庭のつれづれ

庭のつれづれ

イムジン河 水清く とうとうと流る

蓮池薫さんは、拉致されていた24年間を振り返って、ふたつの心安らぐ時間があったと語っています。ひとつは現地では高価だったギターを手に入れて、拉致前に(当時はフォームソングブームで誰でもギターが弾けたのです)新潟の実家で歌っていたイムジン河をつま弾いている時で、もうひとつは釣りをしている時。鳥の声とせせらぎの音に包まれて水中に意識を集中していると、不条理な現実から意識が越後の山谷へとワープして、他の何者でもない自分自身になれたそうです。



水辺の風景 その3

DSC05945 2

DSC05977 2



不条理 vs 自分自身、どちらも現実。しかし後々振り返った時に「楽しかったなあ」と思えるのは自分が少年のように自分であった時間の方。人生を上々に仕上げるために、今ある不条理に潰されてしまわないために、自分を置き去りにしたり見失ったりせぬように、少年少女の自分を大切にしましょうね。



DSC05909

DSC05952



昨日伺ったお宅の少年が、庭の花壇での野菜作りにハマっているとのことで、見ると数個のナスがぶら下がり、他にも何種類かの野菜苗と種から発芽させた双葉がありました。いいぞいいぞ、少年よ。少年は少年の時を行け。行け行け飛雄馬、どんと行け。やがて青年に成長したら荒野を目指すのだ。おじさんが、少し内気で、蟻や蛇と会話ができる君の根っこを、将来何が起ころうともどこ吹く風で土を耕しているような、広くて太く成長させておくための庭を設計するからね。


蓮池さんはぼくより三つ上。
拉致されたのが1978年で蓮池薫21歳、ぼくは18歳。
 考えたらその頃、よく拉致現場である柏崎の海岸で
ひとりでウィンド・サーフィンやってたんですよね。
もし自分だったらって思うと・・・。
まあ、北も国策ですから人選には慎重だったようなので、
吹雪の中で長髪に氷柱をぶら下げてセイルを張っている男は、
危険人物として早々に除外されたのでしょう。




さあてと、では今日もザリガニ釣り興じる少年のように、設計設計また設計。




 

庭のつれづれ

復興を果たした人々に拍手です。

昨日の日曜は昼から陽が射したせいか、午後の園芸売り場は大混雑で、庭のあれこれを相談しにご来店くださる方も途切れることなく、まるで(2年自粛している)ゴールデンウィークの相談会みたいな時間を過ごしました。



穏やかに、庭を楽しむ犬猫に感謝して、
この平安は俺が守るからと言ってみる。
ちゃんと伝えとかないとね。
ささやかなるが大いなる日々。

DSC03300



何となく、ですけど、皆さん心の復興ができたようですね。曖昧な掛け声っぽかった『ウィズコロナ』の世界に到達してみたら、ごく普通に庭に花が咲いていて、幸福な暮らしには庭で過ごす時間が必要なんだと気がついた人たちに拍手です。



DSC05749



異常事態の中に普通の世界を築き上げること、それが進化。普通に健全な心で、普通に笑って、普通に感動することができる境地まで、どうか全員がたどり着けますように。



DSC07913



先に到着した人たちがいるのだから、それを追って歩を進めればいいわけです。行き先さえ確認できたらこっちのもので、もう道に迷うことも、踏み外すこともない。大切な人の手をとって、引きずってでも、おぶってでも、花咲く庭へと向かいましょう。



DSC03514



庭ですよ、庭。せっかくあるベランダや庭スペースを持て余すことは、せっかくある命を持て余すのと同じこと。


正論を並べて死を選ぶソクラテスよりも、
批判を旨として、ついに自己批判で家庭を壊す蓮舫よりも、 
間尺に合わなくても、
説明がつかなくても、
世の中とズレが生じても、
花咲く今日を、ごく普通に生きる人が素晴らしいのです。

 



高速道路沿いの家を借りようと思う。そこで毎朝弁当を詰めて仕事に出かけ、夕暮れ時には帰り着き、ささやかな庭でささやかな時を過ごしてから身体を横たえる。朝日が差し込んできたら起きて、また同じことを重ねる。
アーメン。もう一度、アーメン。

何が変わってしまったのか。愛がもたらす何かを心待ちにしていたのは、愚にもつかない夢だったのだろうか。それでも彼女は日が暮れるたびに、またもや幻想とも妄想ともつかない、ひどいアル中患者のような絵を描こうとする。
アーメン。もう一度、アーメン。

愛ある暮らしへの憧れとカネにあくせくるす現実、その狭間。唸るサイレン、響く教会の鐘、鉄くず屋ががフェンダーを叩き潰す音がこだまする世界で、信号待ちのわずかな間に退役軍人が見る、かつてさまよった戦場の甘美な悪夢。小銭を握りしめてアイスクリーム売りが来るのを虚ろ顔でじっと待つ子どもたち。そんな街をしたり顔で歩くぼくのポケットには、もうアイスを買う小銭も、夢も希望も、愛のかけらも入っていないことは明らかだ。
恋人たちの笑い声が夜を駆け抜けてゆく。ゾンビの巣窟か、ステージ駆け上がり調子に乗って裸で踊り出す、醜悪なオヤジどもが入れられた精神科病棟のような、あるいは空爆されたシリアの虚しい風景みたいな街から、そんなの知ったこっちゃねえと勢いよく、二人の夢を満載にした船は彼方へと出帆してゆく。

きっと、必ず、素敵な彼女を見つけよう。笑うことの意味を教えてくれるその人と、互いに欠けた色を補いながら一緒に夢の塗り絵をするんだ。夢中になって何が何色かわからなくなったらサングラスをかけて愛し合う。やがて二人に朝日が差し込んで来て、祈りを捧げる。繰り返し、繰り返し。

再び幸せな愚か者になろうと思う。相変わらずカネにあくせくしながらも、溢れる広告が躍起なって「幸せはいかがでしょう」と、「今ならお買い得」と弱った魂に狙いを定めて来るこの街で、極楽とんぼとなって。

神様、主よそこにおわすなら、あの日、夢と希望を満載にして旅立ち、やがて難破しうらぶれた港町に流れ着いた者に祝福を。大真面目にフリから始めようと試みる者にお導きの光を。さまよい膝を折り地べたに突っ伏した末に、もう一度だけ、全力でその気になることで立ち上がろうとしている者に。 



 

庭のつれづれ

Re-

今朝も平穏である。仕事は相変わらず遅れっぱなしなれど、目の前の設計に意欲が湧き上がっている。庭のバラは一段落し、主役は収穫を待つジューンベリーの赤い実。その下に、長命に踏ん張っている白いビオラが咲いている。



6a700031

336e98dd



大阪なおみも深田恭子も、ひと休みひと休み。バランス崩すまで頑張るその性質が人々を感動させてきたのだ。今は Re- Balance の時。そのために Re-Lux して、Re-Charge して、庭にいる気分で。



b840cab5

e8555482



次に倒れるのは・・・菅さんかも。あの表情が前々から気になっていました。首相、真面目に頑張りすぎですよ。あなたはとうに能力の限界を超えている。四方八方から非難の矢を浴びているけれど、誰ひとりあなたを悪人だとは思っていない。逆に、あなた流の誠実さで悪代官顔のチミモウリョウをコントロールしつつ、ここまでよくやりましたよ。ひと休みひと休み。前の親分だって火達磨の最中に、河口湖でコルフしてたじゃないですか。 Re-Lux して、Re-Charge して、 Re- Balance の時です。まあ、政治家というカタギからは遠い特殊な職業ですし、好きでやってることですし、大きなお世話でしょうけど。しかしですね、首相、なんだかんだいって国のリーダーが病んでしまったら、危険すぎますから。え、オリンピック?平気です、あなたがいてもいなくても展開は何も変わらない。それとですね、よかったですよ、たかだかオリンピックで。戦争じゃなくて。本当に。






さ、仕事仕事。今日も愛と平和の庭を思い描きます。






 

庭のつれづれ

14番目の月がいちばん好き。

孫の美空が竹の子掘りに行ってきたそうで、店に届けてくれました。「ジイジくん、大きいのが採れなかったぁー!」とのことながら、美空くん、君の小さな身体と相対すれば、これは見たことがないくらい巨大な竹の子だ。



DSC03302

DSC03304

DSC03306

DSC03308

DSC03311



丁寧に煮て、一本は焼いて醤油をたらっと。もう一本は竹の子汁でいただきました。

口の中に広がった春の香りのままで庭に出たら、咲き始めたルビー・ロンサールに後光の月明かり。そうか、今宵は14番目の月だ。「次の夜から欠ける満月よりも、14番目の月がいちばん好き」とは Yuming からの、清き心のメッセージ。



DSC03341



それからしばし、庭の書斎で呆けたような時を過ごし、おやおや、これはもしかしてとっても幸せな境遇にあるのかもしれないなあと、おかしな感慨に浸りました。昨夜は13番目、人恋しと泣けば十三夜、月はおぼろ淡い色具合。幸せとは築くものではなく、気づくか気づかないかなんですよねえ。



DSC03342



春の味、春のつぼみに春の月。


今日の設計 BGM はこんな感じで。







 

庭のつれづれ

嫁は夜目遠目傘の中。

ああ無情、ジャンバルジャン、ビクトル ユーゴー作。無情とは情が無いことなれど、情を常へと変換し、ああ無常とすえればそれは親鸞が詠んだ「我が世誰ぞ常ならむ」。仏教教義における中核であり、無常感こそが幸福へと至るワン・ウェイ・チケットなり。祇園精舎の鐘の音は、ゴオ〜〜〜ン、諸行無常と鳴り渡り、昨日の花は夢幻の黄泉に咲く。森羅万象が常に常ならざるシステムならば話は簡単、空海が空と海との間に向かって叫んだ「汝が風になれ」に従って、暴風雨に翻弄されることなく千の風となり、偏西風に合流して地球をひと巡りいたしましょうか。

というわけで、3年前から女房が言い続けていた「何でこんなところに植えたのよ。ったくセンス悪いわね」 という非難轟々から避難GO!GO! 、センターで夏を彩ってくれていたメドウセージを庭の隅っこに移植しました。



メドウセージの花言葉は「尊重」「知恵」。
相手を敬いつつ知恵を授けるという意味だそうな。
Meadow は草地、セージはラテン語のSalvas(健康・治療)が語源で、
五感の活性化、血流増進、強壮効果などの
薬効成分が含まれていることから名付けられたとのこと。


DSC03225

新芽を残してバッサリ切り詰める

DSC03227

DSC03230

丁寧に掘り取って引越し先へ

DSC03234

DSC03236

入念に水締めをして作業完了


DSC03238



センス悪いってね、いつもそういう無体なことをぬかしますけど女房殿、あなたを連れ合いに選んだのも我がセンス。言われてみれば確かに、センス悪いかもね。
まあいい。今日はあなたの誕生日につき、お望み通りに東側へと移植作業を終えましたよ。これでこの夏からは、朝日を受ける花を逆光で撮影できます。



f8dffd2f

2ec64240

3e7c5986



カオリさんハッピーバースデイ。センスはともかく、これからも末長く。次はどんな文句を言われるのかうざりしたり怯えたりしつつ、歳を重ねて常ならず、ますます花咲く日々でありますように。








 

庭のつれづれ

疲れてきたら切り戻し。

春は気温のアップダウンが激しいですね。2週間ほど前に突然、今年初の夏日となりまして、帰宅したらビオラがヘロヘロに。水は足りているし、どうやら急な暑さにやられてしまったようです。



DSC02361



まだ終わるには早すぎる、あと1ヶ月は咲く力が残っているはずと判断し、思い切ってバッサリと切り戻しと追肥をしました。



DSC02362



はい、ご覧の通りに回復して、めでたしめでたし。



DSC03050

DSC02211



今が盛りと咲き誇っていたと思ったら、ちょっとしたつまずきで、あっけなく枯れてしまうのは芸能界だけではない。好事魔多し、疲れたり混沌としてきたら断捨離と栄養補給を。御同輩、しっかりと鮮烈に咲き切ってから消えましょうぜ、などと植物を擬人化して自分を投影するのも庭好きの癖というか、味わいと申しましょうか。このように、「この花は私です」みたいな感慨に浸ることが日課になっているのです。



DSC03053



ビオラたちよ、ゴールデンウィークが過ぎるまで頑張ってくれ。そしてバラにバトンを渡すのだ。



DSC03059

DSC02217

DSC02207




今朝は柔らかな雨。



春の雨には様々な呼び名があるそうな。
サクラ雨
花の雨
春しぐれ
花しぐれ
こぬか雨
どれもこれも穏やかで、いい感じいい感じ。

 
 

庭のつれづれ

仰天!天晴!ブッダはワープするの巻。

年頭から雑草取りで残しておいたホトケノザが大繁殖しました。もちろん狙い通りに咲いてくれたので大満足です。それとこいつは、おっと、こいつじゃなくて仏様は、決して芝生には入ってこない。芝生以外の土に満遍なくはびこり、おかげで他の雑草は押さえ込まれている。さらにありがたいことにはとても抜き安くて、軽く引っ張るだけで根っこまできれいについてくるのです。



DSC02159



さすがにそろそろ処分かな、南無大師遍照金剛と唱えて、感謝を込めて作業を開始しようと思った刹那、スタンドのシクラメンの鉢に咲いているではありませんか。



DSC02432



仏様、どうやってここまで登ってこられたのですか。そうですか、まだまだ咲く気満々なわけですね。ということでこのまましばらくホトケノザがはびこる庭のままで。せいぜいあと半月で、潔く花を終えて一斉に枯れるのだし。



DSC02490



地上50センチにある鉢にワープするとは、弘法大師空海の如き神通力なり。



DSC02499



ホトケノザ(仏の座)と名付けておきながら、これを雑草に分類するのは申し訳ないような、惜しいような。冬から春にかけてのグランドカバーとして売り出したらいいのになあと思った次第です。ほんと、冬〜春の雑草押さえに理想的なり仏様。ちなみにこれは春の七草のホトケノザとは違う植物でして、食べられません。でも蜜はサルビアと同じ味で美味しいですよ。


こなふうに草と対話するような時間が癒しとなる。
時はいつか過ぎてしまう。
お金をすべて注ぎ込んでも、
あと1分を買い足すことができない。
力むことは、下手すると、下手するよ。
旅の道すがらに咲く草と道草を食う時間も必要なのです。




 目を閉じる

 ほんの一瞬だけ でもその一瞬は過ぎ去ってしまう

 わたしのすべての夢は

 目の前で好奇心の前を通り過ぎてしまう

 風の中の埃

 すべて風の中の埃だ


 いつもの古い歌

 無限に広がる海のほんのひとしずくの水にすぎない

 わたしたちがしていることはすべて

 見たくないと拒んでも こなごなに大地に崩れ去る

 風の中の埃

 わたしたちは皆風の中の埃なのだ あぁ

 

 さぁ がんばるのはやめだ

 大地と空以外には 永遠に残るものなどないのだから

 時はいつか過ぎ去ってしまう

 お金をすべてつぎ込んでも 時間をもう一分買い足すことはできない

 風の中の埃

 わたしたちは皆風の中の

 風の中の埃 

 すべては風の中の埃だ

 風の中の


カンサスの『すべては風の中に』。諦観ではなく、波打ちたがる自分を平らに整える希望の歌として、時々無性に聴きたくなります。
そして整ったところで、セットでこれが聴きたくなる。脳の癖みたいなこの一連で、設計は穏やかに加速を始めます。

 



予報よりも早めに雨雲がやって来たので現場は休み。さ、虹の向こうにある仮想庭へ。


 
 

庭のつれづれ

男心と春の空。

予報に反して青空だったもので、朝から現場をひと廻り。職人さんたちは来ていたり来ていなかったり。こういう日の判断が外仕事の悩みどころで、マーフィーの法則よろしく休みにすると晴れて、現場に行くと降って来る。案の定、10時から急に暗くなり降り出しました。



菜の花に春雨。
あたたかい。

DSC05145



避難勧告!土いじりに雨は大敵なり。親方は「予報通りだ。帰るべ」と、さっさと道具を片付けて去って行く。



DSC05144



このくらいしっかり降ればあきらめがつく。ぼくも急ぎ店に戻って、さあてと、温い雨音を聴きながら設計に集中。



DSC05150



近所の桜たちはまだ満開に至らず雨上がりがシャッターチャンスかな。風も強まるようなので、あるいは散ってしまうのか。ああええわ、期待に反するのがマーフィーの法則ですから、虚心坦懐、今日のところは目の前の仮想庭に意識を集中いたします。



DSC05143



女心と秋の空とは予測不能で気まぐれな感覚脳。男心は状況の変化に対応してベストを尽くす論理脳。庭を整えるには論理脳が必要で、そこを輝かせるのは感覚脳。だからでしょうか、なんだかんだ言って、夫婦和合が庭を楽しむ最大の条件なり。仲良きことが美しき庭。
え、うちの庭は?まあそこそこってところです。なあに、状況は変化するから心配ない。女房殿の気まぐれにベストな対応を心がけ、虚心坦懐で仕事仕事。とにかく設計を進めないとね。虚心坦懐の対義語を調べたら「玩物喪志」「疑心暗鬼」「焦心苦慮」、恐ろしや恐ろしや。類義語は「虚心平意」「虚心平気」「明鏡止水」。ああ、いい雨だ。


今日はしっとりと、これだな。
ミルト・ジャクソンは雨音の調べ。

 





 


 

庭のつれづれ

庭仕事じゃなくて、庭で仕事。

昨年の秋に施工したお宅の奥様から「庭ができてから、家に私の居場所ができました」とメールが入りました。ご夫婦揃ってテレワークの日が増え、リビングはご主人、書斎風に仕立てた庭が奥様の仕事場になったとのこと。メールには「庭に追い出されちゃいました」と嘆きのように書いてありましたけど・・・ご主人、してやられましたな。



花を愛で、光と風を感じる庭の仕事場。
夜にはゴージャスなバーになるのです。 

DSC00938

DSC00910

DSC00900

DSC01191




今日から新たな設計に着手。
まずは現場で測量&イマジネーション・タイム。
毎回フレッシュに意欲が湧いてくる、これが最大の才能かもね。

 






 

庭のつれづれ

春成分を摂取する、の巻。





ランタナとニチニチソウ、霜で傷んだ茎を切り戻して春を待つ。



Before

DSC01430


After

DSC01431 2



Before

DSC01432


After

DSC01434



ついでに水槽の水草も切り戻し。



DSC01212

DSC01207



大寒なのに、天気のいい日は半袖で過ごせる横浜の庭、ありがたし。



DSC01459

DSC01462



芝生の雑草を取って、花鉢に追肥をして、ご褒美にビールを頂戴して、春を待つ。



DSC01449

DSC01448



どうやらワクチンが行き渡るのは初夏の頃のようです。その前に花いっぱいの春を摂取して、次はバラの香りでエナギーチャージして凌ぎましょう。 



DSC01466

DSC01454



副作用の心配はないですし、それどころか・・・。









 

庭のつれづれ

家と庭で家庭なり。

わが家の庭の主役アイスバーグ(氷山)が、今季も見事に咲いてくれました。花の量は春の半分以下なれど、冬は花持ちが良く、咲いた一輪が10日以上も美しさを誇っていてくれる。朝に晩に、その姿を楽しんでいます。



DSC05957



トゲが少なく性格が穏やかなこの花は、適時に肥料をあげるだけでこのように咲いてくれますから、これからバラをと思っている方にはお勧め。この頃では横浜各所の庭で、かつての人気者だったアンジェラやカクテルを凌ぐ勢いで植えられています。



DSC05765



しかし大概の場合、せっかくの花の姿を見ながらの生活ができていない。部屋から見えない場所に植えているし、カーテンは閉まっているしで、多くの人が花の変化やピークや枯れ方を味わうことなく暮らしている気がして、もったいないなあと思うことしきりなわけです。 



DSC06006



生産農家じゃないんだし、花は愛でてなんぼですから子供を見守るように育ててほしいなあと。こまめに目をかけて、丹念に手をかけて、存分にほめながら。とまあ、子育てはとうに終了し、今は子供に見守られつつ、花咲爺さんとして育てられている身だから言えることかもしれませんが。



DSC05760



いやあ、バラって、庭って、本当にいいものですね。正直に申せば、バラにも子供にも大した世話をしてこなかったのに、娘の詩織は毎日必ずLINEであれこれと、世話焼き女房みたいに幸せな時間を提供してくれる。



DSC05943



離れて暮らしていても、家と庭で家庭なり、と、しみじみ思う今日この頃なのであります。



ダーリン
なんだいティナ

この掛け合い、いいんだなあ。



うまくやれる きっとうまくやれる
あなたの愛が 私の半分ほども真実ならね

幸せはいつも手探りで紡いで行くもの。
咲くことを信じて、花を育てるようなもの。
 

 
記事検索
ギャラリー
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 感動のこと
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 庭は浴びてこそ
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 多忙な少女たち
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 桜吹雪にシャボン玉
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • 晴耕雨読・藤原ヒロシのこと
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Reversal Chase
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • Twinkle, twinkle, little star・・・・
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • That Lucky Old Sun
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 忙中メリクリ有り
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
  • 今宵は12番目の月
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ