2024年05月

感動のこと

 栄区のオープンガーデンが開催されました。今年はバラとのタイミングがよく天気もまずまずだったので、たくさんの方が花咲く庭を巡る素晴らしい時間を過ごされたことでしょう。ぼくはといえば、仕事が立て込んでいて後藤さんちに行っただけ。残念無念でした。来年はしっかりスケジュール調整をして、二日間たっぷりと、丹精した庭の感動を浴びまくろうと思っています。



DSC08346

DSC08348

DSC08349

DSC08351

DSC08352

DSC08353

DSC08354

DSC08355

DSC08356

DSC08357

DSC08358

DSC08359



 ぼく自身、庭を思い描き、それを現実の空間として出現させることが仕事なわけで、常に目指しているのは「感動」です。感動する設計、感動する庭、感動的な人生の舞台となる庭の実現。そんなぼくが後藤さんちを始め、お客様方の数多くの庭から感動を得ながら、その感動を糧に次の設計へと向かっている。つまりは感動が仕事であり、ぼくの暮らしであるとも言えます。



DSC08360

DSC08362

DSC08363

DSC08364

DSC08365

DSC08367

DSC08368

DSC08369

DSC08370

DSC08371

DSC08372

DSC08373



 故に、ぼくは感動の達人と申しましょうか、あるいは感動中毒かもしれません。毎朝その目的地へ向かって進めるように、起きたらすぐに庭に出て今日の組み立てをする(やること、やりたいことは山のようにあるため、その中からシンプルにひとつかふたつの事柄を選んで、それに集中するための助走に入る)。夢中で仕事をし、夕方帰宅したらこれまたすぐに庭に出て、ストレッチをしながら明日のことをイメージする。それが済んだら頭を切り替え、仕事以外の事柄を耳から入れつつ(タイムフリーのラジオか音楽)、軽くビールを飲みながら家事(主に料理)。そして食事が済んだらまた庭に出て、眠くなるまで本を読む(この頃はずっと、川勝正幸著『丘の上のパンク:時代をエディットする男:藤原ヒロシ半生記』を繰り返し。面白過ぎてなかなか眠くならない)。それからベッドに入ってくるココ(愛犬)とミー(愛猫)と一緒に心地よく熟睡して、目覚めたら庭へ。数年間これをひたすら繰り返しています。全ては感動の庭づくりのために。あるいは感動的ないち日を怠りなく積み重ねてゆくために。



DSC08374

DSC08375

DSC08377

DSC08378

DSC08379

DSC08380

DSC08381

DSC08382

DSC08383

DSC08384

DSC08385

DSC08386



 というようなことを時々ですが人に話すと、きょとんとされるんですよね。きっと感動って、そうそうやってくるものではなく、人生に何度かしか遭遇しない感情だと捉えているのでしょう。ぼくも以前はそうだったかもしれません。でもですね、若い気のままで仕事に熱中していて、ある日ふと気がついたら還暦を過ぎ、孫がなついてくるお爺さんになっていたという、そんな年齢になったら誰だって恥ずかしげもなく感動を追い求めるようになるんじゃないかなあ。他に何かありますか?悔いなく人生を仕上げて去ってゆくために必要なことって。父が天寿を全うし、気の早い友人がコロナで逝き、当たり前だけど命には限りがあるんだなあと呆然としながら、ぼくには仕事に感動すること以外見つからなかった。だから単純に、それに集中しているのです。ぼくはそもそも物事を複雑に考えすぎるきらいがある。もうそんなタイムロスはもったいないのであります。



DSC08388

DSC08389

DSC08391

DSC08392

DSC08393

DSC08395

DSC08396

DSC08398

DSC08399

DSC08402

DSC08405

DSC08407



 庭から降ってくる感動。毎年後藤さんちの庭は、欠かさずそれをぼくにプレゼントしてくれます。もう20年以上も、毎年必ず。ぼくはバラの香りに包まれながら、きっと後藤さんの暮らしぶりというか、後藤さんご夫婦の人生に感動しているのだと思います。庭は人を映し出します。そして花の数と幸せは比例します。庭という、どこにでもあるありきたりな場所が、どこにもない特別な、感動的な空間として存在できることを、リアルに教えてくれたのがこの庭、後藤さんちの庭なんだよなあと、そんな感慨に浸りつつ撮影しました。



DSC08408

DSC08410

DSC08411

DSC08413

DSC08414

DSC08421

DSC08422

DSC08423

DSC08424

DSC08425

DSC08426

DSC08427



 感動ですよ、感動。庭ですよ、庭。他にないでしょ、素晴らしき人生の舞台として人を励まし導いてくれる生活空間って。リビング?寝室?バスルーム?トイレ?あるいは車?・・・・やっぱり庭じゃなきゃ、って、ぼくは思っているのですが。



DSC08429

DSC08430

DSC08431

DSC08432

DSC08433

DSC08434

DSC08435

DSC08436

DSC08437

DSC08438

DSC08441

DSC08443



 後藤さん、来年も楽しみにしています。今年もたくさんのバラを咲かせてくださってありがとうございました。あ、佃煮も。










庭は浴びてこそ

 恒例「GW お庭の相談会」を終え、今年もたくさんの方と庭の話で盛り上がった嬉しさの余韻に浸りつつ、おっといけねえ、栄区オープンガーデンの開催日が迫っているではないか。ということで、早朝6時、後藤さんちに下見に行ってきました。



DSC08312

DSC08313

DSC08315

DSC08316

DSC08317



 昨年はバラの開花が早く、当日は盛りが過ぎていて少々残念な思いをした方も多かったのでは。さて今年は・・・



DSC08319

DSC08320

DSC08321

DSC08322

DSC08323



 タイミングがバッチグー。早咲きのがピークで、枝には明日にも開きそうなつぼみがわんさかついていて、爆発寸前という感じ。



DSC08324

DSC08325

DSC08326

DSC08327

DSC08329



 朝の光とバラの香り、ゴージャスな撮影時間を楽しませていただきました。



DSC08332

DSC08333

DSC08335

DSC08336

DSC08338



 やっぱり、庭は浴びないと感じられないものなのです。



DSC08342

DSC08343

DSC08344

DSC08345



 庭を浴びる、バラの香りに包まれるという経験をあなたもぜひ。


24オープンガーデン 1




 件数が多いので全部を巡ることは難しいと思われますけど、行きやすい地域を選んで、あるいは詳しい方に評判を伺って行き先を絞って行かれるといいでしょう。ちなみに、後藤さちと、そこから徒歩30秒のお宅は必見ですよ。あと、和泉さんちも。



24オープンガーデン 2

24オープンガーデン 3



 ぼくにご連絡いただければ地域と番号をお教えします。なんならお連れしますよ。



24オープンガーデン 4

24オープンガーデン 5



 感動とは動いて感じると書く。花いっぱいの庭に惹かれて歩きまわったら、最高の休日になることでしょう。いやほんとに、丹精した庭のパワーは良質にして強烈。庭は浴びてこそ。大袈裟ではなく、あなたの人生の輝きが増すかもしれません。



相変わらず、連日店のBGMはこの人です。
なんの具合か、設計が深まるんだよなあ。
理屈じゃなくて、
ぼくが描く庭と合致する何かがあるような気がして。








記事検索
ギャラリー
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ