィーとその一味は、ゴミ屋敷の偏屈爺さんは、などと言ってる場合ではなく、己が身と家族の健全さをキープすることが人生上の最重要課題なのであります。



db64cd92

ef65241f



 こういうことというのは、他人事であるうちはピンとこない。ところが自分事となると、これほどキツいことはない。実際に我が身内がほんのりと軽く病んだだけで、ぼくにできることは少なかったのです。助けなければ、救わなければと四六時中その方策を考えても、クルクルパー側は抗ったり引きこもったりを繰り返すばかりで、しかしこっちは必死のパッチ。何日経っても、何ヶ月経過しても課題は解決することなく、手も足も出ないままに自分は疲弊してゆくばかり。唯一、必死でやり通したのが毎晩庭に出てひとりの時を過ごすことでした。ぼく自身の精神が自然から離れてクルクルパーに陥ってしまったら、結果として愛する家族を守ることができなくなってしまいますから。そんな思いで庭での時間を過ごし、それはすっかり習慣化して日々の大きな楽しみとなった頃に、ゆっくりとクルクル家族は回転を止め、危機の深みから浮き上がってきてくれました。その何度も何度も諦めるしかないのかとへたり込んだ経験が、面白いことに、その後の庭設計に変化をもたらしまして、こうして充実の提案が立て続いています。庭によって危機を切り抜けられたことと、その経験が仕事に活かされたこと、ぼくは幸運であった、太陽神アマテラスの思し召しなり、としか言いようがありません。



17de4260

becd136f



 ナチュラルな闘争。苦難と闘わない者は、ベートーベンが第九で歌い上げている如くに去るしか道はない。愛情を失い闘い方を誤った者も、家族であっても家庭という群れから排除される運命を辿る。残酷なようでもそれはどうしようもないこと。群生動物ホモサピエンスに幸あれ。庭ですよ庭。庭があなたの正常性をキープしてくれる大切な場所。庭ごときで何を大袈裟な、と思うなかれ。今現在正常な精神で暮らしているあなたが、その健全な心のままで人生のゴールまで辿り着ける可能性が極めて少ないことを、年配の方ならご存知のこと。幼児には幼児期の、青年には青年期の、成人、中高年、老年、至る所にクルクルパーの落とし穴はある。最低限自分はそこに落っこちないように、軸足を自然に置いて暮らしましょうぞ。見事に、最後まで。 



7e9c1514

10abe8ad



 久しぶりのアップがごんなエグい話で申し訳なし。大谷の活躍に感動し、感動した分、相も変わらぬ世の中の悲惨な事件やら、これまた絶えることなく持ち込まれる、庭にまつわる不愉快なご近所トラブルのことが脳内に浮き立ちまして、ここいらで一回クルクルパーへの見解を整理し書いておこうと思った次第。ついでにもうひと言、幸運にも本日精神が健やかで、侍ジャパンに感動した皆様へ。過ごすタイプの庭の場合、日中よりも夜の方が何倍も癒しを与えてもらえます。ほんの5分でいいから夜風と星空を楽しむことをお勧めします。けっこう真剣に、愛と平和な世界を実現するために。っと、「するために」は尊大にすぎるので、 世界が Love & Peace に向かうことを願いつつ、くらいで。


『 愛なき世界 』

16歳、少年ポールがジョンと知り合った頃に作った曲。

 

ポールは最初から、完成されたポール・マッカートニーだったことがわかる一曲。
だから今も少年のままなんでしょうね。
大谷も少年のままでいることが完成形という稀有なる人。
見当はずれかもしれない、穿ちすぎかも、と思いつつも、
大谷は、銀河鉄道の夜の主人公ジョバンニと、心根が同じ気がして。
曇りなく優しくて、ひたすらにまっすぐで。
 昨夜、庭の書斎で何度目かの一気読み。
宮沢賢治は軸足が自然の大地から生えているような人でありまして、
登場人物もまた、悪人であっても、狂人であっても、
不自然な者が存在しない。
いじめっ子も、世の不条理な死も、怪しい人物も、
何もかもが夜の庭で浴びる天空に溶け込む、雄大な営みから降る一欠片。
キラキラキラキラ、光っているのです。
イーハトーブを思い描いていた賢治さんの作品こそが、
現在ぼくらが触れることができる、
心象世界にある理想郷なのかもしれません。
ああ、カムパネルラの魂よ我に乗り移れ。
ほんとに、夜の庭時間を、たった5分で構わないからあなたもぜひ。
そうすることで何かが大きく変化するか、あるいは整うか、
いずれにしてもそこには、ジョバンニが目指していた、
すべての者が幸せに暮らす世界の入り口があるのです。
 


ご近所のミモザアカシア美しや

 自宅から少し離れた駐車場までの坂道を、早朝と夕方、毎日歩いています。横浜市港南区日野、狸が住み着いていたであろう丘陵を切り拓き、人類用に宅地造成されたのが4〜50年前でしょうか。住民の多くがぼくよりも年長の方なので、ゆったりとした空気感が漂う、いい具合に年季の入った住宅地。ご近所のお年寄りと立ち話をしていたら、売り出し当時は人気が高くて何十倍かの抽選だったとのこと。50年前とはつまり昭和40年代。35年生まれのぼく的には5歳から15歳、保育園から小学校中学校までの、いわば猿が人間に成長した期間です。



DSC08550 3

DSC08556 4



 その頃に、イワフチ少年が存在すらイメージしていなかった、遥か遠い横浜の新興住宅地では、当選に歓喜して、ありったけのお金と組めるだけのローンを手続きして買った土地に、ワックワクで家を建てて暮らし始めた人たち。あれから幾星霜、所々にはお若いご夫婦が新築をして、公園では子供たちが賑やかにボールを蹴っている。きっとヒーローは三笘なのでしょう。ワールドカップ以降、男女を問わず、ちびっこたちの間にサッカーブームが起こっているようです。



DSC08558



 昭和40年代、実家が家電屋だったために、カラーテレビ、電気洗濯機、冷蔵庫が飛ぶように売れていた活気を記憶しています。世は三種の神器にとどまらず、マイカーブーム、トリスを飲んでハワイに行こう、家具のようなデカいステレオコンポが鎮座した。そうそう、若者が自分たちの音楽を獲得したのも40年代でした。大人たちがコンポで『南太平洋』を流し、茶箪笥から取り出したジョニ赤をちびちび舐めているのに対して、ぼくらガキどもは与えられた自室に篭りまして、ラジカセでフォークソングとロックを聴き漁って、ギターをかき鳴らしていた。



DSC08559 2



 核家族化は、まさしく核融合のように止めどなく広まりました。好景気が続いて、開発、発展、拡大も止めどなし。人々の究極的な夢は庭付き一戸建てを手に入れることとなったわけです。庭付き一戸建て、後にぼくはその時代の流れの中に浮かんだ『夢』を舞台として、庭を思い描き出現させてゆくことを生業とするわけで、見ようによっては時代に乗ったことの幸運に感謝せねばと思ったり、いやいや時代の開拓者だったのであ〜る、と、胸を張ってみたり。



DSC08563 2



 しかし考えるべきは我がことではなく、坂道の途中にある一本のミモザの木のこと。ここ数日、その姿形に足を止めて感動しきり。美しいのです。これは植木屋が持つ剪定セオリーでは絶対に仕立てられない。時々奥様が通販で買ったのであろうと思われる高枝切り鋏を使い、チョンチョンやっている。声をかけたら「切らないと電線に届いちゃうから」と、徒長枝だけを切っています。専門知識など関係のない、丁寧な暮らしの積み重ねで仕上がった樹形で、故に下枝も揃ったダルマ型に満遍なく小枝が揃い、全体的に咲いている。



DSC08552 2



 このお宅には他にも、ナニワイバラ、セイヨウニンジンボク、コニファー、数本の雑木の類が植っていて、玄関先には手作り風のプランターに季節の花がアレンジしてあります。どれもこれも幸福感が伝わってくる元気さと姿の良さで、これまたやはりプロにはできない、その奥様ならではの世界観。ぼくがいつも立ち止まって眺めるせいでしょうか、顔見知りとなりまして、しかし会話するほどではなく笑顔と笑顔で軽く頭を下げ合うだけの関係性ながら、朝に晩に、そのお宅の庭へを目を向けつつ「いい人生を歩んでこられたんだろうなあ。こなふうにう暮らさなきゃなあ」と思うのであります。



DSC08564 3



 昭和は遠くなりにけり。しかし昭和人は、そろそろ人生の仕上げをする季節。終わりよければすべてよし。花咲く人生であったと振り返ることができるのは、今日の庭に花咲かせる、丁寧な暮らしを送っている人限定なのかもしれません。越し方にお風景込みで花咲かす、老いるとは、なんと豊かであることか。ご同輩、庭ですよ庭。素晴らしき人生は百花繚乱、四季折々に花咲かす暮らしぶりなり。




あ、今日は誕生日だ。
え〜っと、63歳、かな?
するってえと、今日の出囃子はこれですな。




ちなみに、ミモザアカシアの花言葉は
「優雅」「友情」「秘密の恋」。
豊かだなあ〜。



 

風の歌を聴け 春の風

 北風の日はコートを羽織り、無風の日和にはジャケットだけで心地良し。寄せては返す三寒四温は、やがてひねもすのたりと春の風。春の風が吹いてきたら、メダカも蝶々も小鳥たちも、うれしそうに笑うだろう。春だよ、ぼくらの春がきたよ。凍てついた冬が懐かしいような、さらに遡ってあの灼熱の夏には毎日2リットルの麦茶で生き延びたなあと、立ち止まり、越し方を眺める峠道に降り注ぐ光の温もりにアフォードされて、アフォーダンス・ダンス・ダンス。い〜い季節ですなあ。



店の近くにある梅林が一気に勢いづきました。
森田さんによれば、来週から春本番という予報。
さあてと、花に倣って、溜まりに溜まった仕事をフルスピードで。

DSC02371

DSC03699



 横浜市港南区日限山、ご近所にまたひとつ感動的な庭が完成しました。かれこれ10年前にガーデンリフォームをやらせていただき、今回は転居で、新築の更地に新たなる庭を想像し創造。前回の庭を家族全員&親戚とご近所さんで楽しみまくったご一家は、今度は一層楽しめる庭を、といううれしいご要望。それに応えることができた気がして有頂天の数日間なのであります。このいい感じが遠のかぬうちに次なる仮想庭へと意識を転居させて、さて、またもや夢中で設計設計また設計。



DSC03683

DSC03670



 今回の仕事でとても印象的だったことがあります。ぼくよりも年長のそのご夫婦の強さです。強さと言ってもそれはパワフルさではなく、常ににこやかで、穏やかで、喜び上手で、いくつかあった気がする施工上の不出来も、『指摘』ではなく『ありがとう』を使って上手にこちらを修繕作業へと導いてくださる。基本的に機嫌が良くて、些細なことにも感動と感謝を表現しながら暮らしている。天下無敵とはこのことかと思いました。あ、つまり、天下に敵がいない。敵がいないということは、誰とでも良好にコミュニケートできるということ。天下泰平人類皆兄弟。戸締り用心火の用心、一日一回良いことを、ニコニコニッコリ日曜日。親を大切にしよう!一日一善!ああ、懐かしきかな笹川会長。



DSC04983



 誰が言ったんだっけなあ。太宰だったか、芥川だったか、京都のお坊さんの言葉だったかやしれません。

 ぼくがあなたに残せるものなど何もありません。ただ、あなたの人生に吹く、春の風でありたいのです。

 い〜い言葉ですなあ。天下無敵とは春の風也。


 


 

司祭ヴァレンティヌスの殉教

 古代ローマの後半期、帝政時代と呼ばれる内戦に明け暮れていた頃に、皇帝は兵士に里心がついて士気が下がる事を懸念し、恋愛禁止令を発布、若い兵士の結婚を禁じました。当時のローマはミトラス教という宗教が主流でキリスト教は異端の徒。異端でありながら、そこがクリスチャンの特色でありまして、しぶとい。江戸時代の隠れキリシタンがそうであったように、弾圧を受けても挫ける事なく信仰を続けます。ローマの隠れキリシタンたちを牽引していた司祭がヴァレンティヌス。彼は皇帝に抗いまして、信者には「大いに恋をせよ。恋愛し、結婚し、幸福な家庭を築きなさい」と説き、司祭として兵士の結婚式を執り行います。皇帝から度々警告を受けてもその信念を曲げることがなかったために、ついに死刑を言い渡されてしまいます。2月15日、豊穣祭の前日に処刑が行われ、信徒は泣き、司祭ヴァレンティヌスは聖人ヴァレンタインとなりましたとさ。



店で設計に没頭していたら、
突然 My Girl たちがチョコレートを届けに来てくれました。
昨日みんなで手作りしたそうな。
なんでも全部味が違うんだって。
ありがとね。


DSC08480

DSC08484

DSC08486

DSC08487

DSC08489



 クリスチャンたちは、処刑が行われた2月14日を聖ヴァレンタイン殉教の日とし、婚姻生活の守護神である女神ルノーの祝日と定め、そのお祝いの意味には「男女が出会う日」というニュアンスが含まれていたとのこと。歴史上にあったそのささやかな逸話を、「女子が男子にチョコレートを贈って告白をする日」としたのは日本人。諸説ありますが、どうやら大田区大森のお菓子メーカー株式会社メリーチョコレートカムパニー、ご存じメリーチョコレートだそうです。諸説あるとは、他に神戸のモロゾフ製菓、森永製菓、ソニープラザなど、うちがバレンタインデーを広めたのであるとするお菓子屋さん多数だそうで、いずれにしても発端は、商売上の、売らんがために捻り出した苦し紛れのアイデアだったのです。



DSC08455



 商売とはこういうことで、知恵を絞って、消費者に新たな幸福感を提案提供してゆくこと。素晴らしい。日本のお菓子メーカー各社は、競い合いながら新たな市場のフィールドを開拓し、結果、実に心和む風習を生み出してくれました。これはお菓子屋さんの理念に、ストレートに『幸福感の提供』があるからで、世の中にはなかなかそういう業種は少ない。お菓子屋と結婚式場とディズニーランドとグレースランドくらいじゃなかろうかと。弁護士をされているお客様から「イワフチさんはいい仕事をしていますね。グレースランドには幸せな人しかやって来ない。弁護士事務所に来るのは、不幸に喘いでいる人ばっかりですよ」と。はっとしたものです。そう言われればそうだなあと。心してかからねばと。



DSC08458

DSC08468

DSC08469



 ちなみに、当たり前ですが、欧米にはチョコレートを贈る風習はなく、女子から男子へでもなく、大切な人へ想いを伝える日とされているそうです。フランス人は、恋人たちや夫婦が一緒に過ごす特別な日。アメリカは家族に加え、クラスメイト、先生、知り合いやペットに感謝を込めてプレゼントをする。フィンランドでは友達と友好を深める機会とされているとのこと。クリスマスと同様に、本日2月14日は世界に愛が満ちる日なんですね。こうして、そこに参加できることをありがたく思います。


ヴァレンタインデーと言えばこれ。
古典的な歌唱様式、レチタティーボを使っています。
レチタティーボとはオペラの
「歌っているような、話しているような」叙述的独唱を、
曲の冒頭に、前口上として持ってくる手法。
今はヴァース( Verse )と言うようです。
スターダスト、
ビートルズのThere and Everywhere、
ピンクレディーのウォンテッドも。

私の胸の鍵を 壊して逃げて行った
あいつはどこにいるのか
盗んだ心返せ
Wanted Wanted

本編へのワクワク感を高める前口上、
プレゼンテーションの度に結構考えるんですよ。
お客様を、
幸せに満ちた庭世界へとお連れしたい一心で。





Verse
ご覧なさい あの美しい鳥の姿を
誇らしげに美を競い合う姿を
あなたは自分の姿を見たことがないのね
バカな人

虚ろな顔つきが 乱れた髪が
あなたの良さを隠してしまう
あなたは気高く真っ直ぐで 誠実で 真実味にあふれ
そして ちょっと間抜けなやつ



CHorus
あなたは私の恋人
素敵で楽しいヴァレンタイン
私を心から笑わせてくれる
おかしな顔つきで写真向きじゃないけど
でも 私にとってはお気に入りの芸術品なの

姿はギリシャ彫刻より劣る
口元も弱々しいし
話し方だってスマートじゃない
でも 髪の毛一本だって変えないで
私のことが好きならそのままでいて
愛しのヴァレンタイン 変わらないで
毎日がヴァレンタイン・ディなの



 

風の歌を聴け ググッと寄る

 ハッと感じたら、グッと寄って、さらにグッと寄って、バシバシ撮りなさい。篠山紀信がミノルタのCMで発した言葉です。昭和時代のブラウン管からほんの一瞬流れたこのメッセージに刺激されて、カメラマンを目指した若者は多かった。ぼくもそのひとりであったような気がします。



絞りを開放にし、被写界深度の限界まで近寄り、
呼吸を整え、静かに指を下ろす。
フィルムカメラの頃からの不思議な癖というか、
36枚に1〜2枚の割合で、ドキドキする瞬間がやってくるのです。

無意識に、フィルム1本(当時400円ほど)を人生と捉えていたのかもしれません。
ドキドキできなかった人生なんてつまらない、と。

現像にもお金がかかるため、1枚もときめかなかったフィルムは
ポケットに入れ、帰りにそのまま捨てていました。
この感覚、フィルム代がかからないデジタルカメラ世代には、
ピンと来ないことかも。

58fcef31

847def85

d3baaf28



 「グッと寄って、さらにグッと寄って」が響きました。当時はカメラブームで、ニコンF2フォトミックを持つことがぼくの憧れ。各カメラメーカーは競って露出のオート機能、さらにズームレンズを発売し売りまくる中、ニコンは頑固一徹、マニュアル機の名品ニコンFを基軸に、F2、F2フォトミック、FM、FM2、AM、EM、F3と、威風堂々たる王道を切り拓いて行きます。後年この頑固さが災いしデジタル化に乗り遅れてしまうのですが、それはまた別の話。当時はニコンこそが国産カメラの最高峰であり、マニアたちはそのニコンイズムに倣いズームレンズも毛嫌いして、明るくボケ味のある単焦点レンズで自らが動き回る撮影スタイルを良しとしていたのでした。そんなタイミングで「ハッと感じたら、グッと寄って、さらにグッと寄って」と語る篠山紀信に、これぞプロのお言葉であると感動したわけです。



2cf33b28

358310ef

9569f2a1



 あの頃のカメラマンはタレント的に人気があり、テレビ・雑誌に出まくっていました。立木義浩、浅井慎平、荒木経惟、野村誠一、加納典明・・・そしてメメント・モリの藤原新也。作品と共に、彼らの言葉に手を引かれ、導かれた人は多かったはずです。すっかりデジタル化となった今、カメラマンたちは無口な裏方となってパソコンに向かっている。スマホによって一億総カメラマン化した今こそ、あの時代に炎を上げていたカメラマンたちの熱が、必要だと思んですけどねえ。まあ、スマホカメラマンであっても、「ハッと感じたら、グッと寄って、さらにグッと寄って」、さらにさらにグッと寄って見つめる気迫を持てば、一生の記憶に残る名作が撮れることでしょう。だってですね、iPhone のカメラ機能たるや、どう考えたって昭和の高級一眼レフなど遥かに超える、性能と使いやすさを持っているのですから。



0f32aa1f

b183c50e

c40bf917



 感動的な作品が撮れていないとしたら、足らないのはハッと感じる感受性と、ググッと被写体に寄ってゆく気迫。何の世界でも道具は発達の一途で、それに対して人の心は衰退しているのではないかと思うことがしばしば。ことに庭の世界では。恥ずかしながらぼく自身がそうで、燃えるような恋とかね、ええっと、どうすればいいんだっけ、などととまどうペリカン状態です。いけませんなあ、対象が女房であれ、吉岡里帆であれ、設計中の庭であれ、野の花であれ、ボワっと恋心が燃え上がらないようでは幸福な庭など描けないのであ〜る。惚れっぽさが持ち味だったはずなのに、全くもって、誠に遺憾に存じます。明日は晴れそうですから、暗いうちにカメラ担いで里山に行き朝の森をひと巡り。ハッと感じたら、グッと寄って、さらにググッと寄って、バシバシ撮ってこようと思います。


きっとあなたにも、こんな瞬間がありましたよね。
大事なのは今もそうであること。
過去ではなく、現在、今日、恋心的な感覚を有して過ごすこと。
恋心を失った時から、ダイアモンドのようだった彼氏と彼女は、
クソジジイとオニババアにまで値が落ちてしまうのです。
老醜。
政治家、芸能人、それどころじゃなく身の回り、さらに自信を顧みて、
それは人生の敗北のように思えて。
ご同輩、恋ですよ、恋。 





 

風の歌を聴け 健やかに美しく




4月 彼女は戻ってくる
雨で小川の勢いが増す頃に

5月 彼女はそばに居てくれる
再び僕の腕で休んでいる

 一応5月でコロナ騒動は終結らしいですね。お祭り騒ぎも提灯行列もないままに、はい、ここまでにしときましょう。そして人々は3年間に起こったあれやこれや、変だったこと、苦しかったこと、悲しかったことを過去の出来事として一掃し、新たな暮らしへと歩み出す。これが今日を生きる人々のたくましさなのでしょう。

6月 彼女の様子が変わる
落ち着きなく歩き回り 夜になると出かけてゆく

7月 彼女は飛び出していく
なんの前触れもなく

 この3年間で、身近で感染した人は3人でした。症状は大したことなく、いわゆる風邪程度。幸いなるかな。知り合いで命を失った者は3人。友人の死は背中に重くのしかかってくるもので、いまだに感情が揺さぶられています。ぼくはつくづく、たくましさに欠けているなあと思う次第。

8月 彼女は遠い世界へ消えた
秋風が冷たく吹きつける

9月 僕は思い出す
かつて新鮮だった愛情もやがて冷めてしまうことを

 さてと、生き残った皆様、とにかく美しく暮らしましょう。残り時間を健やかに過ごしましょう。何より心が健やかでありますように。体が病んでも心が健やかであれば、老いても心が少年少女の頃の希望の光を放っていれば、暮らしは美しく整っているもの。庭が荒れ、部屋が散らかり、身なりに意識が行かなくなることなかれ。
 もしも庭を整えたいならご来店を。適切なるアドバイスをいたしますゆえ。庭が整えば暮らしが整い、心が整い、人生が美しく整ってゆきます。

今回の寒波で、凍みて枯れてしまった植物多数。
少々ショックながら、裏腹に
寒さで元気を増した植物の姿に感動しきり。
春を待つという解釈が一転、
彼らは冬を、我が世の春と
楽しんでいるんだなあ。


3581dcb8

b1b16d08

b731591d

0b8edc5a

b31cad9c

b477f345

6e36ceb9

3b8287af

 

 次に何が起こるのかは想像できませんが、何かが起こってまたもや大騒ぎとなることは想像できます。政治も報道も、そういうシステムになっているのですから。言いたくはないが、ろくでも無いシステムに巻き込まれ、心を病んだり、殺されることのないように。何が起ころうとも家族仲良く、笑顔を絶やさずに、美しく、美しく。美しく暮らすことが真っ当に生きている証しなのです。それは、幸運にも生き残った者が果たすべきことなのです。他に、ぼくらが生き残ったことに、何の意味も意義もないのです。
 庭ですよ、庭。最低限、庭を楽しむ暮らしから離脱することなかれ。次なる暮らしに、グッドラック。





閉じ蓋ではなく綴じ蓋

 ようやく、ついに、やっとこさ、コロナ騒動が終わるようですね。なんか変な言い方ですけど、離婚調停で揉めに揉めて双方ぼろぼろ、とうとう裁判にもつれ込んだ夫婦に、「はい、もういいでしょう。性格の不一致ということで」と、裁判長は通常業務で判定を下す、みたいな。エンディングはもっと華やかに、花火を打ち上げて、希望と歓喜に溢れたものとなると思ったのに、とほほの穂、現実は勝者無き終戦。それぞれが悔いと共に、次なる暮らしへの不安を背負って歩み出す。離婚ってそうですよねえ。他に方法はなかったわけで、なかったけど、どうにかならなかったのかなあって。ことにお子さんがいる場合、親の不出来が幼な子の無垢な心に傷をつけてしまう悲しさたるや。今時古い考えと知りつつも、子どもを授かった夫婦に絶対的に必要な任務は、家庭を円満に維持することなのです。後を絶たない酷い犯罪の遠因に幼少期の家庭不和があることは、あまり語られないことながら、周知のことですよね。



最強寒波襲来なれど、梅は嬉々として開花し春告げる。
平安時代、花見とは桜ではなく、梅を見上げることだったそうな。


5e350611

6c96da58



 おっといけねえ、話がコロナ終焉からスリップ。スリップついでに11年前へワープします。福島原発の爆発事故が連日報じられている最中に、正直な学者さんが「人間の技術では、壊れた原発から発生する放射能を抑えることなどできません。雨と地下水が海に運び、膨大な海水で無害のレベルまで希釈されるのを待つしかできないのです」と発言し、大パッシングを受けました。
 話をコロナに戻すと、騒動が始まってすぐに宮台真司が「我々はふるいにかけられます。すでに弱っている人、家族、お店や企業は潰されてしまう。それは仕方のないことで、それを凌いで生き残った人、家族、お店、企業がコロナ後の社会を構成するのです」と、宮台さんですからもっと強烈に、口汚く言いました。相手が相手なので、その言葉のプロレス技に反応する者はおらず、炎上することなく忘れ去られてゆきいました。このふたりの学者さんの言は身も蓋も無い、それを言っちゃあお終いよ、ってやつですよね。



288a8b5d

5888bfea



 それを言っちゃあおしまいながら、お二方の言い分は専門家として真っ当にして正解です。当時そう思ったし、現にそうなっちゃってますしね。コロナ終結までは3年かかります(山中伸弥教授)、マスクは科学的には効果ゼロ(多数の専門家)、飲食店を悪者にするのはおかしい(国立感染症研究所感染免疫学センターの専門チーム)など、早々に真実を語る人はいるんですから、ぼくらはそれを見極めながら、身も蓋も無い言葉の中に、破れ鍋に綴じ蓋で踏ん張るしかない。
 破れ鍋に綴じ蓋、『割れ鍋』ではなく『破れ鍋』。これは割れて使えなくなった鍋ではなく、ひびが入った不出来な鍋のこと。『閉じ蓋』ではなく『綴じ蓋』は、修理をして何とかかんとか使い続けている蓋のこと。少々出来が悪い夫には、いくらか出来が悪い女房がお似合いであろう。似通ったふたりが夫婦となって、互いに庇い合い、工夫し合いながらおいしいご飯を作り続けてゆく、故に破れ鍋に綴じ蓋なのであ〜る。い〜い言葉ですよねえ。傍目に完璧な夫婦の、なんと脆いことか。



030c3bd6

d6fab631



 さ、ぼろぼろの破れ鍋は、今日も円満家庭の綴じ蓋となる庭を、設計設計また設計。気象の専門家によれば、今週は今季最大の寒波がやってきて最低気温が底を打つとのこと。つまりは来週からは、春に向かってまっしぐらということ。庇い合って、工夫し合って、寒さを凌いで、花いっぱいの春に備えましょう。


淡々と幸せを刻み続けた高橋幸宏。
ドラマーは常にサブでありながら、
チームを支える屋台骨。
細野さんもコメントしていた通り、
目立たないが、実は彼が主役だったのです。
サディスティックスでも、YMOでも、
素晴らしき綴じ蓋だった幸宏さんに感謝の大拍手。
大変だったらしいですよ、調整役が。
坂本龍一と細野晴臣、
どちらも妥協を許さぬ天才ですから、
揉め事は日常的に。
すると坂本と細野は直接ぶつからずに、
高橋幸宏に文句を言う日々だったそうな。
ありがとう、幸宏さん。
そして美しき奥様、お疲れ様でした。
ありがとうございました。









 

Forever Young

 エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと並んでロックの三大ギタリストと言われるジェフ・ベックは、何歳になっても気分を23歳にセットしていると語っています。23歳の彼は大病から復帰し、ロッド・スチュワートをボーカルに迎えて第1期ジェフ・ベック・グループを結成した頃。その時の意欲、希望、野望を人生の軸にしているのでしょう。嵐のようなギターテクを評価されつつも大きなヒット曲が出ないまま、それでも疾走を続ける孤高のロックギタリストは9年後、32歳の時に発売したアルバム『ワイアード』で、金字塔と言えるひとつのピークに達したのでした。





それから44年後、彼の意識は23歳のままでロック界の頂点に君臨し続け、ファンを魅了。




 

1944年生まれで今年79歳。ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、ロッド・スチュワートらと同世代。日本で彼らと同じくバリバリ若い気のままで演っているミュージシャンはというと、尾藤イサオ、小室等、加藤登紀子。小室等とおトキさんは昔から老成していた感がありますが、尾藤イサオの若々しさは物凄いです。先日もテレビで拝見し、動き、声、表情に一切老いを感じなくて、年齢を超越したような、若鮎のような、不思議で美しい生物に見えました。


バラの寿命は、一説には人と同じくらいあるそうな。
手入れを続ければ何年でも若々しく咲くのです。
冬のバラはエネルギーが濃厚で、殊更に、永久に思え、
寒さで勢いづく姿もまた、Forever Young 、人を励まし導くようで。

52526fc8



 ぼくはよく周囲から若いと言われます。同級生や同年代の人と見比べて、自分でもそう思います。もちろんあちこち老朽化による不具合は感じつつも、頭の中身は20代のまま。ジェフ・ベックの「いつも自分を23歳にセットしている」というエピソードで、いつまでも若僧の感覚でいてもいいんだなあと思いました。



5e839694



 年明け早々、田舎の同級生が遠路遊びにやって来ました。取り留めもなく懐かしい話に花が咲き、ふと彼が「お前は本当に変わらねえなあ。カッコよく生きたいとか言っている同級生は一人もいないぜ」と言われ、え、別にそんなこと、カッコよく生きたいなんて言っていないのに・・・と思ったものの、きっとそのようなニュアンスを少年時代からのぼくに感じていて、その点の変化のなさに驚いてくれたのでしょう。



0639fbac



 カッコよく生きたい、かあ。確かにその気持ちはいつも強めに存在していたし、ここまで来たらカッコよく締めくくらねば、という決意のようなものになっている気もします。最近でショックだったのが、村田兆治の終わり方。サンデー兆治、超絶カッコよかったのに、なぜあそこまで時代とズレてしまったのかと。あれほどの偉人が、何故家族との幸せな暮らしを築けなかったのかと、しばし呆然とした次第。人生とは、老いとは、あるいは神様とは残酷なものです。



9a88b8cf



 多少の早い遅い、短い長いはあれど、イカした人生のままで終わる人の、何と偉大であることか。ジェフ・ベックよ、素晴らしいよ。昨年は盟友ロッド・スチュワートとの共演を果たし、少しも変わらず23歳のままで、「ロッド、悪いがちょいとお先に。あっちで待ってるぜ」とか言ってたんだろうなあ。言えてたらいいなあ。病に倒れてからは短かったらしい。幸福なラストステージだったと信じたいのです。



e9d86c6a



 ぼくの場合、仕事的にはあの頃のままの情熱に経験が積み重なって、イマジネーションをカタチにする技術や仮想庭に遊ぶことは自由自在となりました。お爺さん役はどうかと言えば、幸いにも孫の美空くんがぼくのことを、お友達と同等に「ジイジくん」と呼んでくれるので、無理して老いを演じる必要はなし。あとは家族仲良く充実の最終章を組み立てて、ぼく去った世の中に、「理想の庭のつくり方」を示しておくことだ。
 いい人生だったなあって、そう思える地点までもう一息なり。


追悼なんぞはしてたらキリがない年齢になりまして、
でも彼の見事なエンディングに、アンコールということで、
これを。

 


みんな準備はいいか 列車が来るぜ
 ディーゼルが唸る音を信じるだけの旅立ちだ
切符はいらない 神に感謝するだけでいい

さあ 準備はいいかな
ヨルダン行きの列車が来る
俺たちを大陸の端から端まで運んでくれる
信じることが鍵なんだ
ドアを開けて乗り込むぜ
神に愛されている者なら 誰しも希望を抱いている

絶望的な罪人の席はない
彼らは自分が助かるためだけに 周囲を傷つけるから
救われることのない彼らに哀れみを与えよう
神々の玉座の前では 隠れる場所などないのだから

みんな準備はいいかい 列車が来る
荷物は持たなくていいから さあ乗るぜ
でもディーゼルの唸る音を信じる心は必要だ
切符はいらない 神に感謝するだけでいい

俺は準備万端整えた
今回ばかりは準備ができている




 

風の歌を聴け 擬人化

 設計打ち合わせの段階で庭木を選ぶ場面があります。当方の提案としては適材適所、その場所にその木を植えることの意味と意義をお伝えしつつ、しかし最終決定はお客様の好みで。「一度植えたら家族みたいに、親密で長い付き合いになりますから、よく考えて選んでくださいね」と話します。ぼくのその言葉が重めに伝わったに人は、検索したり近所の庭を覗き見しながら、樹種による成長の違いや花や果実の特徴などを勉強し、中には迷いに迷った末に、藤沢にある植木の畑(業者向けの販売店)にお連れして現物を見ながらの庭木選び、ということも。しかしまあ多くの場合は、木のことはよくわからないからお薦めを植えてください、となります。



擬人化のすゝめ

対象に自己を投影することは、
幼い時には誰でも持っていた思考回路です。
人を、物を、出来事を丸ごと好きになる感性を無くしたくない。
うまく生きられない人の特徴は、周囲が全て敵であると思っていること。
敵なんてどこにもいなくて、
全員が味方なんですけどねえ。
ぼくは頭が子供のままで止まっているせいか、
会う人会う人が愛おしくい思えて。
孫が遊びに来ると、庭の石ころを拾っては宝物にしています。
あれも擬人化。石とお話をしていますからね。
健やかですなあ〜。

33ce11a4

4fa016e4

6f445cef

4eed2802



 実はこのプロセスで大事なのは、どの木を選ぶかではなく、その人が庭木を擬人化する発想を持てるかどうかにありあす。犬好きは犬を単なる犬とは思っておらず、猫好きは猫を、ヘビ好きはヘビを、連れ合い子供と同等の家族と認識して暮らしているわけで、庭において植物がそういう存在になるのだという思考に至ってほしい、という願いからのことなのです。しかし、そんな概念的なことをお話ししても迷惑がられるのがオチなので、「庭木とは長い付き合いになりますから」という言い方で、軽くこちらの世界へ、ウェルカム・トゥー・マイ・ワールドと誘っているのです。



59a8c2bd

c17851f7

d6d3c2c6

873981e5



 この擬人化によって対象の価値が倍増します。それは『物』から『事』への変化です。植物を物だと思っている人は手入れにかかるコストを算出しますが、擬人化ができた人は、家族の成長、あるいはそこに投影した自分の成長が楽しみになりますので、お世話は大きなコストを費やしてでも行いたい日々の楽しみになる。犬と同じです。犬だって、相当コストがかかるもので、ぼくよりも高価な食事をしているし、トイレシートや天然素材のおやつや、散歩にかかる時間をお金に換算したら結構な額になります。こないだなんて戯れに犬用のシャンプーを使ったら、女房から「そんなもったいないことはやめて!」と怒鳴られました。聞けばぼくが使っている人間用シャンプーの10倍の値段とのこと。そりゃあ怒鳴られるわな、と項垂れたのでありました。



c43b29de

f94ce028

dda9e002

e7bbf97c



 擬人化とは、愛情を注ぐ対象を得ること。一人暮らしのお婆ちゃんが、庭をイキイキと仕立て、花いっぱいにして暮らしている姿に接する度、賢いなあと、素晴らしい人生を送っているなあと、その方が身に付けた、今日を充実させる知恵に敬服しきり。プレバトの夏井先生はよく「下手な擬人化はしなさんな」と言いますけどね、あれは俳句のテクニック上のお話でありまして、漱石は猫を、寺山修司は競馬馬を、野坂昭如に至ってはこの時期魚沼地方に舞う雪を「掌に受けてやさしき霰かな」と擬人化し、名文・名作を生み出しているではないですか。



8f4306b3

ad7747a2

beff06b8

4a51586f



 宮沢賢治もそうで、小鳥や小動物に物語の材を求め続ける擬人化の執筆人生でありました。素敵ですよねえ、賢治さん。仕事に追われて思考がザラザラしてきたと感じたら、彼が遺した童話をYouTubeで流しつつ設計作業をしています。『よだかの星』『なめとこ山の熊』『注文の多い料理店』、還暦過ぎにもなって、これらの童話が心を均してくれる不思議。思えば賢治さんは、子供向けに書いたわけではなく、一生子供のままだった自分との対話を書き連ねていたんでしょうなあ。いやあそれにしても、美しく清々しい描写です。









春雨じゃ

 年末から続いてた晴天に感謝しつつ、今朝はひっさしぶりの雨にホッとしました。潤い、やはりぼくらは植物に似て、湿気によって心身が整う生物なのでしょう。



DSC01492



 空気は暖かで、うっかり入念な厚着をしてきた自分を「おいおい、天候とずれとるぞ」と笑いながら歩く。思わず口を衝いて出る歌詞の一説、春の雨はやさしいはずなのに。



DSC02457



 『 春の雨はやさしいはずなのに 』 小椋佳

むなしさが 夕暮れと雨を連れてきて
寂しさが 夕空と街を闇にぬり
何だか涙も出やしない 出やしない
春の雨はやさしいはずなのに
全てがぼやけてくる
どってことないんかな
どってことないんかな

むなしさが 想い出も友も連れ去って
寂しさが 言葉も声も吸い取って
何だか涙も出やしない 出やしない
春の雨はやさしいはずなのに
全てがぼやけてくる
どってことないんかな
どってことないんかな

春の雨はやさしいはずなのに
全てがぼやけてくる
どってことないんかな
どってことないんかな

 小椋佳、好きだったなあ。当時はタモリ曰くの「ネクラ」の代表選手だったから、同級生とかには言わずに、でもLPを買い漁って、西陽が入る四畳半のアトリエ(自室)で聴きまくっていました。絵画と写真に夢中だったので、油絵具と現像液の匂いが濃厚に混ざり合い、今思うとあれは体に悪かったのでは。しかし懐かしい、濃密に自分と向き合った数年間でした。引きこもり?学校にも遊びにも行っていたので引きこもりではない。でも思考は完璧に、自己の世界に引きこもっていました。



DSC01381



 男子にはあの時間が必要なのであります。上の世代は反社会的であることが時代的に価値を持っていて、反戦、反体制、常識を否定し革命を叫び、ゲバ棒、火炎瓶、シュプレヒコールの波通り過ぎてゆく。やがて自滅し消滅し、髪を切っていちご白書をもう一度。ネクラのぼくは「革命は自分が自分に仕掛けるべきであって、体制批判や実力行使などは意味がないのいだよ」と、加藤諦三が早稲田の学生に叫んだ「自己変革せよ!」の声に震えるほど共感し、自己変革、自分を高い壁の向こうにポーンと投げてみろ。そこは崖かもしれないし、お花畑かもしれない。青春の意義とは現状に争うことではなく、現状を捨て去り荒野を目指して旅立つことにあるのだ。



DSC03619



 唐突に、ですが、リサが亡くなりましたなあ、リサ・マリー・プレスリー。悲しみとかじゃなく、何という報われない人生であったことかと。音楽で世界を変えた億万長者のひとり娘は、とうとう愛に満ちた家庭を築くことなく苦悩の日々を終えました。父と同じく若くして、偉大なる神に召されるようにして。何だかなあ、フランダースの犬のラストを見るようで、姪っ子みたいに思っていた人でしたから。
 とても遠くから無責任に客観視すればでありますが、空手トレーナーと浮気をし、幼いリサの手を引いて出て行ったプリシラの若い行いが、その後父と娘を史上最高の有名人にまで成長させ、後払いの代償であるかのように、神は父と娘に乗り越えられない苦悩をお与えになりました。アーロン、あんな女どうでもよかったのに。リサ、お父さんは死ぬ瞬間のその時まで君のことを愛し続けていたのだよ。アーメン。



DSC02347



春の雨はやさしいはずなのに
全てがぼやけてくる
どってことないんかな
どってことないんかな

 取り留めもなく、春雨じゃ、濡れて行こう。
さ、設計設計。偉大なる神から召されるまでは、全力で。神の偉大さは、片手に奇跡の杖を持ち、もう片方の手には残酷な剣を持っているところにある。だから、どうしても心からは好きになれないのだよ。アーメン。アーメン。アーメンソーメン冷やそうめん。アメリカでもインドでも日本でも、神は不出来である。それは人が、逃れようもなく不出来な存在だからである。だったら意地でも自分の中に、幸福を追求し続ける神を見い出さなければなるまいて。ぼくは残り時間を一日たりとも無駄にせず、庭を通して奇跡を起こし続けるのだ。なーんてね。春の雨は、やさしく肩を揺さぶるものですなあ。
 エルヴィスは素直で真面目で、敬虔なクリスチャンでした。だから世界中の人を幸福へと導く、偉大なる人生を送りました。しかし、です。本人に幸福がもたらされることはなかった。幸福とはお金や名声ではなく、愛する家族と紡ぐ円満な家庭なのです。家と庭で家庭、庭ですよ庭。今は記念館となっているファンの聖地、テネシー州メンフィスにある自宅グレースランド(リサ・マリー・プレスリー所有)には、悲しいですねえ、プールも映画館も大きなパーティールームもあったのに、家族で過ごす庭がなかったのです。










 

2023年はこんなスタートで

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
 意図的に、年末は良く働いた2022年の締めくくりとして、そして新年はさらに働きまくる決意を込めて、のんびりするのは少しにして突っ走り続けて駆け抜けるイメージを持ちました。一区切りつけるのはもったいないと思ったのです。そしてその通りに過ごして今日に至りました。父が亡くなったことの影響も多少はあるのか、自分史上かつてないほど仕事へのエナジーが満ちています。当然のことながらクオリティも上がる一方で、新たに出現する庭の一つ一つが大いに好評をいただきまして、やればやるほどいい気になって行くプラスのトルネード。いいぞいいぞ、必死のパッチを積み重ねるうちに、予想だにしなかった成果やたくさんの感動が舞い込んでくる。もしもあなたが感動の庭暮らしを実現したいなら、この好調が消えてしまわないうちにご依頼を、などと思ったりもしています。



元旦だけ仕事を休んで、何をしたかといえば撮影散歩。
お目当ては新春の野に出現する仏様。
ファインダー越しに見つめると、
こんな些細な雑草に、
感謝と共に身が引き締まる思いがするから不思議です。
&、ああ、美しきかな。
これがぼくの初詣。

643b1c36

DSC02795



 などと調子こきつつも、嫌なこと、悲しい出来事、不安、悔やみなどの、感情をネガティブに突き落とす出来事は寄せ来る波の如くに尽きないわけで、実際年末から年始にかけて、弟のように思っていた友を失いました。亡くなり方があまりよくなかったこともあり、実のところ今も気持ちはぐしゃぐしゃのまま。でもね、悔やみは後で、じっくりと、たっぷりとするからちょっとそっちで待ってろや、すぐに俺も行くんだから、と合掌して仕事頭へワープする。庭だよ庭、素晴らしき人生には素晴らしき庭が必要なのである。そう確信している理由は後で、じっくりと、たっぷりと解説するとして、とにかく目の前に出現しつつあるいくつかの幸福なる庭を、最高の出来栄えに仕上げるが、我が命の理由なり。



54894a50

74198c59



 ところで、お正月はいかがでしたでしょうか。家族が幸せであることを確認し、今年も元気に、健康で、笑顔で頑張っていこうと誓い合ったり励まし合ったり。ただし愛情表現が下手くそな民族ですから、そんな思いを面と向かって言葉にする夫婦も親子もいないわけで、代わりに横並びになって賽銭を投げ、二礼二拍手一礼。その正面にはアマテラスやら御大師様やら、如来や菩薩や八百万の神。いいんだなあ、家族で詣でるあの姿。間違いなく、老も若きも全員が、己が幸福とは何なのかを脳内で思い描けている瞬間です。あとはその、ハッピーな映画の予告編映像を大切にして、消さずに日々を送ること。それができるかできぬかが、神様からあなたに課せられた生きる課題なのでありますよ。



bfe42c6e

73ff2d15



 ところでパート2。レコ大、紅白が、昭和時代と違って感動的じゃなくなったのは仕方なし、すっかりガッカリすることもなくなりまして、選ぶ番組はお笑いとドキュメント。ああ、ダメ、つまらなさすぎる。ことにお笑いは・・・。これは芸人のレベルが低いのではなく、受け手である自分の中に、腹から笑うような何かの成分が枯渇しているのでしょう。ああ、いかんいかん、かつてあれほど嫌っていた『笑わない爺さん』に成り果ててしまったか。しか〜し、老人力は培われている。笑いは減ったが感涙は増えた。モニタリングの名物コーナー、石井竜也の歌声に泣けて泣けて。あれは見事ですなあ。それと撮り溜めてあったポツンと一軒家を一気にチェックして気づいた、所さんの三つの言葉。 VTRの感想で、ポソッと、サラッと、「やさしいね」「仲がいいなあ」「綺麗にしてるなあ」。毎回さりげなくこの三つが出てきます。やさしく仲良く美しく暮らす桃源郷、これだよなあ。



d9626632

ad3e9683



 まあ、2023年はこんなスタートで。何だか世の中、どこまで行っても気が滅入ることばかり。しかしこの愚かな状態は、有史以前からそうだったわけでありまして、つまりそれはどこまで行っても、あなた個人の、幸せを築く能力が問われているのである、ということ。そして、幸せを築き上げる場所は家庭ですよ家庭。そして家と庭で家庭ですから、我田引水、大事なのは庭ですよ、庭。やさしく仲良く美しく、理想の庭を育みながら暮らしましょう。大事なんですよ、本当に、やさしく仲良く美しく。



新春の出囃子は Sadistics で。
さほど評価されていないけど、
日本の音楽史上に燦然たる、孤高のピークだったのです。
心地よさを紡ぐ一流職人集団。
仕事はこういうふうにやらなきゃね。 








記事検索
ギャラリー
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ