オープンガーデン

感動のこと

 栄区のオープンガーデンが開催されました。今年はバラとのタイミングがよく天気もまずまずだったので、たくさんの方が花咲く庭を巡る素晴らしい時間を過ごされたことでしょう。ぼくはといえば、仕事が立て込んでいて後藤さんちに行っただけ。残念無念でした。来年はしっかりスケジュール調整をして、二日間たっぷりと、丹精した庭の感動を浴びまくろうと思っています。



DSC08346

DSC08348

DSC08349

DSC08351

DSC08352

DSC08353

DSC08354

DSC08355

DSC08356

DSC08357

DSC08358

DSC08359



 ぼく自身、庭を思い描き、それを現実の空間として出現させることが仕事なわけで、常に目指しているのは「感動」です。感動する設計、感動する庭、感動的な人生の舞台となる庭の実現。そんなぼくが後藤さんちを始め、お客様方の数多くの庭から感動を得ながら、その感動を糧に次の設計へと向かっている。つまりは感動が仕事であり、ぼくの暮らしであるとも言えます。



DSC08360

DSC08362

DSC08363

DSC08364

DSC08365

DSC08367

DSC08368

DSC08369

DSC08370

DSC08371

DSC08372

DSC08373



 故に、ぼくは感動の達人と申しましょうか、あるいは感動中毒かもしれません。毎朝その目的地へ向かって進めるように、起きたらすぐに庭に出て今日の組み立てをする(やること、やりたいことは山のようにあるため、その中からシンプルにひとつかふたつの事柄を選んで、それに集中するための助走に入る)。夢中で仕事をし、夕方帰宅したらこれまたすぐに庭に出て、ストレッチをしながら明日のことをイメージする。それが済んだら頭を切り替え、仕事以外の事柄を耳から入れつつ(タイムフリーのラジオか音楽)、軽くビールを飲みながら家事(主に料理)。そして食事が済んだらまた庭に出て、眠くなるまで本を読む(この頃はずっと、川勝正幸著『丘の上のパンク:時代をエディットする男:藤原ヒロシ半生記』を繰り返し。面白過ぎてなかなか眠くならない)。それからベッドに入ってくるココ(愛犬)とミー(愛猫)と一緒に心地よく熟睡して、目覚めたら庭へ。数年間これをひたすら繰り返しています。全ては感動の庭づくりのために。あるいは感動的ないち日を怠りなく積み重ねてゆくために。



DSC08374

DSC08375

DSC08377

DSC08378

DSC08379

DSC08380

DSC08381

DSC08382

DSC08383

DSC08384

DSC08385

DSC08386



 というようなことを時々ですが人に話すと、きょとんとされるんですよね。きっと感動って、そうそうやってくるものではなく、人生に何度かしか遭遇しない感情だと捉えているのでしょう。ぼくも以前はそうだったかもしれません。でもですね、若い気のままで仕事に熱中していて、ある日ふと気がついたら還暦を過ぎ、孫がなついてくるお爺さんになっていたという、そんな年齢になったら誰だって恥ずかしげもなく感動を追い求めるようになるんじゃないかなあ。他に何かありますか?悔いなく人生を仕上げて去ってゆくために必要なことって。父が天寿を全うし、気の早い友人がコロナで逝き、当たり前だけど命には限りがあるんだなあと呆然としながら、ぼくには仕事に感動すること以外見つからなかった。だから単純に、それに集中しているのです。ぼくはそもそも物事を複雑に考えすぎるきらいがある。もうそんなタイムロスはもったいないのであります。



DSC08388

DSC08389

DSC08391

DSC08392

DSC08393

DSC08395

DSC08396

DSC08398

DSC08399

DSC08402

DSC08405

DSC08407



 庭から降ってくる感動。毎年後藤さんちの庭は、欠かさずそれをぼくにプレゼントしてくれます。もう20年以上も、毎年必ず。ぼくはバラの香りに包まれながら、きっと後藤さんの暮らしぶりというか、後藤さんご夫婦の人生に感動しているのだと思います。庭は人を映し出します。そして花の数と幸せは比例します。庭という、どこにでもあるありきたりな場所が、どこにもない特別な、感動的な空間として存在できることを、リアルに教えてくれたのがこの庭、後藤さんちの庭なんだよなあと、そんな感慨に浸りつつ撮影しました。



DSC08408

DSC08410

DSC08411

DSC08413

DSC08414

DSC08421

DSC08422

DSC08423

DSC08424

DSC08425

DSC08426

DSC08427



 感動ですよ、感動。庭ですよ、庭。他にないでしょ、素晴らしき人生の舞台として人を励まし導いてくれる生活空間って。リビング?寝室?バスルーム?トイレ?あるいは車?・・・・やっぱり庭じゃなきゃ、って、ぼくは思っているのですが。



DSC08429

DSC08430

DSC08431

DSC08432

DSC08433

DSC08434

DSC08435

DSC08436

DSC08437

DSC08438

DSC08441

DSC08443



 後藤さん、来年も楽しみにしています。今年もたくさんのバラを咲かせてくださってありがとうございました。あ、佃煮も。










庭は浴びてこそ

 恒例「GW お庭の相談会」を終え、今年もたくさんの方と庭の話で盛り上がった嬉しさの余韻に浸りつつ、おっといけねえ、栄区オープンガーデンの開催日が迫っているではないか。ということで、早朝6時、後藤さんちに下見に行ってきました。



DSC08312

DSC08313

DSC08315

DSC08316

DSC08317



 昨年はバラの開花が早く、当日は盛りが過ぎていて少々残念な思いをした方も多かったのでは。さて今年は・・・



DSC08319

DSC08320

DSC08321

DSC08322

DSC08323



 タイミングがバッチグー。早咲きのがピークで、枝には明日にも開きそうなつぼみがわんさかついていて、爆発寸前という感じ。



DSC08324

DSC08325

DSC08326

DSC08327

DSC08329



 朝の光とバラの香り、ゴージャスな撮影時間を楽しませていただきました。



DSC08332

DSC08333

DSC08335

DSC08336

DSC08338



 やっぱり、庭は浴びないと感じられないものなのです。



DSC08342

DSC08343

DSC08344

DSC08345



 庭を浴びる、バラの香りに包まれるという経験をあなたもぜひ。


24オープンガーデン 1




 件数が多いので全部を巡ることは難しいと思われますけど、行きやすい地域を選んで、あるいは詳しい方に評判を伺って行き先を絞って行かれるといいでしょう。ちなみに、後藤さちと、そこから徒歩30秒のお宅は必見ですよ。あと、和泉さんちも。



24オープンガーデン 2

24オープンガーデン 3



 ぼくにご連絡いただければ地域と番号をお教えします。なんならお連れしますよ。



24オープンガーデン 4

24オープンガーデン 5



 感動とは動いて感じると書く。花いっぱいの庭に惹かれて歩きまわったら、最高の休日になることでしょう。いやほんとに、丹精した庭のパワーは良質にして強烈。庭は浴びてこそ。大袈裟ではなく、あなたの人生の輝きが増すかもしれません。



相変わらず、連日店のBGMはこの人です。
なんの具合か、設計が深まるんだよなあ。
理屈じゃなくて、
ぼくが描く庭と合致する何かがあるような気がして。








後藤さんちのOG 2023

 今年も栄区各地でオープンガーデンが開催されました。少し残念だったのは天気の具合、毎週末が雨で、今日の最終日にようやく晴れてくれそうです。それとバラの開花が例年よりも数日早く、何回かの強い風雨に洗われたこともあって花は少なめ。それでも大勢の方が庭巡りの感動を味わいました。開催関係者の皆様に感謝感謝です。



オープンガーデン23−1

オープンガーデン23−2 2



 では、後藤さんちの写真をたっぷりとお楽しみください。



DSC07948

DSC07947

DSC07945

DSC07944

DSC07943

DSC08009

DSC07952

DSC07988



 いつも思うことながら、写真では風と香りをお届けできないことが残念なんですよねえ。



a301d94e

71e6d7b5

ebba0570

bba21bda

f558892a

DSC08020

DSC08000

848a0193



 やはり、庭は浴びてこそ。



5f5cf038

DSC08013

DSC08014

DSC08007

3f7f4eb8

1d48392b

DSC07995


 これまたいつもい思うことで、ここに至るまでに燃焼された後藤さんのエネルギーの高さに敬服しきりです。




DSC07963

DSC07968

DSC07976

DSC08021

DSC08015

47fb5cae

DSC07990



 バラという特別な花が、庭人の暮らしをスペシャルな領域へと導いてくれるのかもしれません。仕事柄たくさんの庭を拝見しながら、そんな気がしているのです。



DSC07972

DSC08030

DSC07975

92cdc071

af7021b7

DSC07978

7abfa6a6

DSC08022


  後藤様、今年もお疲れ様でした。紅茶とお菓子とビール、すっごく美味しかったです。あ、ご主人が出してくれたバナナも。



DSC07998

DSC08004

DSC07999

DSC08006

DSC08023

DSC07984

DSC08032

eb6e6164



 またお邪魔させてくださいね。



DSC08029

DSC07973

DSC08010

DSC07991

34339d8c

DSC07987

DSC08024



 来年も楽しみにしています。早川さん、和泉さん、岩竹さん、あと、ええっと、桂台の伊藤さん、花咲く庭でのワインを楽しみにしています。皆様、素晴らしい庭をありがとうございました。



DSC07959

DSC08027

DSC07977

DSC07982

DSC08026

DSC07981

DSC08025



 庭を楽しむ暮らしっていいもんですよねえ。またコツコツと、来年に向けて、花咲く日々をお過ごしください。








 

オープンガーデン 桂台・上郷

 いよいよ栄区のオープンガーデンが始まります。

オープンガーデン23−1 2

 小山台、庄戸、桂台、上郷の4地域での開催で、この土日は桂台と上郷です。

オープンガーデン23ー4 2

オープンガーデン23ー5

 ちょっと天気が気がかりながら、なあに、雨に濡れた花の美しさは格別なものですから、レインシューズと傘さして、存分にお楽しみください。どのお庭も素晴らしいですよ。

5e376fa5

7a57d222

33498928

オープンガーデン23−3 2

baeb7b77

be1e5e03

c10e5f23

d954825a



もしも雨ならしっとりと。
たとえばアルディーを脳内再生させながら、庭を巡ってみてください。
胸が苦しくなるこんな感情も込みで、バラは美しいのです。

『 バラのほほえみ 』 フランソワーズ・アルディ



この世は はかないもの
私の友達のバラが
今朝 私にそう言った
私は夜明けとともに生まれたの
朝露の洗礼を受けて
私は咲いたわ
幸せで恋をしていた
太陽の光を受けて
夜になると閉じてしまった
目覚めたときは年老いていたの

でも私はとてもきれいだったわ
そう 一番きれいだった
あなたの庭にある花の中でね

この世は はかないもの
私の友達のバラが
今朝 私にそう言った
見て 私を作った神様が
私のこうべを垂れさせる
自分が落ちるのがわかる
自分が落ちるのがわかる
心臓はむき出しよ
片足をお墓に入れた
もう死んだも同じ

きのうあなたは私を愛してくれた
でも私は塵(チリ)になってしまう

明日 永遠に

この世は はかないもの
私の友達のバラは
今朝死んだ
今夜 月が
私の友達の通夜をする
私は 夢の中で見た
光輝き 裸で
彼女の魂が踊っているのを
空のはるか彼方で
私に微笑んでいるのを

信じることができる人は信じる
私は 希望を持たなければ
さもなければ 私は何者でもない

この世は はかないもの
そう言ったのは私の友達のバラ
きのうの朝のこと

 
 

後藤さんちの野薔薇

 朝の6時30分、ふと思い立って後藤さんちを覗きにゆきました。案の定、すでにご夫婦で庭の手入れの真っ最中で、バラの枝を整え、雑草を抜き、大量に出たゴミ袋を運び出しているところ。数日後に迫ったオープンガーデンの準備です。今年は一応コロナ禍終息で、久々の通常開催ですから、きっと数百人はこの庭の感動を味うことでしょう。



日本の原種、ノイバラは、丈夫なので園芸品種の台木として使われることが多いとのこと。
これは目的のバラが枯れてしまい、鉢を放ったらかしといたら台木のノイバラが芽吹いたもの。
20年以上が経過し、幹の直径は8センチにまで成長、ご覧の通りに盛大に花をつけていて、
やさしい香りが庭全体に広がっています。

DSC07939

DSC07938

DSC07928



 ぼくの目的はノイバラの撮影。いつも連休中は相談会で店を離れられなく、その間に盛大にして可憐なこの花は咲き終わってしまうのです。オープンガーデン前に、店の営業前に、というわけで早朝の訪問となった次第。



DSC07930

DSC07923

DSC07918



 後藤さんとは確か、ええっと、19年前か20年前に知り合いまして、それ以来奥様のエネルギッシュでバランスの良い暮らしぶりに刺激され、導かれるように過ごしてきたという感慨があります。不出来な我が夫婦のメルクマール、丈夫な台木、上質なる日々を送る後藤さんご夫妻。



DSC07915

DSC07925

DSC07922



 突然の訪問者に作業の手を止めて、いつもと変わらない、愉快で愉快で仕方ないという笑顔で迎え入れてくださり、おいしいコーヒーと、これまたおいしい豆煎餅をご馳走になりました。この庭にいると故郷に帰ったような安らぎを感じる、とてもありがたい場所です。



DSC07926

DSC07937

DSC07941



 人生はその人が持つイマジネーション通りに展開する。清らかに、誠実に、好奇心いっぱいで、愛情豊かに暮らす人の庭にバラ香る。楽しみですねえ〜、オープンガーデン。


風の丘オープンガーデン
5月19日(金)20日(土)

miryokuspot2023_hyoshi

クリック
↓  ↓  ↓ 
⑥ 『迷路のバラのおしゃべり』が後藤さんちです。
他のお庭も感動的ですよ。
 

 
バラはほんの一瞬のドラマ。
この庭の一瞬一瞬が積み重なり、脳内で分厚い物語になっています。

 
 



栄区 オープンガーデン開催中

昨年一昨年と、コロナで自粛ムードだったオープンガーデンが、今年は通常モードで開催されています。通常モードとはいうものの、その庭世界は通常(日常)を遥かに超えた夢の世界。仕事の合間に何ヵ所か覗かせていただいたら、それはそれは、もう感動感動また感動でした。



DSC07067

DSC07074

DSC07068



いったい自分は何に感動しているのだろう、などと考えてみました。酔うほどに咲き誇るバラに感動しているわけですけど、それと表裏して、その開花に至るまでの長い長い時間、いち日いち日丁寧に積み上げていった思いの量に打たれるのです。


ブルーの6が後藤さんちで、オレンジの3が和泉さんち。

DSC07072

DSC07073

DSC07069

DSC07070



庭を楽しむことは、つまりは植物の時間感覚に自分の暮らしを合わせてゆくこと。ゆっくりと、着実に進む成長を我が暮らしのズムにし、常にお日様と気温と風を意識する生活がどれほど日々を豊かに調整してくれることか。



f1a0b1f9

0e041cee

aa33f54d



天気は上々のようですし、明日明後日、よかったらあなたも行ってみてください。どのお庭も素晴らしいですよ。そしてどのお庭の住人もまた気の良い人ばかりですから、確実に、癒しと感動の時間を過ごせることでしょう。



7c51c171

32234d7a

8158bacd



花がなぜ人を癒し幸福へと導くのか。それはその花に、花咲く人生を実現させている幸せ達人たちが費やした、膨大な思いと時間が凝縮されているから。その人たちの笑顔から得ることができる、良質なエッセンシャルオイルのような波動を受け取って、ついでにバラの香りをたっぷりと吸い込んで、意気揚々と次の季節へと歩を進めてまいりましょう。


次は梅雨、そして夏。
先々へイメージを飛ばしつつ今日を着実に送る、
これがガーデニングのコツです。
今年は数年ぶりに、思いっきり夏らしい夏になりそうですね。
ちなみに我が家では、娘家族と沖縄旅行を計画中。








 

2020年の後藤さんちOG その5

数日ぶりの晴天に、早朝より後藤さんちにおじゃまして2度目の撮影。



DSC03740

DSC03741

DSC03743

DSC03811



早咲きが終わり、二番手三番手が咲き誇って花が入れ替わっていました。



DSC03737

DSC03745

DSC03815

DSC03819



そのサイクルの速さに負けない手入れの見事さに敬服しきり、どうやら毎日せっせと花がら摘みをして、何袋もゴミ袋を出しているようです。



DSC03748

DSC03820

DSC03816

DSC03821



例年なら数百人が歓声を上げるこの庭は、今年は連日ゴージャスなる静寂。



DSC03754

DSC03792

DSC03756

DSC03823



バラの香りに包まれながらシャッターを切りつつ、浮かぶ言葉は「情熱」「感動」「愛情」「継続」「想像」「創造」「歓び」「笑顔」「穏やかな日常」など。



DSC03760

DSC03761

DSC03762

DSC03834



それらのワードを統合すると「スローライフ」になるのでは、などと、大発見をしたような気分で悦に入りながら、切りなくシャッターを切り続けるのでありました。



DSC03765

DSC03763

DSC03764

DSC03772



来年はまた大勢の人がこの庭を浴びに来れるといいなあと、そのためにも後藤さんにまた頑張って欲しいなあと勝手な要望を思いつつ、感謝感謝のテレオープンガーデンでした。



DSC03774

DSC03769

DSC03768

DSC03786



本当に、この庭の存在がどれほど設計のエネルギーとなってきたことか。



DSC03779

DSC03781

DSC03829

DSC03837



後藤さん、今年も感動の庭時間をありがとうございました。何のお手伝いもぜずにお願いするばかりで恐縮至極に存じますが、来年も楽しみにしています。



DSC03842

DSC03814

DSC03846

DSC03827



あ、ブリ、ご馳走様でした。とっても美味しくて、さらに元気を頂戴した思いです。



DSC03796

DSC03797

DSC03839

DSC03841



どうやら今日で緊急事態宣言は解除のようですね。まだまだいろいろと大変な事が続きますが、次に来る2020年の夏が、いつも以上に夏らしい夏となりますように。穏やかにして幸福なる庭風景を、ごくごく普通な日常を、じっくりと着実に取り戻していきましょう。







 

2020年の後藤さんちOG その4

北鎌倉のご婦人は庭の赤いバラを食卓に飾り、横浜の高台に暮らす奥様はリビングから続くテラスで満開となっているアンジェラに見惚れ、そのお隣さんはオールドローズの香りに包まれながら、「もうピークが過ぎちゃって、あっという間なのよね」と微笑みつつ手入れに余念がない。



DSC03626

DSC03685

DSC03693



行く先々の庭でバラが話題にのぼる季節。



DSC03591

DSC03587

DSC03593



後藤さんのように情熱を花数に変換する人もいれば、庭の隅に忘れていた株から咲いた一輪に歓声を上げる人も。



DSC03686

DSC03688

DSC03680



これほど人の気持ちに作用する花は他にないのです。



DSC03699

DSC03682

DSC03588



薔薇の詩人と呼ばれるリルケは、この花を「純粋な矛盾」と捉え墓碑に刻んだそうな。

薔薇 おお 純粋な矛盾 よろこびよ
このようにおびただしい瞼の奥で なにびとの眠りでもないという

どうですこれ、イミフ、よくわからないでしょ。リルケが文学的に過ぎるのか、はたまた我が読解力が足らぬのか。



DSC03620

DSC03697

DSC03654



これなんですよこれ、この難解さに走る傾向が長いことバラを難しい存在に思わせてきたのです。歴史、名の由来、まつわる物語や神話伝説の類が片っ端から難解さを誇るが如くに書かれていて、その流れで園芸書も専門知識を羅列したものばかり。よほどの執念を持った者以外は跳ね除けられてしまいます。



DSC03597

DSC03598

DSC03715



「遊ぼう」って言うと「遊ぼう」って言うこだまと違い、バラを育てていない人は「難しいでしょ」と言い、すでに植えている人は「簡単よ」と言う。ぼくとしてはこれほど簡単にいい気分をもたらしてくれる花はないと思っているので、腰が引けている人たちに「植えときゃ育ちますからやってみてください」とこだまのように繰り返す数年間。



DSC03649

DSC03622

DSC03645



ああリルケ様、あなたの崇高なる意を解さぬ私をお許しください。ん、待てよ、多くの人にはトゲがあって気難しい、扱いづらい女性に思えているのに、その人と結婚した者には刺激的で魅惑的で、掛け替えのないパートナーとなる。そうか、リルケ様、あなたはこのことを「純粋な矛盾」と表現なされたのですね。



DSC03691

DSC03595

DSC03671



違うか(笑)。トゲを持つ女房と暮らしているせいか、ふとそんなことを。あ、美しい花を眺めているのにつまらない話で申し訳なし。つまらないついでに、わが女房殿は真紅の薔薇タイプです。トゲは、それはもう鋭いやつがびっしりと。




ご存知ですか、古い古いこの映画。
アルコールで壊れてゆく夫婦の悲しく哀れな物語。
結末は観る者に委ねられました。
薔薇の香漂うエンドロールでハッピーエンドを思い描いた人は、
数十年後の今、きっと花咲く庭でお過ごしのことでしょう。 



と、長い余談はこの辺にして、後藤さんちを再度撮影に行こうと思いながら(前回は早めだったので、その後花数が倍増し倍増しています)雨と曇天が続いて行けていません。次に晴れたら撮ってきますのでお楽しみに。



 

2020年の後藤さんちOG その3

いったいどのくらいの人が、庭に感動するという経験をお持ちでしょう。



DSC03577

DSC03666

DSC03579

DSC03661



きっと、ここのところ日々目にしてきたグラフの数値を、はるかに下まわるのではないかと思うのです。 



DSC03663

DSC03581

DSC03580

DSC03668



その理由は、世の中に『感動を生む庭』があまりに少ないから。



DSC03583

DSC03648

DSC03674

DSC03582



ぼくは仕事なので、そういう庭に出会う機会は多いわけで、それでも感動という領域までとなれば年に数回程度、世に数多存在する庭に比すれば、その存在は奇跡的と呼べるほど少ないわけです。



DSC03590

DSC03679

DSC03585

DSC03653



では、人は庭の何に感動するのでしょう。仕立ての美しさ?花数の多さ?いやいやそこじゃないんですよ。龍安寺の石庭や重森三玲クラスなら構成と、歴史も込みで感動するかもしれないし、山下公園の溢れんばかりのバラの数になら感動するかもしれないけど、それさえも「かもしれない」というレベルのこと。



DSC03584

DSC03599

DSC03684

DSC03655



この後藤さんちの庭や、ぼくが知る感動的な庭は根本的に違う性質、存在理由を持っている。それは観光庭園ではなく暮らしの庭だということです。



DSC03675

DSC03692

DSC03706

DSC03714



つまり庭に感動するとは、そこにある暮らしに感動するということなんじゃないかなあと思う次第。



DSC03712

DSC03639

DSC03586

DSC03617



ああ、この庭の住人のような心持ちで暮らしたいものだと、そう思わせてくれる庭に出会い続けたいし、そういう庭を思い描き続けていきたいと、毎年ここを訪れる度に、バラの香りと同じくフレッシュにして濃厚な、炎のような決心が得られます。







その4へ続く。




 

2020年の後藤さんちOG その2

バラの香りに包まれながら、徒然なるままに・・・
コロナ騒ぎも終息傾向となり、さてと、あれはいったい何だったのかと、そんなふうに考えてもいいコロナのなかって思うわけです。いろんな人がそれぞれの立場で意見を発信し、当然のことながら玉石混交でありまして、しかしどれもこれも正論。いけませんよねえああいうのって。不謹慎ながら、全員が正論を述べながら全体としておかしなことになってゆく、かつてこういう混乱の流れで戦争に突入したのかもしれないなあと、何度もそう思いました。



DSC03561

DSC03564

DSC03646



まあそれはさて置き、あれからぼくたちは、何かを信じて来れたかなぁ・・・。うちの店が入っているホームセンターの園芸売り場はとうとう一度も閑散とすることなく、花苗を、野菜苗を、芝生を、肥料や培養土を買い求める人で賑わっていました。賛否はあろうと思いますけど、ぼくはその光景をとても好き事として眺めていたんですよね。なぜなら、春なんだから。それとですね、マスクをして、距離を確保しつつも人々に笑顔が絶えることはなかったですから。何が起ころうと笑顔をキープできる人たちの強さを目の当たりにした者の玉石の石として、庭って大事ですよ、ほんとうに。



DSC03633

DSC03624

DSC03571



起こったことは起こったこと。誰のせいでもないし、誰のせいでもあるわけですから、誰も彼もがこのキツかった時間から何を学んで身につけるのか、世界レベルで次の新たな価値観が見えてくる気がして、そういう意味では半年後、1年後の世界がたのしみに感じられます。



DSC03628

DSC03634

DSC03565



で、盛大にバラが咲く庭で、ん、もしかしてだけど、ぼくらが得たものは『スローライフのすゝめ』かも、と閃きました。流行に浮き足立つことなく、限りない欲望に突き進むのではなく、何が大事なのか、何が幸せなのか、そのために何を考え何をすればいいのか、トンネルの出口で今感じているそういうことを忘れないでおこうと、少なくともぼく自身は強めにそうんな気持ちになっています。この際大きく暮らしを仕立て直してスローライフを実践しようかな、などど。そんな心持ちで楽しむ庭がこれからの理想の庭の姿なのかなって。だとしたらそれを自ら出現させてご覧に入れましょう、みたいな変な意欲がふつふつと。



DSC03643

DSC03698

DSC03567



これからいろんなことが変わります。っていうか、変わらざるを得ないわけです。しかしですね、一周回って、変わらなかった事柄にも注目したらいいんじゃないかなあ。家族との愛情関係、仕事への情熱、やさしい気持ち、庭の花、それらを確認しておけば次の変化は必ず良きものとはなるでしょう。



DSC03713

DSC03701

DSC03638



こんな展開になるとは予想もしなかった冬の日に、せっせと肥料を埋めていた後藤さんは、騒動の最中でも変わらず庭に情熱を燃やし、手入れに勤しみました。時々お会いするその都度、相変わらずだなあって、これだよなあって思ったものです。そして楽しみに楽しみに、心待ちにしていたオープンガーデンが中止となっても後藤さんのエネルギーは落ちることなく、庭が放つエネルギーもまた例年と何も変わっていない。



DSC03641

DSC03621

DSC03568



この庭を見ていると、浴びていると、大袈裟ではなく、後藤さんのような情熱を持って生きられたら最高の人生ではないかと、かくありたしと、勇気というか元気というか、エネルギー値がググッと上がるのです。



DSC03573

DSC03570

DSC03658



恒例の相談会を中止したゴールデンウィーク期間中、たくさんの方が、主に園芸の相談に来てくださいました。それと過去に施工したお庭の方々が、電話、メール、ご来店で「庭があって本当の良かった」と、うれしいうれしい言葉を届けてくれて、2020年の春は忘れられない数ヶ月となりました。



DSC03642

DSC03572

DSC03603



スローライフ、言葉が合っているのかわかりませんけど、かつて盛んに言われたロハスとか、田舎暮らしとか、たぶんその辺りに焦点を合わせるといいですよ。家族で過ごす庭のある暮らし、自分を充実させる庭時間、友をまねき語らう庭、土、光、風、季節を感じ取りながら、夜空ノムコウにそんなページが開くといいですね。






『その3』はさらに奥へと進みます。



 
 

2020年の後藤さんちOG その1

昨年は仕事に追われてピークを逃してしまいましたが、今年はベストなタイミングで撮影させていただきました。世の中がこんなことになっても後藤さんちのバラたちは例年通りに盛大で、後藤さんの情熱と笑顔も例年通りで、いつもにも増してと言いますか、違った感慨も込みで感動の時間。
いつものことながら枚数が大量のため、何回かに分けてご覧いただきます。まずは道路側と玄関先から。



よかったらこれを流しながら、
現地にいる気分でゆっくりご覧になってください。





DSC03604

DSC03612

DSC03605

DSC03619

DSC03552

DSC03547

DSC03549

DSC03650

DSC03664

DSC03546

DSC03551

DSC03609

DSC03615

DSC03553

DSC03616

DSC03623

DSC03670

DSC03555

DSC03557

DSC03556

DSC03558

DSC03560

DSC03627



ああ、香りをお届けできないのが口惜しい。こんな時なのでマスクをしていたんですけど、たっぷりとバラの香りが残って、店に戻ってから夕方までゴージャスな気分で仕事ができました。
次回は庭へ入っていきます。





 
記事検索
ギャラリー
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ